繕い裁つ人の作品情報・感想・評価

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

自分もだけど、気に入らなくなった服はすぐ捨てたり売ったりしてる。そんな人が多い最近の世の中で、こういう一生着続けられる服を作る人が本当にステキだなって思った〜!!一生着続けられる服に今後たくさん出会いたい。その為に惜しまずお金も払えるそんな人になりたい。服が好きな人はみんな見るべきな気がした!
MEK

MEKの感想・評価

3.0
一生着たいと思える服、いつか出会いたいな
はいりさんの雑貨屋~~😳💓

妹オススメの作品。

洋裁店2代目の成長録。
中谷さん演じる主人公のちょっと頑固でザ職人!という感じ、絶妙でした。

三浦さんも主人公に変化を与えるスパイスみたいで良かったです!

劇中に出てくるドレスは、レトロで、シックで、どれも品が良くて、作り手とそれを着る人との間に流れる時間や歴史を感じさせるようなものばかりでした。

劇中でも出てきたミシンは、叔母が今でも使っているペダル式のミシンと同じで、懐かしくなりました。

主人公の洋服に対する思いをみて、自分は服をちゃんと大切にできているんだろうかとハッとさせられました。
はるか

はるかの感想・評価

3.5
いい服を長く着たいと思った。
ただ、いくらするんだろう…
あと、エンディングのアレンジがすごいよい!
赤足

赤足の感想・評価

3.5
祖母の志を受け継ぎ、頑なに頑固者の2代目の南洋裁店の店主・市江を中谷美紀がいいバランスで演じており、そんな市江の服をどうしてもブランド化したく、次第に彼女の服を好きになっていく百貨店の社員藤井との関係性なんかも微妙な距離感ながらも、お互いがお互いを高め合う存在として、人間としての成長やちょっとした変化なども楽しめる展開や物語となっており、淡々と続く日常風景の中に溶け込む演出や演技音楽などがまた、とても気持ちよく、祖母の仕立てた服から、それを着る人達の思い出など色々な思い出や人間関係が丁寧に製作された良作で、独特な雰囲気の世界観に次第に心惹かれ見終わった後は自分の為の一生物の1着が欲しくなるような、そんな作品であった。
あけび

あけびの感想・評価

3.3
オーダーメイドの服憧れるなあ…… 作ってもらうならワンピースかジャケットがいいな。年を重ねないと似合わない服ってあるよね。
洋裁店のお洒落映画かと思いきや、偉大な先代を持つ女性のもやもやが話の軸にある。私は実家が商売やってたわけじゃないから想像しかできないけど。
原作好きだったので観ました。

すこーし、世界観が私の中のイメージと違った…けど美しいので良し!です。
あ

あの感想・評価

3.7
喫茶店行ってみたいなあ。

一生モノの洋服があるって素敵だなあ。すごく豊かなことだなあ。
私には縁遠い存在で、そんな洋服があること憧れてしまう。
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.8
洋服
着ているもの(ファッション)でその方の第一印象はかなり決まってくる

手作りだからこそ、その方の身体に馴染んだライン
品の良さも伝わってくる

時間を掛けて作る1着は安いはずもなく着れる人を選ぶ。

容易に手にはいり、大量生産で棄てられる服もあるなか、1着に相手の顔が分かるものとして"作る"いえ"創る"服は最高に素敵だ

私も市江さんのブランド化は欲しい反面、反対でもあった。

布を裁断する音
ひと針ひと針縫っていく糸の音
迷いのないミシンの音
正しい線に沿って創られていくからこそ長い時代も越えていける洋服となっていく。
あの市江さんの空間は張りつめた空気に真剣勝負を感じた。

冒頭パジャマの市江さんが出てくる、普段のままで
そのあと着替えて"仕事の顔"をして仕事場に入る。

自分の仕事に誇りを持ち、洋服に思い入れのあるお客様の気持ちを大切にしている様を感じれた。
洋服に敬意を払いながら。
自分の道が決まった。

時々食べるホールのチーズケーキはストレス解消かご褒美か。
美味しそう。
神戸の持つ雰囲気が素敵です。
また映画の中の服はどれも素敵でした。
夜会の雰囲気、ドレス、スーツ、お花、会場全てがタイプで素敵だった。

神戸が舞台なのに関西弁じゃないのが気になってしまった。
>|