武曲 MUKOKUの作品情報・感想・評価

武曲 MUKOKU2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:125分

3.4

あらすじ

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知ら…

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一 目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そん な中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融 (村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

「武曲 MUKOKU」に投稿された感想・評価

ギャス

ギャスの感想・評価

2.9
やたらもったいぶった男のためのナルシストハードボイルド映画。
自分の一番苦手なタイプの映画だった。
女の存在の仕方もいい加減。
ひろし

ひろしの感想・評価

2.5
なんか駄目な悲しい人間がこうも長く続くと腹が立って来て疲れた。
Brosso

Brossoの感想・評価

3.5
個人的に、闇落ちした役をやらせて綾野剛の右に出る人はいないと思う。好き。
無音の使い方が上手。
綾野剛、初めてええなあ。って思うた。演技が。 剣に生きる親子の話。 でも、あんなスパルタは絶対にイヤ!
SHIN

SHINの感想・評価

4.0
最後どうなるのか全くわからない映画だった。何を伝えたいのかわからなかった。
剣道を僕は12年やってきてインターハイも出た。剣道の良さ、剣道で行う心理戦、人と人の葛藤、騙し合い、それを伝えたかったんだなと最後の試合を観て感じた。
僕が大好きだったシーンは居酒屋。綾野剛さん。細かい所、その感情で手が震える仕草、言葉にでない感情。魅せ方がすごい上手い役者さんだなと感じました。
好き嫌いある映画だと思いますが、一度は見るべき映画です。
dieさん

dieさんの感想・評価

3.6
いっそのこと時代劇にしたほうが良かったような…
現代の設定であそこまでやるとなんか気恥ずかしくて白ける。
ただ綾野剛の立ち回りは迫力あって良かった!
来夢

来夢の感想・評価

4.0
熊切和嘉監督『武曲 MUKOKU』
監督特有の絵力に加えて柄本明、綾野剛の演技力に圧倒される。
とにかく凄い。
男の色気のある作品。
シリアスに寄り過ぎて逆に笑えてきてしまう。あんな墓参りで雰囲気バッチリなばあちゃんに話しかけられたら腰抜けるわ…
綾野剛が出演していたので鑑賞。
村上虹郎がなかなかでした。
心の葛藤を剣道を通じて表現した映画?
けにー

けにーの感想・評価

3.1
いつ終わるの?最初は面白いかもって思ったけどイマイチでした。
綾野剛が気持ち悪かったし、やっぱり熊切監督はあまり好きじゃないです。

村上虹郎だけがこの映画の救い。
>|