女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

どんでん返し
Manami

Manamiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これはおすすめ。
政治用語が飛び交ってついていけなくなりそうだけど、だいたいついていける。
どんでん返しキターーーー!!!
って感じです。

女神の見えざる手って
あのメガネの右腕ちゃんのことだったのか。
まさに「見えざる手」。

表側のテーマとしては銃を規制するかどうかって話だけど、
私個人的には裏テーマの、リズが抱える孤独とかそういう部分に考えさせられるものがありました。
確かに仕事ができるバリバリ働く女性像に憧れはあるけれど、
甘えられない、自分には仕事しかない、みたいな大人にならないように。
仕事以外にも、生きる意味を感じられる人にいつかなりたいと強く思いました。
孤独が人間にとって最大の敵なんだなと。
ぐっち

ぐっちの感想・評価

4.0
将棋みたいに気持ちいいぐらいバシッと決まった。
いやー、久々に映画にやられました!
まさかの展開に驚きしかなかったです

伏線が重視されているので多くは語れませんが、是非観てほしいですね
社会・政治としてもサスペンスとしても名作と言えるでしょう
Ryuno007

Ryuno007の感想・評価

3.8
会社の上司に会うたびに勧められたので鑑賞。主人公が観客に明かさない行動や行動原理がかなり出てくるんだけど、主人公のキャラクターと置かれている状況が自然とそうせざるを得なくしているところは見事。会話もかなり早口で要素も多く、一度見ただけではどこまでが伏線で、どこまでが伏線をカモフラージュするための要素なのか、判別できなかった。集中力は結構必要だと思う。アメリカの政治的事情もちょっとは常識として持っておいた方がいいかも。主人公が常にヒリヒリしてるんだけど、見てるこっちもヒリヒリする展開がてんこ盛り。ジェシカ・チャステインの独壇場。ところどころただなんか違和感のある構図や動きがある。クライマックスの弁護士のさりげない間抜けな所作が個人的にはベストシーン。
TOHOシネマズ新宿
fumika

fumikaの感想・評価

3.8
ロビイストという職業についてもっと知りたくなる。人間の複雑さが出ていてよかった。
仕事に使命感を持って邁進できるのってやっぱりかっこいいな。自分の健康とかを害してまでとは思うけど、そこまで貫きたいと思えるものがあるということが羨ましい。

このレビューはネタバレを含みます

評価につられて観たら面白かった。

サスペンスとして近年稀にみるいい出来。
張り巡らされた伏線、少し狂ってるキャラクター、それを演じる役者、人情、全部良かった。
ジェシカ・チャステイン勝ちに執着する姿はナイトクローラーのジェイク・ジレンホールのようだった。それよりかは人間味が強かったけど。
1つの目的のため、その理由のためには犠牲も厭わないその根底にあるものを知るとビックリ

キャリアウーマンとして生きることを決め、女性としての生き方を捨てた姿
の人間の描き方が良かった。(実際の内面とか)

(正直政治に疎くてロビイストなんて仕事があるのは初めて知った。)
最初は内容が頭に入り込みづらくて構えていたが、案外わかりやすかった。
だけど日本人にはわかりにくい部分も多々あった。

マーク・ストロングは悪役もいい役も全部ハマってる
>|