アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

wakio

wakioの感想・評価

3.8
姉さん、かっこいいっす…。
この役を演じられるのはシャーリーズ・セロンしかいないですね。タフな幼少期~下積み時代を経た彼女だからこそあの雰囲気が出せるのだと思います。
意外と銃器による戦闘よりも肉弾戦が多かったのは男性社会への反抗のようにも思えます。あらゆる力でのさばる男性を拳でしばき倒す姿を見ると、この作品はかなりフェミニンな作風であるとも言えるでしょう。
80年代パンクカルチャーを踏襲したヴィジュアルや音楽がまたクールで素敵。スパイ物としては予想より泥臭いシーンが多い印象ですが、対権力の構図に当てはめるとその攻撃的なシーンがより一層際立ちますね。スプレーアートのフォントが特にお気に入り。デフォルトのフォントにしたいくらいです。
ジョン・ウィック的な無双アクションを勝手に期待していたことによるギャップもありましたが、かなり面白い作品だったと思います。
続編やるとしたら冷戦後になるよね…。やるとしたら個人的にはこのパンキッシュさを消さずにやってほしいですね。
masasee

masaseeの感想・評価

3.4
ストーリーよく分からなかったけど、シャーリーズセロンめちゃキレイ!
イッサ

イッサの感想・評価

3.0
そーいう系か!?
全然爽快アクション映画ちゃうやーん!
勝手に邦題見てそうだと思い込んでたから見るタイミング間違えました。

バリバリスパイ映画っす。
最後うまくまとめた感出てたけど、内容頭で理解してないから全くわかりません。

これは真剣に観ないといかんやつですわ。
すいませんでした。
caadaccha

caadacchaの感想・評価

3.8
最後の最後まで誰が味方で誰が敵なのか、いい意味でも悪い意味でも分からなかった
mats5050

mats5050の感想・評価

3.3
結局CIAが世界情勢を操作してんだよ的な事なんだろうけど 1回じゃストーリーが ???なのでまた見ようと思った
CK

CKの感想・評価

3.4
シャーリーズ・セロンがただただ美しく、カッコよく、強すぎる話。
長まわしのアクションシーンは苦しくなるほど見入ってしまった。どうやって撮ってるんだろう。
いろんなシャーリーズを見られるが、金髪のストレートが一番似合う。
たけけ

たけけの感想・評価

4.8
おっもしろい。何が真実だったのか追いきれなかった。サクサク見れるスパイ映画。たくさん人死ぬんだけど軽快な音楽がとても心地良い。シリアスだけど心に重くはのしかからない。ストレスのない映画。
Marquez

Marquezの感想・評価

4.0
一回だけじゃ理解できなくて見直したら相当面白かった。いったい何転してるんだってくらい騙される脚本。
シャーリーズ・セロンがクールでタフで、持ち前の美貌でアンドロイドに見えるほどカッコよくて。あらゆる物を武器にして戦う血だらけ傷だらけの硬派なアクション。逆にジェームズ・マカヴォイ演じるパーシヴァルの人間臭さ。対比の妙。
時代設定は1989年。天安門事件、ポーランド民主化、崩れゆくベルリンの壁、歴史の転換点となった激動の年。懐かしいヒット曲達にニュース映像の記憶が手繰り寄せられ、しばし感慨。デビット・ボウイ、テトリス、Appleカラークラシックと時代のアイコン達がキラ星のごとく。

このレビューはネタバレを含みます

かっこいいシャーリーズ・セロンを見るためだけの映画という感じ。それだけで十分に感じてしまった…🤧話はまあ…よくあるスパイ映画という感じは否めなかったです
santasan

santasanの感想・評価

3.7
シャーリーズ・セロンカッコいいわ〜。美人諜報員という設定だけでも萌えるのに、アクションも演技っぽくなくガチに見えるし、ガンファイトもジョン・ウィック並みのカッコ良さなのは同じ監督だからか。誰が味方で誰が敵なのか二転三転するストーリー、そして二重スパイ「サッチェル」が誰なのか最後まで目が離せない。
>|