海辺のリアのネタバレレビュー・内容・結末

「海辺のリア」に投稿されたネタバレ・内容・結末

2018/7/8
難しい作品…
仲代達矢さんが当時84才とかもー考えられないくらい凄いのと、黒木華ちゃんがイメージにない役柄でとてもよかったのと…
あと舞台とかカット?というか構成?がとても印象的だったなぁ。
でもやっぱ重いし悲しい内容だから観てて辛い。というか本当に難しくて、自分には作品を上手く受け止められなかったかな。
仲代達也さんのための映画。
凄すぎて他の俳優さんもみんな霞んでしまった。共演者ぶっ殺し。

凄くシンプルな話が、元俳優とシェイクスピアでドラマチックで情景も綺麗。

誰一人報われないのは切ないけど、認知症とその家族ってケースは違えどこうやって壊れてしまうこと、きっとあるんだろうと思う。
呼吸も瞬きも忘れちゃうやつ。

キング・リアを知ってる前提かも。
途中、黒木華が入水していくあたりから、ラスト、コーディリアを抱いて絶叫する仲代達矢がうっすら見えるんだけど、そうはならないところが良かった。

海辺が本当に美しくて、有名なセリフを朗々と語り上げる仲代達矢はもはや尊い。
この人は本当に自分の仕事が好きで好きで好きなのだな。
そしていつか、それが出来なくなる日が来ることも知っているのだな。

「これからは、思い出の中で生きたいのだ、監獄の中で」というセリフと虚ろな目よ。
ああー。
あああー。
不快感モヤモヤ感が強い、見る人を選ぶ映画。登場人物少ないのに互いの関係が掴み難くようやく分かってきたと思ったら違った、みたいなことが多々ある。批判しているのでは無い、むしろ高く評価。定点カメラ主に使用し突然揺れとともに人物アップだったりする長女の今彼?みたいな人は結局何者?喋ったのはおそらく悪党の単語のみ。二人は仲がいいのかも分からない。次女は頭掻きすぎな気もしたし、喋り方もあえての演技かもしれないが私はあまり好きな演技ではなかった。仲代さんの一人芝居やお弁当を食べるシーン、ぶつくさ言うシーンどれも最高