南瓜とマヨネーズのネタバレレビュー・内容・結末

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後のシーンのふたりの雰囲気に泣いてしまった。
ふたりというか、一人と一人。
太賀良い〜最後の楽器のチョイスも良い〜 あれがアコギだったら余韻が味わえなかったと思う
やさしい優しい歌ありがとうございました。

ゆとりですがの嫌味なキャラの印象からのこれ笑
ツチダ役の臼田あさ美ちゃんがすごく自然体で良かった。
なんかモヤモヤする内容だけど、最後は少しだけ救われた。
ツチダはせいちゃんの作った曲が聴きたかっただけなんだ。
最後のせいちゃんの作った曲を聴きながらボロボロ泣くツチダ見てたら、こっちまで泣けてきた。
せいちゃん役の太賀もすごく良かったです!
好きな出演者は特にいないけど、キャスティングのバランスが良かった。原作は『ストロベリーショートケイクス』と同じ人。

『南瓜とマヨネーズ』

タイトルの意味がわからない。大事なシーンで一瞬でもカボチャとマヨネーズを写したカットがあれば納得していたかも。いかにも邦画らしいタイトル。フォロワーさんが書いてた「好きそうで好きではない」に共感。いい感じそうだから観たけど、思ったよりも、という感想。久しぶりにミニシアター系の邦画を観たあとの気持ちになった。

こうなりたいと思える登場人物が1人もいなかった。みんな悩みを抱えたままあまり前に進めていない。停滞感や閉塞感。全体的にそういうネガティブな雰囲気。一緒にいることが当たり前なカップル、男を養う一方で援交や浮気をするツチダ。以前は、こういうダメな人はあなただけじゃないよというメッセージ性が込められたジャンルは好きだっただけに、あまり好きになれなくて残念だった。好みが変わってしまってる。

家で何もしていないのに未来に葛藤する太賀の役柄に少し共感した。最後の歌は意外とうまくて驚いた。それを聴いて泣いてた臼田あさ美もいいし、あのシーンが1番良かった。別れたあとの2人の距離感が最適だと思う。
ちゃんとしてないのがよくて
わたしがいないとだめで
ちゃんとした人より、ああいう人のほうが魅力的に見えちゃって
だめな男って分かってるのに
ハギオとかせいちゃんみたいな人にひかれちゃう女の子っているよね

お前のために書いた歌じゃないから、ってちょっとさみしいんだろうなあ
でも聞かせてくれてうれしいんだよね
一緒にいた時には作れなかった

振ってほしかったのに、振られたら振られたでさみしい
でもふられて分かるいろいろ
ツチヤ、ちょっと報われそう
わたしには報われる、に見える。本人は報われるも何もあれでいいんだろうけど

エンドロール上から4番目まで大好きな役者さんだった、そりゃ楽しいわ
浅香はいい感じになってきた〜
若葉竜也どんどん出てきてとても嬉しい

音楽監修やくしまるえつこだった◎
2018.07.21

思っていたよりもグッときた。というか不覚にもグッときてしまった。

誰しも持ってる心の弱さを、じっくり丁寧に、これでもかと押し付けてくる。自らの悩みに向き合い続ける皆の行動は全部同情できる。

全然知らない人達の話なのに身近に感じずにはいられないのは、どの描写も抜け目無いからなのだろう。どこのシーンを取ってもリアル。原作知らないけど、あの家のセットはやべえだろ。俺の家でありお前の家としか言いようがない。

太賀の放った「どうしてこうなっちまったんだろうな」という一言は、本当に破壊力があって辛かった。自分もいつでも思う。「どうしてこうなっちまったんだろう」!

ラストでの太賀の独唱による、物語の回収も見事。
共依存関係を解消したからこそ描けた音楽と、その辿り着いた境地が、こういう面倒な人たちへの素晴らしい贈り物と思う。複雑な意味のある臼田あさみの涙も絶妙です。
観ながらアア〜〜〜これはダメだ〜〜〜ってなってた(良い意味)生々しさとかは少ないのにそれぞれのシーンが現実的だったな

オダジョーがダメ男を演じたら最強ということがわかった。ラストの大賀の歌も良かった……
一緒にいるのが当たり前になっても、ずっと好きでいてくれる?
求めてるもの、求められること、
だめにみえてもやめられないこと、
繊細でやさしい邦画の良さを久しぶりに感じた…

だめになるとわかってても、捨てられなくて自分のやり方で大事にして、でも最後にはいなくなってしまったこと、
また会えたときの気持ち、
そんなこと知ってる人はみんな泣いてしまうよねぇ

南瓜とマヨネーズ

たまに邦画と思ったけど
こういう女好きじゃない、、
あとダメンズってこうやってできてくのか〜って思った(笑)

過去の男と今の彼氏に揺れ動く彼女、
結局自分の好きが最優先で
「あなたの音楽のため」って
すごく無責任。なんか痛々しい。
もっと共感できる映画かなと思ったけどそうでもなかった〜

オダギリジョーの鋭くてクズな感じが良い👏
魚喃キリコ(なななん キリコ)漫画原作の実写化作品

共依存恋愛
好きな人と忘れられない人の間

光石研さんの演技の振り幅には毎回驚かされる
ツチダ(臼田あさ美)には共感できないし、ハギオ(オダギリジョー)はズルい

タイトルの意味は分からず終いだけど、なんとも言えない関係性と距離間を表してるのかな

せいいち(太賀)の歌と終わり方、良かった

共感は出来ないけど、わかる気はする
>|