海辺のリアの作品情報・感想・評価

海辺のリア2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:105分

3.3

あらすじ

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あても…

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り、スーツケースをひきずって―。兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。

「海辺のリア」に投稿された感想・評価

こやち

こやちの感想・評価

4.0
仲代達矢は凄いだろうけどお話はそんなに面白くなさそうだなって、後回しになってた一本。
見始めは小林監督特有のセリフ回しが気になって、黒木華ちゃんまで舞台っぽいお芝居させられちゃってるって思ったんだけど、それがだんだんクセになってきた。
砂浜のリア王のシーンは圧巻。流石仲代達矢。ヨレヨレのコートが王様のガウンに見えてきたよ。華ちゃんが海に入っていって、おお、ラストシーンはコーデリアを見つけるリア王か〜と思ったら‥まあ、そこまでの悲劇にはしなかったけど。
仲代さんは実はリア王を演じた事は無かったらしい(!)もうセリフなんかいつでも空で言えるのかと思ってた。でも「乱」はリヤ王だものね。


認知症老人を施設に入れるのをかなり酷いことのように扱ってるのはちょっと引っかかっちゃうなぁ。でもリア王は投獄されたわけだからそういう設定にしないとダメか。
えりみ

えりみの感想・評価

3.1
WOWOW録画。
仲代達矢が84歳にしてTwitterに挑戦する、っていう宣伝文句で映画をアピールしてたのを覚えている。
これはまた贅沢な105分だこと…
すみません、早送りしました。。。
世界中の誰もが知ってるシェイクスピアの4大悲劇のひとつ「リア王」を全く知らん私が悪いのです。
ハロルド作石の『7人のシェイクスピア』はスピリッツ連載時からヤンマガに移ってからも読んでるんやけど、今はマクベス上演したとこやし。
「ヴェニスの商人」は映画で一回学ぼうとチャレンジしたことあったっけなぁ(朧げな記憶)。
千里浜なぎさドライブウェイは行った事あるので懐かしかった。
バイクで海のすぐそばしかも砂浜を走るの爽快、快感やった😊
そのあと急いで洗車したけどw

もうすぐ亡くなる偉大な役者をクリアな映像で残しておこう!
って企画ではないのよね。。。
認知症がテーマってわけでもなさそうやし。
ハイブリッド車って音静かですよ!って今更アピールする目的があるとも思えんし…
原田美枝子目当てにみたのにあんまり出番なかったしなぁ。
黒木華にこのキャラやらせるのも、あの衣装もまるで合うてないような。
全ては「リア王」読むか舞台観てからって事か?
映画でリア王ってあるんかな…いっぱいあるやん💦
映画みるのって色んな知識や教養が必要になるから大変…
まー

まーの感想・評価

2.5
仲代達矢さんはほんと素晴らしかったです。圧倒されます。

でも、それだけでした。

私が見たいのは映画であって舞台じゃないんです。
あと、恥ずかしながらリア王を知らないもので…汗
リア王を知っていればお話も少しは楽しめるのかな。

仲代達矢さん演じる老人の認知症より阿部寛さん演じる行男の精神状態の方がやばいと思う。笑
だって車内で独り言(説明セリフ)わめき散らしてるんですよ。まさに舞台。そんな奴いないわ。
花

花の感想・評価

3.8
仲代達矢さんの演技は素晴らしいと思う。ボケてしまった元俳優とその家族の話でよくある様な話と言えばそうであり、意外性はなかったけど、老人に焦点を当てる事の意義はあると感じた。

これからの超高齢化社会は老人で溢れかえるだろう…。自分がもしも老人になったら、わがままを言わず諦めの境地で生きていきたいと思う。

認知症家族が身近に居たり、知り合いから話を聞いたりしてる立場から言えば、認知症はもっともっとエグい。

徘徊、被害者妄想、暴力的になる。火遊びをする。排泄物を壁に塗りつける。際限なく食べてしまったり外に出ていってしまうのでベッドに縛り付ける。など…

施設に入れる事が可哀想とは言ってられない。家族が可哀想だから老人は施設に入るしかない。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.4
老人ホームから抜け出した元俳優で認知症の老人とその娘。
逃げ出した老人ホームからほど近い海辺で繰り広げられるのはまるで舞台劇のような会話のやりとりのみ。
開放感のある海辺砂浜なのに沈黙や間はほぼ皆無でそれぞれの思いをぶつけるようなこういう演出はわざとらしくて本当は苦手。
でも仲代達矢のボケたおじいさんの演技ときたら、、、もうほんとうに認知症なのかと思ってしまったくらいものすごく惚けてる。
黒木華も阿部寛も原田美枝子もみんな好きな俳優さんたちだけどこの作品に関してはその他大勢でしかなくて、海辺のリア。
そうかリア王の世界をずっとさまよってたんだね。
ある意味では仲代達矢の独演劇でした。
うちだ

うちだの感想・評価

3.0
仲代達矢の怪演は堪能できたけども、どうにも話がつまんなかった。
こんなに心を動かされたことはない

泣けて泣けてしかたがなかった

海辺のリア

まさにー海辺のリアーだった

海辺に舞い降りたリアは

孤高の人

魂の人

解き放たれ自由だった

そこに生命のほとばしりを見た

すべてが焼き付いた

それこそ

終演に近づいたそのときが
ぶん

ぶんの感想・評価

2.8
監獄の様な壁だけの部屋でたったひとり。
そうなのか?施設ってそんななのか?

施設のどこが悪んだ?と思ってただけになんかショック!
miyon

miyonの感想・評価

1.0
ボケた人気者が老人ホームを飛び出して最後の旅に、かと思いきやまったく違った。ほぼ海岸から出ないし、理解ある人側の華ちゃんは柄になく口が悪い。
もう少し情緒のあるものかと予想してた分、早送りしても足りないくらいつまらなかった。
銅

銅の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2018/7/8
難しい作品…
仲代達矢さんが当時84才とかもー考えられないくらい凄いのと、黒木華ちゃんがイメージにない役柄でとてもよかったのと…
あと舞台とかカット?というか構成?がとても印象的だったなぁ。
でもやっぱ重いし悲しい内容だから観てて辛い。というか本当に難しくて、自分には作品を上手く受け止められなかったかな。
>|