ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    古谷明香
    古谷明香の感想・レビュー
    3分
    -
    奥の深い映画で私にはほとんど理解できませんでした。暗くて、静かで、内容は深刻な作品でした。
    OKB
    OKBの感想・レビュー
    1時間
    4.2
    「あの夜のことを今でもずっと覚えている」というコピーは秀逸だ。いや、ほんとうは、覚えているのはあの夜のことだけではない。だけれども、(ほんとうの)自分が、この世界で、ついに承認されたあの瞬間だけは、たとえ自分を救ってくれた恩人の人生をなぞり、何かを得たところで変わることはない。本質は常に絶対的であること、映画を見終えてはじめてポスターの意味がわかった。
    Mogla
    Moglaの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    ーfilmarksさんの試写会で一足先に鑑賞。
    麻薬中毒の母と二人暮らしの黒人少年の幼少から30代までを3人の俳優を使って淡々と描いていく。声高に描かない分、じわじわと後から滲みてくる。
    今年のアカデミー賞作品賞でいろいろあった「ララランド」とは対極にある作品かもしれない。
    ちわわ
    ちわわの感想・レビュー
    1時間
    4.3
    3/23、Filmarksさんの試写会にて、観賞しました。
    素直にもう1回観たいな、と思いました。
    とても穏やかな映画、一方深いメッセージは淡々と伝わってくる。
    映画の世界のやるせなさと、日頃自分が抱いているやるせなさ、
    人種・世代・住む場所が違っても、共感できるものがありました。
    深田監督のトークショーも、とてもわかりやすい解説でムーンライトという映画をより深く理解できよかったです。
    ララランドとは全く異なる映画で、比較はできないけれど、
    ぜひ観てもらいたい作品です。
    内向型の方には、主人公の気持ちがわかると思います。
    ガーコ
    ガーコの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    「自分の道は自分で決めろよ」

    親しくしてくれる、父親代わりの男性に言われた言葉を胸に秘め、生きる一人の青年。

    しかし、自分が黒人であり、ゲイであり、家族が麻薬中毒者である現実を受け入れられず、苦しい日々を送っていました。

    そんな、辛い気持ちばかりが胸を覆う中、彼の心を救ってくれたのが、同級生のケヴィンでした。

    青年になり、同級生にからかわれ、いじめられても、それでも彼は常にシャロンを気遣ってくれたのです。

    しかし、二人の中がうまくいくことを祈っていた矢先に、事件は起きてしまいました…。

    いじめっ子の暴挙に耐えられなくなったシャロンは、彼らを反撃して警察に逮捕されてしまうのです。

    家族ともケヴィンとも離れ離れになってしまったシャロン…。
    時だけが虚しくどんどん前へ進んで行きます。

    それから十数年後に、再会を話したシャロンとケヴィン。

    筋肉ムキムキの金歯マッチョ売人に姿を変え、ケヴィンの前に現れたその変貌ぶりに驚きました!

    金も権力も手に入れ、悠々と歩く姿に昔の面影はありません…。

    しかし、愛するケヴィンを求めるシャロンの気持ちは、昔と変わらずに存在し続けていたのです。

    時が経ち環境が変わっても、心の根底にある部分は何も変わってはいなかったことを思い知らされました。

    「変わってしまったもの、変わっていなかったもの」それぞれの核となる部分が、形となって今の彼の姿へ投影させたかのようでした。

    ケヴィンへの愛を封じ込めずに、自分の生きる道を見つけられたシャロン。

    彼を愛する気持ちを手にした時、自分を愛する事も出来たのだとしたら、それはなんて幸福なのでしょう。

    「誰が為に生きるのか」

    「誰に愛され、愛するのか」


    その答えを見つけられたシャロンの人生が、この先もずっと幸福であることを祈るばかりです。

    こんなにも純粋な「愛」を私は知りませんでした。
    handa
    handaの感想・レビュー
    2時間
    3.4
    Filmarks試写会@渋谷ユーロスペース

    すごく繊細な映画。
    アカデミー賞を争ったララランドとあまりにも毛色が違うのでこれからの映画の裾野の広さを感じました。

    上映後には深田晃司監督のトークショーがあり、映画監督ならではの視点でムーンライトを解説していただき非常に有意義でした。
    sunmoon
    sunmoonの感想・レビュー
    2時間
    -
    試写会で観てきました。映像がとても綺麗だった。今まで黒人差別やLGBTについて勉強したり、実際に現地で見てきたけど、それがちゃんと大袈裟にじゃなく日常に深く根付いてることをサラッと描写されているのがすごく良かった。やはり親はどんな親であれ、見捨てることは出来ないし、どんな親であれ、根本的には子を愛してるんだなとそこでじーんっときた。あと見た目は変わっても人格ってのは思いっきりは変わらないのだなと。あと毎回思うのだけど、イジメと差別ほどダサいものはない。
    えーさひ
    えーさひの感想・レビュー
    2時間
    4.3
    黒人社会、ドラッグ、LGBTなどを描いていながら、それを特別なこと(映画のテーマ、メッセージ)とせずに、ただ主人公が生きていく姿が丁寧に描かれていく。
    この映画を作品賞に選んだ米アカデミー賞の懐の深さに、驚きました。
    キンキン
    キンキンの感想・レビュー
    3時間
    -
     ショックだった。「ブラックムービー」って事で、麻薬だったり人種差別だったりと、黒人が出演する映画はそう言う内容が全面的に出てくる、と思い込んでいた自分に。と言っても、冒頭から麻薬密売人も出てくる。が、そういった社会の問題提起でもない。驚くほどシンプルな純愛物語で、「ラ・ラ・ランド」がアカデミー賞を逃した理由も、一方的で楽しめなかったと言う理由も、本作を見て分かった。こう言う黒人映画ってあまり見たこと無い。

