繕い裁つ人(2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:104分
    監督
    三島有紀子
    原作
    池辺葵
    キャスト
    中谷美紀
    三浦貴大
    片桐はいり
    黒木華
    杉咲花
    中尾ミエ
    伊武雅刀
    余貴美子
    あらすじ
    神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

    「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

    構図とか色温度とか最高すぎて死んだ。ウェス・アンダーソン以来のツボ刺激度。

    ついこの間、公開当時のA-studioを観たんだけど、改めてあの自然光はすごい。最初からクライマックスすぎる映像美で、もう引き込まれざるを得ない。

    いやー。ほんとすごい。あーすごい。
    若い子が着てるとこ見たいね
    原作のイメージに寄り添う感じでほっこり。また観たい。
    丁寧に何かをしている人はそれだけで美しい。
    ミシンの音が心地いい静かで丁寧な映画。市江の生き方、取り巻く人々の洋服への思いを通して、服を大切に着ることの奥深さが伝わってきました。何が自分にとって一番いいかを分かっている人、自分にはどんな洋服が一番必要かを知りたい人がこの映画を観ると、とても感動するはず。

    市江が仕事服として身に着けていたネイビーブルーのワンピースや、ゆきちゃんのワンピース、泉先生にささげた死に装束、中田さんの夜会用のスーツなど、それぞれのシーンを魅力的にみせる衣装がたくさん登場。わたしも一生モノの、共に生きていくお洋服が欲しくなりました。

    「職人とは、モノを丁寧につくるだけでなく、人の繋がりをもつくる。その仕事は、決して簡単ではない。」
    なんだか暖まる映画

    このレビューはネタバレを含みます

    寄り添いながら生涯を共にする服。
    その人だけの添い遂げられる服を作りたいという心から洋服を大事にする想い。
    単にブランド化にノーを掲げてるのではなく人を見て作りたいという真心が感じられる。
    ちょっとクセのある役柄なんで、そういった気持ちが読み難いなと思った。
    自分でデザインした服も最後には出てくるし、藤井さんとも再会もなしなんだって。
    >|