海辺のリアの作品情報・感想・評価

海辺のリア2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あても…

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り、スーツケースをひきずって―。兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。

「海辺のリア」に投稿された感想・評価

まる

まるの感想・評価

1.7
仲代達也の演技がすごくよかったです。私的にはそれにつきます。なかなかみんな思わせぶりな態度を取ってばかりで、気になりました。
ayakuro

ayakuroの感想・評価

3.0
出ている役者が好き。ストーリーは感情移入しやすい話。
あまり期待せずに観たが、惹きこまれた。

リア?リア王?シェイクスピアの書いた話を知らないので難しかった。その辺り、流し見。

画面のトーンが淡目で統一されていて、好きな雰囲気だった。
eri

eriの感想・評価

3.8
内容は難しいものだった。
セリフの意味も、本当に理解出来たものはそんなに多くないかもしれない。

それでも画面から目を離す事が出来ない映画だった。
SHIN

SHINの感想・評価

4.5
仲代達矢さん!!
最高っす!

この映画で仲代達矢さんがたくさん台詞を喋り半分以上のシーンが彼のシーンだと思う。でも、飽きない!なぜなら上手い!
それしか表現ができない。

リア王の内容を知ってからこの映画を観ると面白いと思います。仲代達矢を引き立たせようとしてるわけでなく他の俳優陣はそれぞれの葛藤で手一杯。
阿部寛さんの泣き顔は禁止。泣けます。
この作品は

仲代達矢さんが、
映画のスペースを借りることで

舞台表現を(不規則に、ダイナミックに)

(半永久的に遺る)映画という
コンパクトな画角で、表現されている。

にも、関わらず

その言葉は、生きている。
動物的に
生で、伝わってくる…そんな感覚でした。


それを映画で表現できるのは

稀有な仲代達矢さんという
これまでの
生き様が在ってのことだと思いました。



まぁ、簡単にいうと

とりあえず人生、死ぬまで
足掻きなさい。
と、云われている氣がしました。
豪華キャスト勢の中でも仲代達也さんはやっぱ一味も二味も違うな!って印象。

このレビューはネタバレを含みます

呼吸も瞬きも忘れちゃうやつ。

キング・リアを知ってる前提かも。
途中、黒木華が入水していくあたりから、ラスト、コーディリアを抱いて絶叫する仲代達矢がうっすら見えるんだけど、そうはならないところが良かった。

海辺が本当に美しくて、有名なセリフを朗々と語り上げる仲代達矢はもはや尊い。
この人は本当に自分の仕事が好きで好きで好きなのだな。
そしていつか、それが出来なくなる日が来ることも知っているのだな。

「これからは、思い出の中で生きたいのだ、監獄の中で」というセリフと虚ろな目よ。
ああー。
あああー。
ZK

ZKの感想・評価

-
海と仲代達矢。

撮影が綺麗で、もうそれだけで邦画としては嬉しかった。(最近あまりそういう邦画を見れてなかったので…)
内容は芝居的。たぶんそういうものなんだろう、タイトルもリア王からきているし。そういう点では、あまり背景に詳しくないため内容を理解し切れたとは言い難い。
海に行きたくなるような映画。
moco67

moco67の感想・評価

4.5
リア王、映画版といった印象を受けた。
黒木華、阿部寛が演じる役が仲代達矢の演じる主人公の人生の軌跡といまを繋ぐ。
habatapan

habatapanの感想・評価

4.5
阿部寛 史上 最高の阿部寛 映画かもしれない。
ベストオブ阿部寛。
全世界の阿部寛ファン必見。

仲代達矢さんはほんともうリビングレジェンドですね。リアルタイムでまだ主演作が観れるなんて本当に幸せなことです。
>|