     描かれるのは、一人の少年が男になるまでを3部構成で描いた普遍的な内容なのだけど、この映画が面白いのは、劇的な部分を省き登場人物を格付けしないように脚色していること。提示されると「こう言う人なんだ。」と印象を持つが、それを省く事で観客が「登場人物達に何があったのだろうか?」と考えては自分の過去を振り替える作りが見事。自分も見ている中で、関わるのが億劫になり数年前に着信拒否した嫌な奴や、受け入れる事が出来なくて別れた彼女だったり、を思い出しては、アカデミー賞脚色賞を受賞したのも納得。
     ラストしかり、人生を振り替える映画なんだ。海辺を見つめては目が輝き、シャロンが今の自分を受け入れる姿がジワジワと来た。

     幼少期、支えとなってくれる母親が信じられなくなる様子が怖くて、この時の傷や疎外感は、成長する中でもずーっと息苦しく残っているわけで、ナオミ・ハリス演じる母親が優しく声をかけながらも、それを信じられなくてシャロンが疑う部分とかさ居場所が無くて辛くなる。それが、フランソワ・トリュフォーの「大人は判ってくれない」を思い出すわけで、監督のバリー・ジェンキンスは映画が好きになったのはジャン=リュック・ゴダールなど外国映画を見た事がきっかけと語っている。
     「フランス語も喋れなければ、フランス語を喋れる人も知らないが、それらの映画に共感出来た」と。
     「ムーンライト」も、麻薬密売人など、日本では身近な設定ではないのだけど、東京に住む自分は胸を揺さぶられた。それは人生の一部なんだ語る事で、少年から男になるまでのシャロンを知り、冒頭の麻薬密売人であるフアンを思い出す。
     幼少期の心を開かないシャロンを海に連れていき、包み込むような愛情は見ているこっちも身を寄せたくなる。
     彼は、何故麻薬密売人になったのだろうか?
     フアンを演じる、マハーシャラ・アリは、本作で助演男優賞を受賞。出番はほとんどないが、この映画って背景を限りなく暈し人物をくっきり捉えているので、彼等の表情から感情が伝わっては印象に残るんですよね。それでいて、レンズフレアも含まれては、住んでいる街の美しさも。

     撮影もドキュメンタリーみたいな部分があって、紙くずを丸めてはサッカーをする子供達、鏡の前でダンスの練習をするシャロン、風呂の準備をするもお湯が出ないからコンロで沸かして温めては石鹸(洗剤?)を入れたり、と物語には関係無いけどそんな部分がある事でコミュニティの一部になったような錯覚が、体験を助長する。
     ヌーヴェルヴァーグに強い影響もあるわけで、「金歯(?)ってああやってとるのか。」「スプーンの持ち方が、如何にも。」だったり生活感が見てとれる。

     それで、ぐいぐい映画に引き込まれるわけですよ。だから、あまりに入り込みすぎては劇中に流れるスマホの着信音が自分のと同じだったので、「やっべ!!携帯の電源切り忘れたか!?」と勘違いしては、心臓飛び出るかと思った。
     そうそう、ニコラス・ブリテルの音楽も絶妙な包容力を持っていて、この日試写会で来ていたユーロライブの音響も良くて心酔したなー。だから、音響の良い映画館で見るのをオススメします。
     これが、作曲賞を外したのは意外だ。

     余談だが、試写会前に朝日新聞の夕刊を配られたのだけど、帰宅して開いたら何ページもデカデカと広告していて驚いた。そこにある台詞が、観賞後の余韻を高めたのは言うまでもない。
    yuko
    yukoの感想・レビュー
    4時間
    3.8
    Filmarksさんの試写会が当選し、渋谷ユーロスペースにて鑑賞。

    アカデミー賞作品賞を競った「ラ・ラ・ランド」がとても動きのある映画だったのに比べ、こちらは非常に静かな映画でした。

    構成的にはシンプルな3部構成で、主人公シャロンの幼少期、青年期、大人という3つの時代を3人の役者さんが演じています。
    説明も無くさっくりと時代が進むので、色々とここはどうなったの!?と気になるところは多々あるものの(フアン!)、3人のシャロンの雰囲気や仕草が似ているので、割とすんなり時代の進みを受け入れる事が出来るところが流石だなと。

    差別、LGBT、麻薬等、今のアメリカを取り巻くたくさんの社会問題が含まれた重いテーマ性の映画ですが、最後に残るものが人種や性別も関係ない、とても純粋なもので、観た後に誰かと語りたくなる素敵な余韻のある作品でした。
    劇場で見れてよかった!

    パンフレットも頂きましたが、映画と同様色彩が綺麗でインタビュー内容も充実してました。Filmarksさん、ありがとうございます!
    >|