武曲 MUKOKUの作品情報・感想・評価

武曲 MUKOKU2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知ら…

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

「武曲 MUKOKU」に投稿された感想・評価

kozue

kozueの感想・評価

2.9
メイン2人の演技はすばらしいし不満はないが、盛り上がりのないストーリーで退屈だった。虹郎くんはとてもいい目をしているなと改めて感じる映画だっただけに、響いてこない内容が残念。
GoIzumi

GoIzumiの感想・評価

4.1
凄いものを観てしまった。
綾野剛がひたすらにヤバイ、凄い。剣道を少しでも齧ったことのある人なら無我夢中になるはず。北鎌倉、鎌倉、大船のロケ地は殆どが知っている場所。改めて巡ってみたい。
舞台挨拶
はた坊

はた坊の感想・評価

1.1
見るにたらんかった
2017年8月31日木曜日
高田世界館
現代版剣豪文学。正直プロットに無理があると思ったが、俳優陣の演技が良くて受け入れられた。
綾野剛の荒みっぷり暴れっぷりが凄いし、柄本明の存在感は流石。
藤沢周原作を現代に置き換えた作品。原作は未読な為、映画のみで。
剣道は武士道なのか?武士道で強くなるということは極論として殺し合いなのか?父から学ぶ剣の道の厳しさと家族としての内側の痛みとで父親を殺しかけた罪を背負う男と、天性的に剣の才能を持つが死にかけたことで死に憑りつかれてる少年が出逢い剣を交える。
剣の道を正しく歩むことの出来るような剣の才ある男と少年を、高校で剣道を教える和尚(柄本明さんさすがの存在感!)が彼らの持つ闇を悟って、とっても危険なのだけど、わざとぶつかり合わせた荒療治に思えてしょうがない。
村上虹郎(ほんとこの少年良いな)の口走る、剣は殺し合いでしょうって、それにより結果大きな罪悪を抱えることとなった綾野剛(いままで観た映画の中でも一番!すごく色気ある!)の父親(小林薫)の言ってたことなんだな。それも、自らの弱さを認めずに隠す為に。
歪んだ精神での剣の道が正道に戻るまでの、苦痛まみれ紆余曲折。いやまあ、柄本明和尚が、もしかすると最強かもしれない。(苦笑)
美しき少年はどんな大人になるんでしょう。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

3.6
剣を棄てた男と剣に出会った少年との激しく燃えさかる闘いの物語。

綾野剛の熱演、魂がこもったぶっ飛んだ演技が素晴らしい。また、この役のためにそぎ落とされた肉体にも必見。
柄本明や小林薫の熱演も霞むほどか。
ただ、前田敦子はいなくても良かったかも(笑)

映画については面白さを求める人には退屈な作品かと。引き込まれるシーンも少なめ。ただ、男臭い映画としか言いようがない。「生」を描いた作品。
クライマックスの決闘シーンは見物です。
背骨

背骨の感想・評価

2.8
役者は素晴らしい芝居を見せてくれる。撮影も素晴らしい。でもなぜか熊切和嘉監督の作品はいつもなにも心に響いてこない。やりたい事言いたい事は分かってるつもりなんだけど、心には響かない。なんだろ?世間では評価も高い監督のようだけど。自分とはチャンネルが合わないのかな?
>|