アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度…

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度は栄光を掴みアメリカ中から愛され、そしてフィギュア界から追放され、プロボクサーへ転身したトーニャの波乱万丈な半生を描いた物語。

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

KanaTakagi

KanaTakagiの感想・評価

3.2
それぞれの想いがうまく噛み合わなさすぎててびっくりした。
でもこれが真実と言われてグッときた。
もしも毒親に育てられていなかったら、成功もバッシングもなかったのかもしれない。

Mom, did you ever love me?の一言に濃縮された彼女の不幸が、愛と成功を求める必死さが、滑稽で痛々しくて憎めない。
友達にはなれそうにないけど。
八丁座 アイ、トーニャ。めちゃくちゃ面白かった。出てくるのがみんなろくでなしだけど必死。世界を揺るがせたあの事件の真相。それ以上にこの映画て21世紀における最も完璧な「アメリカ人の物語」なんだと思う。まさに「現代のグレートギャツビー」だよこれ。今年ダントツの2位
波瀾万丈とはこのこと!
史上初女性でトリプルアクセルを決めたアメリカ人選手 アイトーニャの実話
事実関係だけ並べたら悲しいことがたくさんあるんだけど
登場人物のクレイジーさとユーモアで
すごく楽しく観れてしまった!!ほんとにこんな奴らいたの?レベル!笑
スケートシーンの迫力と音楽センス💯
やっと見れました。
劇場でもうダメかともいましたが、なんとかなりました。
あああ~良かったです。なぜか清々しい気分です。

世界で初めてトリプルアクセルに成功したトーニャ ハーデイングは鬼母と早くに出ていった父親を両親に持ち、やがてダメ旦那ジェフとそのキモトモのショーンが疫病神としてつくようになります。果たして彼女はダメ男たちと縁を切り母親を見返しライバルのナンシー ケリガンを倒すことができるんでしょうか?

主演はフォーカス、スーサイド スクワッドのマーゴット ロビー。ジェフを演じるのはキャプテン アメリカトリロジーのバキーことセバシチャン スタン。キモトモのショーンを演じるのはポール なんとか ハウザー・・・どこかで見た記憶があるのですが、どこで見かけたのか思い出せないでいます。そして、鬼母を演じるのはアカデミー賞助演女優症を受賞したアリソン ジャーニー。

監督はザ ブリザードのクレイグ ギレスピー。というか脚本家の名前がステイーヴン ロジャーズって何かの偶然でしょうかね。完全にキャプテン アメリカと同じ名前です。

さて、本編についてですが、これはトーニャ ハーデイングが気の毒ですね。母親から卒業できたかと思いきや旦那のDVにそのバカトモが張り付いちゃって本当にかわいそうです。でも、ナンシーもかわいそうですね。てかこのころはアメリカに済んでいないので記憶にございません。

好きなシーンとしてはやはり母親がいろんなことがあった後、再び訪ねてくるところです。あれはそんじゃそこらの女優さんはできないですね。母親が変わったのかと見せかけてストーンと落とす辺りは流石です。女優さんとしては最高でしょうね。
ただ欲を言えば何とかナンシーの話を聞けなかったんんでしょうかね。その辺りが残念です。できれば、アイ、マオなんていう作品を見て見たいです。

こんな有名な話を覚えていないのがちょっと情けないです。地下鉄サリンは覚えてますけどね。困ったものです。
とにかく、再現度が素晴らしい。
リアルタイムでこの事件見てるからわかるけど、これ、ほんと凄い。

それに付け加えて、ほんとにこんな奴らいたの?ってレベルの面白いストーリー。
スケートシーンの撮り方、上手だなぁ〜って感心。

役者がすごいぞ。やっぱ。
MURSJ

MURSJの感想・評価

4.2
人は「事実」を解釈したいように解釈するので「真相」は関係者の数だけ存在する。
この映画はいくつかの「真相」を描き、誰かにとっての「真相」を全力で茶化す。
そして不確かな「真相」の中で「事実」は際立って面白い。あのインタビューよ。。
ハチャメチャで面白かったです。フロリダ・プロジェクトとはまた違った形で、人が育つ環境の影響とか、色々なことを考えました。トーニャ、滅茶苦茶なのに何故か人を魅了する....
Igorkou

Igorkouの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

たまにドキュメンタリー/インタービュー・スタイルを取り入れている。
演技のシーンは臨場感がすごい。
テンポもいい。
一人の女性のスポーツ人生を見せながら、現代社会を批判する映画。
ピピ

ピピの感想・評価

3.8
第四の壁を壊して観客に語りかける系の作品。若干くどいと思ったけど、その演出をユーモアとしてだけじゃなく、一つのテンポとして作用させてたのが良かった!

暴力に次ぐ暴力。
母親なんでそんなに鬼なの…?
なんでこの子フィギュアに出会っちゃったんだ!もっと向いてる競技ありそうなのに!という感想。

でもフィギュアが好きでフィギュアしかない感じが伝わりました。

彼しかいなくて結局彼のところに戻る感じも、もっと優しい人はいるはずなのに…って。

こんなに薄いピンクが似合わない人いるんだってぐらい、ピンクの衣装が似合ってなかった。マーゴットロビーがトーニャ本人になっていたのだと感じる。

エンドロールで流れる実際のママやらおデブちゃんやら観て、再現度が高すぎて震えた。
>|