斬、の作品情報・感想・評価・動画配信

斬、2018年製作の映画)

上映日:2018年11月24日

製作国:

上映時間:80分

3.6

あらすじ

「斬、」に投稿された感想・評価

池松くんと蒼井優でなかったら、もっとつまらない映画になってた気がする。
演技上手いよねぇ。
侍として、剣術に励む杢之進。
しかし、その内面は"人が人を斬る" 即ち "人を殺す事"に苦悩していた。 否、恐怖していた。
刀への矜持と怯懦 ―― 杢之進の矛盾を解放しようとするのが「澤村」ならば、救済しようとしたのが「ゆう」なのか。
ゆうの慟哭が山中に響き渡るエンディング。
その声に斬られました。
あんたはすげー侍になるど
最後斬った後の都築にはどんな景色が見えていたのだろう
一生分からない

ゆうさん、果てしなく感情ぐっちゃぐちゃだろうな、大丈夫かな
すげぇ映画だったな

人を斬るということを誰よりも避けてきたもくのしん。

まず3人の表情がすごい

儚さ脆さ絶望恐れ、表情が本当に素晴らしい

そして蒼井さんの掠れるような慟哭

塚本晋也おそるべし。不気味すぎる

辻井さんに舟山さんだ。。。

刀咥えてるところとかヤバイね狂ってる
評価に関わらずなんだかんだ塚本晋也監督の作品は気になって見てしまう。

外で刀を振り回していた時代の光景を想像させる。今の感覚なら包丁が身近だご、それよりも長い刃物で斬りかかるのはリアルに考えると肝が冷える。

刀がぶつかる金属音にこだわりを感じた。

池松壮亮と蒼井優コンビ繋がりで『宮本から君へ』同様、どちらも暴力との向き合い方がテーマだったように思う。
そ

その感想・評価

2.3
時代反映させてる映画って難しい、、
殺陣、すごいかっこよかった
江戸時代のリアルに飲み込まれそうになりました。。
序盤の決闘シーンで指と指の間が裂けてる時点でもう嫌っ!でもこれは映画館でみればよかった。嫌だけど
終盤は発狂祭りでした。

私のトラウマ映画量産おじさん.....やっぱ怖い。
池松壮亮と蒼井優がまたタッグ組んでるゥ
しかもまた塚本晋也監督出演してる
野火や鉄男で衝撃を受けたこの監督の映画がNetflixでまた見れるとは
流行りに乗っかった映画じゃなく
自分の撮りたい題材で撮ったんだろうなかっこいい
この映画絶対万人ウケしないもんな
タイトルの「斬、」の意味を問ういい映画でした

2021年 340本目
chi

chiの感想・評価

3.3
人が人を斬るということ。生々しい生を感じた。

始まりからエンドロールまで、音が印象的。腹の底を流れる慟哭のようでもあり、不穏な金切音のようでもある。剣の音なのだろうか。

池松壮亮も蒼井優も演技がすごい。心に迫る。
骸骨

骸骨の感想・評価

3.0
僕にはちょっと地味で物足りなく、退屈に感じた
『るろうに剣心』に共通する部分もあった
印象に残ったのは、主人公が自慰行為をするシーン
恐怖心。不安。射精に結びつくのか。現実逃避の射精?
>|