アトミック・ブロンドの作品情報・感想・評価

アトミック・ブロンド2017年製作の映画)

Atomic Blonde

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

1989年、冷戦末期。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は――。

「アトミック・ブロンド」に投稿された感想・評価

まゆげ

まゆげの感想・評価

3.5
爽快アクションではなく、殴る蹴るという血みどろな感じ。爽快感を求めるなら物足りなさはあると思うけど、ストーリーは惹かれる。
なかなか難しく最後まで騙されっぱなしだったけど、のちのち自分で塾考して楽しめる映画だと思う。
ヂミー

ヂミーの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

全編スカッとする女性のアクションやで〜!というのを期待していたら、おろっ、おろろっ、となる映画。だいぶややこしくてつまり目的は?誰と戦ってる??って置いてかれてしまう。なにせ、ながら見だからね。昨今のノリノリ映画に比べたらダレる部分が多いと思った。でもアクションはンゴイ。とちゅう程々のゆりゆりシーンがあるので、いちおう…まあギリ…友達とみるのはやめたほうがいいリストに入るかな…
MNRLAY

MNRLAYの感想・評価

4.5
シャーリーズ・セロンの本格格闘シーンがメインの女性版ジョン・ウィック的な作品かと思ってたけど、しっかりとしたスパイものだった。そうなるとご多分に漏れずストーリーはちょっと難解で・・・
まあそれでも何とか理解はできたかな。個人的にはジョン・ウィックよりは好み。

色彩が独特で、それがシャーリーズ・セロンの美しさ、カッコよさを際立たせてると思った。彼女はずっと変わらず綺麗だよなあ。
ayaka

ayakaの感想・評価

3.5
主人公の女の人めっちゃかっこいい!!
と思っていたら、マッドマックスのフュリオサ様だったのね〜♡納得。
ぼっこぼこに男たちをなぎ倒していく女性エージェント、素晴らしかったです。
そよ号

そよ号の感想・評価

3.5
女性ならではの「男性の腕力に負けないように使えるものは使う」アクションがとても新鮮でかっこよかった!それに終始してくれても良かったかな…
スパイのあれこれがややこしくて「??なるほど、わからん」とおいていかれてしまったので
Catman

Catmanの感想・評価

4.0
シャーリーズ・セロン…この人何なんですか。毛ガニのFather Figureをバックに展開されるファイトと、ビルの部屋〜階段で繰り広げられる長回しのバトルが圧巻。リアルにワンカットで撮っているんだろうか??いずれにせよ身体能力が高いと言うだけでは済まされない、ヒリヒリする様な痛みが感じられる文字通りの体当たり演技と彼女のガッツ、それによってもたらされるアクションの迫真性はちょっと感動的ですらあります。

ただし映画としては脚本が良くない。説明が下手だしテンポが悪いので全然ノレない。トビー・ジョーンズのシーンまるまる不要。せっかく時間を掛けたのに、勿体ぶり過ぎてるから最後のオチも効いてない。セロンの熱演を無駄にしている様で悲しくなってしまいます。彼女以外のキャストではマカヴォイとグッドマンが良い感じ。
劇伴も不満。80年代ポップソングの連発も感心する様な捻りが無くて些か退屈。冷戦時代の空気感を醸出する役割にもなれてない。最後、London CallingからのUnder Pressureとか流石にダサ過ぎでしょう…
スコアは全てシャリセロ姐さんに捧げます。Stoli on ice. ストリチナヤで乾杯
シャーリーズセロンをとことんカッコよく見せる為だけの映画。
80sな選曲が混沌とした89年のベルリンとよくマッチしてた。
ティル・チューズデーのvoices carryだけ2回かかってるのはタイトルからの隠喩?
いちろ

いちろの感想・評価

1.6
もっとアクション欲しかった
ストーリーの進め方も回りくどいかな?
シャーリーズセロンはかっこよくて綺麗でブロンド似合いすぎ!
3文字のアルファベットがたくさんでて、
頭パニックでした。笑
まぁまぁ。
ややこしくて途中からついていけなくなった。戦闘シーンは痛々しいが見応えあった。
>|