タイガーテール -ある家族の記憶-の作品情報・感想・評価・動画配信

「タイガーテール -ある家族の記憶-」に投稿された感想・評価

Smoky

Smokyの感想・評価

3.5
米国へ移住した台湾移民の家族を描いた話。ある程度の年齢を経た人間が抱くであろう郷愁と人生における選択への後悔(間違ってたわけではないが、別の選択肢を選んでいたらどうだったろう?)それは国を跨ぐ移民であれば尚更。製作途中で起こったパンデミックやそれに起因するアジア系へのヘイトクライムもあって、この作品の重要性は増したと思う。

ヒスパニックや黒人よりも下に見られがちなアジア系が生きていくために人一倍の努力が必要であり、そうした事情を背景にした厳しい親子関係はエイミー・チュアの『タイガーマザー』の世界そのもの。しかし、アジア系移民を描いたマスターピースである『ジョイラック・クラブ』と比べてしまうと、映画としての完成度は劣ってしまう。パーソナルなことを描くには、そこに普遍的な要素を見出せないと中途半端で消化不良になってしまう。

個人的には『ラストエンペラー』や『ツインピークス』で印象的な役柄を演じたジョアン・チェンの、年齢を経てもその変わらぬ美貌と上品さが見られたのが一番のハイライト。
ywt

ywtの感想・評価

2.0
偉人でもない、普遍的な移民の人生。全てを欲張り、全てを持って運ぶことはできない。何かを諦めて置いていき、そして、何かを手にする。いつしかその人生を振り返る時、その置いていったものが大きな大事な物だったことに気づく。後悔はしない、それでも涙が流れる時はある。皆、生き抜くことで精一杯。全てを欲張り、全てからの理解は得られない。別れもあれば、再会もある。それが人生。

余談だが、何故僕はこの映画を選んだのかが思い出せなかった。そして、同じNetflix映画の「ザ・ホワイトタイガー」を観ようと思っていて、そのタイトルの記憶違いで観てしまったことに今気づく。それも出会いだ。
か

かの感想・評価

1.5
女性は過去の男引きずらずに次に進んで幸せなってて主人公かっこよ思って見始めたけど夢のアメリカに何しに行ったのか。。何が言いたかった映画なのか。。。
TakaKo

TakaKoの感想・評価

2.3
台中とニューヨークで、ここ知ってる!
て場所が出てきたこととダンス中の音楽位しか記憶に残るところなし。物語は凡庸。HDRバリバリのカラーグレーディングにもいい気分にはならない。
sames

samesの感想・評価

3.5
良い雰囲気。親父、アメリカ何しにいったん?てのはあるが。悪くない。
美子

美子の感想・評価

3.4
初老の男性の自叙伝のようなリアリティのあるお話
愛と夢 どちらを選ぶ?
夢を選んだ人生を主人公は後悔?
いやいや 夢にも大変で厳しい現実がある事はこの年齢なら わかってるはず‥
だから 別の選択してたら どうだったんだろうと思う事があると解釈しました

あくまで個人的ですが 主人公は自己顕示欲が強いんだよね
自分はこんなに辛いのに頑張ってる 自分はこんなに奥さんにしてあげてる‥
自分 自分 自分‥
自分の事を客観視できない典型だと思いました
しかし 私自身もですが 自分を客観視するって 凄い難しい事ですから主人公を否定しているわけではないんです
だけど この主人公は愛の選択をしたとしても 同じような人生だったんでは?と思いました
エンタメ性は全くないです
だからこそのリアリティは凄く感じました
追記 タイガーテール 虎尾って題名は何故?っ考えてたら ラストに教えてくれました
原点回帰みたいな意味が込められてるのかな?って思いました
裕福になるために台湾からアメリカへ渡ってきた男は家族を顧みず働き、ついには家族と疎遠になってしまった。
そして彼の心は過去に置いてきた特別な人との思い出に囚われたままだった。母の死や特別な人との再開をきっかけにその秘密を疎遠になった娘に打ち明けることで心を開き少しづつ関係を修復していくそういうお話。

はいこの映画の美しい映像が観られるだけで月額料金の元は取れます。そう思います。
昔の台湾映画を思わせるような過去パートはとても美しく、人と人が微妙な距離感の現代パートの寂しさが生々しくてその対比が良かったです。


家族を顧みない父と父へ理想的な言葉を求める娘がウザいと言えばそうだけど二人が歩み寄れたのだからそれだけで素晴らしいです。

二人の関係はほぼ碇ゲンドウと碇シンジでしたね。エヴァじゃん。


厳しい家父長制によって壊れた家族がテーマであるけど父が悪者加害者と断じるのではなくある意味父性の被害者でもあると感じました。コミュニケーション大事。

最近の内容てんこ盛りなストーリーに慣れすぎて簡潔なお話に乗れない人はリハビリしましょう。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.3
2020年アメリカ映画。若い頃に台湾からアメリカへ移住した男の回想記。年老いた現在と過去が交互に展開され、淡々と男の一生が綴られていく。後悔の念に打ちひしがれる物語。
cov

covの感想・評価

3.5
思いのほかあっさり味の90分……。
でもところどころヌオッとなる。田園風景、君といつまでも♫オーティス・レディング。台湾から米国へ渡り、年月を重ね、結婚に失敗したおいちゃんが、若かりし日々を回想する。特別な存在だった人かー。気質が似ている娘とわかりあえそうでなかなか距離が縮まらない感じがリアル。
yuukite

yuukiteの感想・評価

3.3
マーヤルドルフ主演のドラマシリーズを観てアランヤン作品が気になり鑑賞。「ミナリ」とはまた違った趣き。
>|