南瓜とマヨネーズのネタバレレビュー・内容・結末

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

せいちゃんクズだけど優しいひと
はぎおクズだけどずるい男
ツチダはどうしようもない女。。。

臼田あさ美かわいすぎた。

せいちゃんは曲もろくに作れないバンドマンでニートでクズすぎだろっておもったけど、ふたりはずっと付き合ってて欲しかったなぁ。

はぎお適当すぎるしチャラチャラしすぎだしお金も持ってないっぽいしクズだけどかっこいいし大人な余裕ある雰囲気だしなんかエロいし、ずるい男だ〜!
好きになるのも分かるような。。。

せいちゃんが曲作ってきてツチダがボロボロ泣きながら聴くシーンで私もボロボロ泣いた。

せつねーーーー
特に大きな波があるわけでもなく、だからといって、流れる小川のような緩やかな雰囲気でもなく、こういう歩いてる道がわからなくなってしまうところがとてもリアルで、なんか全然私と違うのに共感してた。

せいちゃんの歌の所好き。
最初とか最とかの演出も好き。
臼田あさ美さんが超絶美人だった。

他女性登場人物と比べて圧倒的超絶美人が、中途半端に小綺麗で小汚い生活の場で、まるで一般人のように生活している様子がシュールである。本来は原作ファン女性向け映画ということで小綺麗にまとめておくべきだったが、貧乏な底辺生活という設定に引っ張られて中途半端に小綺麗で小汚い生活の場になってしまったのだろう。

街で今まであんな美人さんに出会ったことないし、もし街で見かけたら、どこのモデルさんやねん!とツッコミせずにはいられない。

アパートにいる超絶美人の姿もシュールだし、居酒屋にいる超絶美人の姿もシュールだし、ライブハウスで働く超絶美人の姿もシュールだった。居酒屋であんな超絶美人がイケメンとチューしていたら、周りの客みんな大注目だろう。

そもそも超絶美人を目の前にした登場人物の対応は全員おかしい。
常識的に考えれば、あの光石のおっさんも、超絶美人ツチダの前ではあのような態度ではなく、もっとウハウハな態度になっていないとおかしい。
あの客寄せグラビアアイドルのボーカルはかわいそうである。男性を魅了する役回りのはずなのに、100倍美人なツチダの前ではただのかませ犬にしかならない。

男性監督が原作ファンの女性向け映画ということでがんばってみた結果、超絶美人ツチダが誕生し、こんなおかしなことになってしまったのだろう。
しかも、所々に意味ありげでさほど意味のない小賢しい映像表現がなされているのが余計におかしなことになっている。ツチダが蚊をしとめたシーンは、蚊でかすぎだし血出過ぎなのが特に面白かった。

全体的に生々しさが排除されているのがこの映画の特徴かな。泣くシーンとかは一応あるけど、登場人物に全くくたびれてる感が無い。光石おじさんは変態なはずなのに、体操着や水着を着せておしりぱんぱんするだけの陽気なおじさんで変態感が無い。

チグハグな違和感ありまくりのファンタジー世界で、ファンタジーなストーリーだからこそ、ツチダの特に際立つ美しさを堪能できるので、男性もこの作品を楽しめるのではないだろうか。所々省略されているので、先に原作を読んでから映画を楽しむのがおすすめ。
太賀ズルいなあ〜お風呂場越しで泣きそうな声でいつからこんななっちゃたんだろうねなんて言うなよ。ツチダは、終始重くて痛くて共感なんてできないけれども、最後セイちゃんの歌を聴きながら涙を流すところにジーンときた。最終的にはセイちゃんともハギオとも別れてくれてよかった!セイちゃんに幸あれ!
色々考えたら、かなこちゃんの台詞そのものだと思うのだけど
せいちゃんが出てってからの、ツチダの回想がもう堪らないの
せいちゃんなんだな、ってツチダも、私もみんなも思った
でも、そこでせいちゃん!ってならなかったところが、ツチダが成長した部分だよね
大賀がとても良かったです
臼田あさ美の身体もよかったです
修平くんのレビュー見て、騙されて観に行った。泣いた。マジか。泣いてしまった。あんなさ、もう、泣いちゃうよ。分かるよ、すげえ分かる。あの涙はね、泣きながら自分でも笑っちゃうような涙はね、出るんですよ!!!

