ぼくの名前はズッキーニの作品情報・感想・評価

ぼくの名前はズッキーニ2016年製作の映画)

Ma vie de Courgette/My Life as a Zucchini

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:66分

4.0

あらすじ

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤…

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤児院「フォンテーヌ園」に連れていく。クラスメイトは、リーダー格のシモン、アメッド、ジュジュブ、アリス、ベアトリスの5人。入所当日からズッキーニへの手痛い洗礼が始まる。ズッキーニは「ママのところへ帰りたい」と訴えるが、園長から「それは無理なの。ママはお空に行ったでしょ」と静かに諭される。ズッキーニの心の傷を知ったシモンは、他の子どもたちもそれぞれに複雑な事情を抱えながら園生活を送っていることを明かす。そして「皆、同じさ。誰にも愛されていない」とつぶやくのだった。それ以来、ズッキーニは、心の痛みを共有する友として、シモンたちと打ち解けていく。 そして、園に新しい入園者、カミーユがやってくる。カミーユはズッキーニと意気投合し、園を照らす太陽なような存在になっていく。季節はめぐり、冬が到来。園の子どもたちは、スキー合宿に出かける。ダンスパーティーや雪合戦で盛り上がる子供たち。深夜、眠れないズッキーニとカミーユは、こっそり宿を抜け出した。月明かりの銀世界の中、カミーユは言う「ここに来て、あなたに会えてよかった」。そんなある日、カミーユの叔母が、扶養手当欲しさに姪を引き取ると言い出し、園に乗り込んできた。「同居するなら死ぬ方がまし」というカミーユに、「絶対行かせないよ」と誓うズッキーニ。子供たちはある作戦を立てるのだった。

「ぼくの名前はズッキーニ」に投稿された感想・評価

まつき

まつきの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・でた!大好物の疑似家族映画!血の絆よりも固く結ばれた、他人同士の思いやりと助け合いの絆!そしてストップモーションアニメ!

・キャラの表情、非常に良い。感情移入度を大きく高めている。ビジュアルにやや毒・闇があるけど、やっぱりアニメはそういう毒があったほうが心に残る。子供達の境遇とかも、子どもに背負わせるには重い酷な設定ばかりだった。

・設定は確かに酷で意外性があったけれど、展開は割と既視感あるベタなのが多かったと思う。それでも良かったのは、キャラの表情を始め、間の取り方とか、丁寧に丁寧に描かれていたからではー。
あい

あいの感想・評価

4.3
20180401

ストップモーションアニメだからポップな雰囲気があって観やすいのだけど、内容はずっしりと重い。
子供たちの背景や抱えるものが、小さな彼らには大きすぎる。でもこういう環境にいる子供たちがいるのも事実。

どのキャラクターも個性豊かで愛おしい。
親がどんな状態であっても、子供たちが健気に親を求める姿には胸が痛んだ。

たくさん傷ついたね。
でも愛してくれる人も居場所も必ずあるから、強く生きていこうね。
って願いを込めながら鑑賞しました。

わたしには子供はいないけれど、いたら、おもいっきり抱きしめたい。
そんな映画でした。
メグ

メグの感想・評価

3.9
ストップアニメーションって今こんなに進化してるのか!という驚き。感情がちょっと昂ると、呼吸が大きくなってちゃんと肺が膨らむ感じまで出してる!目線や瞬きもリアル。明らかに等身や顔の造形はリアルではないのに細部のリアルさでだんだん感情移入してしまう。凄いなぁ。

さらに、ストップアニメーションは「ストップアニメーションをすること」に重きを置く分ストーリーはシンプルなものしかないという先入観をもってましたが、それも覆された作品でした。なんて豊かな子供を描いた映画!

劇中でも出てくる「誰からも愛されてない」と思っても仕方がないような境遇の子達が孤児院で反発したり共生を覚えていく中でポジティブに生きていく様子は、インパクトのある造形とは違い、とても暖かく優しいものでした。さりげなく親族の引き取りと里親の引き取り両方描くことで必ずしも血縁が大事ではないと描いてるのも深かった…。

どんな子供とこれから人と出会い、これから愛し愛される。

そういうメッセージの映画だと受け取りました。

とりあえずシモンずるいわー、あれはずるい。
惚れるやつ!!
44053

44053の感想・評価

3.9
孤児院にきた子供たち。クレイアニメなんだけど、表情がしっかり見えて、特に、雪山で母親がみた子供達の顔が印象的だった。
でも笑顔がかわいい。
友だち同士お互い、ずっと好きでいられたらいいな。現実はきっとしんどい。
他にも、おちんちんが爆発したり。よかった。
フランス映画!っぽいテーマのクレイアニメ
もう少し尺伸びていいから色々描いて欲しかった。

