ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    Miyuki
    Miyukiの感想・レビュー
    1時間
    3.6
    今まで見たどんな恋愛映画よりも純粋なラブストーリーだった。

    黒人と純愛が結びつくことが、人生で一度もなかったことに映画を観て気づいた。
    わたしも無自覚の偏見を持っていた。

    ストーリーに抑揚はないので、感情の揺さぶりも大きくはない。
    けれど波の音、月の光、仄暗い青さが美しく静かに物語の中へと連れていってくれる。

    3人の俳優の目と俯き加減、歩き方が本当にひとりの人生をみせてくれた。
    ふしみあい
    ふしみあいの感想・レビュー
    1時間
    5.0
    まさにムーンライトな映画。
    しっとりと優しく、淡く、ぼうっと空気にそのまま溶けてしまいそうな光。
    黒人でゲイ、そして同性愛者、母親はドラッグ中毒、そして自らも売人へと堕ちていくというあらすじから、黒人差別や貧困をテーマとした重く暗い話だと思っていた。だが実際には淡く、儚く、切ない、どこにでもいる一人の人間の話だった。日本人は共感できない、というレビューも目にしたが、そんなことは一切なかった。主人公の気持ちは痛いほどにわかるし、だからこその行動に胸が痛くなる。そして唯一自分を認めてくれ、受け入れてくれた友の言葉がいつでも胸に染み込んでくる。
    「お前はどんな時に泣きそうになる?」
    懐かしくて泣きそうになる気持ちというのは世界共通、誰でも感じる感情なんだということがわかった。ケヴィン、いいキャラ。第3章のラストシークエンスの二人の距離の撮り方がめっちゃくちゃリアル。もどかしさ、伝えることの怖さ、でも伝えずには、求めずにはいられない、みんなもきっと経験したことある!異性とか同棲とか関係ない。

    パッと映画が始まってから誰でも感じることだと思うが、映像がものすごく綺麗。それだけで映画館で観て良かったと思わされる映像。ただの止め絵ではなく、カメラがとてもよく動く。少年と一緒に走っているようなカットや、いじめてくる子供達が大きく、畏怖の対象であることをわからせるような角度。波間に浮かぶ黒い小さな体。そしてもちろん定点からの撮影もすごく格好良かった。写真みたいな構図や画角なのに、映像だからそこには生きた人がいる、何かしらが動いている、当たり前のことなのにそういうことに気づかされることが単純にすごいと思った。いや〜、めちゃくちゃ格好いいなあ。

    音楽もすごく効果的で、シェロンのテーマをいろんなアレンジにしたり、ピッチをものすごく下げて重くどよーんとした雰囲気にしたりすごく工夫されている。波の音や風の音、また主人公が感じている音の捉え方が随所に散りばめられていて、どんどんこの映画の奥深くに没入しているのを感じる。
    ラストカットの少年の目の白いところと海の色が同じ色をしていて息が止まった。
    見終わって、しばらくしてから思い返すうちになんてすごいものを見たんだという静かな興奮が湧き上がってきて、リアルタイムで映画館で見られることは幸せだなと思った。

    アカデミー賞で作品賞をとったこの作品、ハリウッド的な娯楽要素は一切ない。むしろもどかしさや社会の裏、陽の光の当たらない人々に焦点を当てた映画だ。
    それでも誰でも経験したことのある、懐かしいという感情や自分の好きな人、好きな時間、好きなもの、そういったものを大切にずっと持ち続けることの意味や過程を描く普遍的な物語だったように思う。
    そしてこの映画も、間違いなく私の大切な映画の一本に加わったのである。

    ララランドが太陽だとするとまさしくムーンライトは月で、この作品が作品賞をとったのはすごく嬉しいし、本当に抱きしめたくなるような静かで愛おしい一本だ。
    sinjirotateno
    sinjirotatenoの感想・レビュー
    1時間
    4.2
    なんとなくもっと重い映画を想像してたのだけど、ちょっと拍子抜けするぐらい軽いというかスッキリした映画でした。が、それがすごく良い。なんと言うか隙間がある感じがなんか心地良い
    Ayax
    Ayaxの感想・レビュー
    1時間
    3.9
    静かな雰囲気、きれいな色、音楽。
    dopeness
    dopenessの感想・レビュー
    1時間
    3.4
    また今度ゆっくり
    Jasmine
    Jasmineの感想・レビュー
    2時間
    3.8
    元気があるときにいかないと気持ちが凹みます
    アカデミー作品賞を考えると、もう少し踏み込んだないようを期待していました 後半があっさりしすぎてきたような・・・・
    ほとり
    ほとりの感想・レビュー
    2時間
    3.0
    【今】だからこその作品賞なんだろう
    MOON
    MOONの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    良質なBL映画観たなって気分になった。2時間あっという間で続きが気になった。とにかく映像が美して、人間も美しくみえた。主人公を助けてくれる人達がみんな良い人で人間味溢れて、人として好きって思える人達だった。出てる人みんな魅力的だったなぁ
    yuko
    yukoの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    20170426
    キタダ
    キタダの感想・レビュー
    2時間
    3.2
    孤独をlgbt問題で取り扱った本作に少しあざとさを覚えた。でも普通に恋愛映画とも見て取れるからそんなこともないのか。

    映像綺麗だったなぁ、青の主張が激しいのも嫌いじゃない。

    母に言って欲しい言葉と実際に言われてる言葉がちぐはぐになってる演出がなんとなく印象的
    あとパートが進むごとに心の父と母がいなくなっていくのもよき
    >|