記者たち~衝撃と畏怖の真実~の作品情報・感想・評価・動画配信

「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」に投稿された感想・評価

3

3の感想・評価

-
stand by meの監督ロブライナーが監督&出演していて、字幕監修(って何するか知らんが)池上彰で、9.11からイラク戦争への流れとその裏が気になっていたので、久しぶりに実話に基づいた系観た。タイムズ紙が謝罪したという事実や、この映画が製作、公開されている点で、アメリカは日本よりも”高度な文明社会”だと思う。邦題胡散臭くなっちゃってるの気になる
イラク戦争の根拠となった大量破壊兵器の存在.それが偽情報と唯一報道しつづけた新聞社ナイト・リッダーと記事の中心人物であるジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルの取材風景を描いたのが本作.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
今となってはナイト・リッダーが正しかったと分かっていますが,9.11をリアルタイムで体験した身としては,よく調べられたなぁよく書けたなぁと感慨深い気持ちで視聴し続けました.いやだって愛国心一色の時代ですよ.そうですね,小泉純一郎政権下で彼の政策を批判するくらいに勇気がいっただろうし(奇しくも小泉政権も2001年発足),そもそも誰も相手にしなかった(野党が何をどう訴えようとダメだと嘆いたのを憶えています),ストロベルが恋人の父親との問答に無気力になるってのは,そういう事なわけです.
その絶望に苛まれてもおかしくない状況の中,二人を支えたのがボスのジョン・ウォルコット局長.中の人ロブ・ライナーは本作の監督兼製作であり,ハレルソンとは前監督作LBJでタッグを組んだ関係.どんなけハレル好きやねんな,ロブさん!
そのウォルコット局長の仕草かわいいがチャーミングじーさんでとても好感なんですが,それだけではなく「我々は他人の子を戦争にやる者の味方じゃない 我々は我が子を戦争にやる者の味方なんだ」と語る胸アツじーさんでもあるわけでますます好感度アップアップ.監督がこれだけいい役やるって我田引水の批判が出そうなもんです.
戦争といえば,売電現大統領も当時イラク出兵に賛成していたのですね.知りませんでした.というか今の売電って本物なんでしょうか.そもそもあの選挙に不正はなかったのでしょうか.ナイト・リッダーにはそこんところ是非とも調べていただいて,その過程を今度はジュリア・エイブリー監督あたりにお願いしたいところであります.
A

Aの感想・評価

3.0
アメリカ政府が強引にイラク=weapon of mass destruction と言ってた酷い頃。

好きなジャンルでずっと気になってた映画だけど、うーん、ウディハレルソン以外はなんとなくB級映画っぽくて少し残念。期待しすぎたかも。新聞社のボスはイイこと言ってた。

「Vice」のせいでチェイニーがクリスチャンベイルにしか見えず笑

2021 No.130
Miri

Miriの感想・評価

4.2
「スポットライト」「ペンタゴン・ペーパーズ」同様絶対的権力と戦う記者や新聞社の奮闘を描いた実話映画。

9.11直後のアメリカのことがよくわかり、イラク戦争に向かっていったアメリカのメディアがプロパガンダとして利用されており、恐ろしさと無責任さを感じる。
この映画を見ると、長いものに巻かれて巻かれて全く間違った方向にいつの間にか行ってしまっている例であることが言える。そうではなくしっかりとした真実を追い求め伝える役割を担っているジャーナリストが必要で、自分自身も嘘のない真実にしっかり目を向けていきたい。
先日見たThe Reportもそうだけど、当時の政権内部にいた人達を実名でガンガン挙げてる。こう言うことができるのがアメリカ。(日本は「新聞記者」の主演受ける女優さんがいないってのに)

イラク戦争に関する映画はいくつかあるのでそれらとセットで見るとより理解が深まると思う。他の見逃してる作品見ておきたい。

2021-49
9.11後、アフガニスタンに居るビンラディンとは「水と油」であるはずのイラクのサダム・フセインを倒す、大量破壊兵器が証拠だと言っていた息子ブッシュ政権(つーかチェイニーとラムズフェルドの二大悪党)。大手メディアは右に倣えでそれを伝える。
そんな中、アメリカで唯一疑問と独自取材を展開していたNight Ridder社の4人の記者を描いたドラマ。

監督であり編集長を演じたロブ・ライナーの下の台詞が染みた。

「他人の子供が戦地に行くのをただ見ている人のためではなく、自分の子供を戦地に送らなければならない人のために記事を書いているのだ」

当初脚本には無く、撮影当時に見学に来ていた当事者たちの思い出話から急遽この台詞のシーンを追加というから驚き。

基本的には報道を鵜呑みにしない、出来るだけ複数のソースに触れることが大事だと再認識させられた。
良く言えば質実だが、全体的に特に地味で光るものが無い。
終わりかたは決して中途半端ではないものの、90分強と短めなのでもう少しあの先を詳しく見せて欲しかったという気もする。

このレビューはネタバレを含みます

イラクが大量兵器を保有しているという証拠を捏造し、その報道に踊らされたアメリカ国民。
後にタイムズが謝ったってことも知らなかったし、こんなに闘ってた記者がいたことも知らなかった。
自分の目で耳で情報を得て、主張する。
受動的にテレビやSNSから知り得たことをまるごと信じてはいけない。
knykeast

knykeastの感想・評価

3.8
記憶に新しい米軍によるイラク侵攻。その裏側で何が起こっていたのか。当時唯一「大量破壊兵器」の存在に疑問を呈した報道機関、ナイト・リッダー社の立場から、報道の真実とは何かを問いかける。

911同時多発テロ。その悲惨な状況をまざまざと思い出しました。当時のリアルな映像から、愛国心の高まりや、テロリストへのやり場のない憤り、アメリカは国として異常に感情が昂っていく。

一方ベトナム戦争を経験していたアメリカ。戦争は何も解決しない、憎しみが更なる憎悪を生み出す事も、その歴史から身をもって学んでいたはず。。

当時、遠い日本から眺めていた自分も、どこかイラクへの侵攻を正当化していたかもしれない。

後になって、「大量破壊兵器」の存在なんてなく、当時の情報が「都合の良い推測」であった事がわかる訳だが、改めて世間の論調の危うさを思わずにはいられません。

冒頭シーンとエンドロールが印象的な本作。報道の真実とは意外にも簡単なのかもしれない。それは情報が「事実」である事。そしてその積み上げの中にこそ真実がある。

ナイト・リッダー社。当時の○○タイムスや、○○ポスト等の主要紙が、一様に開戦ムードを盛り上げる中、信念の報道には頭が上がらない。

その信念の記者をウッディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデンが好演。そしてミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビールなど脇を固める女優の演技も見逃せない。

報道の真実。都合の良い仮説を打ち立て、たいした検証もせずに突き進む危うさ。。今一度、襟を正したいと思わせてくれる作品です。
「高度な文明社会とは、報道の誠実さと明晰さの重要性を意識的に尊重できる社会であり、報道の正確さに疑いを持てる社会である」by John Walcott, Knight Ridder

イラク戦争に進んでしまったという事実はあるが、Knight Ridder のようなメディアが存在すること、このような映画が製作されたこと、大手サブスクから広く配信されていることから、報道の自由、表現の自由という観点からみて米国はある程度「高度な文明社会」なのだろう。

対して日本はどうか??

長きに渡るコロナ禍、オリンピックを巡る動き、拡大する経済格差。
この状況下で日本は「高度な文明社会」と言えるだろうか。
>|