南瓜とマヨネーズのネタバレレビュー・内容・結末

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

うまくいかなくてそれでも生活は続く…系の話といったらそれまでだけれど、登場人物、こんな人いるな〜とか撮り方や俳優の演技がすこぶるよくて、リアルさに嫌味がなくてそれぞれの心情が痛いほど理解できる、、

たまたま観ていた劇場に監督が遊びに来ていて「最後の歌はすべての登場人物にとっての救いのうた」と仰っていたことがすごく納得だった(臼田あさみさんも本番で初めてあの歌を聴いて、素の演技だったらしい!)やくしまるえつこさんがつくったうた、せいいちが歌ったうた、ほんとうに温かくてかわいくて尊かった。

じゃあね、の一言でもう二度と会えなくなってしまう繋がりなんてそれが大切な人でさえ人生にはふつうにあって、その一瞬を、その尊い瞬間をきちんと意識していながらもさわやかな切り取り方をされていたのが良かった。
魚喃キリコの原作から感じる、とてつもない切なさは感じられなかったが、SNSの繋がりとは違う相手を想う気持ちの繋がりがどんなに儚く切ないものかを、いまの子に感じることができる映画だった。最後、後腐れの無い終わり方が逆に心に響きました。
2つの恋に揺れるツチダという女性。恋人の夢を応援する、ごく普通の女性であるけれど、生活を支える為に、間違った頑張り方をして、結局、自分のことも苦しめてしまっている。こうゆう女性はたくさんいるんだろうなぁと感じました。
「セイちゃんがふってくれたら楽なのにな〜」とゆうツチダの台詞に考えさせられました。実際、楽なことなんてないのに…
ツチダのハギオへの決断は見ていてスッキリ!
最後に見せるセイちゃんの優しい笑顔と歌声が忘れられません。
ギターをあれだけ練習してたのに、演奏してくれなかったのは残念。
やくしまるえつこさんのヒゲちゃんの歌詞で「迷子の誰かさん」というところが劇中の人達に重なるものがあるなと感じました。
太賀さんの恋愛系の映画はなかなか珍しいのでもっと好きになりました!
個人的な感想やけど、少し期待値を上げすぎていたなぁ、と反省。やっぱり漫画を映画することには少しずつ無理が生じるみたいだった。27歳にしては、なんか若くて。
でも、ツチダみたいな、せいいちみたいな、ハギオみたいな、なんかリアルな感じもした。


原作未読
前情報無しで鑑賞。
せいちゃんの歌を聴く前の泣きかけているツチダの表情がなんとも言えない。
すき、って色々あるよな
ハギオとせいちゃんに対するすきは全然違うし
でも恋愛だし
せいちゃんとツチダは出逢って良かった
エンドロールも凄く良かった
もっと観ていたい
これは、愛はどこにあったんだろう…?とりあえず恋と執着、そして愛と見紛っている何かの物語だった気がする。でも、太賀がすごくよかった。
最後の最後に一回だけ歌うという演出がよく効いてる。臼田あさ美スタイル良すぎ。

冒頭の

最初のシャワーを浴びる足元とシャワーのお湯が床に落ちる音、絨毯を掃除する業務用の機械の作業音、ゴミ袋を結ぶ時に出るカサカサ音、その辺に散らばっている音だけど、こうして改めて聴くと尊いな。
物語が始まっていくうちにだんだんこの冒頭のシーンと繋がっていくかんじも好きだった。
みんなどうしようもなく孤独と共に生きてるんだなぁ、みんな同じなんだなぁという共感はとてもあったけど"それだけ"だった感。漫画は未読。

私は誰に感情移入も出来ず、かといって客観的に見るにも「みんなそれでも生きていくんだな」くらいしか見出せず、終わってしまった。

私自身、ああいうだめさに憧れていたけど、それを事実として見せられてしまうと夢物語のような臭さを感じてしまって、すこし引いてしまった。私の中の何かが変わってしまったのか……。わからないけれど……。

安っぽい言葉だと承知で言うと、こういう映画よくある。それを、今、このキャストでやる意味が見出だせなかった。

清水くるみちゃんの芝居がよかった。それと、最後の歌はとてもよかったなぁー。でも、それだけでもよかった。かも。です。
下高井戸シネマ、上映最終日に鑑賞。なんとか間に合って良かった…。

原作は何度も読み返すくらい好きな作品だけに、映画を観るのはすごく躊躇った。でも結果的には、観て良かった。特にラストのせいちゃんの歌は泣いた…。

くだらないプライドや依存し合う関係、本気じゃない「好き」、登場人物はみんなフラフラでダメな人なんだけど、愛おしい。

ただ、臼田あさみさんの語りは最後だけで充分だなぁ。役者陣の演技が本当に素晴らしいので、表情やふとした仕草だけで十分伝わる。とはいえ、映像も音楽も素晴らしかったので、観て本当に良かった。
>|