繕い裁つ人の作品情報・感想・評価

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

フー

フーの感想・評価

3.4
例の白いケーキが食べたくて仕方がない
原作もフードが良いのよ〜
街並みや服飾、目で得る情報においての漫画から実写への、しかも映画の映像としてのスケール感の移行が大事に守られていて嬉しかった
ハナシ自体はぶつ切り、駆け足が気になったけどそもそも原作の独特な寂しさや孤独をあの時間のなかで表すのはなかなか難しいと思う
大事な大事な夜会の雰囲気はバッチリ
これ観た人が原作読んでくれたらサイコウ
f

fの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「自分の美しさを知っている人に私の服は必要ないわ。」
服は着る人を強くすると思う。素敵な服を着て胸を張って歩くだけで自分までうんと素敵な人間になるような気がする。

「おしゃれは自分のためにするもの。でも、とっておきの服はたったひとりの誰かのために着るもの。」
たったひとりの誰かのためにとっておきの服を着たいと思えるなんて。一番に美しい自分を見てほしいと思えるなんて。
私にも一生着続けたいと思える一着との出会い、やってくるのかな。


“着る人に寄り添った服”を守る市江はまっすぐで美しかった。簡単に居場所を変えることができないと言う市江もまた美しくて苦しくなった。自分の信じてきた道から逸れることは、ひどく怖いことだと思う。


神戸の街が見たいというだけの理由でこの映画を選んだけど、好きでした。観てよかった。

母校の図書館が本当に素敵で、どうしてもこの美しいキャンパスで中高の六年を過ごしたい、過ごすんだと信じていた自分を少しだけ思い出した。その六年のことはほとんどうまく思い出せないけれど。

古道具の提供が地元の雑貨屋さんで、エンドロールで流れるその名前だけで嬉しくなった。片桐はいりのお店も何度も歩いたところ。


私だけのウエディングドレス、着たいなあ。
Zugwogel

Zugwogelの感想・評価

3.5
静かでとても綺麗。
わかつ

わかつの感想・評価

4.0
ゆったりと心情の変化が描かれて分かりやすかった。
1着の服を長く着るってやっぱりいいなって思った。
仕立て屋の原点みたいな感じ。
服に人が合わせるのではなく、その人に合わせた服をつくるという考えが素敵。
yukie

yukieの感想・評価

3.2
懐かしくて優しい気持ちになる映画。
Miharu

Miharuの感想・評価

3.8
この空気感。やんわりと、じんわりと。素敵。
nanako

nanakoの感想・評価

3.0
繕い裁つ人
雰囲気ある静かな映画。あのミシンはうちのおばあちゃんのと一緒かな。仕立屋おじいちゃんに鍛えられた、ミシン刺繍のプロでした。
後、平井堅イイ!邦画のエンドロールって好きな歌多いかも。
母と観る映画はいつも素敵
MAKO

MAKOの感想・評価

4.0
静かな映画でしたが、飽きることなく観ました。
洋服が愛おしく感じられました。
オーダーメイドって、高いから敬遠してましたがこんなお店があるのなら、一生に1度でいいから洋服を作ってもらいたいと思いました♪
夜会のシーンは素敵でした。

※2015年当時の感想
>|