バケモノの子の作品情報・感想・評価・動画配信

バケモノの子2015年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「バケモノの子」に投稿された感想・評価

非常に夢のあるストーリーの設定でした。
人間の世界線とは別に動物たちが人間のように二足歩行し、独自の文明があるパラレルワールド存在する。そして、そこに迷い込んでしまう1人の少年と弟子として受け入れる化け物の冒険を描くストーリーです!アクションも恋も涙もあるみんなが楽しめる楽しい映画です🎬
mii

miiの感想・評価

3.5
おおかみこどもの雨と雪がだいすきなのでついついのめり込んで観てしまいました細田守監督の作品。

声優の方々も素晴らしかったと思いました。役にぴったりです。
SykNkn

SykNknの感想・評価

5.0
片方が辛いとき、もう片方が力になる、そんな2人の関係に泣けた。
きゅうたは1人で生きていくと決めたのに、大きくなるまでに色んな人の支えがあったことをちゃんと自覚して感謝していて、子どもはいつのまにか勝手に大きくなるんだなと(号泣)
細田作品はハラハラするのにあったかくてじんわり胸にくるから好き
細田守ってなんでいいんだろうね。でもサマーウォーズには勝てなかったよ
グラ子

グラ子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良かったってことだけ覚えてる。
なんか闘技場でおかしくなるやつやんな。
ぺん

ぺんの感想・評価

4.0
数年前主題歌がミスチルってだけで見に行ったなあ。懐かしい
よかったなあ
もう、5.6回はみたかな?笑
熊徹と九太が一緒に特訓して強くなっていくところがとても好き。
自分もボートもっと頑張ろうかなって思えます。
ぐ

ぐの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

当時ワクワクしながら映画館に足を運んで観に行った。
やっぱり細田守監督の作品独特の、キャラの表情のと言い回しが好きで全体的に面白かった
そのときは女の子が邪魔でいらなくない…?とそれだけ引っかかっていて、自分の歳が大きくなってからまた見たけど、やっぱり女の子の立ち回りは何となく好きになれなかった。
でも人間界側のキー人物だから絶対居ないと物語は成立しないし、多分そのときは裏の世界側としてこれからも生きてて欲しかったんだろうなと思う。
胸ん中の剣だ!

、、、ここんとこのっ!

、、、ここんとこのぉっ!!

シンプルな子弟愛の話かと思ったら違った。

形式上の子弟関係にはなるものの、実質的には師匠と弟子だけども、お互いはみ出し者の、ぶっきらぼうで、頑固で、一度決めたら曲げない、弱くて、強い、似た者同士。

お互い、親という親もおらず、自分を導いてくれる人もおらず、自分で生きていくために。
誰かが教えてくれるわけでもなく、でも前に進まないといけないから、強くなるために。

だからといって、この2人が、仲良くなって、絆深めて、親子みたいになりました、めでたし、みたいな話じゃないのが良い。

確かに最初は半ば強引に1つ屋根の下で暮らし始めて、、、ではあるけど、関係値的には親子みたいな間柄だけど、どこかお互いを埋め合っていくような、一緒に強くなっていくような、どっちかが困ってる時は何とかしてあげるような。友達みたいなのような。

決して器用ではないこの2人が、ぶつかってばかりのこの2人。
バケモノ世界で長になるようなガラでもなければ、渋谷の街を守るガラでもない。
しっかり懇切丁寧に教えを授けるガラでもなければ、大人しく教えをうけるガラでもない。

この元いる場所で、鼻つまみモノ、腫れモノみたいに、どこか少し周りと距離を置かれる存在同士が、巡り合い、なんだかんだと言い合いながら、成長し、尊重し合う。
尊重しますとか、頑張れとか、そんなこと言わないし、血も繋がってるわけでもないし、仲良しでもないけど、だからこそ分かり合えるし、背中を押せる。

どの関係とも言い難いけど、この2人の間にある、絶対的な繋がり。お互いがうざったいし、いたらいたでめんどくさいけど、でも、いないならいないで不安と言うか、何だかんだ相手のために身を投げ出し、それを受ける信頼関係というか。
羨ましくなる。ほんと、羨ましい。

にしても、声優陣、豪華過ぎだわ。
役所広司は知ってたけど、のっけから大泉洋とリリーフランキーの掛け合いから始まるのか。終始この2人の声とキャラは気持ちが良い。
で、蓮。子供の頃は宮崎あおいで、成長すると染谷将太。豪華な変声期だな、おい。
からの、楓。広瀬すず。おしとやかそうな女子高生に何と動きと活力を与える声か。
宮野真守、麻生久美子、さすがに安定感が凄すぎるな。この声、安心する。
津川雅彦さん、このキャラ、あんたしかできないよ、その声と、抜けた感じは。津川さんありきで描かれたキャラじゃないのかこれは?

渋谷〜原宿が舞台ということもあってか、個人的にとても見慣れた風景の中だったことも良い。あの辺のあそこからあっちの世界に行くのか、とか、めちゃくちゃワクワクした。今度あの辺、ウロついてみよう。

人の心は闇を抱える。そう、みんな抱えてる。みんなそれぞれそれと戦ったり、折り合いつけたりして生きてる。時には闇に負けたりもする。その繰り返し。なぜなら、その闇も自分だから。闇が嫌だとしても逃げられることでもない、それも自分だから。そして、それに立ち向かうのもまた自分だから。

そんな勇気を、たくさんの人からもらえる映画。

ここんとこのぉっ!!
Miku

Mikuの感想・評価

3.3
よく覚えてないけど
最後でっかいクジラと戦う場所、代々木体育館じゃなかったっけ?
>|