バリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「バリー」に投稿された感想・評価

koppe2216

koppe2216の感想・評価

3.5
"College isn't about learning. It's about training. To want what you don't need, and to leave who you are at the door."

"The world is a big place, honey. You'll find your way."

"You take the baton from the ones who've come before, and ypu carry it as far as you can. And then you hand it off. That's life. A beautiful struggle.""
オバマ前大統領の大学時代を題材にした作品。
様々な人種の中で生まれ育った環境と黒人の人種問題の間で苦悩しているモヤモヤした心情が作品に表れていた気がする。
そのモヤモヤが晴れたのか、ラストシーンは凄く映像がパッと晴れたような感じがしたので、その違いにもぜひ注目して観て欲しい
前アメリカ大統領のバラク・オバマさんの大學時代の実話。
当然、多少は脚本されています。
バラクから当時がバリーと呼ばれていました。

人種の違う両親、そして、ほとんど会ってもいない父、
さらに、両親の離婚、インドネシア、ハワイと住まいが代わり、ハワイでは白人の祖父母に育てれたバリー。
幼少期から少年時代のトラウマがかなりあったようです。
大学にもなじめず、苦悩する様子が描かれています。
その上、頑固で偏屈な態度。

今、思うと、よくぞ大統領になれたなと思う。
最後にシーンで思考のターニングポイントが見える。
有名な演説とつながったのか、脚本なのかなわからないが。
ayako

ayakoの感想・評価

3.0
自分の周りに同じ人種の人がいない環境で生きるってすごく難しいよなって思う。ミシェルさんのBecomingを観ても思ったけど自分自身も苦労した経験があるからこそ国民の痛みがわかるリーダーなんだよなあ。
主役の人の喋り方と表情が時々大統領本人かと思うくらい似てた。
zkty1006

zkty1006の感想・評価

3.3
やはり同じようにいろんなことを体験して悩んでいたんですね。そんなこと噯にも出さない堂々とした姿でした。あれから何があったんでしょうか。白髪の増え方とやつれ方が忘れられません。何があったのか、何に阻まれたのか、いつか知ることができる日が来るのでしょうか。ああ知りたいです。

このレビューはネタバレを含みます

オバマさんのNY大学生時代のお話。

元々育ちは良いので、葛藤のレベルはそんなに深い感じには描かれていなかった。

「ニューヨーク」「ハーレム街」を経験する話。

彼は、ジャカルタで生まれ、ハワイで育ち、カルフォルニアに行き、大学はニューヨーク。両親も白人と黒人で、自分のアイデンティティを探してた。(大学のクラスで唯一の黒人だし、大学の警備員には歩いてるだけでいつもIDを求められる)
でも彼女の結婚式で会った、活動家のアジア系と黒人のご夫婦から「君は『アメリカ人』だ!」と言われて、スッキリー!
というお話でした!
Kengo1in10

Kengo1in10の感想・評価

4.1
若かれしオバマ元大統領の大学ライフ

立ちはだかる様な弊害もなく友達や恋人にも恵まれ順風満帆かと思いきや、彼は視野が広過ぎるせいか考え込んでつい周りと議論してしまう…だがそれが大学生の鑑、大統領になるべくしてなった男…なんだなぁ。
オバマさん白人とのミックスだったなんて知らなかった
日本人には一生わからない問題なんだろうな、このバリーのモヤモヤ部分は
リモ

リモの感想・評価

3.0
黄色人種の私にはわかっていない黒人系のヒエラルキーを少しだけ覗いた感じの作品。
主人公のバリーは白人とのハーフで美しさ顔立ちとスタイルを持ち悩む姿にはやや色んなモノを持ちすぎな気がする。
 ルーツを探したいのか?貧富の差を何とかしたいのか?何に頭が痛いのか?
でこれからどうしたい?
Sayurin

Sayurinの感想・評価

3.4
映画としてはもう少し展開が欲しかった感ありですが、オバマさんが学生時代、自分のアイデンティティに悩んでいたこと、また生い立ちについて初めて知り、普通の人であったことも、大統領としての資質に結びついているのかなと思います。
このあと、ミッシェルさんに出会うのね(^^)
>|