アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

デブのショーンが不快なまでにバカww
正に絵に書いたような馬鹿。
KANEMON

KANEMONの感想・評価

4.0
ROCKな女の武勇伝✩.*˚

エンディングのpassengerがとても合ってると思いました( ´-` ).。oO
アカデミー賞の助演女優賞を取るだけあってトーニャ•ママ(アリソン•ジャニー)の迫力はすごい。恐ろしいほどブレない。
小太りのショーンは、何を言っても面白くてゲラゲラ笑った。ほんとやめて。

主役のマーゴット•ロビーの演技もかなり力の入ったものだったが、トーニャ•ハーディングの持つ他人を妙にイライラさせる独特の表情や仕草はさすがに再現できていなかったように感じた。
本人の「ワタシ、すごくまじめにやってるのにみんながひどいの!誰か助けてっ!」感をあざとく出してくる(自然と出てしまう?)のが印象的だった。
マーゴットさんは背も(本人よりずっと)高いし、目力はスゴいし、なんだか堂々としすぎなんだよなー。
それはそれでよかったっちゃ、よかったんだけども。
日常パートがひどすぎる故、スケートリンクで華々しく滑り、跳ぶシーンはまぶしいほどステキでした。
さすがにCG使ってるらしいけど、マーゴットさんが実際に滑ってるようにしか見えなかった。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.9
四歩先にいたのは伊藤みどりでした
当事者本人が出まくる企画勝ち作品
アカデミー助演女優賞のアリソンジャニーの強烈演技の遥か斜め上にいる実物のオカン、やべー。トーニャの逞しさのルーツなのかもしれません。
その他、書きたくても書き切れない痛さ満載ですので、是非ともご覧ください。(共感を求める方には不向きかもしれません)
needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.6

貧しさから抜け出したい、人から認められたい、人から愛されたい、有名になりたい、色んな目まぐるしい気持ちが演技に出てて、なによりも人間の不器用さを感じた。

親と子の歪んだ関係。屈折した愛情により真っ直ぐ向き合えず子が求めるものを増大させていくってのは良くある話だけど、ここまでなのはなかなか。こういうホワイトトラッシュだったりレッドネックの問題は抜け出す術があるはずなのに環境や心情が邪魔をするっていう解決の難しさがある。

観客に語りかける第四の壁要素は、インタビュー形式の部分と相まって、一人一人の目から見た当時のことが描かれるっていうコンセプトに合ってて良かった。
KUJIRA

KUJIRAの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いきなり子役でギフテッドの子が出ててテンション上がった。
色気無しのマーゴット ロビーも新鮮で良し。
あまり知らなかったのだが、とんでもない事件だ。何が凄いって、メイン の登場人物が全員バカばっかり(笑)
スケートしか能の無いトーニャ、DVの夫ジェフ、ジェフの友達でしょうもないショーン、ショーンの知り合いの実行犯の呆れた行動の数々、人を罵る事しか出来ない母親。
事件の流れが酷い。トーニャに脅迫が来る→怖くて練習出来ない→ズルい→ライバルに脅迫状を出そう
これだけでも相当だが、ここでショーンが暴走
脅迫が効かないかも→ライバルのナンシーを棄権させるのが役割→実行犯がナンシーの膝を殴打
頭がイカれている。
しかし何故だろう、このキャラが好きな訳では無いが、興味津々。
「俺は諜報員だ」とか、実行に当たって何回も金を要求して来る件とか、とにかく人を苛立たせる天才。イキがってる中坊レベル。
実行犯のシェーン(ややこしい)もイライラする。オドオドした感じとか、膝殴打の後で逃亡する様子とか。
事件に驚いたジェフがショーンに話に行く場面
「やったぞ !ニュースになってる。すげえや 最高だ!」
この満面の笑みを見た時に、「こいつすげぇな」と見直した。勿論、良い意味では無いが。何というか、ここまで来るとレベルの高いコントみたいだ。
その後も「歴史を変えた」「4歩先を読む」などの名言を残す。
ショーンに0.5加点した。
ショーンの両親が不気味過ぎる。自分の子供が事件を起こして大喜びしているのに、叱りもせず言われるままにニュースを録画している。むしろ一緒に喜んでいる様に見える。警察が来ても平常心で紅茶を出せる。1番バカなのは、この両親かも。
しかし、この作品の本当に恐ろしい所は、各自の証言をそのまま採用している点にある。皆が好き勝手に話しているから、何が本当か見えない。誰が殴打する事を企てたのか。トーニャかジェフか、やっぱりショーンか、はたまた実行犯シェーンか。
スケート界から追放の処分は酷。だが、トーニャが首謀者だったら同情の余地は無い。
とんでもなく思慮の浅い連中の喜劇と悲劇。
ポスト・トゥルース時代の作劇という感じで面白かった。日本版主題歌は「ギザギザハートの子守唄」にすべきだったな
kan

kanの感想・評価

3.8
実話なんてびっくり。ぶっ飛んでる。でも実話だから面白かったのかも。母がきつい。
muka

mukaの感想・評価

4.0
プロデューサーも兼ねてるマーゴット・ロビーの演技が素晴らしかった。

ただ、この作品に対してナンシー・ケリガンはどのような気持ちだったのだろうか。
こもも

こももの感想・評価

4.0
マーゴット・ロビー可愛い!!
トーニャの真実はよく分からないけど、インタビュー形式で物語が進んでいくのが面白かったです。
>|