ビール・ストリートの恋人たちの作品情報・感想・評価・動画配信

ビール・ストリートの恋人たち2018年製作の映画)

If Beale Street Could Talk

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

「ビール・ストリートの恋人たち」に投稿された感想・評価

Sakimovies

Sakimoviesの感想・評価

3.6
続きが気になる…!!!
結局弁護士も押されちゃって、訴えた女性も(本人もとても辛いんだけど)撤回はできなくて、減刑嘆願出して泣き寝入りなの?
巡査の逆恨みで冤罪でも時間かかっても出られればラッキーってこと?うーん。

(それにしても2シーンくらいしか出てないのにほんとに嫌な感じの顔だったな、巡査。)

でもそれが2020年の今も続く現実なんだな。。
黒人冤罪がメインだけど、黒人女性への性的蔑視も嫌だったなあ。香水のところ。。

暗いシーンとの対比のような2人のラブストーリーが美しかったけど、ファニーがちょっと依存気味なのは怖い。

お母さん、強く優しかったなー。
食料品店のおばあさんもよかった。

舞台や音楽、ファッションが良くて
ティッシュが可愛かったから観てられたかな。
雰囲気映画と言われちゃいそうな気もするな。。
マイノリティと家族愛がテーマだけど
叩きつけたり押し付けたりではなく
フワッという感じだったのが良かった
中途半端に見えるラストだけど
冤罪が晴れて二人が幸せに暮らしてEND
だと途端に漫画になっちゃう気がするから
あれで良かったんじゃない?
深い。色んな問題があるのね
結局2人が幸せならわたしはいいかな
vanilla

vanillaの感想・評価

3.5
自分はまだまだ未熟だけど
これがすごく深くて切なくてやるせない
話っていうのはわかる。

みんな平等で愛の溢れる平和な世界が
おとずれますように。。。


ファッションの色使い
かわいくて癒されたな〜♡
Canari

Canariの感想・評価

-

NY行きの機内にて。

旅をするきっかけになった作品と重なる部分のある映画で、飛行機に揺られながらこのふたりの美しさに魅せられていた。
言葉で語らなくてもこんなにも伝わる想いがあるのかと、作品と映画の素晴らしさに酔いしれた。映画館に観に行けなかったことをとても後悔した。
ムーンライトよりも好きでした。

劇伴がとても良くて、これはいつかレコードで聴きたいなと夢見ている。
nattie

nattieの感想・評価

-
一年前に映画館で鑑賞。
不公平な環境下で不公平な世界で生きなきゃいけない世界があるのが辛いし今も変わってないのが思い返してしんどい。
12 years a slaveでもそうなんだけど、差別をしてくる白人の描写トラウマなんだよな…それだけ演出なり演技なり上手いんだけど、うわあ見るんじゃなかった、、(いい意味で)て恐怖を覚える。音楽も芯があって力強いのに切ないのが印象的だったな。またみたい
さひろ

さひろの感想・評価

4.4
黒人であること、特に黒人女性であることの生き辛さを見て取れた。
差別と戦うべきなのはわかるけど、根が深すぎるからやっぱり最終的に疲れて屈しちゃうよね。
#BlackLivesMatterの根底にはこういうのがあるのかなーと。
eri

eriの感想・評価

4.0
時代や環境、人種によっていかに普遍的なことが享受されないか。いかに悪意のトラップが多いことか。70年代の話だが、きっと今も根強く張り巡らされているアメリカの現実。その中でも愛は育まれ、美しく、続いていく。
美波

美波の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

根深い


はあ…
受話器越しが切ない




【好きな言葉たち】
愛し合う人が好きなだけ

人間の違いは母親が違うだけ
sss

sssの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『ムーンライト』を観てからぜひ観たいと思っていた本作を。たまたま先週近くのビデオ屋さんで借りたのが、図らずもこのタイミングで鑑賞することになってしまいました。

刑務所のガラス越しにふたりが手を合わせるシーンがなんともせつない。二人の衣装や傘を差して歩くシーン、音楽、台詞の間合いの一つひとつに心が揺れました。

印象的だったのが、ファニーが「俺には二つの宝物がある。彫刻刀と恋人のティッシュだ」と言ったときの、「俺には何もない」といったダニエルの目。ダニエルが二年の刑期に味わった闇を、彼のうつろな表情に見る。

香水売り場のティッシュの奥歯が痛くなるほどの笑顔も、なんといたわしいことか。

必ず帰るといってガラスの向こうに霞んでいくファニー。そして新しい命が生まれて、家族が愛で結ばれていることを象徴するシーンで映画は終わっていく。

今いろいろと考えさせられる題材であるし、(あえてそこについては言及しないけれど)
人を愛し、人に愛されることの尊さの余韻が残る映画だったな。今の心に染みます。

比べるものではないかもしれないけれど、この映画に、『ムーンライト』のような自己を解放していく過程での家族や友人との摩擦や葛藤が描かれていたら、さらに自分にとって大切な作品になったかもしれないな、とふと思いました。
>|