アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

あらすじ

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度…

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度は栄光を掴みアメリカ中から愛され、そしてフィギュア界から追放され、プロボクサーへ転身したトーニャの波乱万丈な半生を描いた物語。

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

笑うために作ったような映画。アメリカの虚像主義の現実が合間観れる。映画はドキュメンタリーだけど素晴らしいのは顔の合成。フィギュアスケートは別人が演技してCGの顔を被せてる凄い技術。
腹立たしい登場人物が多いですが、フィギュアスケートにまつわるストーリーを映画化してくれて本当に感謝!
フィギュア演技中の映像は音楽も合わせてとてもかっこいいです。
インタビュー&再現VTR風の回想シーン
突然「場面説明」しだす登場人物たち。
…すみません、いいから先に進んでくれませんか。

ミュージカルの唐突さが苦手と言う人がいるけど、私はこの手法にちょっと馴染めなかったわ。
でもちょっとレトロな感じが、
エンディングの「本物映像」の粗さと合ってたかなー。

オリンピックで4位なのにスポンサー付かないとは、手厳しいじゃないかヽ(´д`)ノ
アメリカのくせに夢が無いわよ。
生まれは選べなくても、その後の環境はいくらでも支援できたんじゃないの?
コーチが引き取ったりはできなかったのか、せめて下宿するとかできなかったのか。。と思うと、何だかんだ言いつつ母親が手放さなかったんじゃないかと思う。

母の育児方針が何故こうだったのかわからんけど、
この母はとことん不器用な人ね。
どんな鬼母に見えても
10ヶ月妊娠して出産しただけですごいのよ。
フィギュアスケーターとしては充分とは言えなくても、できる限りの精一杯で娘の才能を信じて支えていたんでしょう。


最後の判決は本当に「ベスト」だったの?
選手登録剥奪されて、オリンピック協会主催の大会には出られなくても、
どこかのスケート教室の講師とかにはなれなかったの?
良くも悪くも目立つので影響力が大き過ぎるんだろうけど、
いったい誰の、何にとっての「ベスト」だと言うのか。

少なくとも「服役してもいいからスケートを奪わないで」とまで言う彼女のベストではないよ。
たいち

たいちの感想・評価

3.0
残念な人達がもがく様がドラマチックだった!なんかわかるわー…。
鱗子

鱗子の感想・評価

3.0
ただただ腹が立った。
ヒトの才能に寄生するしか脳のない人間どもを心底軽蔑する。

この映画が撮られた時点でトーニャの勝ちなので、要するにクズがどんなにあがいても
天才を邪魔することなんて鼻っから出来ないんだよ!
マッケンナ・グレイスちゃんが出てると聞いて、「これは、観なければ」と行ってきました。

幼少期を演じてました。
眉間にシワ寄せて難しい顔してるマッケンナちゃん好き笑

映画自体はインタビューと同時進行で当時のことが描かれてるんだけど、出てくる人出てくる人」マジか」って。
多少脚色してあるとは思うんだけど、キャストの大半は愛せないバカ感満載だよ。

母親ラヴォナも違う意味で最高だし、コミカルに描かないと当事者たちはやってらんないよなあと思いつつみてた。

当時の音楽を使ってて、最高でした。
kamakurah

kamakurahの感想・評価

3.5
熱量に満ちた一本。目指す人生が、周囲の様々な思惑で志す通りにならない理不尽さが、ひとひねりある語り口で描かれる。自らのプロデュースで主演したマーゴット・ロビーの気合いに感服。スケートシーンも見応え十分で、母親役のアリソン・ジャネイのオスカーも納得。話は嫌な中身ながら、突き抜けてユーモアが醸し出されている。
#I,TONYA
誰もが(ワイドショーの映像として)知っているけれど、誰もが知ろうとしなかったトーニャ・ハーディングの真実(fucking truth!)についてのムービー。

彼女自身が言い放つように、母親からかけられた呪い(カースト)によって、オールアメリカンファミリーの一員には決してなれないトーニャが、全てを犠牲にしてでも手に入れようとしたのは、(ホワイトトラッシュから這い上がる為の)金や名誉などではなく、トリプルアクセルを成功させたあの瞬間の純粋な歓喜だったのだと思う。

エンドロールの本人映像が何よりも雄弁にそのことを語っているようで、ジャンプを成功させて歓喜する彼女を見て泣いてしまった。

そして、面白いけど実話ベースにしてはあまりにもデフォルメが過ぎると思っていたショーンの造形が、超リアル志向であったことにもハートが震えた。暗黒大陸アメリカ!
lpts

lptsの感想・評価

4.0
「クズの博覧会」

 フィギュアスケートという華やかな競技とは対極にある映画だった。とにかく出てくる奴全員クズ。この実生活では絶対に関わりたくない人間たちを、外野から観察するのは、本当に面白い。人間の本能の中にある、他人を見下すことによって沸き立つ高揚感。この感情が作用するのは「スリービルボード」を観たときとよく似ている。スリービルボードはフィクションだが、本作はノンフィクションというのだから怖ろしい。そして、クズだクズだと馬鹿にしながら、このクズたちの異常な自己肯定感の高さに少し羨ましさを感じてしまうのも、よく似ていた。やることなすこと全部自分が悪いのに、自分は正しいと言ってのける図々しさ。周りに一切忖度しない生き様はある意味清々しい。悲しいことに、このタイプの人間はクズも多いが成功者も多い。そして、このモンスター達に散々振り回される人間がいることや、このクズ達が繰り広げる博覧会を、メディアが盛り上げ、大衆が嘲笑うが如く楽しむことは、いつの時代も変わらない。いま日本でも連日「クズの博覧会」が催されている。不謹慎かもしれないが、大衆というモンスターたちに喰い散らかされるエサが、連日メディアに放り込まれる有様は、見ていてとても心地がよい。こんなことを平気で考えてしまう、大衆である自分たちが一番クズなのかもしれない。
はるこ

はるこの感想・評価

3.5
うわっしんどい
家庭環境もかわいそうだけど本人もフォローできないレベルでヤバいしコーチがかわいそうなんじゃないかって思った
あと主犯のあの妄想?本当だったんだっていう恐怖
>|