アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1989年、冷戦末期。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は――。

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

p

pの感想・評価

4.0
どんでん返しからのどんでん返し!観終わってしばらく話を整理してみるとじわじわくる面白さ。CIAとかKGBとかMI6とかスパイものは好きじゃ〜限界がない感じがね笑シャーリーズセロンほんっと美しくてな...あとモノクロっぽいモードな映像にduranduranとか80sミュージックが流れる洒落た雰囲気も楽しめる!ジェイソンボーンの女版かね、アクションも辛いくらいすごくて久々映画みて疲れた。
Miyashita

Miyashitaの感想・評価

2.4
シャーリーズセロン主演。

さすがにもう老けてきたな…
まあ美貌だけが売りじゃないので、
これからも「モンスター」ばりの熱演を見せてくれることを期待だ!

本作は、はっきり言って駄作だったと思う。
音楽が良いくらいだな。

あとは、ありきたりなストーリー展開と、むちゃくちゃなラスト。
悪い意味でむちゃくちゃ。

えっ、そんな感じで終わらせるの、と。
話の整合性取れてる?大丈夫?

最初元恋人の夢かなんか見てうなされたあの描写とか、忘れてない?
あまりに不自然なラスト。
もと

もとの感想・評価

3.7
シャーリーズセロンの格好良さに酔いしれる映画。抱かれたいレベル。音楽もカッコいい。洋楽は全然知らないけど。
アクションも泥臭くてカッコいい。警官レベルでは無双するが、訓練されたスパイの男相手だとかなり生々しい戦いだった。普通のアクション映画では死ぬレベルの殴打も敵は立ち上がる。男女の体格差もあって防御の上から殴られたセロンは吹っ飛ぶ。
スパイものといこともあってストーリーはよくわからなかった。こういうことかなっと、とりあえず納得しておいた。
ken

kenの感想・評価

2.6
数年に1度あるお洒落スパイ映画。

1歩譲ってシャーリーズの美しさは許すとしての、途中から何故か見てるほうが、疲労感に襲われる。

無双的なもの期待していたら、意外とちゃんと闘っていた。。
nIa

nIaの感想・評価

3.8
マカヴォイがおネエにしか見えないと散々言い続けるが、大体スプリットのせい
シャーリーズセロンにぶちのめされたいという願望はないが、それでもアクション(特に中盤以降)のクオリティには目を見張る
bebemama

bebemamaの感想・評価

3.7
当時のベルリンの雰囲気を表したような暗めの色調。スタイリッシュな映像。
予告の「キラークィーン」でキャーってなってました。80年代の音楽が懐かしくて、カッコイイ!
あ〜「アンダーザプレッシャー」!!

何と言ってもシャーリーズ・セロン!
『マッドマックス』では、皆を助ける姉御のカッコ良さ。今回は敵を倒すクールなカッコ良さ!まさしくキラークィーン!皆がひれ伏す!
ミニスカート、ハイヒールでのアクションシーンがハンパないくらい激しい!本人がやってるので、リアリティがあるせいか痛さが伝わってくる。もう、本当に痛い!!ずっと身体を強張らせてた。
衣装も真っ白や赤のコート(あー汚れるよ)で素敵!

マカヴォイさん、やんちゃな感じが期待通り!資料の写真と今の彼のギャップ、背中のナイフが抜けそうで抜けないとか、1人ちょっとコメディタッチで楽しそう(?)だった。エディ・マーサンと並ぶと『フィルス』を思い出す!

シャーリーズ・セロンは『モンスター』で驚き、『マッド・マックス』でまた驚き、そしてこの映画。本当に目が離せない!
シャリーズ・セロン様にかなうものはおらん。

ストーリーも抜群に面白かった。
個々の要素はいいが食い合わせが悪い印象。
割と本格的諜報モノであるストーリーとノリの良いBGM、超凄いアクションが合わさった作品なのだが、それぞれが馴染んでいない。とにかく複雑で頭を使う話なので、BGMが流れても「うるさい、落ち着いて考えさせてくれ」と思ってしまうし、アクションシーンになっても「凄いのは分かる!けど話理解するのに頭使ってて堪能できない」となってしまった。
音楽には詳しくないが曲のセンス自体は良かったと思うし、アクションシーンは戦闘スタイルと長回しが合わさってかつてないリアリティーがあったと思う。女性が男性と戦って勝つロジックがちゃんとあった。
話の複雑さがノイズになっていたので、一回ストーリーを理解した上でもう一度見直したら評価をぐっと上げたくなるかもしれない。
爆音上映にて鑑賞。
アクションに説得力があるというか、大柄な男を女性がやっつけるとしたらこうなるわな、という感じにリアリティを感じた。無双しまくるわけではなくて、やられる時はしっかりやられててそれが痛そうなのもよかった。
あとサウンドトラックがとても良く、物語の時代に即した80年代のヒット曲が続々と聴けるのも嬉しかった。
ドイツのシーンでネーナの「ロックバルーンは99」がかかったり、仕事を終えてイギリスに帰るところでは「London calling」が流れたりとBGMにネタが仕込んであるのも良かった。
特にラスト付近でベルリンの壁崩壊を告げるニュースに続いて「サンプリングは盗作か芸術か」っていう当時散々話題になった件のニュースをチラリと流してからのラスト、クイーン/デビッド・ボウイの「Under pressure」の前奏が流れ始めるトコは鳥肌が立つような思いだった…
なお

なおの感想・評価

3.2
シャーリーズ・セロンがおっさんのような声を出しながら戦うアクション映画!衣装と音楽が最&高👍
>|