繕い裁つ人の作品情報・感想・評価

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

ヒューマントラスト有楽町

もう少し、藤井を見せてくれ
もう少し、藤井の声を聞かせてくれ

ケーキと団子でお腹いっぱい気味だけど
藤井がもの足りない
i

iの感想・評価

-
時を越えて愛される洋服
仕立屋さん、かっこいい 造れる人ってかっこいいね
量産型で安価なものが好まれる時代に悔しさもありながら、自らは終止符を打たない、負けない姿勢がかっこいい。年齢もあるけれど自分の死装束なんて考えたこともないし、自分を正してくれる服も無いや… 誰かが私を浮かべた時に私はどんなお洋服を着ているのだろう?素敵なお洋服を着ている人でいたい そんな人になりたいな

最初、杉咲花ちゃんのママは亡くなっちゃったんだと何故か勝手に思っていたので、登場シーンにはびっくり。主人公の恋心?いらないなぁー。なんちゃって

映画の最中に映画みたいな事が身近に起きたから、なんか良い映画なのかも知れない。

サンパウロのチーズケーキ
YMY

YMYの感想・評価

3.5
この独特の空気感。
映画館で見たかった、、
saolieee

saolieeeの感想・評価

3.5
主人公の佇まい、職人気質。
ケーキのホール食い。

来世は服職人になりたい。
ゆい

ゆいの感想・評価

3.7
服作りたい衝動に物凄くかられる。
原作を超えて「夜会…素敵❤️」となりました。
お直しする時、地縫い糸も再利用しているのもすごい。

片桐さんのお店、通いたい。かわいい。

ただ、ラスト「え、ここで終わり⁉️」というパッツン切れ感が少し残念…。
片桐はいり出てる映画はやっぱ好き
杉咲 花ちゃんの演技も好きだなぁ
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.2
綺麗な映画。綺麗事だけでは生きていけないと思って観てしまうと 嫌味なだけになるかも笑。日本の建築物もファッションも古い物を捨て 最新型に変わっていく。回りを見渡すと トランプゲームの神経衰弱が出来るくらい似たり寄ったり。その安心感は 否定出来ない。同じでないと受け入れられない不安感も否定出来ない。でも少しだけ 個人のポリシーみたいな筋が一本あってもいいと確信させてくれる映画だった。それを立ち居振る舞いの美しい中谷美紀が姿勢で見せてくれる。体幹鍛えてんだろうなぁ。
M

Mの感想・評価

4.0
チーズケーキが食べたくなる。
服を買う頻度を抑えようと思った。
MARIN

MARINの感想・評価

3.5
繕い裁つ姿がとても綺麗。
オートクチュールっていいな。
自分もそっちの道に進みたかった人間だったから、とても憧れるし、尊敬して観てた。その人の人生と共に過ごす洋服を作る人。素敵なお仕事。

最近、すごい欲しいものが高いから、本当に欲しかったものではないけど、安い洋服の方を買ってだけど、やっぱり、高くても自分が本当に欲しいものを身に纏った方がその瞬間も幸せだし、、ずっとその服と共に過ごせる人生も幸せになる気がする…から、これからは、自分の服や物の買い方を改めようと思った。

30歳以上の人たちが日常から離れ、世界で1着しかない一生ものの洋服を纏い、オシャレをして踊ったり食事をする夜会がとても素敵だった。
reishin

reishinの感想・評価

4.5
こんな風にずっと長く愛される服を作りたいと思った。
>|