南瓜とマヨネーズのネタバレレビュー・内容・結末

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.5

あらすじ

「南瓜とマヨネーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

これまたなかなかリアル。
どの登場人物の性格も無理だけど
最後の太賀くんの歌が凄くよかった、、。
適当に邦画、恋愛で選んだけど、汚くて痛々しくてすごくよかった。

始まり方とか映像がかなり好み。
初めて見る俳優女優ばっかだったからかもだけど、演技も良くてすごく入り込めた。

セイちゃんダメ男だけど、バンドマンあるあるのモラハラDVみたいなのがなくてよい!
対照的にハギオがガチのクズでめっちゃよかったな…女は結局ああいうのに弱い…

最初のミホとセイちゃんのすれ違いしんどかったから、最後の距離感めっちゃよかったし、バンド仲間ともいい感じでラストが素敵…
ちょっと前の邦画を見てみよう週間☝️

かなり好きな作品だった、
こういう苦い、ありそう、苦しい、みたいな映画が好きなのかもしれないって今更気づいた(笑)

ツチダの、音楽やってるセイちゃんが好き!何より歌作って歌って聴かせて!そんなセイちゃんと一緒にいたい!支えるためならなんだってする!お金のため、セイちゃんのためって気持ちが空回りして浮気してしまう気持ちと

セイちゃんの、このまま音楽やってていいのか?音楽で飯は食えなくね?夢なんて見てられなくね?って思いながら前に進んだり後ろ下がったりする生活


このとき、2人の間に恋愛って存在してたの?
ずっと一緒にいすぎて、生活の一部になって、それがマンネリなのか、倦怠期なのか、

ツチダの「セイちゃんが振ってくれたらいいのに」の一言が真理すぎ
実際に「家出ていく」って言われたら悲しすぎて、心にぽっかり穴が空くくせに
出会った時のこと思い出したりなんかしちゃって

でも別れるって言えたセイちゃんが偉い、
ちゃんと受け入れたツチダも偉い、

出会った時が1番楽しいってことは、万人共通の事実でしかないよね、



立場とか状況とかは、みんなに当てはまるものじゃないのに

花束みたいな恋をした的な、
みんなに共通の心の気持ちとか
恋愛の流れが描写されててとても好きだった

(オダギリジョーは、倦怠期中の彼女の前に登場するかっこよすぎてずるい男が似合うね)
小田切譲の演技が自然過ぎて驚いた。
日常を切り取った映画って結構あるけど、もう少し起伏が欲しかった。
原作買ったまま放置してたので、これを機に読みます。
臼田あさ美演技めちゃくちゃうまい
男女の恋愛なんていずれ終わるものだけど、途中のぐっちゃぐちゃ鑑みれば、綺麗に追われて羨ましいなって思った
ウォッチリスト入れてて、いざ見ようと思ったらアマプラ載るのは今日まで!ということでギリ滑り込みでした
meant to be〜
臼田あさ美めっちゃハマったときあったこと思い出した、希子ちゃんとか、黒田えいみとか、その系統の顔好き、、そしてめっちゃ上手くて尽くしちゃう系女子/オダギリジョー系男子にどうしても惹かれてしまう系女子(適当)演じきってて凄かった
最近見る恋愛映画ぜんぶ別れたあと再会する系(笑)、でもそこからの持っていきかたよね、好きでした、これは
ダメンズとか、なりふり構わず好きな人のために尽くす女子とかがたくさん出てくる映画見ると真面目に生きるのバカらしくなって楽な気持ちになるからよい
観ながらずっと「ヤバい」って言ってた…ツチダの異常なまでに自己犠牲払うところ、ハギオに簡単に流されるところ、せいちゃんのヒモっぷり、変態おじさんな光石研さん(私光石研さん大好き)、ハギオの危ない男っぷり(私オダジョー大好き)…すべてヤバかった…しんど…こんな世界、実際にもあるんだよねきっと(震え)
回想シーンは胸が苦しかった。なんでこうなっちゃったんだろうなほんと…。あと、せいちゃんの歌をやっと聴けて号泣するシーンも。臼田あさ美さんの演技好きだったなー。
大きなため息をつきまくっちゃう映画でした。
ツチダは同棲中の彼氏セイイチがミュージシャンになる夢を叶えるためキャバクラで働く。
これラブストーリーなのかな、時代も変わった。
ツチダ臼田あさ美の演技が意外と深い、彼氏の夢を応援する女性の姿は彼女なりの考え方あってのもの、間違ってはいないが。
ダメ青年役ランキングならダントツ1位のセイイチ仲野太賀、もちろんダメなんだけど頑張りを見せる。
オダギリジョーのクズなりのカッコ良さはどうなんだろう、彼氏にしてはダメなのは明白だけど。
バンドやキャバクラの仲間たち悪い奴はいないが人として浅い、これも時代。
会話劇だが作り物らしくなくて現実的でストーリーに共感も出来た。
ネタバレ。
自分だけに唄ってくれるラスト、夢が叶ったと言える良かった。
別れだが希望につながる恋愛物語だった。
結婚前に同棲はしてはいけない
クズ男は思ってる以上に世の中にたくさんいるし、クズ男を生み出してしまう女の子だって世の中にたくさんいるわけで、そして私はそっち側の女だなと分かってしまいました。
愛がなんだと南瓜とマヨネーズはセットの意味が少しわかった
誰も報われなくてつらいのに、なんでかもう一度見返したくなる感じ
思い出を美化して抱きしめてはいけない

ハギオとかなこちゃんのエピソードも気になる
夢を追う人やダメ男を好きになるのはいいけど、自分の意思ではじめたことに文句を言ったり自我を押しつけ私は私がわからないと浮気をする主人公に全く共感できずしんどい映画だったけど、最後の歌とせいちゃんの笑顔でどうでもよくなったニャー、笑顔は全てを溶かすよ
>|