はらはらなのか。の作品情報・感想・評価

はらはらなのか。2017年製作の映画)

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:100分

3.4

あらすじ

これは一人の少女が女優へとなる物語—。 ナノカは女優を目指す女の子。子役上がりで奮闘中である。 周りの子より美少女で芸歴も長いはずなのに、中々全然オーディションに通らない日々。「一人前の女優さんになりたい。そのためにはどうしたらいい?」そんな事を思いながら、今は亡き母親が出演していた舞台の記録映像をみるナノカ。 ある日、その舞台の再演の話がナノカの耳に飛び込んでくる!その主役!絶対私がやり…

これは一人の少女が女優へとなる物語—。 ナノカは女優を目指す女の子。子役上がりで奮闘中である。 周りの子より美少女で芸歴も長いはずなのに、中々全然オーディションに通らない日々。「一人前の女優さんになりたい。そのためにはどうしたらいい?」そんな事を思いながら、今は亡き母親が出演していた舞台の記録映像をみるナノカ。 ある日、その舞台の再演の話がナノカの耳に飛び込んでくる!その主役!絶対私がやりたい!とオーディションに挑むが…。 偶然出会った喫茶店の店主のお姉さん、劇団員と演出家。ナノカを見守る父親。ロックンロール生徒会長。現実なのか?物語なのか?虚実ないまぜ、ワンダーランドの扉が今開く—。

「はらはらなのか。」に投稿された感想・評価

atsuki

atsukiの感想・評価

3.0
はらはらだよ!(既に!)落ち目の子役、女優になれない。才能もあまり無い。反抗もされる。強要もされる。彼女の人生、はらはら。はらはら、はらはら、はらなのか。
kaname

kanameの感想・評価

1.0
なかなかチャンスを掴めない子役出身の少女が、一流女優を目指して奮闘する姿を描いた物語。

原菜乃華による原菜乃華ファンだけに向けて作られた完全なる一見さんお断り映画w

演技がどうとか、ストーリーがどうとか…もはや、そのレベルで語ろうとすら思わない内容でした…w
VICE PLUS〈ケータイで撮る〉映画シリーズの第1弾として昨年公開され話題になった傑作「ヘドローバ」
そして、VICE PLUSシリーズ続く第2弾「ウィッチ・フウィッチ」が公開が迫る酒井麻衣監督
「ヘドローバ」が大変魅力的な作品だったので続く「ウィッチ・フウィッチ」の予習として、監督の過去作を鑑賞してみました

女優になりたい!子役活動をするもなかなか芽が出ないナノカ、もう12歳でそろそろ子役という年でもないし、お父さんは役者活動に反対だし…
そんなナノカに舞台のオーディションのチャンスが!なんと死んでしまったお母さんが生前出演していた舞台の再演のヒロイン役!絶対にこの役を演じたい!
偶然知り合った喫茶店のお姉さんや、学校の人気者であるロックな生徒会長の応援を受けナノカの奮闘がはじまる!って話

あぁ、またマシンボーイの悪いクセが…ロリコンのクセが…
あ、ヒロインのナノカちゃんにはこれっぽっちも興味がありません!
マシンボーイが興味津々なのは、男の子にも女の子にもモテモテなカッコイイ生徒会長を演じた吉田凜音ちゃん、初登場のミュージカルシーンのカッコ良さ!2度観た、そのシーンだけキュン過ぎて2度観た!

何何?うん、知らんわけだ、女優さんじゃなくてミュージシャンだったんやね
ほう…17歳か、劇中では中学生だったが、実際は義務教育終わってるからセーフやな…
マシンボーイ、吉田凜音ちゃんに惚れたけどギリロリコン回避!良かった〜、はらはらしたぁ、あぁ、はらはらしたぁ!

