嘆きのピエタの作品情報・感想・評価・動画配信

「嘆きのピエタ」に投稿された感想・評価

愛ってすごい❣️
救いが無い復讐物語
あと母ちゃん綺麗過ぎ

キム・ギドクと言えば、母親に性器を切り取られた息子が(ムスコなだけに🤪)、「ある事」をして快感を得る事に成功する狂気映画、メビウスもオススメ

行き場のない性欲って怖いよね〜🤷
ほぼメビウスのレビューになってしまった
まこと

まことの感想・評価

3.8
この静かだけど不気味な雰囲気とても良かった。

主人公の感情とかが少しづつ変化していく描写で、
そんな展開になるとは思わなかったからかなり衝撃受けた。

こういうなんとも言えない感情になるのが真の胸糞映画だな〜っと。
ぎん

ぎんの感想・評価

2.8
ずーっと重い。
くそみたいな取立ての仕事して、最悪な復讐をされる。
視覚的なバイオレンスはない。

頭悪くて理解不能シーンあったわ。
正直面白くない。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『嘆きのピエタ』初キム・ギドク。不快感が凄い。心理的にも肉体的にもきりきりと痛むような描写が続く。話自体は古典的だが特に終盤の展開が壮絶。ただ寓話とはいえ登場人物の行動が理解しくい所も目につく。それと説明台詞が残念。絶望を抱えて生きる息子と母の顔と共に強烈な印象が残った。

2014年1月鑑賞

このレビューはネタバレを含みます

はぁ…
病みそう😂

主人公のガンドは赤ん坊の頃に
母親に捨てられて
30年、天涯孤独で生きてきた

決して誉められるような
職業ではないが
その生い立ち故
成り立つのかも…

そんなガンドの前に
母親と名乗る人が現れる

母ちゃん…

途中で落ちはだいたい分かったけど
2人で出掛けた姿は
どう見ても恋人同士だったよ?🤭

嫌悪感を露にするのも分かるけど
最後に母ちゃんがガンドを思って言った言葉も
よく分かる

だけど何でラストはあの人に託したんだろう?🙃

他力本願じゃなくて
自分で逝けや‼️💢
ってちょっと思ってしまった🤗
M

Mの感想・評価

3.5
見終わったあと、お腹の中に大きい石を入れられた様な、本当に重たい気持ちになった

なんて残酷なストーリー、、
でも、どういうラストになるのか想像がつかず、最後まで目が離せなかった
意外とわかりやすい脚本のエンタメ性で押し切る作品で「これで金獅子受賞か~、監督には良い作品、もっとあるのに」と思ってしまった。

相変わらず強引で、脆いところは多々見受けられる。
しかし特に前半に関しては「編集の力でボロを隠す術」を充分に習得済みなのが伝わってきた。
社会の暗部を、暴力や性描写も辞さずに描こうとする挑戦的な姿勢は、本作でも健在。
個人的に「母親役の女優は、クライマックスで別の母親に突き落とされた方が、清濁併せ呑む母性の凄みがより強く伝わったのに」とは思った。
yellowbaku

yellowbakuの感想・評価

2.0
後味悪っ......。
絶賛する映画じゃありませんね。
何とか金玉賞、らしいが考えて見れば、こう言った賞って必要なの?まぁ興味を引く分、どんな映画どろう?と収益があるでしのうけど....
賞を取る為の映画か?観客に喜んでもらうのが本来の目的ではないでしょうか?
何に訴えてるかわかりませんが、エンターテーメントじゃないの?少しはプロレス見習って観客の皆さんに喜んでもらうように作れよ。
元々YouTubeの動画てお勧めしてたので見たのですが私は勧めません。でも復讐のやり方など邦画より100倍面白いです。でもこの復讐は同意できません。


最新映画紹介ブログ↓
https://www.yellowbaku.shop/
見始めた時から、こんな感じかな?と思ったら本当にそのまま話が進んでったから驚きも悲しみもなく…普通。人々に恨まれる生き方はしちゃいけないね、そして母親はいかなる時も偉大だという話。
韓国映画の伝家の宝刀である「復讐」をテーマにした作品。しかしながら、痛みや胸糞悪さが後を引くだけの他の同系統の作品とは一線を画している感があった。

肉体的な死・精神的な死
愛を知る喜び・愛を失う恐怖

精神的な殺人がこの世で一番残酷なのかもしれない。。
>|