南瓜とマヨネーズのネタバレレビュー・内容・結末

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「南瓜とマヨネーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

いい映画だとは思う。感情がきちんと伝わってくる。ああそういう気持ちにもなるよね、わたしでもそう感じると思うな、そんな感じの共感を呼ぶ映画。

こういう女の子いるよね、バンドマンにめちゃくちゃ好かれる奉仕しちゃう系。そして自己防衛のために他人からの好意を盾にして、自分が一体何をしてるのかわからなくなってしまう。

曖昧な関係はいずれ崩れるけれど、その曖昧性の中にしか見えない尊さや儚さ、そして自分との葛藤がある。たくさん恋愛しよう〜

そういえば、タイトルについてだけれど、観終わった後に『あ、なるほどねぇ』となった。わたしは南瓜の方が好きだったかな。マヨネーズは毎日食べるには重すぎる。
恋愛下手な女の子が主人公な映画だいすきなんだー。ツチダは、ただかわいそうに思えるけど普通にヤバ人だから同情とか一切無いし。サイアンドコー。あやかー、いっしょに見れば良かったーーー!!!太賀くんもオダギリさんもかっこよすぎじゃん、女友達と見てたらその後ふたりの格好良さ故の罪深さについて夜通し議論できる気がする。ってことで見てね @ayaka0203 。

久しぶりに会った人に驚きすぎてドキドキするのに、頭と言葉は冷静だった。ってこの感じめちゃくちゃ分かるクウウウ(๑˃̵ᴗ˂̵)ってなる笑笑。バーテンのバイトの面接いくとこ、爆笑したのと、若葉くんかっこいい。

終わり方、とっても好きだ!!!!
https://www.youtube.com/watch?v=rskjUSr0AgA
男女のあれこれを俯瞰して見ると
どこがズレてるとか分かるのに
当事者になると気づかない感じね!

彼氏の夢を応援するために
お金を作ったのにね…
それで振られるとかそりゃ泣くわな

彼氏側はそうまでしないと生活できない
自分の立場に憤りを感じたのか?
別れを切り出したのは
彼女が尽くしすぎて重たいからというのも
ありそうだけど

どういう経緯で好きになるか、
そんなやり取りは見えなかったけど
彼女は寂しさを埋められるなら
誰でもよさげな雰囲気もありましたね
オダジョーみたいな明らかクズに
ずっと一緒にいてくれるか
聞くぐらいだし…

曲が完成したのは別れたあと
これは皮肉すぎる😂

南瓜にマヨネーズって
相性どうなんだろうね〜
だいぶ昔に漫画で読んで感情がうあーってなった記憶はあったけど、映画みたらこんなだっけ?ってなった
自分は経験したことない恋愛だけど
こういうのあるよねーって思う話
日常の風景とか一人一人の感情がリアル
付き合い始めの回想と終わってる今との比較シーンは切ないね
オダジョーかっこよすぎ、クソ屑だけど。だけど似合っちゃうんだよ…。
大賀の歌声めっちゃ良くてびっくりした
ザ・邦画の恋愛物!って感じ。昔の私だったら好きだっただろうな笑
ってめっちゃ語ってるやん自分
原作昔読んでめちゃくちゃ好きだったし!と思って観たらあまり覚えてなかった。好きだったのは最後のやり取りだけで、それはつまり、せいちゃんが良かったのだが最後のせいちゃんが最高に良かった。
ツチダという女が最低に、ハギオがけっこうイイヤツに思えた映像化だった…。
そういう転化があるのは原作があれだけ強くて、珍しいことなので加点してみる。
「愛がなんだ」がすごく好きで、似たような雰囲気の映画かな~と思って観ました。
確かに雰囲気は似てるっちゃ似てるけど、内容が全然違った。
全体的にとにかく薄っぺらく感じた。話の主眼がどこに置かれてるのか分からなかった。キャバクラのシーンあれだけ?愛人もやめたからそれでいいじゃんで終わり?
主人公はただただ自分が可愛くて仕方ないんでしょうね。自分に酔ってるのかも。何ならせいちゃんにふられて泣く意味すら分からない。一時間以上、発展性のない関係性を見せられて、最後の数秒でラブラブだった頃の思い出を見せられてその頃のパーカーを着ても、興醒めでしかない。
登場人物も、愛着がわくキャラが誰一人としていなかった。誰にも感情移入できないのもこの映画をつまらなくさせてる一因。
あとは作り話とはいえハギオの子ども妊娠したけどおろしてあげたよ、え?そんなにやったっけ?みたいなシーンは引いてしまった‥。そんな男に再会して嬉しいのか。
共感という感情が映画内で一切湧かないスーパーミラクルムービー。
浮気するのがだめ😡❌みたいな人じゃないのに、女の子に少しも共感できない。でも二兎を追う者は一兎をも得ずみたいなラストは良かった。長年付き合って支えた男のプライドとかいうくだらないものに縋って生きてる彼氏か、昔恋に恋して世界中の誰よりかっこいいあなたがすきって追いかけた人か、ふたり共得ようとしたらそりゃふたり共いなくなるよねって。最後はバンドマンの彼のこと良いなって思ったけどよく考えたらお金も入れないくせに「身体でとってきた金喜んで使うと思うのかよ」って訳分からなすぎんだろ何言ってんだ。あと下半身に脳ついてる男はゴミ。女もゴミ。
かなりリアルな描写~~~って感じ
別れ際に縋るのは自分の方だし、相手が夢叶えたり成長する姿をいちばんのぞんでるのは自分の方なのに、いつの間にか勝手に支えてる気になって態度もデカくなって、結局身体なんか売っちゃう可哀想な自分が1番好きなのが真実で、やるせないけどみんなこんなもんだよな
好きばっか押し付けてきて全然面白くなかったってめっちゃキツ。仰る通りすぎ
ハギオにさよならするツチダが最高にかっこいいけどあれは絶対に最後じゃないよな~~~~~
ツチダ、スタイル良いし綺麗。。
縺れ合うそれぞれの想いに涙が出た。
せいちゃん、歌聴かせに来るのはずるくないか。

タイトルの意味はなんでしょうか
売れないミュージシャンの為にキャバクラで働くツチダ。いいお金になるよと流されて愛人になってしまうツチダ。バレるツチダ。元カレに再会してバチクソに浮気するツチダ…ツチダ…ダメダメだけど臼田あさみちゃんの雰囲気のおかげか何か憎めなくて…頑張れよ…って気持ちになった。ハギオにさらっと中絶報告するシーンのやり取りにはドン引きだったけどな!!! https://t.co/6OcbMxZI9s
>|