海辺のリアの作品情報・感想・評価

海辺のリア2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:105分

3.3

あらすじ

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あても…

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り、スーツケースをひきずって―。兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。

「海辺のリア」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

不快感モヤモヤ感が強い、見る人を選ぶ映画。登場人物少ないのに互いの関係が掴み難くようやく分かってきたと思ったら違った、みたいなことが多々ある。批判しているのでは無い、むしろ高く評価。定点カメラ主に使用し突然揺れとともに人物アップだったりする長女の今彼?みたいな人は結局何者?喋ったのはおそらく悪党の単語のみ。二人は仲がいいのかも分からない。次女は頭掻きすぎな気もしたし、喋り方もあえての演技かもしれないが私はあまり好きな演技ではなかった。仲代さんの一人芝居やお弁当を食べるシーン、ぶつくさ言うシーンどれも最高
miyabi

miyabiの感想・評価

4.0
完全に 舞台演出!映画じゃない!
ほとんど、砂浜での 舞台!
オールロケ。

出演者も 仲代達矢黒木華阿部寛原田美枝子小林薫の5人のみ。
その他の役者も無し!エキストラも 無し!人気の若手は いらない!
それぞれが、一人芝居をしてる。

これは、仲代達矢の為の舞台。流石、今、最高の役者。
黒木華が、凄い。若手では、誰も敵わないよ。
阿部寛の 常に ガラケーに 怒鳴ってる。怒ってる。一人セリフ。
原田美枝子が、完全に脇。
小林薫。セリフ、一言。
海辺のリア

誰もいない街、誰もいない老人ホーム、誰もいない海辺。
舞台的な映画だった。

もしこれが映画ではなくて舞台であれば想像の余地があるのでそこまで気にならないが、実際の場所を使っている以上違和感が出るところが幾つかあった。(車から全く動かない、もしくは少し出てまたすぐ戻る等)

登場人物達の独白がメイン。会話らしい会話はほぼゼロ。動かないカメラ。
其々がヒロイズムに酔っていて疲れた。

ただ仲代達也の演技は素晴らしかった。それだけ。
り

りの感想・評価

5.0
リア王読んだので。
あらためてこの映画の熱量を思い出した。
仲代達矢が恐ろしい。
仲代達矢が恐ろしく可愛い。
起こっていることは悲劇なのにどこか笑ってしまう小林監督作品。
この雰囲気がすごく好き。
ジロ

ジロの感想・評価

2.9
仲代達矢の演技は本当に本当に素晴らしかった。
でも、残念ながら映画は私には合わなかった…
嫌いなテイストじゃないんだけど、お芝居に寄りすぎていて…見慣れないせいかな。
仲代達矢の記録映画として捉えれば本当に素晴らしいと思う。
最後の独白シーンはリア王そのもので、心が震えた。

仲代達矢の演技、一度生で見てみたい。

テアトル新宿にて。
moku

mokuの感想・評価

1.5
うーん。私はあまり好きではない。
母と見たのだけど、これ舞台だったら面白かったかもねーと話していた。

理由
・役者の独白部分が長いわりには、演技がうまいというわけでもなく、うまく入ってこない。
・阿部寛の役が最後まで違和感。
・カメラの視点が登場人物たちと距離を置いている感じがしたのは意図的なのか?カメラワークの意図がうまく伝わってこない。
などなど


あと、由紀子(原田美枝子)が現代風の白いスマートフォンを使っているのに対し、夫の行男(阿部寛)は黒い折りたたみ式のガラケーを使っているというのが、その人となりが出ているようで芸が細かいなあと思った。
もこ

もこの感想・評価

3.4
映画というより演劇を見ているみたいな、不思議な気持ちになった。5人しかいない登場人物、不自然なほどに静かな町、車も通行人も何もない、テレビもラジオも現れない。携帯はでるけどあくまで小道具感がすごくて、状況説明な人物の相関関係も全部言葉で説明している。これは仲代達也による観る演劇なのだろう
小林薫は台詞がほぼ4文字という驚異的な量だったけど、それでも登場人物の中で一番胡散臭くて狡猾そうなオーラが漂っていた。
娘の幸子が清々しいほどのクソ娘だったけど、彼女も父親に対して憎悪を抱えているんだろうな、と思ったらやっぱり兆吉の自業自得のように思えた。
兆吉は栄華を極めた後とても惨めで寂しい老後を送るけど、ラストシーンにかけて彼は世界で一番幸せな時間を過ごしていたと思う。
龍太郎

龍太郎の感想・評価

2.1
原田美枝子さんをはじめ好きな役者さんが出てるのに残念ながらダメでした。
mako

makoの感想・評価

3.6
「リア王」がモチーフ。ただ、私はあまり知らなくて。大体のあらすじは知っている程度。だから「リア王」が分かっている方がより楽しめるかも。 

登場人物が5人しか出てこない。通行人すらいないので新鮮でした。仲代達矢さんの演技がすごい。 
演技なのか素なのか分からなくなるほどでした。 
黒木華さんは今までにないような役でしたが、はまっていました。 
阿部寛さんの演技も良かった。 
小林薫さんは台詞がほぼなくて、それでも存在感はありました。 

別段何も起こりませんがそれぞれの演技に引き込まれました。でも少しだけ眠くなりました。 
私は嫌いじゃなかったです。
>|