水泳部って言った後の光石研の表情がなかったから0.2マイナス。それがあればパーフェクト。オダギリジョーにアンチスレは立たないな。全人類恋するわあんなもん。
臼田あさ美とスクール水着、という映画を観ていると序盤は勘違いしそうになったが、実際は南瓜とマヨネーズ。原作は見ていない程度のミーハー感と人間臭い映画見たい欲で鑑賞。
ツチダに関しては、女性って長く続かないと分かっている男でも(相手からは都合の良い女ぐらいにしか思われてなくても)好きになると付いて行ってしまう傾向あるよなと言うのを再認識。好き好き迫って来る男よりも何にも興味無さそう男(でも実際やることやっている)ハギオみたいのが良いんだよな。分かっているけどできない。真面目な青年や金持ちのおじさんじゃ叶わない。
せいいちはヒモのように生活していたが、女遊びに明け暮れる訳ではなく、作中では(元バンド仲間含めて)真っ当に成長していたのが好印象。作品が暗くなりすぎなかった要因の1つかも。
ただ、元バンド仲間の音楽をバカにする割には(以前観たparksでも四つ打ちのエレクトロポップというのか、売れる為の音楽として用いれられてたね)ラストの曲は未熟な印象。まぁ、売れないバンドマンの戯言なんてそんなものか。てか、相対性理論こそそういう影響の1つだと思うんだけど、やくしまるえつこが作曲に入ってたのは敢えてなんやろね。
なんて、バンドマンのこと考えてたら作品は終わり。周囲からはすすり泣きが聞こえたが、自分はしらふ。「自分の感情死んでるんやろか、、」と思いつつ、良いと言えるか悪いと言えるか、ここまで書いて気付いたけど鑑賞直後でまだどういう作品だったか整理ついてないな〜。
温度感がとても良かった。原作と内容も終わり方も若干違うけどそれがまた原作をリスペクトしつつ映画として作られている感じがして良かった。同じ台詞も多々あるけれど
ツチダもせいちゃんもハギオもみんな漫画の中の登場人物そのもので、とくに臼田あさ美のツチダのハマり具合はやばかった、、、
せいちゃんとの楽しかった過去を思い出しながら笑って、洗濯物の匂いを嗅ぎながら泣いていたシーンでわたしも泣いてしまった
ハギオと遊んで帰って来た後せいちゃんがろくなご飯を食べていなくてごめんねと心の中で謝るシーン、セリフにこそなかったけれどちゃんと描写されていたきがする
とりあえず、ハギオみたいな男はクソだからわたしはせいちゃん派だなと思いました笑
武蔵野館にて
出てる人全員良かったけどとにかく臼田あさ美。見た目はもちろんだけどまずあの声が好き。
つちだが呼ぶせいちゃんもハギオもいちいち可愛くて幸せだった。
コンバースからハイヒールに履き替えるところとか青のダッフルコートも良かったし、最後歌うシーンのつちだのあの涙がもう…ダメダメだったのにいつのまにか大人になってるせいちゃんも切なかった
レイジくんの感想気になるなあ
出ていく、と告げるタイミングがあの時だったのは部屋にハギオがいたからなのか、なんでもないのか。押入れを開けたせいちゃんの目線がとても気になった。

せいちゃんが最後に歌ったとき
何故か私はポロポロ泣いてしまった。
よくある 俺のつくった歌を聴いてくれシーンでは100パーセント泣かない私が。

やさしくて
かわいくて
尊くて
わたしは泣いた

と ツチダが言っていたから
きっとそうなのだろう


出会った日のふたりはおそろいのTシャツを着ていて
あんな風におどけられたら
かわいくてかわいくて
絶対好きになっちゃうもんね