けどほんと知らぬ間に人形から本当の人のように見えてくるのはすごいなとこの手の作品には頭が上がらない。
字幕版で見ました。何気にシモンがイイヤツ🎵優しい気持ちになれます☀️
郁世

郁世の感想・評価

4.7
泣いたー( ; ; )
アニメーションだけれど現実の話で、子供達は何をされても親の愛を求めてる…そんな姿が見ていて辛かったけど、色んな愛の形がこの映画には詰まってて素晴らしかった!!
特にスキー場のシーン、ブランコのシーンはキュンキュンです。

あと人形がとても独創的で面白い!!
実物の人形が映画館に置いてありましたが、すっごくクオリティの高いクレイアニメだなぁって思いました。
KUBOとかああいうのに比べたら、あまり動かないクレイアニメになるんだろうけど、設定の重さや情感に関して、アニメでないとみていられないほどのキツさがあるので、本作がこのやさしい色合いのアニメーションであることは大きな意味合いを持つと感じた。主人公がズッキーニと何故呼ばれているか、そのあだ名を彼は大切にしていること、それを咎めない施設の大人たちの対応で落涙してしまった。性的な話の扱い方もとてもいい。
施設の先生たちの、生徒への態度は『ショート・ターム』のようにリアルだったし、皆でスキーに出かけて、家族連れをうらやましく眺めながらも、夜にはみんなでパーティよろしく踊りまくるあの夜の素晴らしさにはじんわりした。
自分の息子と再見したい作品だし、友人ママにも伝えていきたい作品。
親にワケあり孤児たちの友情ストップモーションアニメーション。

ストップモーションするなら3DCG使えやいいのにと思う人もいると思うが、一つ一つの動きを人間の手作業で動かすためどうしても『お手製』感が出るストップモーションは、この作品において制作陣のキャラクター達に対する【愛情】と【温かみ】が存分に感じられる大きな要因で、作品の1つのテーマと重なる。だからこの作品はストップモーションでやる意味がある。

作中であるキャラが『僕達は誰にも愛されていない。』と嘆くセリフがあるが、決してそんなことは無い。劇中の先生に仲間たちは勿論、制作陣、そしめ今作を鑑賞した観客の僕にも愛されているんや。

66分の短い上映時間で何回もグッとくるシーンがあり、特にラストの1連のシーンと『音楽爆音で聴いていた赤髪のシモンが青髪のズッキーニに飛びかかってからその後の1連のシーン』が最高に愛おしくグッときた。
この赤髪のシモン、作中出てくる子供の中で【1番子供で、そして1番大人】。何回も胸を打たれた。多分もし親が帰ってきて1番嬉しくて幸せで泣くのシモンだし親が帰ってこなくて1番悲しむが1番泣かないのもシモン。出てきたキャラクター皆好きだけどシモンはブッチギリでマジで好き。この作品の主人公は自分の中で完全にシモンとなった。
シモンとズッキーニの関係はベタだけどシモンがホントいいからこの関係も最高になる。

内容が内容だけにある程度暗いがキャラデザや背景などのミニチュアが安っぽいけど可愛く不思議な魅力があるので子供も全然おすすめできる。最後の''2つの部屋''の内装とか可愛くて好き。アルマジロのあの絵、凄く欲しいね。

またシーンシーンも最高でヒロインのカミーユとズッキーニが夜雪に寝転がるシーン、訪れるお化けコースターのシーンとかすごく綺麗で&楽しい。ま、みんなで雪合戦するシーンが一番綺麗なんですがね、お客さん。

今作、全然近くでやってなくてなかなか見れなかったが今回やっと近くで公開されて劇場に足を運んだけどほんま見れてよかった。今後もブルーレイ買って大切に繰り返しみたいかなり好きな作品となった。
nao

naoの感想・評価

4.2
久しぶりに純粋に感動する映画に出会った気がする
予告編を観てから単純なストップモーションアニメだとはおもっていなかったけど、ズッキーニの親の死やシモンの優しさとかほんとうに繊細な描き方ですてきな映画だった
多くの人の目に止まればいいなとおもう
>|