ムーンライトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

meganechi

meganechiの感想・評価

3.5
役者の演技が素晴らしすぎる
むーーーーむずかしい……。
テンポはよかったんですが、
3.Blackからが退屈だった……。
かなり通っぽい作品。わたしにはまだ早い。。。
家庭環境複雑な人とかセクシャルマイノリティの人には死ぬほど響くんだろうなあという感じ

お母さんがタバコに火つけるシーンで涙ひとすじ流れた
3人の役者の表情が印象に残る
静かで美しい映画であった
nameless

namelessの感想・評価

3.7
全編に渡って青を基調とした映像美。
曲は違えどドビュッシーの曲を想わせるような静けさと揺蕩う感覚は秀逸でした。

漠然と観てしまうと気持ちが乗り切れなそう。それぐらい淡々と、登場人物を三つの章に分けて様々な側面から描いてます。

私が一貫して思ったのは…
人は人によって作られるってこと。
その難しさや複雑さを表現していたと思う。

リトルは言葉にしないで瞳で感情を語る。

愛されたい。必要とされたい。

愛されない。必要とされない。

両方を心に抱えた少年…
シャロンを演じた三人の演技は凄い。

人が自らを受容するのに必要なもの。
そこに至るまでの葛藤。

そして、それはシャロンだけの話ではなくて…それを取り巻く人々も同じ。
その人をどう理解していくのか。

簡単に言葉で表せない…心の在り方。
それは波間に映る月の光に似ている。
常に揺れ動き、形を変えていく。

今作はラストで静かに満月を迎える…
その描写には安堵と感動を覚えました。

余地や語られぬ部分を観る人に委ねる事で、評価が難しくなっていると思う。

感じ方は人それぞれ。

この作品を観て、何を感じて、何を得るという事は、その人のそれまでの価値観や考え方で変わる…

それは対象が人であっても変わらない。

ただ、それが人である以上…
その人が自分をどう捉え、理解していくのか…それはその人に委ねられる。

自分を受容すること。
他人を受容すること。
互いの心に触れるってこと。

必要なのは心だなー…やっぱり。
と、エンドロールで思ったのでした。

カタルシスを得るような、心を大きく衝き動かす内容ではないけれど…月光に照らされた海の前で佇む少年が印象的でした。
うまく感想は言えないけど良かった。あのポスターとかパッケージの絵の感じです。良い映画だった
KEISUKE

KEISUKEの感想・評価

4.0
総じて言いたいことは、

フアン「どう生きるかを決めるのは自分自身だ。他人ではない。」
Kota

Kotaの感想・評価

3.5
触れてはいけないところをえぐってくる作品。主人公の表情がよい。
Joh

Johの感想・評価

2.8
環境って…きつい。主人公を演じた3人が同一人物に見えました。
>|