はるヲうるひとの作品情報・感想・評価・動画配信

「はるヲうるひと」に投稿された感想・評価

nekop

nekopの感想・評価

3.4
「ここには愛置いてないです」に笑った。そりゃ置いてないわなw
重くて苦しくて想定外で、でもちょこちょこ笑いが。見応えのある映画やった。佐藤二郎がトラウマ級の怖さ。
なんでこんなに生きづらいんだろう。自分よりもっと辛い思いをしてる人がいるんだって励ましより、自分よりもっと幸せにキラキラと生きてる人がいるって希望に目を向けたい。なのになんで世の中は辛さや苦痛ばかりを押し付けてくるのか分からない。淡い期待も押し潰される苦しい社会。
ドキドキしましたね。
なんとゆうか佐藤二朗この人が本気出したらこれぐらいは出来ますよ、とゆう。
こうゆう物語も作れればこうゆう役も演じられるし、こんな人たちを集めて、こうゆう作品を完成させられる。それを、ただ僕は観た。
これが役者というものなんだな。
ただ、バイオレンスな役を佐藤二朗が演じているが、彼が出ていない部分の優しくて切ないシーンや、クスッと笑えるシーンも結局は佐藤二朗が撮っているんじゃないかと思うと、入り込めない部分があった。究極のマッチポンプとゆうかね(笑)
裏の顔の彼が怪演すればするほど、普段の彼の表の顔が強調されるとゆうか。この作品で唯一欠点を探すとしたら佐藤二朗の役を演じれる人が佐藤二朗以外には居なかったことですかね。
役者方の熱量がすごくよかった!
何かを抱えて生きている人たちの泥臭く、もがいて生きている姿は胸打たれた。
かなり生々しくて好みは分かれそうな作品だなー。
個人的には嫌いじゃない
ひろ

ひろの感想・評価

3.4
売春宿のひとたちの話。

設定とビジュアルが気になってたので鑑賞。

予想はしてたけど何か微妙でした。
いくつかセリフが聞き取りにくい。方言を差し置いても。
配役が合ってないような。
最後のクライマックスシーンでこれは舞台劇だなと思った。
MoeMatsui

MoeMatsuiの感想・評価

4.0
なんて言ったらいいか分からない
演技がすごいのは言うまでもない
閉鎖感がすごい
あるんだろうなこういう所
てつおはどうやって結婚したんだろう
2021年 272本目
劇場公開時から気になっていた作品
おふざけなしの佐藤二郎でした

売春婦の置き屋が舞台なんだけど
佐藤二郎があまりにも極悪非道で
胸糞でした💥そうなるにはそれなりの
理由はあったのだけど、個人的には
うーん🤔という感じです。

本土から離れた小さな離島
観光客が女性を買いに来る置き屋
そこで身体を売りながら生活するしか
生きる術のない彼女たち
そして彼女たちの世話をする得太
彼もまた心の奥に闇を抱え生活している

得太を演じる山田孝之は
こういう役がとても合う
そしてサラッと向井理登場👨🏼‍💼
どうしようもない閉塞感とやるせなさは
ひしひしと伝わってきました。
結局のところ愛とはなんぞやというのが
この作品が伝えたかったメッセージ
なのでしょうか…🤔
ちょい汚れ役の山田孝之を観に来たけど、すこぶる自分との相性が悪い…
なんか胸糞悪いし…

なんかこう、もっと違うものを見たかった気がする😢

A4サイズの厚さ1cmくらいあるパンフレットが売られていたけど、そんなに何が書かれているのかは気になるところ

2021-171-129
mrstk

mrstkの感想・評価

3.3
胸糞悪くて切なかった。
俳優さんの演技が本当にリアルで心を雑巾みたく絞られたような感覚になった。

デュワデュワ言わない佐藤次郎。。

鬱々した雰囲気のなか、愛を語るミャンマー人がいい箸休めだった。もはやただの箸休めではなかったのだけど。
やっと上映されましたね。
母親同士がレズビアンだったなんて、ちょっと想像してなかった展開でした。
あんな島が、今の日本にもあるんでしょうか?
二朗さんの闇の部分を覗き見した感じでした。
それにしても、山田孝之は、どんな役でもハマりますね。
>|

あなたにおすすめの記事