海辺のリアの作品情報・感想・評価

海辺のリア2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あても…

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り、スーツケースをひきずって―。兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。

「海辺のリア」に投稿された感想・評価

218
圧倒的です。鳥肌。なんだろう、シェイクスピア映画版って感じですかね、、凄い!でも、撮影の仕方がまた凄い!ほぼ長回し!カット割りが凄い!細かく変わるのは仲代達矢のリア王のセリフ部分。舞台で見たら、瞬きできないはずのシーンをバチバチ切り替えて、但し映るものは人1人と海だけ。バチバチ変わるのにこちらは集中力が途切れない。繋がっているはずなのに、おかしいくらいにその作品の断片を見たようで、主人公の記憶の欠片を見たようで、なんだこの気持ちは!
私には、映った俳優がとても洗練された俳優に見えました。1人で長ゼリフのシーンも耐えられる素晴らしい俳優達を見た気がします。阿部寛さんの電話のシーン、とても印象的です。

シェイクスピアの時代のように、耳だけでその芝居を想像できるような、想像させるようなセリフの連続、その説明ゼリフをつまらないと思わせない俳優の強さ、素晴らしかったです。
有名人やったお父さん(80才超え)が認知症になった。自分の娘もわからない。
雰囲気は嫌いじゃないねんけどなぁ。車のCMみたいになってたし、黒木華は舞台みたいな演技やし、ストーリーは一定で波がない。本物の波はあるけど。認知症のはずやのに、いきなり記憶戻ったみたいに語り出すし、意味わからん。頭の中がハテナだらけ。
なによりも仲代達也大先生。不機嫌な黒木華さんもよいのですが。この監督の説明的な台詞まわしになじめません。
てと

てとの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

仲代達也さんのための映画。
凄すぎて他の俳優さんもみんな霞んでしまった。共演者ぶっ殺し。

凄くシンプルな話が、元俳優とシェイクスピアでドラマチックで情景も綺麗。

誰一人報われないのは切ないけど、認知症とその家族ってケースは違えどこうやって壊れてしまうこと、きっとあるんだろうと思う。
みみみ

みみみの感想・評価

3.0
シェイクスピアを知らないから、伝えたいこととか分からなくて、つまらないと思ってしまう自分もつまらないなと思ってしまった。


仲代達也のすごさを知れる映画。
黒木華の役が、最初から最後まで報われなくて苦しい。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
芝居に魅入られるというのは、こういうことを言うんだろうな。

海辺をバックにぶつぶつ呟く仲代達矢のボケたおじいさん「桑畑兆吉」がなんとも言えずかわいい。

仲代達矢、黒木華、阿部寛、ほぼこの3人だけ。

黒木華は、仲代達矢との二人芝居にも一歩も引かない演技は流石。

長回しの一人芝居で比べられたら、俳優は辛いだろうな〜。今の日本映画界を背負って立ってる俳優の一人であろう阿部寛をしても、仲代達矢の足元にも及ばない。

当て書きで書かれた脚本は、桑畑兆吉の実際の親子関係と、桑畑兆吉が演じる「リア王」の台詞とが入り混じって、それが、ボケた桑畑兆吉なのか、実はボケていない桑畑兆吉なのか、はたまた仲代達矢自身の台詞なのか、如何様な取り方もできる深みがあるのも面白い。

最初から最後まで「仲代達矢」を見る映画。人は選ぶが、私は引き込まれた。
SKYSPOT

SKYSPOTの感想・評価

1.0
これを形容する、ちょうど良い悪口すら見つからないくらいにどうでもいい映画。
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.3
仲代達矢を愛でる映画だし仲代さんの為に撮られた映画だったけど、黒木華も凄く良かった。あの不機嫌な感じドキドキする。
みやり

みやりの感想・評価

2.6
ずーっと不満をぶつけあってるだけで展開がなくて疲れる。どの登場人物の行動にも説得力がない。つまらなかった。点数高い人は俳優とか監督人思い入れがあるのかなと思った。

そもそも施設に入れることが見放すことっていう考え方が時代錯誤。

とはいえ仲代達矢には惹きつけられる。長台詞を言うシーンでは目を奪われた。
ちい

ちいの感想・評価

3.3
小林監督の春との旅が大好きで、この作品も楽しみだったがあまり合わなかった。
ただ仲代達矢の独演のようにセリフを言うシーンはさすがで迫力があって印象に残った
>|