ぼくの名前はズッキーニの作品情報・感想・評価

ぼくの名前はズッキーニ2016年製作の映画)

Ma vie de Courgette/My Life as a Zucchini

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:66分

4.0

あらすじ

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤…

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤児院「フォンテーヌ園」に連れていく。クラスメイトは、リーダー格のシモン、アメッド、ジュジュブ、アリス、ベアトリスの5人。入所当日からズッキーニへの手痛い洗礼が始まる。ズッキーニは「ママのところへ帰りたい」と訴えるが、園長から「それは無理なの。ママはお空に行ったでしょ」と静かに諭される。ズッキーニの心の傷を知ったシモンは、他の子どもたちもそれぞれに複雑な事情を抱えながら園生活を送っていることを明かす。そして「皆、同じさ。誰にも愛されていない」とつぶやくのだった。それ以来、ズッキーニは、心の痛みを共有する友として、シモンたちと打ち解けていく。 そして、園に新しい入園者、カミーユがやってくる。カミーユはズッキーニと意気投合し、園を照らす太陽なような存在になっていく。季節はめぐり、冬が到来。園の子どもたちは、スキー合宿に出かける。ダンスパーティーや雪合戦で盛り上がる子供たち。深夜、眠れないズッキーニとカミーユは、こっそり宿を抜け出した。月明かりの銀世界の中、カミーユは言う「ここに来て、あなたに会えてよかった」。そんなある日、カミーユの叔母が、扶養手当欲しさに姪を引き取ると言い出し、園に乗り込んできた。「同居するなら死ぬ方がまし」というカミーユに、「絶対行かせないよ」と誓うズッキーニ。子供たちはある作戦を立てるのだった。

「ぼくの名前はズッキーニ」に投稿された感想・評価

のあ

のあの感想・評価

4.2
久しぶりに純粋に感動する映画に出会った気がする
予告編を観てから単純なストップモーションアニメだとはおもっていなかったけど、ズッキーニの親の死やシモンの優しさとかほんとうに繊細な描き方ですてきな映画だった
多くの人の目に止まればいいなとおもう
nooooori

noooooriの感想・評価

3.5
黄色いジャケに相応しい子供たちの可愛らしいくピースなクレイアニメかと思いきや、孤児院で暮らす子供たちの、救いはあるもののとてもとてもダウナーな物語でした。

親がアル中ヤク中は当たり前。父親に悪戯された、パパが浮気したママを殺してパパは自殺した、自分がママを殺してしまった。。。などなど、子供たちの何かを訴えているような大きく悲しい目の解釈はそれを観る大人に委ねらるのでしょうが、僕にとってはジャケとのギャップがショッキングすぎて、スイス(フランス?)アニメやべーという印象だけが大きく残ったしそれ以上の思いを干渉するには覚悟が必要。
Ayak

Ayakの感想・評価

3.9
表情の描き方が繊細でうますぎる。何気ないシーンでもズッキーニたちの表情に何度か涙。くそ親でもこどもはママの愛に飢えてるんだね、。きつい話なのに、ストーリーにずっと優しさや温かさがあって救われた気持ちになりました。全員抱きしめたい
・・・字幕派だけど、この映画は峯田の吹き替えでみたかった笑(>_>)

このレビューはネタバレを含みます

峯田が吹き返していることを理由に見に行ったが、間違えて字幕を観てしまった。(笑)
ただ、峯田補正無しでも素敵な映画だった。
様々な理由で施設で暮らしている子供たちの友情と恋。
いじめっ子が味方になる展開は万国共通でグッとくる。
ストップモーションアニメで かつ 完成された世界観だったので、実写だと気になるような細部の表現も違和感を感じることなく素直な気持ちで見ることができた。
あすみ

あすみの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

絶対観ることにしているストップモーションアニメの作品。
去年のKUBOには劣るけど、傑作と言っていい。メアリー&マックスにちょっと似てる。

アル中の母を誤って殺してしまい、養護施設に引き取られるズッキーニ。ズッキーニは母が付けてくれたニックネーム。
養護施設で仲間たちと成長し、恋する女の子と一緒に親切な警察官が引き取ってくれる話。

まずストップモーションアニメとしての力の入れようがすごい。動きもだけど、粘土系であんなに場面の多いのは珍しいんじゃなかろうか。
キャラのオーディション映像(わざわざ作ったらしい)とかもあって、内面の作り込みが繊細。

シンプルな話しながら、とても感情移入するキャラクターたち。
意地悪だったシモンとのシーンとかよかったな‥‥
ロナー

ロナーの感想・評価

4.2
雪玉が当たって飛び散るシーンなど、考えただけで気が遠くなる。
ズキ、ズキ、ズキ、ズキ、ズッキーニ
(久しぶりに映画館で1日2本観てみよう。その1)

ぼくの名前はズッキーニ。
本当は、違うけどそう呼んで。
ママもそう呼んでるから。
空き缶、積み上げるの楽しいな。高く、高く。
ガラガラ、ガッシャーン。
あちゃー、またママに叱られちゃう。
でも、ママ好きだよ。

今日から施設で生活するみたい。
帰りたいよー。
でも警察官のレイモンは、良い人みたい。
凧あげ楽しいなー。
わー、スピードアップ。
レイモン、好きだよ。

クラスに案内された。赤髪の怖い子がいる。
シモンっていうみたい。
隣の席は嫌だな。
何で、よりによって。
でも、話してみると意外とやさしいんだね。
シモン、好きだよ。

そして、一瞬で心奪われた。カミーユ。
彼女に出会ったことで、ぼくの世界は変わる・・・。

子供向けのアニメだと思ってたら以外と大人向けでした。
色合いがクッキリでとても綺麗。
上映時間66分がとても心地いい。できるなら、もう少し映画館のシートに座ってこの世界に身を置きたかった。

毎日、楽しいことばかりじゃない。
辛い時だってあるさ。
そんな日は、世界で一番不幸なんだと思ったりする。
誰にも愛されてない孤独なんだって。
そんな日の心の天気はドシャ降り。
ザー、ザー。
でも、そんな天気はずっと続かない。
いつかは、晴れる時がくるのさ。
だから、今日も頑張って生きていこう。
テレビで言ってたよ。
今日は晴れるみたい。

今日の気分予報は晴れ。がんばれシモン。
テーマ自体はとても悲しく、重い。もしこの物語を実写で撮ったとしたら、辛すぎてきっと観ていられない。
そこを愛くるしいキャラクターデザイン、フランス語独特の語感(特に子供たちの)が絶妙なフィルターとなって、1時間という尺の中にぎゅっと詰め込まれている。
到底こんな言葉で片付けられる事ではないが、捨てる神あれば拾う神あり。

集合写真のところは、後から思い出しただけでもうるっとしてしまう。
素晴らしいストップモーションアニメがまた一つ。
hanako

hanakoの感想・評価

4.0
子供っぽい映画なのかな?と思いきや現代における社会問題と奮闘しながらも向き合おうとする子供たちに感動した
意外に下ネタ入りで笑えるシーンもあった
内容は結構重かったが、それが嫌にならない仕上がり。
表情豊かでストップモーションアニメなのを忘れる。おわり
>|