ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    さささ
    さささの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    答えを教えてくれない。ただ事実だけを伝えてくる作品。
    マイノリティとして生きること、切っても切れない血縁関係、イジメ、観ていてしんどいけど、観終わったあと何故か涙が出る。噛み砕いて自分の中で納得出来たらハマる。もう一度観たい。
    kimmorrison
    kimmorrisonの感想・レビュー
    11時間
    3.5
    見覚えのある女性だなと思ったらジャネル・モネイだった
    Sakura
    Sakuraの感想・レビュー
    11時間
    4.0
    良き映画だった。拍手。
    夏
    の感想・レビュー
    13時間
    3.3

    リトルとシャロンとブラック。
    それぞれ違うんだけど根底は同じで

    うーーーん。。難しかった
    イジメ、ネグレクト、非行、性問題
    って現代における問題は山々で
    ちゃんとひとつずつ分かるんだけど、
    すっきりまでは理解できなかった

    セリフひとつひとつに考えさせられ
    カメラワークひとつひとつに感動する

    1章2章3章と演じる役者は違うのに
    ひとりの人間を永遠追ってるようで
    彼らみんながシャロンとして生きていた

    レンタル始まったらもう一回みよう
    車から流れるBGMでテンションは上がる
    【2017/074】
    miyabi7goof
    miyabi7goofの感想・レビュー
    13時間
    -
    なんと言えばいいのか。とにかく美しい映画だと思った。
    シャロンはあまり話さないけど、あの表情がいいな。すべての感情をしまいこんだような表情。
    一途で優しくて、弱いようで強い。

    ケヴィンはね…
    二章の事件の言動にちょっと泣いてしまった。優しさにシャロンは恋したんだと思うし。わかるだけに…。あのときもシャロンを一応かばっているんだよ…。

    シャロンがフアンのようになって見た目も雰囲気も変わったように思えたけど、ケヴィンの電話からの表情がまるきり昔と一緒で、変わっていないんだなと思った。
    ずっと美しいまま。

    ケヴィンにとってもきっとシャロンは綺麗で大切な思い出だったんだろうと思う。

    なんかよくわからないけど泣きたくなった。
    NGR
    NGRの感想・レビュー
    14時間
    3.7
    メモ
    サントラ
    劇中曲
    seatrend
    seatrendの感想・レビュー
    14時間
    3.3
    ま、わかるけど、
    これか La-la land か言われたら後者だな
    kio
    kioの感想・レビュー
    16時間
    -
    助演男優賞をとった人の演技が最高
    チィ
    チィの感想・レビュー
    16時間
    3.6
    滑り込みのムーンライト。滑り込めてよかったけれど、難しい。『夜に生きる』をみてからはしごで観たので同じ場所マイアミが描かれているはずなのに、世界観が違いすぎで現代と過去の時代差を感じる。どちらも差別の時代ではあるが、アメリカ南部は人種に対しては開放的であり登場人物はみな黒人であるが色についての言及はもうどうでもいいんだ!といえてしまうほどの苦悩。身辺に対する悩みだけでも普通の人は神経がまいってしまうくらい考え込んでしまうのに、主人公には自覚の全くない、セクシュアリティの問題が生まれる。物語は3章に分かれるが、気付き、認識、そして受け入れた後が描かれている。LGBTを感じたことのある人はもちろん誰しもが性別問わず感じる瞬間でもある。直に訴えかける勢いと物語の一貫したストーリー性は作品として綺麗であった。

    何より低予算で創り上げられた作品にも関わらず、作品の欠けが見当たらない。ギッシリと詰まった身のある内容がアカデミー賞作品賞評価の決め手なんだろうな。

    個人的に隣の席に座っていた外人の方の笑いどころについていけなかった為、色んな意見を伺いたい所存!
    Ackey
    Ackeyの感想・レビュー
    17時間
    4.0
    背が小さく、内気で自分に自信がなく、家庭環境にも恵まれない少年が、1人の男に出会い、そしてとある事件をきっかけに変わる話。
    ゲイの話って説明だけじゃ何かが足りない!という感じかな。

    話の中では、多勢に無勢というより、1人の男から執拗に絡まれる感じだったし、友達も、兄の様な存在もいてたから、これはイジメとかゲイとかの話しじゃなくて、結局は自分がどうあるか、どういたいのか、が重要なんだと思う。

    最後のワンカットがめちゃくちゃ良くて、もう少し観せて欲しかった。
    シャロンは変わった。成長した。
    けど、最後に戻ったんだ、子供の頃の素直な自分に。
    そう捉えられた。
    >|