アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度…

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度は栄光を掴みアメリカ中から愛され、そしてフィギュア界から追放され、プロボクサーへ転身したトーニャの波乱万丈な半生を描いた物語。

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

tigers1982

tigers1982の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

デブの友達がやべーやつ。精神病んでるだろ。。。
お母さんは強烈だが結果出させたという意味ではすごいよなと思う。
しかし再婚相手の名前がナンシーってどうかしてるだろ旦那。。。
せと

せとの感想・評価

4.1
これはおもろかった。いかんせん、マーゴットロビーは好きじゃないし、マッケンナグレイスは大好きだから、一瞬で可愛い女の子がいかつい女の子に育った瞬間は哀しさすらあったけど(最後ですら23歳は無理ある、この迫力で)。
この事件のこと知らなかったので、何が起きるかあんまりわからず観てたけど、そもそもドキュメンタリー的(モキュメンタリー?)な撮り方で、トーニャの人生を追っていくのが面白すぎて。審査員に愛されないけど、圧倒的な技術と身体能力あるって、漫画のキャラかよと。それだけに、いつのまにか感情移入してきてて、報われるシーンは感動したし、最後に向かっていく中で、スケートしかないトーニャが追い詰められていく様たるや。。。
なんとなく、アメリカンハッスルっぽい感じしたけど、あんま関係なかった。
しかし、お母さんモンスターすぎ。
79
あきら

あきらの感想・評価

4.3
まず構成が面白い!
ラストに本物の演技ってのは、狡いけど上手いね。
こんなにキャラの立った人ばっかりさすがにフィクションだろと思ったら、かなり現実に忠実なのね⁈
トーニャに関しては、マーゴットロビーが厳ついだけに、本物はこんな若くて可愛かったんだって。なんだかしみじみと…


バカしか出てこない物語って、まぁたしかにその通りなのだけど、それ故にトーニャが不憫に見えてしょうがない。
彼女が暴れれば暴れるほど、ただ愛されたいだけの哀れな獣に見えていった。

母親がモンスターってのは同意だけど、実はそう珍しい人でもないのだよな。夫だってそう。
毒親といってもさ、あそこまで何もかも娘に投入できるのも、きっと生半可なことではない。
自己投影とかも入って奇形してはいても、愛情が皆無だとは思えなくてね。
依存して拗らせて、こういう人たちってわりにいるのに、トーニャの稀有な才能が平凡な人生を許さなかった。ような気がしてる。

女子が3A飛ぶのって、本当に本当に凄いことなんですよ!しかもあの時代に!!!
当時のフィギュア界当時のアメリカ的に異端だったとしても!トーニャにしか辿り着けない種類の美しさはたしかにあったと思うし、そこに届きかけていたかもしれないのにと思うと、残念でならない…

が、ラストのあの表現がね。
あの歴史踏み越えて、迷走しようが暴走しようがまだ彼女は生きてるんだ。ってちょっと殴られた気分になる。

今何してるんですかね?
幸せだったらいいね…
mxx

mxxの感想・評価

3.5
セバスチャンスタン目当てで観に行きましたがインタビュー映像の間、少し退屈に感じました。
FUU

FUUの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

トーニャは母親を憎みながら母親とそっくりな所がなんとも皮肉。ジェフ、ショーンなどの土砂崩れみたいな愚かさに比べたらトーニャの方が幾分賢そうだけど喘息なのに喫煙するアスリートなのにアイスやピザを食べるジェフからDVされているのにいつまでも別れないなどバカの享楽とだらしなさ全部盛り。
同情するべき境遇なのかもしれないけど全く同情しようという気にならないのはこの人たち皆面の皮が厚いし何より生命力がすごい。雑草がずっとはびこる感じで生きてる。インタビュー中の実物トーニャの首のたるみと洗ってない食器で彼女は相変わらずなのだと察することが出来る。印象的
【氷上を統べる彼女の滑りをご覧あれ】

