ストロングマン/ストロングマン 最低男の男気大決戦!!の作品情報・感想・評価

ストロングマン/ストロングマン 最低男の男気大決戦!!2015年製作の映画)

Chevalier

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:105分

3.0

あらすじ

ギリシャのエーゲ海でクルージングを楽しむ中年男性6人組。船がアテネに帰港するまでの間に誰がストロングマン(最高の男)かを決めるゲームをしようという話になる。そして勝者には指輪を贈ることに。"ズボンのベルトの位置"、"コレステロール値"から"料理の知識"まで一挙一動をお互いに評価し、点数を付けてあらゆる面で一番優れた男を決めるこのゲームに最初は冗談半分で楽しんでいた6人。しかし、次第にムキになり男…

ギリシャのエーゲ海でクルージングを楽しむ中年男性6人組。船がアテネに帰港するまでの間に誰がストロングマン(最高の男)かを決めるゲームをしようという話になる。そして勝者には指輪を贈ることに。"ズボンのベルトの位置"、"コレステロール値"から"料理の知識"まで一挙一動をお互いに評価し、点数を付けてあらゆる面で一番優れた男を決めるこのゲームに最初は冗談半分で楽しんでいた6人。しかし、次第にムキになり男の意地とプライドを懸けた争いへと発展してしまう。

「ストロングマン/ストロングマン 最低男の男気大決戦!!」に投稿された感想・評価

炒飯

炒飯の感想・評価

4.2
ワールドカップが始まると、
ウイイレをやりたくなるよね
炒飯です。

あっぶねー、間に合ったー

ワールドカップ 2018
初戦
モロッコvsイラン

の裏で、

おじさんの
おじさんによる
おじさんのための
マウンティング合戦

まじ、誰得笑

上品な振る舞いをしながら変態&下品極まりない作品なので、レビューもそれなりに下品に笑

サイッコウにシュールで、サイッコウに誰も求めてないおじさん達の自分達ルールのくだらない戦いが、今、始まる

いきなし始まった、いい男選手権

ルールは、話し方、動き、知識、センス、能力etc
全てをポイント計算をして、最終的に一位を決める

話だけ見るとなんだかイケメン達のクールなゲームに見えるけども

ルールガバガバ
選手陣が器の小さいおじさん達

この布陣、意味不明なゲームが好きな私からしたら、もー、大好物

おじさんがハゲ散らかしてるおじさんの頭をひっぱたき続けたり
おじさんがおじさんに気に入られようと頑張る

おじさんの足の引っ張り合いと
おじさんの得点稼ぎ

オ○ン○ンが勃った時の凄さをまじめに伝えたり
朝勃ちしない事を必死にそれっぽく弁明する映画なんて初めてみた。

車の故障を治すシチュエーションじゃないと勃起しない男が、深夜におったてて徘徊するってまじサイコスリラーだよ爆笑

なんでみんなで本棚作ってんの!?
ほそなげぇやつ笑

もーやだ、
ツッコミどころしかない

終始ニヤついて見ちゃいました

真面目に見てたら、頭おかしくなる映画

共同脚本家にロブスターの脚本家
エフティミス・フィリップス

そら、変態な作品になるよね笑

フィリップスって言ったり、フィリッポウって言ったりするみたいで、filmarksではまとまってないみたいだね!

シュール好き
おじさん好き
変態好き
集まれー!!笑
吟じます!
「勃ってもー 男しか乗ってない船の中ぁー 無駄打ちな気がするぅー」
あると思います!こんばんわ三遊亭呼延灼です.
一瞬ホモ展開かと思いましたが期待はずれでした.
あとは特に語ることありません.船上の暇つぶしのつもりで始めたゲームがいつしか見栄の張り合いに変わって右往左往するだけの作品.そっからの殺し合いでも始まってくれたら眠い目を擦る必要もなかったのですが.
この手の作品がお好きな方はどうぞ.
P1島

P1島の感想・評価

-
『サイトシアーズ』同様、ズレたマーケティングの犠牲になった作品。「男気大決戦」?そんなおバカで熱い内容じゃないですよ。もっと陰湿でイヤ〜な感じの映画です。
ただ、『サイトシアーズ』と違ってこっちは単純に退屈な映画だからそんなに残念とも思わない。

いわゆる「SNS地獄」的な他人の粗探し合戦、マウント合戦を風刺するのはいいんですが、流石にそれだけで105分は長すぎ(本当にずっとそれ「だけ」やってる映画なので…)。
20分でやれる内容だし、風刺の仕方もそれほどクレバーじゃない。ユーモアも全然効いてないからただ陰湿なだけだし……

やり方次第では大好きな映画になり得たような作品なので非常に残念。
perry

perryの感想・評価

2.0
なにが面白いのか、ほんとにわからない。テイスト無視の邦題も苦心の結果なのだろうか…。
猫

猫の感想・評価

3.5
2015年の映画。(公開は2017年)
刈谷日劇さんで、二本立てで上映してくれたうちのもう一本。

ちょっと違うかもしれないけれど
『おとなの事情』を思い出してしまった。
誰が一番(男らしい)か?
を、
仲間内で選ぶという馬鹿馬鹿しいゲームに真剣になる男たちが笑える。
男らしさをチェックするのは多岐に渡り
血液でわかる健康状態から
朝のナニの具合まで、苦笑。
すぐに助けに来る男気の有無など
etc etc.
結局、答えは……?

