夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

原作に対する思い入れが強過ぎる故、今作を見るまでに随分遠回りした。
結果、湯浅監督ほんとうに最高だな〜〜最強でもある
森見登美彦の難解かつ減らず口のオンパレードをあんな風にアニメーションとしてカラフルでユーモラスに何より分かりやすく!!起こしてしまうなんて…

ミュージカル映画に元来抵抗のある私としては少々疲れたけれど小説を映画化するという点においてとても良く出来た作品。
「黒髪の乙女」の、天然で品のいい不思議ちゃんぶりは、私には耐えがたいキャラクターであった。
先輩宅で酒を飲みながらDVDで。
原作既読、四畳半神話体系視聴済み。

映像表現での誇張感は個人的には特に問題なし、せっかくの映像化だしこんくらいやってくれて全然良い。他作との世界観の繋がりもキチンと表現していて凄い。

ただ話の性急さはどうも肌に合わなかった。原作でテンポ良く、しかして濃厚に語られた"縁"についての細やかな描写がこの話の回りではイマイチ伝わりきらないんじゃ…?と思ってしまった。実際原作を読んでいても「急に!?」となるシーンがあったので…

主演の2人と神谷浩史がナイスアクト
『四畳半神話体系』を観終わったので満を持して観た。

画風も内容のカルチャー色も「京都」という舞台を強く意識していて全体的に統一感があったなあ、と思います。
京都らしさ、といえばはんなり和風なイメージに走りがちやけど、大学の多い街としての京都と、どこの大学にも掃いて捨てるほどいる「煩悩に振り回されながら必死に学生生活を謳歌しようとしてる陽キャと俺は違うんだ」つってただ生産性ない生活を送ってるだけの文化人気取り系大学生にスポットライトを当てていて好感。

男の方はどうでもいいけど女の子が一本筋通った善人でとっても良かった。キャラクター全員キャラが立ってて観やすかった。

女の子のとある一晩、っていう設定だけど濃すぎるというか時間的に無理があるだろうと思いましたがもしかしたら冬至だったのかもしれない。半袖着てたことに騙されていたのかもしれない。

全裸監督のために入ったネットフリックス、アマプラにない良作が大量にあるので乗り換えたいと思い始めています。
てつや

てつやの感想・評価

4.3
原作小説とは違って、全部が1日の出来事ってところが無理あったかな。でも面白かったです。

独特な世界観が好きです。
韋駄天こたつ、ゲリラ演劇、パンツ総番長、偏屈王、ナカメ作戦、ロマンチックエンジンetc
いちど聞いたら忘れられないような、魅力的で個性的なパワーワードがいっぱい。

人間離れした不思議な雰囲気を醸し出す樋口さんや、変な方向にストイックなパンツ総番長をはじめとする個性的なキャラクターも多数登場。
特に本作のヒロインである黒髪の乙女。ポジティブでアクティブでたまに天然でめちゃ可愛い。そりゃ、主人公も『ラ・タ・タ・タム』探してあげたくなるわな。

全然ハマらなかったという方が予想以上に多かったのですが、自分はこの作品かなり好きです。
19.08.17 @NHKプレミアム
なな

ななの感想・評価

-

まわりの評判があまり良くなかったから、
どうなんかな〜って思って観たけど、
たのしかった。私は好きでした。

舞台が京都なところも楽しかった。
絵や雰囲気が好き
みぃ

みぃの感想・評価

4.4
映画館で2回鑑賞。軽快なテンポで京都の夜を歩み渡り、賑やかな春夏秋冬を全て体験した。まるで夢のようで。人との繋がりを大切に。人生は気の向くままに。乙女のイキイキとした姿に心を躍らせた。
>|