武曲 MUKOKUの作品情報・感想・評価

武曲 MUKOKU2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知ら…

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

「武曲 MUKOKU」に投稿された感想・評価

脚本はそんなにだったけれど映像の迫力は圧倒的だった。映像映えしますね、二人とも。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.9
綾野剛と村上虹郎の魂のぶつかり合いに、見るだけでも体力を奪われた。本当に気合の入った殺陣に圧倒されます。虹郎くんの喉の突きのアザは本当についたものではないかと思いました。綾野剛の荒れっぷりも良かった。地でやってるのではないのかな?いずれにせよ観て損のない一本。因みに、私はこの作品を、別府の老舗映画館「ブルーバード劇場」で鑑賞しました。ありがとうございます。
maezou

maezouの感想・評価

5.0
ラストが圧倒的に静かで美しい。

前半の綾野剛の壊れっぷりが半端ない。
村上虹郎も初々しくてよかったです。

悲しい父と子の物語とある男の再生の物語
男くさい映画です。
もも

ももの感想・評価

4.4
こんなに全身全霊で没頭した作品は初めてで、いい経験させていただきました。汗は沢山かくし、見終わった時には全身痺れちゃう位力んで魅入る作品でした!

私自身弓道は経験がありまして、武道や禅の心得は剣道にも通ずるところがありました。
言い方は悪いですが、武道って元々は殺人の道具だった物を使うんですよね。
でも武道と殺人との境目はきっちり見極めなくてはいけなくて。
その境目を鮮やかに描いた作品だと思います!
プハラ

プハラの感想・評価

4.8
これはもう完全に偏愛の一作。
むちゃくちゃ好きなんだよな〜〜〜

斬られようとしても、どうしてもできない人の悍ましさと哀切というか。そういうものがひじょうに好きなんですよ。

綾野剛の目。背中。
虹郎の頸。重心。
人を殺せる人間の顔。

あんなに怖い小林薫は久しぶりだし、吹雪さんの艶っぽさもまた素敵だわ。前田あっちゃんも良かったと思うよ。

なんといってもあの殺陣が最高ですよ。変に華麗な見せるためのアクションってよりも、ああいう泥臭さの方がぐっとくる。
は〜〜〜好き‼︎
その

そのの感想・評価

2.3
「剣道」を主に取り扱っている作品。
競技としての剣道のシーンもありますが、主に「剣と共に生きる道」といった描写の方が多いかなと思いました。
ラストの上段構えと下段構えで対面するシーンは研ぎ澄まされていて、観ていて心地のいい緊張感があって、「綺麗だなぁ」と印象に残りました。

話としては泥臭く熱い話でした。
正直、私としては盛り上がりに欠けるというか、ちょっと途中だれてしまった感があったかな…
あとは原作を読んでいないからかもしれませんが、ちょっと話が唐突な部分がちょこちょこあったように感じてしまい…「考えるな、漢と漢のぶつかり合いを感じろ!」系かな…

綾野剛の狂気じみた演技が個人的に好きなので、堕落しきった序盤とかは本当にだめな人…と嫌悪感をもつくらいで、さすがの演技力だなぁと思います。
村上虹郎演じる融も生意気そうで、でも目力があるっていうのがすごい印象的で良かった。
村上さんはもともと剣道有段者なんですよね。
だから最後の剣道の打ち合いは本当に綺麗だった。
静かで、でもほんの一瞬で動に転じる、ぴりりとしたいい緊張感のある画が剣道らしくてよかったなぁと思います。
脇を渋く固める柄本明さんや小林薫さんもさながら主役2人の演技がよかったです。
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
父との関係性
線を取るしなやかで強い動き
どん底に堕ちた研吾より融に優れた剣の才能
豪雨の死闘が見所
kaname

kanameの感想・評価

1.0
鎌倉を舞台に、境遇の違う2人の男が剣士として鍛錬を積み、本気でぶつかり合う姿を描いた物語。

剣道?ラップ?殺人剣?…1ミリも興味を持てない意味不明の世界観に付き合わされる地獄のような2時間…

大層な雰囲気を醸し出すも、これといって見応えはない…そんな映画w
きのこ

きのこの感想・評価

3.4
想像してたより良かった
深くて暗い2人の闇

最後の終わり方も綺麗で(形が)良かった、剣道好きとしては、持っと勝負が観たかった

ひたすら綾野剛の演技が重苦しくて素晴らしいかった
虹郎君も大物役者になるオーラバンバン出てて(瞳が良い)
これからに期待。
りか

りかの感想・評価

3.5
最後の戦いのための演出で最初戸惑ったけどよかった
>|