斬、の作品情報・感想・評価・動画配信

斬、2018年製作の映画)

上映日:2018年11月24日

製作国:

上映時間:80分

3.6

あらすじ

「斬、」に投稿された感想・評価

蒼井優って こんなに雰囲気あって、演技出来て、美人やったんだ。
 刀そのものに対する恐れや、自分のアイデンテティの確立をコンパクトなスケールでまとめた感じがしました。

 塚本晋也監督作品は初めてでしたが、リアルを追求したいのか、人を切ることの矛盾を描きたいのか、今回はリアルを恐らく追求し、伝えたいことがぼやけてしまったかのように思えました。

 塚本晋也監督、池松壮亮、蒼井優、この三者の醸し出すどことなく不穏な空気と色気はとても良かったです。一応主人公の生長(恐らく悪い意味で)のようなもので物語は終わるので落とし所は良かったと思います。ただ、蒼井優と塚本晋也監督の対立シーンで、抵抗された蒼井優が真顔に戻る所や、二人をどこまでも追ってくるシーンは正直笑ってしまいました(狙ったのかはわかりません)。

 言いたいことは分からないわけではありませんが、少し納得しづらい部分もありましたが、映像全体は素晴らしく、良い映画だと思います。
今まですべての武士が当たり前のように命を懸け、
刀を抜き、そして斬りあうものだと受け止めていた。
斬られる前に斬る。それが武士の世界、そう思っていた。
しかしこの映画は違った。
殺されたくはないが、斬りたくもない。
それでいて剣の腕は立つ。
武士の世界では考えられない近代的平和な考え。
人を斬ることへの恐怖心、それは今の時代では人間らしく映るが、
武士としては恥でしかない。
その葛藤と苦悩が描かれていた。
刀を捨てることも、斬ることもできず、差し続ける苦しみ。
優しさは己に刃を突き付けることになる。
heeper

heeperの感想・評価

3.1
うーん…。

侍の話なんだろうけど、後半はひきこもりの息子を無理矢理引っ張り出そうとするお父さんに見えてしまって…。それにしても池松壮亮ってよく出てきますね。個人的にはどこがいいのかよくわかりません。「宮本から君へ」はよかったですけど、それ以外のあのすかした感じは見ててきついの自分だけなんだろうか。昔トーク番組に出てきたときもあんな感じですかしてた。ある意味ほとんど役作りしない人なのかもしれない。

途中の戦いのシーンは折角の見せ場なのにカメラがフラフラしてて何してるか分かりにくくもったいなかった。それとも剣の腕前をごまかすための撮影方法なのかな?カメラが動くとき必要最低限であればいいんですが、そうでないとビデオカメラの映像を見せられているようで現代の映画のように感じてしまった。
emi

emiの感想・評価

2.5
人を斬れない剣豪を主人公にした異色の時代劇。血みどろの心理ドラマといったところだが、主演の池松壮亮の熱演も虚しく意図が空回りしている。監督が斬り合いのシーンを撮りたいがために作った映画という印象を受けた。
pee

peeの感想・評価

4.0
侍なんだけど、仲間を殺されても人を斬ることの恐怖心で刀を抜くことができない、躊躇してしまうところにリアルを感じた(その時のリアルがどうだったかは分からないけど)
時代劇なんだけど人を傷つける事を正当化してはいけないみたいな現代にすごい通じるテーマを感じた
masa1

masa1の感想・評価

4.0
これも 観たかったやつ。
塚本晋也監督助演、池松壮亮、蒼井優の迫真のコラボレーション。
2018年幕末時代劇

【斬】

北辰一刀流の指導の下の殺陣らしく、とても本格的で惚れ惚れする。

農家を舞台に人を斬ったことのない青年武士と同士を募る浪人との命の葛藤。

後半はこの三者三様の鬼気迫る演技に圧倒される。

★★★★
Rikako

Rikakoの感想・評価

2.5
疲れた。好みの映画じゃなかったけど、主人公の斬ることに対する恐怖心、葛藤はすごく伝わってきた。
kassy

kassyの感想・評価

3.4
生々しい斬ることへの葛藤。
生きる事の執着というよりも、斬ることへの恐れ、畏怖が伝わってくる。

侍はカッコいいというようなイメージを覆すように、腕はありながらも人は斬れない主人公の姿は情けなくもリアルである。

ヒリヒリとした恐怖、ギリギリの心理、シャキーンと響く刀の音。

その点に重きを置いてコンパクトに仕上げた作品。

リアリティがあるだけに、池松壮亮はまだ良いのだが、蒼井優はやややり過ぎ感も否めない。
oky69

oky69の感想・評価

4.2
池松の目が印象的に残る。
エンディングロールで圧されていた。
>|