点と線の作品情報・感想・評価・動画配信

『点と線』に投稿された感想・評価

高峰三枝子さんは気品があったなあ。

昔彼氏がやっぱり時刻表を眺めて旅行気分に浸るのが好きだって言ってたのを思い出したよ。凄い分厚い時刻表を旅先でも持ち歩いてたっけ。
今じゃ考えられないw

古い映…

>>続きを読む
映画を観る。おもしろい。この時の作家納税額1位は松本清張か?吉川英治か?
20数年ぶりに
懐かしい

しっかりしたミステリー
舞台となった場所を知っていて
ワクワクした
当時の方言も面白い

高峰秀子さんの気品溢れる
振る舞い
素敵だった
すし

すしの感想・評価

2.2
もうちょっと人間の心の部分が見たかったような
大体想像できちゃったけど、オチはきれいでした。
20240207
34
駿

駿の感想・評価

3.8
モノクロと思ったらカラー映像で驚いた。昭和30年代の志村喬さんをカラーで見たのは本作が初めて。
終わり方が呆気なかった。
たと

たとの感想・評価

-

原作は松本清張『点と線』で、社会派ミステリーの嚆矢。単行本として刊行されると十万部を超すベストセラーとなった。評価としては平野謙の「松本清張は犯行の動機づけにリアリスティックな状況設定をおこなって、…

>>続きを読む
富士山

富士山の感想・評価

3.0

松本清張作品の初映画化とのこと。作品としてそれなりにおもしろいとともに、その後テレビに移ってサスペンス劇場となる特徴を完全に備えているように感じたことが発見でした。作品としてはプログラムピクチャーで…

>>続きを読む
まこと

まことの感想・評価

3.3

松本清張原作の本格ミステリーの映画化
中2の時に原作読んで以来

4分間の空白
時刻表を使ったアリバイを刑事が足を使って崩す骨太本格ミステリー 
その過程がおもしろい
刑事コロンボが好きな人とかは好…

>>続きを読む

福岡の海岸で男女の情死体が発見された。
博多のベテラン刑事である鳥飼は、その死体に何か違和感を感じたため、1人捜査を開始。容疑者を特定して追及するが、その人物には完璧なアリバイがあった。

原作は松…

>>続きを読む
Mii

Miiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「空白の4分間」、「時刻表」など、正義感の強い刑事が一つひとつアリバイを崩していく過程が面白かった。

時刻表なんて、孤独を紛らわせるために安田の妻・亮子がよく読んでいたのが犯罪に使われる、、切ない…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事