プレシャスの作品情報・感想・評価

「プレシャス」に投稿された感想・評価

2MO

2MOの感想・評価

4.2
彼女の置かれた境遇にはまるで似つかわしくないドリーミーな光彩で語られるのは、どうにも救いようのない不幸に見舞われた人間が何とかすがっていられる妄想と、地獄のような現実とが混濁した情景だろうか。

暗闇にこそ差し込まれる光に人は目を奪われる。一方で、その影に追いやられる暗闇が新たに生まれる。
“愛”の愚かさに引き起こされる悲しみの連鎖を止める術など、人はまだ持ち得ない。

だからせめて、
“すべてのいとしい女の子たちへ”
愛の物語をしたためる彼女たちへと。
優しさや喜びや、誰かを思いやる心の温もりを語り継ぐ。
それは善きクリスマス映画に伝わる精神でもある。
すね

すねの感想・評価

3.5
うおぉ…これは観てよかったやつで観ておくと良いやつだった。

もうやるっきゃないんだよ!明日からも強く生きていかなきゃならないんだよ!と強く強く言われた気がした。
元気でる。

だからってひとりで頑張っていけってわけじゃなくってさ、まわりの人に助けてもらいながらってことだよね。

母親からは虐待を受け父親からはレイプされ父親の子供を身籠もる16歳の主人公。

普通に学校へ行き普通に勉強をして普通に友達と遊んで家へ帰れば笑顔で待ってる親がいて、なんてそんな普通の幸せを知らない彼女が人に助けられながら子供を産んで、シングルマザーとして一歩踏み出す話。

全体を通してずっと暗闇で重くて苦しくて悲しくてずっとトンネルの中必死に光探して走ってる。
見えた光もそれ、光じゃないよって何度も続いて、それでも走って光探しての繰り返し。疲れた時は休むよ、もちろん。でもまた走るよ、走ることはやめない、いつか見える光ってどんなだろうな。
もんた

もんたの感想・評価

3.5
「勉強」って何で必要なんですか?って聞いてくる奴らにこれを見せつけたい。
逞しい美女ばっかの教室、俺も入りてえよ。
こんな環境でただただ毎日耐えるしかないなんて子がこの世界には何人いるんだろう、と考えてしまう。
いろいろな意見があるとは思うけど「ちゃんと育てられるお母さんに子供を預けるのがいいお母さんかも」みたいなセリフがとてもいい。

無理して頑張ることだけが必ずしも強くも偉くもない。知らないだけで選択肢はたくさんある。たくさんの道がある。
すごいいい映画
ただの綺麗事だけじゃなくて、
ただただリアルに描かれていた

もちろん、良い人に恵まれた、と言う点は
もしかしたら映画だからこそなのかもしれない

でも、一番は先生の
得意なことは誰にでもある、
と言ったところ、言い切ったところ

自分で歩きだすまでの長くて短いストーリー

これからのプレシャスが、
プレシャスな人生になりますように、と

そんな心がほかほかになる映画でした
けんし

けんしの感想・評価

3.9
重要な映画でした。
アメリカの貧困層が描かれる。
重い映画だが、明るく。
フリースクールが彼女にとってのAsylになったのですね。
りょう

りょうの感想・評価

3.5
どんな嫌な境遇に立たされても自分で歩む出すことが大事。
親が全てじゃないし、助けてくれる人はたくさんいる。
izu

izuの感想・評価

3.1
ハーレムで生まれ育った黒人少女の、不遇な生活から脱却し、自分の足で歩みを進めるまでのストーリー。
母親には愛されず、父親からレイプされ、その子供を産み、退学させられる中でも、新たに学びの場を得たことで、人の愛やあただかみ、そして、強さを持ち始める。
一つ一つの描写がもう少し細かければさらに印象深く、心に響く作品になったのではないだろうか。
MIDORO

MIDOROの感想・評価

4.0
どこかで題名だけ知っていて、アマプラで見かけたので観賞。素晴らしかった。
結構パンチの効いた見た目のヒロインの登場で最初は面食らったけど、話の途中から、「プレ子は強いんだぞ、プレ子やってしまえ!プレ子がお前らなんかに負けるかよ」て応援しまくってて、だんだん彼女がいい女に見え否、もとからあった可愛らしさや良さに気づいてきてる自分がいた。
ただ、あの環境で育って、あんな風に潜在的心豊かに育つものなのか、ママみたいな人間に育たないで?何者も人間性をけして貶められないプレシャスの見えない清廉なバリア、鉄壁の心の強さが、そもそも彼女が沈黙のうちに密かに育てていた奇跡の才能なんじゃないかとさえ思えた。あれがもし、ほかのハーレムの誰かだったら、どんなに良い大人や機会に恵まれても、何もノートに書けずに終わる場合もあるはずだ。レイン先生があの土壇場で良い放つ、「書きなさい」の意味は相当でかいと思う。この映画と、レイン先生が言いたい、ノートに書くって事の意味。見終わったあと解る。人が人として心の枝を広げて、生きるという意味を一段超えたときに行くところ。ハーレムの汚れたビルの隙間から、そのページを一枚一枚抜けて、プレシャスが本当に見ようとしていた景色がきっとわかる、そんな映画。久々に余韻の濃い映画でした。
お柿

お柿の感想・評価

3.5
なかなか辛い気持ちになるやつ

こんな表紙やったっけ?TSUTAYAで借りた時とちがうような𓁷
>|