ムーンライトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

Aya

Ayaの感想・評価

4.5
これは裏切られた。良い意味で。
こんなにも美しい愛の物語だなんて全く想像してなかった。

俳優たちのとても繊細な表情の演技と、色彩豊かでキラキラときれいな映像。
2つが相まって本当に美しい映画になってる。

セリフもなかなかニクくて、心にじわっと残る言葉が多かった。

“自分の道は自分で決めろ。周りには決して決めさせるな”
“ここでは愛とプライドだけよ”
“わたしのことは愛さなくていい、でもあなたのことは愛してるわ”
一人の人物を時代毎に複数の役者が演じるのって違和感を感じることが多いんだけど、この映画では全くそれが無い。少年の頃の瞳を持ったまま成長していく主人公が印象的です。演技力含め素晴らしいキャスティング。
りつ

りつの感想・評価

3.0
話題性から

アカデミー賞の時はララランドの特集が多くて
なんで、特集の様な物が組まれなかったか疑問だったけど、
これは組めないね

楽しさ、ワクワク、ドキドキ感ってのはないけど問題の取り上げ方、見せ方は外国ならではでした

途中で寝てしまいそうかなぁ
と思いながら、結局最後まで見入る雰囲気があった

リトル、ブルー→ブラックのあだ名のつけられ方
イジメ、ドラッグ、性の感じも邦画じゃ
表現できない感じでした

見えてる部分だけじゃなく、
心を開ける人はやっぱり必要なんだと思った
いじめ、ドラッグ、ゲイをテーマに黒人の主人公が成長していく物語。
終始心に陰りを持つシャロンを中心に危うくもせつなく流れるストーリーに胸が締め付けられる思いがした。
ftg

ftgの感想・評価

3.8
男性は、母親に不信感のある環境で育つと同性愛者になるのかなぁ…と思っている。同性愛者を差別するつもりは全くないし、彼らも過ごしやすい社会になればいいなと思うけれど、カバちゃんとか見ても、やはり幼い頃に家庭で苦労してきたイメージ。
GAWACO

GAWACOの感想・評価

3.0
余韻
リトル、シャロン、ブラック
訴えすぎていない
変に感情が高ぶらない
淡々とした映画
kubota

kubotaの感想・評価

3.0
真面目な作品なので仕方ないと思うが、暗くて見ていて少ししんどい。

成長を見れて面白い点もあったが、ラストシーンもなんとなく終わった感じがあった。

難しい作品はやはり苦手です。
RastaVarna

RastaVarnaの感想・評価

3.7
期待しすぎたかなー。でも大人になった時のビジュアルはカッケー
言葉数が少なくて寝落ちの繰り返し。

アカデミー賞ってのはなんとなくわかるけど、
そこまで??
この映画の良さが理解できないあたり、僕はまだまだ子供。

率直に言えば2017年のアカデミー作品賞はララランドにとって欲しかった。
この作品も重要なシーンで流れる音楽は良かった。
>|