バケモノの子の作品情報・感想・評価・動画配信

バケモノの子2015年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「バケモノの子」に投稿された感想・評価

いつかの地上波以来再び視聴。
バケモノの子あたりからこの監督オワッテルみたいな意見を見たことあるけど、細田守作品で一番好きだなあ。
とか言いつつ、やっぱちょっと長いなーって部分もあるけど。。
九太が大人になってからはしばらく退屈かもね。女に…あ、いや、勉強に目覚めて人間の世界に戻りたがるだけの展開。
そんで一郎彦は、仕組みがよく分からんよねー?
頭のイノシシ要素は明らかに取り外し可能すぎるよねー?風呂入る時とかただの人間になるやん?
今まで周りの目まで誤魔化せてたのは最早ナゾw
明らか帽子やんw

そんなツッコミどころありつつ、最も気になるのは声優か。
役所広司を除き…声優陣も除いて…あとは大泉洋&リリーフランキーぐらいか、上手いのは…
あと宮野真守はそりゃ上手いわな…
なんつーか、顔と声が合ってないんよねえ。九太の子供の頃からして。
宮崎あおいとしては普通なのかも知らんけど、九歳の少年か?って考えると合ってないよなぁ…
染谷君はいいのに、キャラデザとか年齢的には、何か違う。うーん、何か合ってない。
広瀬すずも……もはや、途中のいじめっこJKとかの方がめっちゃリアリティ出てたわ。

ストーリー的には、細田守作品でいつも思うけど、結局目的が何なの?という点が薄い気がするね。
話の本筋として、九太はなんで稽古してるのっつーと、ただバケモノの世界にいてもやることないから強くなろうかなと。
で、大人になって、いやこれ以上いてもなーつって何だかんだ一郎彦のことが起こって、強えーじゃんってなって良かったねーってなる話。
ぼやぼやーんとストーリーが進んでいき、急に謎の展開になってラストへ行く感じが、細田守作品の奇想天外なとこ…
でも、熊徹は!熊徹はマジで泣ける!
どうしても泣ける。
2回目3回目でも泣ける。
そこんとこだけベリーグッド。
少年期は、まあ、おもしろい。
で、チコは結局母なのかい?声優違うけど。
りあも

りあもの感想・評価

3.5
肩にずっと、おまんじゅうみたいな白い生き物が乗っているのが気になる 内容はすごく好き
Nancy

Nancyの感想・評価

3.5
配信終了間近だったので、彼氏と鑑賞した★

熊鉄🐻いいお父さん役って感じ
りん

りんの感想・評価

4.1
学校の友人に勧められて鑑賞。



見る前に怖そうな映画かなって思ったけど、いざみてみたらすごくいい話だった!!

師弟関係であれだけ繋がれるのすごい。
Shun

Shunの感想・評価

3.5
2つの異なる世界を股にかけて主人公が世界の危機を救おうとするところと、クジラ🐳が登場するのが『サマーウォーズ』に共通してる。

バケモノの世界から来たのか、得体の知れない小さくて白いふわふわした生物、チコが常にそばにいるけどほぼ活躍しないのが残念すぎる。
のざ

のざの感想・評価

3.5
サクッと見れて面白かった!行方不明になったらもちょっと心配した方がいいよと思った
TKJ

TKJの感想・評価

3.8
師弟関係的な感じで、まぁ胸が熱くなる話ではあったけど、オチがちょっと無理やりだったような。
なんだこれ?という感想
サマーウォーズや時をかける少女が好きなので他の細田守作品を見ているが中々いい作品を見つけられない
この作品では、九太の性格の悪さ、情緒不安定さもありながら
獣天街というかバケモノの世界のルールが全体的に見えてこない
弟子が必要な重要性もよくわからない
人間界と影響し合うっていうのもよくわからない
最初熊徹たちが人間界にいたのも分からない
バケモノ世界での人間の立場等もよくわからない
人間の闇の心がどうこうで、クジラになったり超労力が使えたり腕がデカくなったりというのもよくわからない
一郎太どうした!?っていうのがずっとつきまとう
とにかく、???という展開が多く世界観に入り込めない

あと、細田守は行政に親でも殺されたのかというくらい多くの映画で警察役所の人間が悪く書かれている

そして、細田守は男性の衝動性とか不安定さとか生きがいみたいのをどんなにぶつけても大丈夫な包容力のある女性に支えてもらう、解消してもらうことに美を感じていそう
のむら

のむらの感想・評価

3.0
ケモナーとしては最高の映画!

最初から中盤までは捨て子がクマさんに育てられて、強くなっていく様が非常に楽しかったんですけど、そこからなんだか雲行きが怪しくなっていき、気づいたらコケてました…。

最後の方になって観客を置き去りにして、突っ走っていくのは勘弁してください≡┏( ᐛ )┛🐳
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.5
なかなか考えつかない設定で最初から引き込まれた
細田守監督の中でもトップクラスだと思う!
>|

あなたにおすすめの記事