トーニャ・ハーディングのリレハンメル五輪事件の真相を振り返る話。物語の所々に現在のトーニャやその周りの人の語りが入る。要するに、ドキュメンタリーのような形式だが逆にそれが良い効果を生み、まず、圧倒的に話として面白い。
この面白さはきっと、演出によるもの然り、トーニャの生き様とその周りのクズ人間達によるものだろう。

まず演出についてはこのドキュメンタリー形式。リレハンメル五輪事件に関わる物語と、その間に挟まれるトーニャ達の語りの内容が矛盾していること。つまり、誰が真実を言っているのか、この物語は正確なのか、観客にとってはわからない。ここにこの映画の醍醐味とも言える面白さがある。
加えて、音楽やカメラワーク。リンクの上の彼女の映し方は勿論のこと、ラストでは彼女が血を吐き出す、そしてその血をアップで映し出す、もう格好良くて圧巻。そこからのエンドロールも良かった。エンドロールで流れる、実際にインタビューに使われた当時の映像を見ると、まさに映画内で使われた内容とそのままで、それもまた面白い。

次にトーニャハーディングとその周りのクズ達。
トーニャはとにかく格好良い。困難を抱え一人で苦しみながらも、誰にも媚びることなく強く生きている。なかなか周りに良い人に恵まれず、そんな環境でただスケートをする姿。そんな世間に「Fuck you! 糞食らえ!」なんて吐き捨てちゃう彼女は憧れだ。ラストは、同情を求めることなくやりきったような表情で清々しい。だから、トーニャは確かに辛い待遇を受けたが、そこに憐憫の情は湧かなかった。
トーニャの周りのクズ人間。最低の男二人、ジェフとショーンが店で話し合うシーンなんて本当に楽しい。ショーンは本当にシラフの状態であれなんだからやばい。笑っちゃう。

本当にあった話だということもすごい。この作品の外にも彼らの人生は広がっていて、皆大変な暮らしを送っている。真実はやはり皆それぞれ違うように映るのだろう。結局、本当に真実がこの映画のままだったのかもよく分からない。
とにかく、一瞬だけではあったがトリプルアクセルを成功させ、氷上を統べた彼女の演技には圧巻だ。

トーニャは世界で2番目にトリプルアクセルを成功させたスケート選手だが、実は史上初は伊藤みどりだったらしい。すごいぞ日本。
Garu

Garuの感想・評価

3.7
これ本当にあったの?と何度か疑う

当事者たちのインタビューから制作している話の、そのインタビュー部分や、こちらに語りかけてくる演出がよかった。

まさしく嘘みたいなホントの話の、異常性がじわじわと感じ取れる。やっぱり特にお母さんが全編通して好き。

それぞれが自分の都合の良いように解釈し話すが、隠そうとしていると言うより、本当にそうなんだと思う。
物事は人それぞれの見方によって変わると言う事。

ラストシーンでまた「ウソだろ!?」と思う。その前の彼女の悲痛な願いからのあのシーンはなんだか前向きな意味も含まれててすごい。
大問題物語としても面白いし、スケートシーンもすごい。色々見ごたえがある作品。

個人的にスポーツとして、フィギュアスケートの採点には昔から疑問がある。たまに言われている事だが…
マーゴットロビーの手のつけられないレベルの演技クオリティとキメ顔のカッコ良さ
さらに母親役のキマリ具合

…とか、そういう見どころがエンドロールの数十秒で全部ふっとんでどうでもよくなっちゃいました
映画館であそこまで笑いが込み上げて声を抑えるのを必死になったの初めてです

実話ベースでよくある「実際の映像をエンドロールでチョロチョロっと流す」ってだけなんですけどね
本編で脚色だと思いこんでたのが「本当にそうだったの!?」となって笑い死にするとこでした


母親の肩にインコww
AnnaUtsumi

AnnaUtsumiの感想・評価

3.7
パワフルな主人公の物語としてすてきな構成と演出だったのではないかと思う。
スキャンダラスって言っても本人からしたらなるようになってるだけなんだなあ。
アライ

アライの感想・評価

4.1
かなり良い!スピーディにコロコロすすんでく。どおしようもねえ旦那だ、、セバスチャンスタン👏🏼👏🏼
>|