武曲 MUKOKUの作品情報・感想・評価

武曲 MUKOKU2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:125分

3.4

あらすじ

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知ら…

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

「武曲 MUKOKU」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

レンタルにて。
初めはどう進むのかわくわくして、けれど難解な感情表現や捉えにくい進み方でつまんないかなと感じたし殺し合いに直面した時も映像や演技の迫力だけしか感じられなかった。
しかし父親の葬儀の瞬間それまでの研吾の感情がぶわっと流れ込んできて成る程という納得の感情に支配された。
面白いというよりは愛と死について考える作品。
剣道冒涜わおみたいなとこたくさんあるけど表現としては結構良いな…綾野剛さんって何者なん?バケモンかと思ったわ、虹郎さんもちょ〜顔っこいい〜ラスト5分良い〜〜最も良い
自分の好きなタイプの映画ではなかったですね。
酒に溺れて、過去に囚われて、ギャーギャー吠えて。話も割とありがちな内容。
でもやはり虹郎×綾野の演技はなかなか見応えがありました。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.8
生と死
どしゃ降りの中での殺し合いが圧巻!

大和魂というかなんというか、それの表と裏が全面に出ていた。
ユキ

ユキの感想・評価

3.2
親の心子知らず…
子の心親知らず…

虹郎君様様。

前田さん役要ります…?(´_ゝ`)
綾野剛さんの演技力が素晴らしい。
剣道のように、静と動がある映画だった。
切身

切身の感想・評価

3.5
タイトルと内容が私の中ではあまり一致しなかった。
綾野剛×村上虹郎なんて、贅沢な2時間ですね。
剣道のこと全然知らないけど、死ぬ気で何かに懸けられるってのは良いことでも悪いことでも(自分を苦しめる)あるな。
めちゃめちゃおもしろかった。剣道かっこいい。
綾野剛と虹郎君の魅力も多分にあるのだと思うけど、道場や寺、防具、鎌倉の海、頭の中にニオイが充満してくる。
ユタ

ユタの感想・評価

2.0
綾野剛、村上虹郎は悪くなかったけど、小林薫と柄本明の映画という感じ。
しゅん

しゅんの感想・評価

2.7
殺陣のシーンは申し分ない。まさしく本当の「殺し合い」をしている。

しかし、登場人物の心理描写が雑で、なぜそのような行動を取るに至ったのか全く分からない部分が多い。

さらに全体的に無駄なショットが多い。そのせいでひとつひとつの印象が薄くなってしまっている。
>|