虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜の作品情報・感想・評価・動画配信

「虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜」に投稿された感想・評価

つつし

つつしの感想・評価

3.9
背景美術、光の描写が過剰じゃなく華やかで美しい。
作画の表現方法が色々チャレンジしていて楽しかった。
BGMが端々間が抜けていたのが惜しかったけど見直したくなるジュブナイルものでした。
か

かの感想・評価

3.2
音が良かった。
都会にいると夜も車の音ばかりで息が詰まる。地元に帰りたくなった。とても心地よくてどこか懐かしい素敵な映画
この作品をみると、大人になった人でも夏休みの気分を味わえる。

実際に虫の蛍を見た方はどのぐらいいるのだろうか?
真っ暗闇の中、淡く光る蛍は幻想的な世界を演出する。
この作品はそんな感動を呼び起こす。
蛍を見たことない人にもきっと伝わる。

どこか懐かしく、どこか切なく、淡い緑色に光る小さな物語。
どの場面も伝えたくて、でも秘密にしておきたいそんな作品。

このレビューはネタバレを含みます

昔の懐かしい風景や空気感に胸がギュウウと締め付けられる。
最初はグネグネした登場人物の動き方に慣れないが、5分もすると慣れる。
効果的に使われるクレヨン?の表現がとても好きだった。

秋にはダムに沈んでしまう村、その最後の夏休みの1ヶ月間を村の少年少女と過ごし絆を育む。
もう会えないと分かっているのに、「また遊ぼう」「待ってるからね」と掛けられる言葉にこちらも涙してしまう。
村が無くなり、仲間たちがどんどん離れ離れになる中で、仲間同士の別れと、仲間とゆうた・さえ子との別れの対比に胸が苦しい。

ただ、終盤に近付き、さえ子とゆうたの2人で手を繋いでホタルが見える池に走るシーン、あの実写風で申し訳無いが少し冷めてしまった。
アニメ映像ではだめだったのかな?

それでもこの映画はとても好きだ。村の仲間たちやおばあちゃんとの別れのシーンはボロ泣きした。
もう一度見る予定。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
崖から落ちた少年は気がつくと昭和52年のもうすぐダムに沈む村にいた…。日本の原風景とも言える村での最後の夏祭り。友情と青い恋、幻想的なほたる。とても日本的で美しいファンタジーアニメ。キャラデザインとその動きは特徴的。最初はやや違和感があったが、観ていくうちにこの作品にはこれなんだなと思えるようになった。
いしが

いしがの感想・評価

4.5
アニメはやっぱ作画だなと思った。
素人起用がジブリより上手く効いてた。
オチの投げやり感凄かったけど確かにああするしかないって気持ちもわかる。
KingLeo

KingLeoの感想・評価

2.7
田舎と都会、タイムスリップ、ダム、ホタル。悪い奴のいない優しい世界。
さえ子が言うにはホタルは、『長く生きられないから一生懸命光るの、早く運命の相手を見つけなきゃって、だからあんなにきれいなんだよ』
なるほどな、自分はどうやら長く生きられるってのにあぐらをかいていたみたいだ。必死に生きていないのかもしれない。もっと危機感を持たなくては…
タイムスリップのせいもあり、死の狭間な感じがあまりしなかった。ホタルや夏祭りで、いくらでも演出出来そうだが、そんな話ではないんだろうが、二重の設定が、ずっと頭に引っかかって気になった。
絵があんまり好みやなかったが、みんな目が死んでいるので世界観と合うし不気味さはある
orimarks

orimarksの感想・評価

2.6
豊かな自然に囲まれて、人々が穏やかな暮らしを送っていた小さな田舎町。
今はもうダムの底に沈んでしまった町。

小さな町の平穏な暮らしが唐突に終わりを迎え、時空を越えた少女との出会い、自分だけが覚えているあの子、二人を繋ぐあの場所.... あれ、これってどこかで..... 前前前世から僕は~♪が拭いきれませんでした。

個人的には最後まで作画が好きになれず、音楽もなんだかしっくりこず。
唐突にリアルな子供の描写が出てきたのには面食らってしまいました。(見間違いかと巻き戻して確認したほど...笑)

韓国語題は「반딧불 언덕에세(ほたるの丘で)」。
そん

そんの感想・評価

4.6
ん〜、なんだか凄く暖かく大切でエモーショナルで終始画面に吸い込まれてるかのような感覚だった。

現代、自分たちは当たり前のようにスマホやゲームを使っているけれど ほんの少し時代を遡ればそこでは光さえも尊いもので、現代とは別の美しさで溢れてるんだと感じた。

「小学生の夏休み」、「限界集落」、「タイムスリップ」、「童話」といったキーワードにそそられる人には胸を張ってオススメできる。

幼い頃の自分の目が捉えたキラキラした記憶を呼び戻してるくれたような、そんな作品。
悪くはないけど子供時代のところがややたるくて、台詞も王道ばっかでのれなかったんだけど、最後のアニメだからこそみせられるシーンでグッときてぽろっと泣いてしまったからこの映画は成功。
>|