タイガーテール -ある家族の記憶-の作品情報・感想・評価・動画配信

「タイガーテール -ある家族の記憶-」に投稿された感想・評価

とても静か〜。
母と奥さん、そして若かりし頃好きだった恋人を、過去を巡る形で思い馳せ、そして現在の娘との関係に結びつけ、見直していく。
台湾時代、そしてアメリカに渡って頼る人もなく仕事に明け暮れてるところ辺り、良かったです。
hiropon

hiroponの感想・評価

3.6

2020年 アメリカ製作 Netflix配信の
ヒューマンドラマ __ 🇺🇸

香港出身の俳優 ツィ・マー が主演でありま
す 〜 でも 舞台は台湾から アメリカ そして
台湾へと移り帰る 郷愁の物語 …… 👏🏻✨

アメリカでの移民としての生活や体験 恋愛
そして家族 最後に故郷タイガーテール🐯へと「ある家族の記憶」を辿りながら綴られ 繋がっていく 一人の男の生きた道 のストーリー …… 😌✨

普通のドラマではあるけど 一人の男が人生の岐路おいて 決断して選んだ道を振り返る旅 〜 😌✨

そこには もう一つの 選ばれなかった道があった 〜 後悔と共に背負ってきた道を 振り返る …… そのコントラストと 描写 その雰囲気が 同じアジア人として 奥深いけど近い そんな映像として観ることが出来た様に感じます 地味だけど悪い作品では無い 良いと思います …… 👏🏻😌✨✨

この作品の様に振り返ることが出来る人生って 僕はある意味 帰る場所もあり幸せで素晴らしいと思う …… 👏🏻😌✨  

ツィ・マー さんって 習近平さんに 似て見えて その違和感が 集中もそうだけど 変な感じでしたー 僕だけかなぁ〜 …… 😆✨✨



✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
テーマもプロットも役者も素晴らしいのに、ディテールが今ひとつだった。惜しい。もっと作り込んでリメイクできるはず。
でも時代背景や映像は、素晴らしかった!
にし

にしの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

貧しい暮らし。母に楽をさせる為に自分が稼がなければという思いで、好きな女性との関係よりもアメリカに渡れる資金付きの女性を選んだ主人公。

持ってたはずの思いやりは、仕事ばかりの毎日の中で忘れてしまったのか?お金は手に入れたけど、家族との関係が上手くいかず離婚。娘との関係も良くない現在。

好きな女性に再会。彼女は結婚して幸せに暮らしてた。助言をもらい娘に歩み寄る。涙を流しても解決しないという教えに沿って強く生きてきた主人公が、廃墟になった家の前で見せた涙がせつなかった。好きな女性と生きることを選んでたら何か変わったのかなと思ってしまう。娘としてはなんとも言えない気持ちだろうけど。

再会した時に好きな女性とくっついて欲しかったな〜。せつない。
台湾人のピンルイ、結婚を機に渡米。
ピンルイはもう60代くらいだろうか、
失恋した娘アンジェラを連れて台湾に里帰り。
今のピンルイは、人生の岐路で自分が選んで歩んできたがその選択が正しかったのか?

ピンルイに切なさを感じた。
666

666の感想・評価

2.9
貧困の為、希望を持ち渡米する台湾人、

なかなか上手くいかないのは皆同じだけど、希望を持ちましょう映画、

『スウィート17モンスター』のアジア人彼が青年役で3秒くらい回想出演、
高校生ってのが良かった。
3秒くらいであの高校生が年を取ったらこうなるんだ、と妄想。
(ヘイデンセットーって俳優が)
SNG

SNGの感想・評価

4.0
進むに連れて言葉が台湾語→華語→英語と移ろうのが変化を象徴していて、良い。
maipop

maipopの感想・評価

3.3
家の家計のために、米国移民した台湾人の話。家族のために仕事を頑張ったはずなのに、いつのまにか会話もなくなり、すれ違うようになってしまって、寂しい。まずは自分が心を開くことって沁みる。
jeffroger

jeffrogerの感想・評価

1.9
Please contact me personally to hear the full version of my critique on this sacrilege of a film. The story had potential but was brutally defected on by the irresponsible decision to let Tzi Ma speak in a weird ass Chinese accent instead of a Taiwanese accent.
N

Nの感想・評価

3.8
特別大きな変化が起きるわけではないが、確実に変化は起きているし、全てが良い方向に進むわけではないけどそれでも一歩ずつ着実に進むことはできるという見終わったあとに温かい気持ちになれる作品。

思い描いていた未来とは違って、愛していた女性と離れて移住した先で苦労し、娘ともあまり良い関係ではない主人公が過去を思い出しながらもそこに固執せずにちゃんと今を生きようとする小さくも力強い意志が見てとれた。
>|

あなたにおすすめの記事