女王陛下のお気に入りの作品情報・感想・評価・動画配信

女王陛下のお気に入り2018年製作の映画)

The Favourite

上映日:2019年02月15日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

「女王陛下のお気に入り」に投稿された感想・評価

アン女王役のオリヴィア・コールマンがすごいな。

歪んだ構図が面白いです。
blue

blueの感想・評価

2.0
もしかして予習が必要な映画だったのだろうか?
意味不明で観ているのが苦痛だった。
足が不自由な女王陛下に取り入ろうとするエマ・ストーンやレイチェル・ワイズは美しかったし、舞台美術や衣装も素晴らしかったが、ちっとも面白くなかった。
とろろ

とろろの感想・評価

4.1
今作見てから改めてヨルゴスランティモス過去作見るとかなり一般向けになってるんだなあと謎の感動を覚えてしまったり。
エマストーンのまとう衣装も雰囲気も強かさも華やかさも何もかもが絶妙な調和って感じで目が離せなくなる。
懐

懐の感想・評価

3.0
う〜ん 画面構成・役者・衣装・建築の美しさ、下劣さ、ストーリー、あらゆる点において『お嬢さん』の圧勝
もよこ

もよこの感想・評価

3.0
ラストが弱い感じがしてちょっと消化不良。
とにかく女性が人をパンパン殴るのが爽快。枯葉の上でのゴロゴロはとても面白い絵面でした。
うさちゃんがいっぱいいるんだけど、中々焦点が合わなくてやっと映ったと思ったらアビゲイルに踏み潰されそうに!そこで目を覚ますアン女王にとってはやはり本当に我が子なのかも。
ぴーと

ぴーとの感想・評価

3.0
アナグマみたいアナグマみたいって…失礼でしょ!謝ってください…アナグマに。

ホラー映画ではないんだけど背筋が凍るようなひんやりとねっとりとした怖さが残る。
ロウソクのかすかな灯りの中こちらを突き刺すようなアビゲイルの瞳がしばらく目に焼き付いている。

ほぼお城の中で展開されていく舞台演劇のような場面ばかりで戦争やってるなら戦闘シーンがあってもいいんじゃないかなーとはじめ思ったけど途中からは3人の女優の演技合戦がバチバチの火花散らしながら繰り広げられるので戦闘シーンはなくてこれでいいんだ。

唯一知らなかった女優さんのオリビア・コールマン演じるアン女王がすごいわ。女王陛下っていう威厳を感じない嫌な感じのおばちゃんという感じだけど最終的な権力は握っているというラスボス感がねっとりとこびりついて離れない。
あとで知ったがアカデミー賞主演女優賞も納得。
Nami

Namiの感想・評価

3.9
題名的にユーモアあるコメディかな?とか見やすい感じの想像してジャケ借りしたらこんな事に‥
難しいところ置いといて率直な感想。単純に女3人の争いとして見て女王陛下〜何で〜そっちなの〜ラストがあーあ‥てなった。この立場なると疑心暗鬼とか策略とかプライドとかごった返して本当に大切なものが見えなくなるのかな。
女3人の生き様がなんとも煌びやかな世界にいて生々しく泥臭くて力強く感じた。
好みが分かれるのは鑑賞すればよ~くわかるが、個人的にはどタイプな作品。

宮廷の複雑な人間関係や奇妙で現代では考えられないような風習に対する皮肉、感情がむき出しであまりにも滑稽な人々、会話の節々に散りばめられた強烈なブラックジョーク。
観れば一生忘れられないはず。

この作品のレビューを書くにあたって、オリヴィア・コールマンにふれないわけにはいかないだろう。理由もなく機嫌が悪くなったり、悲しみにくれたり感情がコロコロ変わる様を体当たりで表現していた。大袈裟なのに妙にリアルで見ていて恐ろしくなる。

脇を固めるレイチェル・ワイズとエマ・ストーンも人間くさくて味があったし、ニコラス・ホルトは私が最近観た「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」といった彼の演技力を存分に活かす作品を選んでいて1番印象に残った。

恥ずかしながらヨルゴス・ランティモス監督作品初見だったが、意外と好みの作品だったのでロブスターと聖なる鹿殺しもその鑑賞してみようと思う。
英国がダメだった時の王女。

オリヴィア・コールマンが、ダメな女を全力で演じてて素晴らしい。
持病が本当に痛そうだったし。
アカデミー賞で美しく変身してて、女優さんて凄いと思った。

ストーリーがいくつかに分けられて、添えられた一言の演出が好き。

エマ・ストーンってこういう上昇志向な役、似合いますよね。

女優さんが役者揃いなので、痛々しい争いも魅せる。
世界が徹底的に作られてた 何に不満があるとか自分でもわからなくなってるから、八つ当たりみたいになっててしんどそう、理由がわからないから怒りの収まり場所がわからないんだな。
>|