黄色い風土の作品情報・感想・評価

「黄色い風土」に投稿された感想・評価

isopie

isopieの感想・評価

-
特集/OIZUMI 東映現代劇の潮流Ⅱ

松本清張の長大な原作をほぼ忠実にまとめた高岩肇の脚色に驚かされる。膨大な情報量と人物をさして混乱させることなくサクサク進む石井演出もうまい、うますぎる。これでなんと89分のコンパクト・サイズ。いま作るならたぶん2時間半くらいの大作になるだろう。

ところで、岡本喜八『殺人狂時代』の自衛隊演習地に誘い込んで砲弾の雨霰、というくだりは都筑道夫の原作「なめくじに聞いてみろ」にはない。シナリオを書いたふたり(小川英+山崎忠昭)が清張の「黄色い風土」のクライマックスをパクったのではないかというのが当方の説。