さて、無事にマシンボーイの潔白が証明されたところで、作品のレビューを…
う〜ん、特別良くも悪くもなかった!もっとカラフルでポップな作品かと思っていたが意外とシビアな作品で、観ていてワクワクしたんは、ギリロリコン回避な吉田凜音ちゃんのミュージカルシーンと、冒頭のナノカの夢のミュージカルシーンくらいやったなぁ
でも冒頭の方は曲が好みちゃうかった、ちゃらんぽらんやった、すなわちチャランポランタンやった
まぁ、いいや吉田凜音ちゃんの可愛さだけで余裕で新作料金くらい回収できたわ

元AKBの子も尻が魅力的だった「笑う招き猫」の演技は良かったんで期待したが、本作では可もなく不可もなし…
まぁ、吉田凜音ちゃん可愛すぎて他の子には目が向かんかったんかな?

え!ナノカ役の原菜乃華ちゃんって、全力歯ぎしりレッツゴー♩の子、すなわち幼き日のふみちゃんやったんか!
成長してふみちゃんなるなら吉田凜音ちゃんだけやなく菜乃華ちゃんも目ぇつけといたげても良いけど?
なんせ、ロリコンではないんで成長に期待してますわぁ
ちなみに、今年一番面白くなかったのはこれだな。これは映画館でかけちゃいけないやつでしよ。
先が読めすぎて、思ったまんまのストーリー展開でした。。

舞台の物語が面白そうなのに、あまり活かされてない気がして、残念。
かくわ

かくわの感想・評価

4.0
「嘘と芝居」
「子供と大人」

女優を目指す少女が、亡くなった母親が出演していた舞台にでる物語。
その中で父親との対立、身近なお姉さんの優しさ、自分自身への葛藤を経て、子役か女優になってく様子が面白かった。

親子2代で出演した舞台、これは母親から将来生まれる娘への贈り物だと感じた。
ラストのリナと母親を重ねるところとか。

主演の原菜乃華は初めて知ったけど子供っぽさもあれば、少しドキッとする仕草もあり。
元SKE48の松井玲奈の優しいお姉さんも良い。
友人の吉田凛音の歌声、感動した。

途中の変態カメラマンの件、本作で唯一の“負“のシーンで、なんであるんだろうと思っていたわけだけど(女性監督だし)、
父親との絆を取り戻す為の描写で納得。

それに関連して、ナノカの“初めての演技“のシーン良かった。

爆音映画祭in松本で鑑賞。
アフタートークに出演する松井玲奈観たさに行ったけど面白くて満足。

2017年113本目
きき

ききの感想・評価

3.5
原菜乃華ちゃんがかわいい。ともかくかわいい。とんでもなくかわいい。あと菜乃華ちゃんの1/500くらい川瀬陽太さんもかわいい。
中学の制服もカフェ衣裳も菜乃華ちゃんのワンピースもいちいちかわいかったし、チャランポさんたちのポップな存在感とかもおもしろかったけど、いちばん印象的だったのは黒い雨のシーンでした。胸にささった。
松井玲奈の演技をしっかりと見ることができたので、正直その一点のみでこの映画を観た意味があったと言ってしまって良いと思う。AKBグループを一番うまく卒業し、そして自立したメンバーが松井玲奈だと思っているのだが、演技もちゃんとうまくて、本当に女優にしか見えなかった。それから現役でアイドルをやっている吉田凛音。吉田凛音といえばラップのイメージがあったので歌のうまさにはびっくりしたが、こちらはさすが、アイドルとしての魅力に溢れていた。
が、全体的には退屈な作品だと思った。
(Kisssh-Kissssssh映画祭2017にて)
yehimu

yehimuの感想・評価

3.7
kisssh-kissssssh映画祭にて。多分映画祭という機会がなければ自分ではチョイスしない作品だったと思うけど、実際に目の当たりにして現実と夢が詰まったファンタジーにクラクラした。上映前後に監督さんの挨拶と解説の時間が設けられていたけど、多分こういう機会じゃなけば監督はきっとおじさんだと思い込んでいたかも知れない(実際は若くてチャーミングな女性でした)。黒い雨のシーンはやっぱり最高でした!!
まつお

まつおの感想・評価

3.5
あふれでるB級感(笑)
チャランポの歌う主題歌?がとても合ってた。
>|