ムーンライトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

まー

まーの感想・評価

3.4
年を重ねて変化はしつつも結果同じシャロン。タイトル画は印象的
movielover

movieloverの感想・評価

3.0
おっ、おおーっ、あ、えぇぇぇー?そこ?って感じ。なんか根源的なところで共感できてないかも。
まさかのジャネールモネイ出てて彼女の登場シーンがMaxテンション上がった。
ひろき

ひろきの感想・評価

4.5
やっと観れた。
音楽、映像、特に表情に見惚れた。
フアンはシャロンに人として大切な事を教えた。テレサもそう。過去の強烈な記憶ってそうやんな。うん。車の中のケヴィンとにだけ見せる笑顔がいい。最後まですごく見入ってしまった。
GakuInoue

GakuInoueの感想・評価

4.3
佐藤正午の月の満ち欠けにも早稲田松竹が出てくる。
RoyK

RoyKの感想・評価

3.3
キービジュアルがまさしくこの映画の醍醐味、って感じ
GANDYMANGO

GANDYMANGOの感想・評価

4.0
One of my favorite scene. Brush a hair and change cloth before meet his first lover.
mapeto

mapetoの感想・評価

4.9
黒人の多くを語ろうとしない雰囲気が一番好きだ。
日本の戦後純文学に一番近いとでも言えばイイのかな。日本人的見地から言って。
この監督のモノの捉え方好きだね。描き方と俗に云うんだが。
劇場で観ればよかったなぁ。深く後悔。
迫力ある撮り方だよね。ドキュメント感のある感じ、でもちゃんと純映画としてのマナーを守っている。
でもどんな映画か全く知らないで観れてよかったなぁ。。個人的には思春期黒澤をTSUTAYAで借りてきた時の感動を思い出したよね。ああいう人情モノが好きな人は、あれの黒人版だと思って観てくだされば・・
主人公の心の機微が丹念に描かれていて、どうにもならない自分の人生に折り合いをつけようともがき苦しむ姿が印象的だった。彼は幸せを見つけられるのかな?そんな終わり方でした。
映画館で観ればよかった。

映像が美しい。音楽も美しい。

意味もわからず“オカマ”と言われていた幼い頃のシャロンが、ケヴィンに心を寄せていったのがなんとも純粋で切ない。
ヒョロかったシャロンが強くなって体も鍛えて大金を稼いでいても、最後のケヴィンに対する視線は小さな子どものようで切なかった。

「 俺の体に触れた奴はあの時以来、お前だけだ」

ケヴィンに触れられながら眠るシャロンの描写のあと、青く光る幼少期のシャロンの背中がうつり月を見上げたところで映画は終わり。

最後のそのシーンの青がとても美しくて、シャロンの気持ちを思うと切なくて、泣きそうになった。
ヒロ

ヒロの感想・評価

2.9
黒人とLGBT問題に切り込んだこの作品!
そんなことも知らずに評判なので観てみたらなんだこれはと驚いた!

主人公の感情は描いてるようで、回りの環境から察してくれという感じで多くを語らず、気楽にはみれないかなと(/o\)

正直結構期待してたので、映画としてのエンターテインメント的な起承転結はないので友達とではなく一人でこういう世界もあるのねと観るくらいがいいかも…

そんなに面白くはなかったかな。。
>|