日本の悲劇の作品情報・感想・評価・動画配信

日本の悲劇2013年製作の映画)

上映日:2013年08月31日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

「日本の悲劇」に投稿された感想・評価

今の日本が抱える“悲劇”が凝縮されていて息苦しいほど切ない。何かを語るようで何も語らない父の背中は経済成長をひたすら追いかけた日本が産み出した“悲劇”といえよう。心の奥に“よしお”がいるオトナが今の日本の「大人」ではないだろうか。
negi

negiの感想・評価

4.0
和製ミヒャエルハネケ
定点カメラで他人の秘密を覗き見してるような感覚になる
誰も救われないけど、たぶん愛しかない
テーマは重い。どっしり構える仲代達矢ととにかく動きまわり感情を爆発させ続ける北村一輝の演技で、映画のテンションとテーマはブレることなく終わりまで引っ張ってしまうことがすごいです。
こやち

こやちの感想・評価

3.8
父親の行動は常軌を逸しているけれども、取り巻く状況はいくらでもある事ばかり。それがちょっと重なったというだけなんだ。それなのにもう抜け出せない。他人事では無いかもしれない。

長回し長ゼリフはすごい。小林監督っぽい言い回しが少し気にかかる。

あの後息子はどうなるんだろう。
yukko

yukkoの感想・評価

2.9
北村一輝目当てで観たけど。


甘いよねぇ息子。
男は働かなきゃ。
結婚、子供を持つ資格無し。


両親の病気は、悲劇というより不可抗力でしょ。
息子が働いてたら鬱にならずに、妻子と別れずに済んだのでは?



なんだか、悲劇という題名に不信感が募る映画だった。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
基本的にカメラ固定の長回しによる撮影。特に食卓は座ったときにジャスピンする高さでカメラ固定されてたのが、内容を考えると悲しい。長回しと言うことで、仲代達矢も北村一輝もビリビリするような演技や存在感を見せてくれる。母親の予期せぬ病死、父親が後を追うように発症する、息子のリストラと鬱病による自殺未遂に、親の年金で暮らす様、離婚に失踪などどう考えても悲劇な状況なのだけれど、これを「日本の悲劇」とつけた監督の信念のようなものをビンビンに感じます。
k

kの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

リアルで怖く、いろいろ考えさせられる映画。
モノクロとカラーの使い分け方が切ない。
北村一輝の演技が素晴らしかったと思う反面、初めて北村一輝がピース綾部に似ていると感じた。
テーマも興味深く、北村一輝の熱演、仲代達矢もさすが✨
けど
私にはあまり響かなかった

1度だけカラーになるシーンが印象的

舞台劇で、しかも仲代達矢の表情のアップの演技を観られたような

ラストに出た文章はとても心に残った
馮美梅

馮美梅の感想・評価

3.0
物語はほぼ父と子が暮らす家だけ。登場事物も父と子、そして死んだ母と、妻と子の5人。

父は末期の癌、そして息子はうつ病で妻と離婚し、仕事もしてないニート。
父は余命半年と言われ、治療を拒否し、退院・帰宅後自室に立て籠ってしまう。
戸惑う息子。父は飲まず食わず、死を待つ。それもこれも、自分が死んでも年金で息子が今のように生活をさせるために。

終始モノクロで物語が進む中で、唯一、カラー映像のシーンがある。
それはまだ息子がうつ病を発症する前、母も生きてて、妻と生まれた我が子、家族みんなが笑顔で幸せだった時。しかし、別れた妻子も東日本大震災で亡くしてしまう。

なんとか、今の生活から抜け出そうと思う息子だが、なかなか世の中、思うようには進まない。そんな中での父の立て籠り。毎日父が生きてるか確認する息子だが、いつしか父の声も聞こえなくなり、生きているのか死んでいるのかもわからなくなった。それでも息子はそんな中で生活、仕事を探しに行くのだった。

仲代達也と北村一輝2人芝居。淡々と物語は進む。
実際、こういう悲劇は今の日本で多かれ少なかれ起きているんだろうな。
子供が自立できず、親の年金におんぶにだっこみたいな…
幸せな時間があっただけに余計、哀れを誘った。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/nippon-no-higeki