ぼくの名前はズッキーニの作品情報・感想・評価

ぼくの名前はズッキーニ2016年製作の映画)

Ma vie de Courgette/My Life as a Zucchini

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:66分

あらすじ

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤…

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤児院「フォンテーヌ園」に連れていく。クラスメイトは、リーダー格のシモン、アメッド、ジュジュブ、アリス、ベアトリスの5人。入所当日からズッキーニへの手痛い洗礼が始まる。ズッキーニは「ママのところへ帰りたい」と訴えるが、園長から「それは無理なの。ママはお空に行ったでしょ」と静かに諭される。ズッキーニの心の傷を知ったシモンは、他の子どもたちもそれぞれに複雑な事情を抱えながら園生活を送っていることを明かす。そして「皆、同じさ。誰にも愛されていない」とつぶやくのだった。それ以来、ズッキーニは、心の痛みを共有する友として、シモンたちと打ち解けていく。 そして、園に新しい入園者、カミーユがやってくる。カミーユはズッキーニと意気投合し、園を照らす太陽なような存在になっていく。季節はめぐり、冬が到来。園の子どもたちは、スキー合宿に出かける。ダンスパーティーや雪合戦で盛り上がる子供たち。深夜、眠れないズッキーニとカミーユは、こっそり宿を抜け出した。月明かりの銀世界の中、カミーユは言う「ここに来て、あなたに会えてよかった」。そんなある日、カミーユの叔母が、扶養手当欲しさに姪を引き取ると言い出し、園に乗り込んできた。「同居するなら死ぬ方がまし」というカミーユに、「絶対行かせないよ」と誓うズッキーニ。子供たちはある作戦を立てるのだった。

「ぼくの名前はズッキーニ」に投稿された感想・評価

Haruna

Harunaの感想・評価

4.0
孤児院で生活している子供達のお話。
主人公だけでなく、出てくる子供達みんながそれぞれ深い傷や辛い過去を持っていて、自分より遥かに幼い子供が挫折を味わっていることがすごく観てて辛かった。
でもその子供達がお互いを慰めあって壁に協力して乗り越えていくのが、すごく微笑ましくて面白かった。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
フランス語のスイス-フランス製、ストップモーションアニメ映画。
キャラひとりひとりがやっぱアメリカとかイギリスと違うわ。なんか暗い感じ(いい意味でフランス感)がね、いつもの見慣れたストップモーションとは違うと思わせてくれた。ただそれだけ。
 セックスに絡む下ネタ(小学生の子供らしい可愛らしい発言ですが、さすがフランス人けっこう際どい)が二度あるので、子供とみるときはご注意を(笑)
わたしは「パディントン」も熊にだまされて(笑)子供と見て、大人向けすぎる内容に絶句しました。

 絵柄はキュートかつシュールで、目や手などの動きの細やかさに驚かされました。内容も現代の子供を取り巻く問題を扱っていて、すごく深い。


 

『KUBO』とは全く異なるタイプのストップモーションアニメーション。
とにかく目ん玉が動く!

親が何らかの問題を抱えるこどもたちが集まって暮らす施設。親を失ったズッキーニはそこへ連れてこられる。個性的な友達と打ち解けていく中で、ズッキーニは新しく施設にやってきた女の子に心ひかれていく。誰にも愛されない彼らのこころを人形にしかできないリアリティで描く。

最初は顔色の悪いズッキーニくんにあまりいい印象を持てなかったが、見終わるといとしくてたまらない。

メイキングによると、演技経験のほとんどないこどもたちに実際に身体を動かし演技をしてもらいながら音声を録ったらしい。なるほど、声にもリアリティがあるわけだ。字幕がおすすめ。

2017-159
Shoty

Shotyの感想・評価

3.7
子供がちゃんと 子供 でいれるといいね

たしかドイツ語で見ちゃったと思うけどフランス語のオリジナルがすごくいいらしいです
わ

わの感想・評価

4.3
誰からも愛されていないと感じている子供達の心の動きや成長がとても丁寧に描かれていて、ストレートに響いてきました。
早稲田大学のせんぱいから教えて頂いて、「アニメーション概論」という授業の特別回として本作の上映と監督のトークショー(『ニャッキ!』の製作者である伊藤有壱さんも同席、対談という形)というイベントに、潜入、してきました。文字どおり他大学の授業に潜ってきました。


伊藤有壱さんも本作を観た感想としておっしゃっていたけど、アニメーションであることを忘れてしまうほどリアルなつくりをしていました。

特に表情。主人公と女の子がキスについて会話するシーンがあって、その会話のあと女の子の顔がアップで映るんですけど、そのときの表情がほんとうに堪らなかった。人形?って疑ってしまうほど色っぽい。ストップモーションって、表情があまり動かない、もしくは大袈裟でユーモラスに描かれることが多いと思ってたけど、これはぜんぜん違ってた!目の動かし方がポイントだと監督がおっしゃっていたけど、水晶体がちゃんとあって、瞳が本物の人間のそれみたいだった。でも目のつくり自体は結構独特で、目は上下の瞼で開閉するし目の周りにクマのように見えるような部分もあって、あれがキャラクターデザインとしてインパクトを観る手に与えているのかなと疑問に思った。


ここからは余談だけど、コメントペーパーにイラストを描いてもいい欄がつくられていて驚いた。
今じぶんの大学で学んでいることも心から楽しいと思っているけれど、こういう授業を普段から受けることができる早稲田生が心底羨ましかった。お家から30分くらいの徒歩で行けることが分かったし、ちゃんと詳しく調べてたまにまた潜入したいな。(笑)
乙女

乙女の感想・評価

4.2
人の感情、間合い、その場の空気感を、実に緻密に表現している作品でした。

誰にも愛されない、そう自分の人生を決めつけてしまった子供たち。
キラキラと輝く瞳に、本当に色んなものを訴えかけられました。
アニメーション映画なのに、本当に全てがリアルで。驚きました。

子供だけでなく、大人もきっと、心に響く作品です。

クロードバラス監督のお話も聞けて良かったです。愛に溢れた、素晴らしい監督でした。
TBear

TBearの感想・評価

3.9
事前知識は全くない状態で鑑賞。どんな物語なのか最初は全然想像出来なかったけど、大人の都合で人生を決められてしまう子供の苦悩が、可愛らしいキャラクターとは反対に生々しく描かれていた。
寂しさや、弱さを強気な態度で隠しているシモンがグッと来た。
苦しみの中にも楽しさを見出して生きていく子供たちの姿に希望を感じた。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.5
【記録】t.a.a.f. japan. 10 mar. 2017. in fr.
>|