ブレンダンとケルズの秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

「ブレンダンとケルズの秘密」に投稿された感想・評価

おむ

おむの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

子供でも見れる綺麗な作品なのかなと思って観たら、バイキングに攻め込まれるシーン等がありとても辛くなった。予想外に結構残酷で個人的に事前の心構えが必要だった。美しいけれど癒しだけを求めてぼんやり観るアニメでは無い。
叔父と主人公の関係もなかなか重い。
世界観、映像、音楽、どれもとても美しく観て良かったと感じる作品だった。

事前情報無しで見て作品の最後でケルズの書のアニメだと気付いた。
見た目と「世界で1番美しい本」という事しか知らなかった為新鮮で面白かった。
『ケルズの書』のモチーフが散りばめられた美しい絵本のよう。特に緑色のバリエーションは日本のアニメ(特にジブリ)とは違う色彩感覚で文化や気候、植栽の違いを感じる。
日本のアニメは敵を倒したり封印するのに光線弾や火遁を使いすぎているし、ぬるぬる動けば良いってもんでもない。『まんが日本むかしばなし』みたいないろいろな画風の作品がでて欲しい。その点でもアニメーターさんの地位(待遇)向上がないと無理だと思う。
Monmon

Monmonの感想・評価

3.3
コルンバ様の目?クロムの目?っていうクリスタルってさ…
虫眼鏡じゃね?
って思ったのは私だけでしょうか…。
marie

marieの感想・評価

-
このムーア監督のケルト3部作、個人的に純粋に美しすぎて涙が湧くところが必ずある。
ng

ngの感想・評価

3.6
絵本の中をそのまま映像に落とし込んだようなトムムーアの世界観がこの頃から出来上がっている。

"世界で最も美しい本"と言われている、西洋の有名な福音書「ケルズの書」が題材。
このテーマでアニメを作っちゃう辺り、やはりヨーロッパは文化的なことへの関心が高いんだろうな。
戦争の勃発の際、フランスは真っ先に美術館にある美術品を非難させたみたいな話も聞いたことあるし。
そんな感じで文化遺産を今まで残してきたんだろうなぁ。
ケルズの書、本物をいつか見てみたい。
たまぽ

たまぽの感想・評価

3.9
絵がとにかくキレイ

ケルズの書については全然前知識が無かったので今度はその辺頭に入れたから再視聴したい。ネコチャンが可愛い
チ

チの感想・評価

3.8
絵が素晴らしい。
そのすげぇ本ではバイキングからの攻撃は防げない。村人の命守れない。明日の飯は食えない。一体何の役に立つってんだそんな物。おじさんの方が当たり前に正しい。だけど…、。この言葉に出来ない気持ち。
Sayaka

Sayakaの感想・評価

-
コンパスや張で描いたようなイラストが特徴的なアニメーションムービー。
どこを切り取っても画が綺麗。


【ケルズの書】
9世紀にアイルランドの修道士が作った、豪華な装飾が施された福音書とのこと。アイルランドの国宝であり、「世界で最も美しい本」と言われ続けてきている、と。

アイルランド最後の大学、トリニティカレッジ(ダブリン大学?)の図書館に所蔵されているらしい。

アイルランド行ってみたい気持ちが高まった✨
また、映画が新しい知見を広げてくれました。
•˳୭❃̥˚•˳୭❃̥˚•˳୭❃̥˚•˳୭❃̥˚୭❃̥˚•˳୭❃̥˚•˳୭❃̥˚•❃̥˚
9世紀@アイルランド
前に観た時は可愛すぎるパッケージに期待大で観て、途中で寝てしまったか何かで全く記憶が無い!と言う事で妹と再鑑賞。
のだが開始15分足らずで妹が熟睡…笑

同監督作品『ソング・オブ・ザ・シー』に引き続き、こちらも沢山のお爺ちゃまが登場。
キャラクターのタッチがカクカクしてて、
この感じどこかで見たぞ…と考えてたら
昔ながらのトランプのK、Q、Jのキャラかな?
あとはステンドグラスに描かれてる人物っぽくもある。面白い!

他にも魅力的なキャラが出てくるけど、
私的MVPは白猫ちゃん♥︎♥︎ଲ(⁃̗̀̂❍⃓ˑ̫❍⃓⁃̠́̂)ଲ
作品内で出てくる"ケルズの書"が
世界で最も美しい本、と言われる
アイルランドの国宝だと知ったのは
もちろん観終わって調べてからの事…。

ストーリー部分の辻褄合わせはさて置き(私が掴めなかっただけ)、
主人公ブレンダンが絵を描くチョークで戦う所は胸熱だった。
絵を描くのが好きな人、それを仕事にしている人などには堪らないカタルシスなのでは!
•˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳୭❊̥̊˚•˳˳୭❊̥̊˚•˳

2018.11.15レンタルDVD*吹替(寝た)
2021/04/13GYAO無料配信*吹替
PELIMETRON

PELIMETRONの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・バイキング全盛の時代
・長老はケルズという町を壁で囲う
・その中で育ち外に出たことがないブレンダン
・ある日長老の友人エイダンが訪れる
・書物完成のため森へ実を取りに行く
・そこで妖精のアシュリンと出会う
・実を持ち帰りエイダンとともに書を描く
・伝説のクリスタルを探しに森の奥地へ
・闇の魔物から奪いとる
・外に出たお仕置きで長老に閉じ込められる
・アシュリンが救出
・ついにバイキング襲来
・町は壊滅
・ブレンダンとエイダンはどうにか逃げる
・数年後書は完成しブレンダンはケルズへ戻る
>|

あなたにおすすめの記事