アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価・動画配信

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

Jules

Julesの感想・評価

3.3
思ったよりコメディタッチでカメラワークもポップな感じだけど、内容エグいしトーニャの周りの人達が酷すぎて才能あっても環境が悪いとどうしようもないなって思った。
マーゴットロビーはほんと演技上手い、特に鏡の前で泣くシーンは引き込まれた。
ぁぉど

ぁぉどの感想・評価

3.9
予習することでものすごく見方が変わる作品です!何も知らないで見ても面白いですが、軽くでも知っておくともっと面白くみれます!
最後のオリンピックの前の化粧のシーンがとても印象的でした。
すごく面白い映画だったので良かったです。この映画はエンドロールまで楽しむことが出来ます……!
インタビューに基づいた、ほぼほぼ実話のようです。観る前、どんなスキャンダルか知らなかったが、観て、そんな事件があったような記憶が蘇った。特に、靴紐が切れて抗議するシーンはリアルタイムで観ていたような記憶がある。

エンドロールで当時のスケーティングを映し出しているが、とても力強く素晴らしいスケーティングだと思う。昨今の子どもスケーティングとは違う。

しかし、すごいスパルタ教育だったんだなと思う。今なら虐待になるだろう。練習環境も今よりは貧相なのに素晴らしいスケーティングするのだから、天性の才能なのだろう。

このレビューはネタバレを含みます

マーゴットロビーとセバスチャンスタンという個人的にお気に入りの2人が出てる映画やっと見れた。
マーゴットロビーの演技は凄まじいものがある。

実話らしいけど、アイトーニャについて全く知らんかった。
お母さん最後優しいと思って感動しそうなったのに、全然優しくなくてむしろ最低やって現実味ありすぎた。

合成で滑ってんのかな?ってぐらい上手く滑ってる。さすがに合成か。
あの有名な『名探偵コナン』で「真実はいつもひとつ!」という決め台詞(原作では殆ど出てこないみたい)があるけれど、あれはなんとなく気の利いた感じはするけれど、誤り。

真実や真相などというものは観察する者やその立場、時間や心理状態でいくらでも変わってしまう。普遍性があって「いつもひとつ」なのは、真実ではなくて事実だ。

だから、この『アイ,トーニャ』ではトーニャ・ハーディングやその周囲の人間はそれぞれが自分の真実を語るが、結果的に事実は曖昧なままだ。だから、油断ならない。身の回りのリアルで考えてみても、加害者と被害者が逆だったなんてことはいくらでもあるし、ひとつの揉め事の中で加害者でありつつ被害者でもあることだってある。

少しばかり幼稚な善悪二元論でしか物事を捉えられないと、この手の物語の場合に触れた際に、誰が「悪」なのかに振り回されて、「結局なんだったんだよ」で終わってしまうかもしれない。ただ、これこそがフィクションにおけるリアルの描き方として重要だと思う。逆に生々し過ぎるから、カメラに向かって話しかけるスタイルで中和してくれているようにも感じる。あのスタイルとても好きなので、楽しい。

結局、トーニャ・ハーディングについての事実はよく解らないままだったけど、あの頃のフィギュア・スケートはいまと比べて(スポーツとして)緩かったのだということは解った。たとえ、あの不良少女が無二の才能を持っていたのだとしても、あの生活スタイルでアスリートとして大成できるとは思えない。

オリンピックでこそメダルには届かなかったが、アメリカではトップの選手であったことは間違いないし、アメリカ人女性として初めてトリプル・アクセルを成功したというのは十分な金看板だ。現在は女子選手にも4回転の時代がきて、体を大きくしないための節制と跳ぶための筋力をつけるという殆ど矛盾に近いトレーニングが必要で、私生活の悩みなんかにリソースを使うような選手にはとても務まらないように見える。

フィギュア・スケートの才能で底辺から抜け出すのであれば、呆れるほどバカでクソ野郎のDV夫ジョンや、その類友であり危険なサイコパスであるショーンは、最も距離をおくべき個性の持ち主だ。だけど、トーニャもスケートの才能がなければ、同程度のモラルやマナーやエチケットの持ち主で、結局は自分の墓をせっせと掘っていたわけだ。

だから、チャンスを摑んで成り上がっても、暴行事件からの転落も意外であったり不運であったりというようには思えない。予定調和とも違うけれど、落ち着くところに落ち着いた感はある。事実はいつもひとつだ。

それにしても、マーゴット・ロビーのスケート技術にびっくりした。CGやスタントも使っているのだろうけど、経験者でもなくあの感じは単純にすごいことだと思う。
ぷよ

ぷよの感想・評価

3.8
 当時、フィギュアは男子スケーターが王子のような人ばかりで、女子は本当、獣の様な感じで、トーニャ•ハーディングもナンシー•ケリガンも全く興味無かったのを思い出した。結局、金メダルは妖精みたいなロシアの子に持っていかれたのと、メダリストになったケリガンぎディズニーのパレードに嫌々参加しているのを撮られて、それほど人気者にもならず消えていったようなのを思い出した。覚えている人いるかな?
 独特なアメリカの田舎の閉塞感が今の自分の田舎での生活にかぶって辛かった。
 暴力が日常にある感じがリアルだった。殴られてない時でも、いつ殴られるかと思って萎縮してしまうんだよね。
序盤から第四の壁をバンバン破ってくる演出が面白いし小気味良いテンポが◎。「アメリカには希望と敵が必要」の台詞は印象的でした。マーゴットロビーの演技あっぱれ。
エンドロールで本人たちの映像が流れるけど言ってること作中と同じ過ぎて笑えるし、トーニャの実際の演技の迫力に圧倒されました
世界的なスキャンダルだったのを、なんとも情緒溢れる(?)ドラマにしてくれました。当時は嫌な話で興味もなかったけど、この作品に出てくる人たちは、おバカで愛らしいんどろう。
109

109の感想・評価

3.5
結構最近な実話で起こったっていうことが衝撃
全員人間らしくて怖くて良い
ブラッククランズマンでもそうだけどポールウォルターハウザーの演技好きかも
これ観てイーストウッドがリチャードジュエルの主演にしたのも分かる
M

Mの感想・評価

3.6
クズみたいな人しかいないのに、こんなお洒落になる?って思った。最後の本人映像ガッツポーズはビビってくるね。
>|