アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

おひげ

おひげの感想・評価

3.0
映画「アイ,トーニャ」を観た。伝記ものだけど説教臭くなくてパンチ効いてた。
夢も希望も、奇跡もただでは絶対に起こらない。
どんなに惨めで悲しい気持ちになったとしても、後の人生を切れた靴紐のせいにしちゃいけないって。
あと、やはりデブは信用ならない。
201811新文芸坐
普段はフィギアスケートに興味もなければ、モデルとなった人物・事件のことも知らなかったがとても楽しめた。
これが誰かの創作した物語だったら単なるギャグだが、事実を基にした話だと言うから、まったく「事実は小説よりも奇なり」であ〜る。

このレビューはネタバレを含みます

こんなに悲しくてやるせない気持ちになったのは初めて。でも、トーニャがマウスピースを拾ってもう一度立ち上がった姿に少しだけ救われた気がする。

誰からも愛されない寂しさとか、経済的に苦しい生活とか、彼女を取り囲む環境は明らかに残酷だけど、トーニャは決して「可哀想な人」には見えなかった。上手く言えないけど、彼女の人間的な強さと弱さの両方を強く感じたからだと思う。
Skyler

Skylerの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

US Competionを毎年見に行くフィギュアファンにとっては少し辛い内容だった

伊藤みどりさんについでトリプルアクセルを成功させたアメリカのフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディング

華やかなフィギュアの世界とは真逆の暴力と、人間としての尊厳が奪われたような世界でトーニャが表舞台であれだけ活躍できた天性の才能はすごい

優しかったが家族を捨てた父、思考回路が異次元で娘に暴力を振るう母親、結婚した男、その友人、主人公トーニャを取り巻く人たちが余りにもクズ過ぎた。

唯一恵まれた先生にも素行の悪さから愛想を尽かされる

やはり才能だけではダメで環境に恵まれなければこの世界で本当に生き残るのは至難のこと
特に現在のスポーツ選手を見てると、整った良い環境が成功の鍵の半分ではないかと思うほど

感想が主題とはかなりズレてしまった。
気分が滅入りそうになるストーリーだけど、ちゃんと滅入らせてくれた役者陣は上手い
特に、歪み過ぎた愛情でずっと寄り添ってくれた母親の演技には拍手を贈りたい👏
当時のニュースを見てた人がこれみたらすごく面白いんだろうなあ〜。
KaitoFuji

KaitoFujiの感想・評価

4.1
お母ちゃんがパェンク杉。濡れた
軽い気持ちで見たこの映画は「優勝」そのものだった。
まみーの暴言がレパートリーありすぎてヤベ、よくもあんな次から次へとでてくるもんだ芸術かよ。

改めて日本語という言語の暴言、誹謗中傷の少なさに驚かされる。これは字幕では伝えきれないのもシャネス。
petipetite

petipetiteの感想・評価

3.2
波瀾万丈という言葉がこんなにしっくり来るアスリートもいないのではないかと思った。

飛行機で視聴。
shima56

shima56の感想・評価

4.0
@キネカ大森 名画座二本立 18.11.09
18'劇場鑑賞41本目
当時を知っている世代です。
何か本当で嘘かは分からないけど、
毎日毎日日本のワイドショーで騒いでました。
とにかく、登場人物全てバカなので、誰にも感情移入出来ずに見れました。

ただ、フィギュアファンとして、世界で二番目、アメリカ人初のトリプルアクセルを跳んだ選手が、スケートを奪われるのは、切なく感じます。
アメリカ人2人目は、昨年の長洲未来。
それを考えたら、伊藤みどりや浅田真央と同じ世界的レジェンドなんですけどね。
登場人物全員バカのオリンピック物語。ラストシーンは本当にノックアウトされました。
>|