ムーンライトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

kaito

kaitoの感想・評価

4.5
記念すべきmark250本目「ムーンライト」
なんて美しい映画パッケージなんだ…

ムーンライト鑑賞。こんなにも演技力・演出でせめてきた映画は初めて。1つの1つの発言もかなり重みがあったんだけど、行動・仕草で感情を伝えようとする努力が見えた。1.リトル 2.シャロン 3.ブラックの三段構成で映画は成り立っている。2.のシャロン本当に本当にすごくよかった。それぞれに点数をつけるとしたら1.リトル 4.5点
2.シャロン 5.0点 3.ブラック3.8点かな。
1.リトルで登場したフアン。最高。これを思ったのは俺だけかもしれないけど、この1.リトルが「ニューシネマパラダイス 」を彷彿させた。余韻がすごく残るいい映画だった🎬
過去に観た映画で、まだ感想を書いていないものの棚卸しです。

良い映画でした。

ゲイや黒人、麻薬、母親死と麻薬の売人等々、色んな複雑な思いが繊細に幾重にも折り重なり、それが美しい映像で語られて行く。

ちょっと、自分には難しかったかもね。

2017年に劇場で観た映画の中で59位(78本中)です。
ラ・ラ・ランドの方が1点上になっちゃいました。

(2017/4/8 シネプレックス小倉 2D)
(2017/5/2 シネプレックス小倉 2D)
chihiro

chihiroの感想・評価

3.4
相手が自分と違うから
自分がマジョリティに属してるから
そんな理由

そんなどうでもいい理由で
相手を攻撃し、否定し続ける

その周りの人間の愚かさ、弱さがとにかく辛かった。
なんか泣いた…。悲しかった。
人間みんなで平和に生きたいなって心から思った笑
あと、日本は平和な国だなぁと思った。
sana

sanaの感想・評価

4.0
キャストがほぼ黒人だけというとスパイク・リーを思い出すけど、本作は、ドラッグ中毒のシングルマザーの元に生まれ落ちてしまった黒人少年の「私小説」とも言える内容で、だいぶ趣が違う。
様々な社会問題を扱いながらも、絵画のように美しく、繊細なアート作品。
次回作がとても楽しみ。
何度も気づいたら涙。
シャロンが成長してもシャロンだということがわかる演技、とても良いです。いろんな視点からメッセージ込められてて色々染みる。
音楽と無音の作り方とかも好き
おけい

おけいの感想・評価

4.0
時の流れはすごいなぁとしみじみ。
フアンの言葉は結構刺さった。

景色とか画面全体がブルーがかってて
めちゃくちゃ美しい。
16年米。これは無視できない。貧困、児童虐待、性的マイノリティに対する差別。深刻な問題を扱いながらも語り口はむしろ穏やかで、印象的な光による画は美しい。内面にぐっと下りて行くような演出は、普遍的に存在する人の悲しみや痛みに辿り着く。カーワイやドゥニに影響を受けたという作風は詩情豊かで柔らかく深い。演者の表情も素晴らしく、印象的。母親もこのテーマにしてはモンスターに描いていない。子供は幾つになっても親に弱い。「今は恋しく思う。」
粉雪

粉雪の感想・評価

3.3
うーん、こんな映画だったのか・・。
アメリカという国で、貧しい黒人の、しかも性的マイノリティーに生まれる辛さが実感できなくて、文化的に限界を感じた。一度暮らしてみて文化を肌で感じていれば、もっと違ったのかな。
主人公の1人の孤独な人間としての辛さには胸が詰まった。ラストは救いがあるように思えたが、ホッとするまではいかなかったな。
CELKO

CELKOの感想・評価

4.3
物凄い興奮がある訳では無いけど、じわりと染みるような作品だった⠉̮⃝︎︎
まず、映像がとても美しい…独特の世界に引き込まれる映像美でした
ストーリーも、じっくり観ているととても良いポイントが所々に散りばめられてた。個人的には、大人になっても俯く癖とかがそのままだったところに胸を打たれた。色んな経験がシャロンに変化をもたらしても、変わらないものがあるところが素敵。あんなに辛い裏切りを経験してもなお、繋がりを感じていたのはケヴィンだけだという大人のシャロンも切なかった。
とても素敵な映画⸜⌄̈⃝⸝‍
>|