虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜の作品情報・感想・評価

虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:105分

3.5

「虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜」に投稿された感想・評価

夏に見たい映画🎥
見つけて貰える様に頑張って光って良かった!!
だら先

だら先の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

名画座2本立てで鑑賞。

アニメだと結構多い印象がある田舎昭和ノスタルジー物。
作画は独特だけど気合入ってるし、ヒロインは可愛いし、雰囲気もよい。
…のだけどイマイチストーリーがしっくり来ない。爺さんがヒロインの生きる気力を戻す為の仕掛けだったのかしら。偶然というには事件の関係が深過ぎるし、でもそこまでする理由が少なくとも本編中ではわからない。
大掛かりな仕掛けの割には目的がないというか「カラフル」みたいに主人公が問題を抱えてるようにも見えない。爺さんの気まぐれといえばそれまでなのだけれど。
単純に生死の境界の世界で奇跡が起きたと考えるのが一番なのかな
タイトルになっている虹色ほたるは特に主人公が何かしたわけでもないのに助けてくれるっぽいのも不思議。アフターケアしに来てくれたのかしら、ちょっと気が利きすぎじゃない?

あと祭りの走るシーンはちょっとアニメータの自己満足が過ぎると思った。
いいもの観たなぁと思えた。少し切なくほろ苦くて、好きなタイプの作品。観終えた後に自分の子供の頃を思い出したりなんかしちゃって妙に寂しくなってしまった。

内容は好きだけど、走ってるシーンの女の子の表情のブサイクさはどうにかしてほしかった。そこまでアニメにリアル求めてない。キャラクター自体、もうちょっと一般受けするアニメ絵だったらもっと評価されてるに違いない。
す

すの感想・評価

4.1
なかなか良かった。夏を感じる映画。
わたP

わたPの感想・評価

2.5
夏休みに見ればいいんじゃないかな
YMNK

YMNKの感想・評価

-
昭和の夏を堪能できる、夏休み映画の傑作。美しい背景の中を縦横に駆け回る、独特な手書きタッチの絵柄がなんとも言えない良さ。今の子にとっては古さを感じるかもしれないけど、これ子供向けにみえて大人に最も響く映画だと思います。なるべくネタバレを読まずに、興味を持ったらまずは見て欲しいですね〜
原作読んだことあるから、映画も見たが雰囲気もなかなかさいげんされてるのではないかと思う。
やっぱりこういう日常系のものは好き
昔観た記録

なんか良かった気がする
Kamesuke

Kamesukeの感想・評価

3.9
父を亡くした少年がダム湖を訪れ、ある事がきっかけで1977年にタイムスリップして不思議な夏休みを過ごすSF(すこし・ふしぎ)アニメ映画。
タイムスリップ×松任谷正隆×ユーミンと、まさに時をかける少女。
物語はよくある田舎ファンタジーだけど、夏の原風景がめちゃくちゃノスタルジーでもう郷愁に駆られまくる。

全編手書きの作画は独特なだけに賛否分かれそう。しかもところどころ不安定。
とくにユーミンの名曲カバー「水の影」が流れるシーンでの、急にリアルな劇画チック(もしやロトスコープ?)になるところはちょっとやり過ぎ。
屈指の名シーンなのに萎えて逆に笑ってしまった。
ラストも演出過剰だけど個人的には好き。

ヒロインのさえ子が超良い。小学3年生っていう設定忘れそうになるけどあの陰の儚さはたまらん。

あと最近一部で話題になってた「君の名は。」パクリ疑惑、確かにあるシーンの背景構図カット割がそのまんまだったけどなぜ今話題になったのか。

とにかく夏休みに観るにはぴったりの良作アニメだと思います。
nekop

nekopの感想・評価

3.3
懐かしい感じの幻想的な夏の風景とみっちりしたストーリーは文句なし。
元も子もないけど、絵が苦手。
>|