籠の中の乙女の作品情報・感想・評価・動画配信

「籠の中の乙女」に投稿された感想・評価

前に観た時は気持ち悪過ぎて途中リタイア…今回何とか最後まで観切ったけど、やっぱり気持ち悪かった。モザイクが大き過ぎてまさか本当にやってるんじゃないだろうねって思った。猫のところもね…。これ役者さんたち痛い思いや嫌な思いしなかったかなぁ。あんな風に閉じ込めて育てるなら、性的なことも徹底的に排除すれば良いのに、そこは他者を入れるんだね。そこから綻びるのは判り切っていることなのにね。無の気持ちで観てしまったな。
八咫

八咫の感想・評価

2.8
大好きな『聖なる鹿殺し』の同じ監督の作品だから期待してみたけどわけわかんなかったな単純に。
猫を殺す描写があるので1。何がしたいのかもよくわからなかった
morishita

morishitaの感想・評価

2.8
ロブスターのほうが好みでした
ただ、あの変な踊りはクセになった
m

mの感想・評価

3.2
とんでもないものを観てしまったよ〜という気持ち。

こんな家庭、この世のどこにも存在しませんように。
特定の集団に入る/離脱するために自己破壊していく人間の姿、というのはランティモス作品で繰り返し現れるモチーフだ。

『聖なる鹿...』では家族としての形態を維持するために構成員を犠牲にする人間たちの物語だし、『ロブスター』も恋人同士の同質性を維持するために主人公は失明する。

本作では家族という体制維持のためにギチギチに縛り付けられた環境の中、徐々に自己崩壊していく子供たちの姿が描かれる。

純映画的というかまあ観ていて面白い!といった作品ではない。

楽しむために観る映画じゃなくてランティモス監督が好きな人が監督の作家性を理解するために観る映画って感じ。

あと白黒猫のシーンあまりにも辛すぎる。ほんと動物への当たり容赦ないよランティモス...。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

1.5
〖サスペンス?:ギリシャ映画:ATB〗
妄想に取り憑かれた両親に閉じ込められた子供たちを描いたサスペンス⁉️
すごいらしいってことで観たけど…無理やった作品でした😱💧

2022年1,412本目(▲136)
et1158

et1158の感想・評価

3.7
人間は家族と生活し、そこでいろんな事を学ぶ。
そこでは、父が王で有り、母が王女である。
家族とは一つの「国」だ。
国民である子供達は、従わないといけない。
今作は、その尖点を見た気がする。
徹底した主従関係は撮影にも及ぶ。
人物が絵に収まるかなんて事は気にせず、自ら寄り添わない。
まるで、そっちから絵の中に入ってこいとゆう様。
映画を従わせる。
そんな図式に見えた。
ラストカットは、その反発だ。
従わせた映画を最後に放任する。

とても素晴らしい映画でした。
よつ

よつの感想・評価

4.5
パパ怖い…。忠犬を育てたかったのかな?
子離れできず、独自のルールを作って子供たちを閉じ込めていたようにも感じる。ずっとあの家の生活を見てきたはずなのに、真意を掴めないのがまた気味が悪い。

序列みたいなものも感じたし、やっぱり動物に近い支配(?)だったのかなーと…。
danefushi

danefushiの感想・評価

2.0
いやぁ〜〜💦(;´∀`)
なんか怖い、不気味、気持ち悪い映画だった…。に尽きる感想😨😰
単なる外の世界を全く知らない、箱入り娘&息子の話なのかと思いきや、言葉や教養の教え方がデタラメで嘘っぱちで、それを鵜呑みにして普通に使ってるのが怖いw
この青年、少女たちに、道徳的な善悪の区別とかはなさそうだ💦💦中身も幼いようだし😕🙄

この家族にまともな人が一人もいないっぽくて、更に怖い🥶

なんかのカルトとか宗教的な一家なのか、とも思えるような異質さで、最後までよく分からなかった。
もし、この両親が先に亡くなって、息子と娘達だけになってしまったら、外の世界でちゃんと生活を送れないんじゃないかなと思え、その後が可哀想だなぁ。
>|

あなたにおすすめの記事