繕い裁つ人の作品情報・感想・評価

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

みすず

みすずの感想・評価

3.6
綺麗な服じゃなくて、着てる人を綺麗にしてくれる服を選ばないといけないなとしみじみ思う。
さちこ

さちこの感想・評価

3.0
2017.12.15

漫画で読んだ時に感じた一辺倒な感じは同じだった。
ただ、穏やかな人生の経過が感じられるからこそ、生と死の描写が妙にリアルに感じた。
その人が亡くなった後も語り継がれる何かがあるってことは、その人が大切に生きた証なんだなと。

いちえさんの人間臭さもとても好感を持てた。
何かを変えるためには相当の覚悟と勇気が必要だけど、いざ変えてみると案外簡単だったりする。

エンディングの平井堅は意図がつかめなかったけど、懐かしくてすごく良かった。
あさみ

あさみの感想・評価

3.0
感情の起伏はあれど、一定のペースで最後まで見せる映画。
ラストのイチエさんは素敵だったけど、ファッションを題材とするなら、もう少し変化をプラスしてもいいかな。
服というものが、人にとってどんな存在であるのか、それは人それぞれだけど、わたしが漠然と思っていた服ってものは作中のそれとは違うものだったけど、なんか今一度考えてみたいと思った。。そしてコレ!っていう一着をいつか見つけたいと思った。。そして、そして、素敵でした。夜会。。めかしこんだ大人の魅力よーーッッ
『繕い裁つ人』
勝手に期待してた。
●カメラワークに違和感がある箇所が多かった。
あと、意味がよく伝わらないカットがあった。「これをこの秒数見せつけてなにを伝えたいんだろう」って感じ。
●テンポが悪かった。それぞれの登場人物に当てられた時間だったりカットの長さだったり…。此処こんだけ長くするよりも他に描くべき人物おったやろ、と。
●ちょっと露骨すぎるところが見てられなかったな💦

もし自分が同じ立場やったらもっと酷いことをしてると思うけど、客観的になるとこんなに見えるんだって感動してる。すごい勉強なった。
空気感が良い。チーズケーキとおだんご。出てくる服全部魅力的。
みんな不器用なところ、独特な雰囲気にとても呑み込まれる、映画でした。光がその雰囲気をさらに作り出していて、服というものを、着るということを、素晴らしいことで大切にしたいなと思いました。
柊

柊の感想・評価

1.5
中谷美紀が着用している洋服はなかなか素敵なのに、リフォームする服はどれもこれもへんてこすぎる。ちっともオシャレじゃないのが致命的。お客様に提供する洋服こそ素敵じゃないとね。
あと、三浦貴大がファッション関係者とは笑わせたいのか?全く役に合ってない。黒木華の無駄使い。
momoem

momoemの感想・評価

3.2
ゆったりと心静かに観られる作品。

就寝前に寝転びながら観たからか寝落ちして何度かに分けて観たのだけど、全く退屈とは感じなかった。


イチエさんが巻いているストールが素敵だったなぁ。南洋裁店で丁寧につくられたお洋服たち、どれも美しかった。


チーズケーキがとってもおいしそう。雰囲気ある喫茶店でとても上品にワンホール?のケーキを頬張る姿に見惚れ、憧れる。
あのリフレッシュ法というのか、気持ちの切り替え方も凛としててすてきだったな。


前々からうすうす思っていたのだけど、今作で片桐はいりさんと余貴美子さんのことが好きだなぁと改めて認識した。
Akari

Akariの感想・評価

3.2
んー期待とは違いました

でも、着るものがその人自身のモチベーションを変えるのには納得!!おしゃれとは、自分のためにするもの
>|