最後のキッチンの二人(競う仲間ではなく使用人)の会話も
皮肉たっぷりで面白かったなぁ。

しかし
他人と比較することが
それほどむきになることなのか?
いや、そもそも比較する意味があるのか?
映画のなかでは一応、賞品があったからかもしれませんが、
賞品目当てでやっていた訳では無かったです、彼等は(笑)

映画を観て、誰が一番好きだった?って
人と語るのも面白いかも?

 2018.4.6 刈谷日劇にて観賞
ヤニスかっこわるいなぁみっともない、といくら思っても突き放せないのが、この映画のすばらしいところです。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

2.5
自分の価値は他人が決めるものなのか…男らしさとは…。

最初に言いたいが、この邦題に惑わされないでほしい。

間違っているとは言わないが映画の印象は、ギリシャの大人の男達が馬鹿げたゲームをある意味真面目に取り組む姿が微笑ましいコメディ映画。

決してハチャメチャでバカ騒ぎな映画の作りになっておらず、むしろ感情起伏の揺れ動く人間ドラマのようにも感じる。

大型クルーザーに乗った6人の中年男らは、誰が最も男らしいかゲームをして決める。

船上で互いが互いの行動を評価する、いわゆる〝観察ゲーム〟のスタート。

例えば、スマホの着信音が可愛いカエルの鳴き声だったらマイナス3ポイント。

血糖値・コレステロール値が基準値を越えていたらマイナス5ポイント。

勃起しなかったらマイナス10ポイント…。

こういったくだらなく細かい評価の積み重ねで、男の価値が決まるのだ(?)。

馬鹿馬鹿しいと思うかもしれないが、実際これが男なのだ。

映画の中とは言えこんなくだらない遊びを真剣にやる事が、人間らしいではないか。

何を基準に〝男らしい〟を決めるかなんて事は他人がとやかく言うものではないが、このくだらないゲームをする感覚が面白いではないか。

それがいい大人達が熱くなって『俺はあいつより男らしいんだっ』と競う姿は、滑稽だが人間味があって良い。

男らしさって何だろう、女らしさって…。

そんな事を言うとフェミニスト達にお叱りを受けるだろうが、現実に男と女は違う。

細かい話は省くが男と女は互いに優れた特長を持ち、お互いに劣っている部分を補い助け合って生きていくのが自分は良いと思うのだが…それすら否定する人たちもいるのだから自分には理解しがたい。

男らしさ…女らしさ…を拒む前に、人間らしさを考えてほしい..★,
猫田

猫田の感想・評価

3.4
劇中の穏やかな海と同じくらい表面上は波風たたないようふるまうおっさん6人による(超どうでもいい)NO.1決定戦。姿はおっさんだが、やってる対決のくだらなさは小学生レベル。他人の欠点を見つけたらすかさずメモってる姿には笑った。静けさの中で生まれる笑いは独特の面白さがあって好きだけど、後を引かない瞬発的な笑いが多くて、いまいち笑いが増幅していかないのが残念
shiron

shironの感想・評価

-
仲間が6人もいれば、おのずと気の合う人、合わない人が出てくるものですが…
物語が進むにつれて明らかになる人間関係も見所でした。
変に仲良しだと思ったら××だったり
実は嫁の××だったり、さらには嫁の×××がいたり!
そうだったの?!ってことは…。
なるほど。だからあんな態度だったのね。( ̄ー ̄)

相関図を作って最初から見返したくなります。

でも、私の一番のお気に入りは、6人のゲームを見ていてるスタッフ2人の関係性が変化していくところ!
男の魅力は仕事とは別だぜ (*゚▽゚)ノ

独特のテンポに、なかなか笑いの距離感が掴めませんでしたが、終盤に大爆笑!!。゚(゚^◇^)゚。
無駄な漢気と、ツッコミどころ満載な展開がたまらなくツボで、一緒に行った友達に「会場で一番笑ってたかもよ。」と言われるぐらい、爆発笑いをしちゃいました。ぶわはっ!

帰りの道々でも「そう言えば。あそこのあれで、あんなリアクションは無いよなぁww」と、いろんなシーンを思い返しては一人で笑ってしまいました。

見ている最中には、この面白さに気付きませんでしたが、それぞれのメンバーの“リアクション”が秀逸で笑える映画でした。

変なお題で競い合ってる時点で充分子供っぽいくせに、負けたことを素直に悔しがれない…そんな大人の面倒くささが笑えます。
コンプレックスだったり、プライドだったり、嫉妬だったり。
それに気づいた仲間のフォローが、これまた ことごとく不器用で笑える。

そこに複雑な人間関係が絡み合って…。
威厳があると思われていた人の薄っぺらさとか、小者っぷりが露わになったり、拘りは強いけど気の弱い変人に漢気が芽生えたりww

必要以上に辛辣に否定されて、立たされた子供みたいにシュンとなってるオッさんの佇まいにも、思い出し笑い。
ジワリますわ〜( ^ω^ )

試写の後で、ギリシャのエンタメに詳しいGreeceJapan.comの方のトークショーがあり、いろんなお話が聞けたのですが、
ご出演のみなさんは、ギリシャでは知らない人がいない程の俳優さん達で、主役を張るわけではないけども、いろんな映画でお見かけする。いわゆる名脇役タイプの俳優さん達だそうです。
どおりで細かいニュアンス芝居が上手い訳です。

しかし私。。。笑いのツボはわかったけど
結局、誰が優勝して指輪を貰ったのか、わからんかった…。
ダメダメじゃん(^◇^;)

すんません。やっぱ、もっかい観ます(笑)
Hs

Hsの感想・評価

1.0
作り手やこの映画を評価する人の人間性を疑ってしまう程に趣味が悪いと思う。
>|