南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

太賀好きにはたまらん。臼田あさ美の時点で原作よりツチダがかわいい。
naabu

naabuの感想・評価

3.5
別れの切なさを感じる映画。

どんなに深く愛し合った時期があっても、
別れると、もう赤の他人のようになってしまう。

それが愛おしく思える理由なのかも。
儚いなぁ。


あとは、ハギオさん。
オダギリジョーさんの色気、半端ないな。

やっぱり、男女ともいついなくなるかわからないような人に、
燃えるような恋愛に発展しやすいのかな。
落ち着く恋愛と比較すると。

恋愛について考えされられる映画でした。
せいちゃんの歌、好きだわ
せいちゃんの歌かわいくてよかった、魚喃キリコは最近はどうしてるのか、元気かな
mi

miの感想・評価

5.0
なんかもう胸がえぐられるきゅーんとした

臼井あさみが好きだ。

2018年58本目
モエ

モエの感想・評価

2.5
見たのは少し前だけど。

個人的にはあんまりハマらなかった。出てる人達がすごくすきだから見に行ったけど、それ以外あんまり意見がないなぁ。
かわち

かわちの感想・評価

3.1
彼女は男の歌が好きで、曲作りに専念できる環境を作ろうとするが、その方法が原因で最後には別れてしまう。けれどもそれが、男の下らないプライドを崩し自立に繋げることになる。
彼女が思い描いた幸せとは違うけれど、望んだものを見ることができた。そんな複雑な感情を描いた映画。
SAKI

SAKIの感想・評価

3.4
共感はできなかったけど
オダギリジョーかっこいい
あとはみんな髭生やしてて個人的に◎👏笑
アミ

アミの感想・評価

2.0
だらだらした雰囲気が割と好き

共感は全然できなかった
あんなに尽くしてたけどせいちゃんは別れないと行動的にならなかっただろうし、、
SATOKO

SATOKOの感想・評価

3.8
あーあ。ハギオに骨抜きにされた。
でもそれ以上にせいちゃん…。最後の10分くらい苦しいし、見終わった後のメニュー画面も見るの辛いわ。
asm11

asm11の感想・評価

4.5
結構すき。
最初なんかよくわかんないグダグダした映画かと思ってた。
最後の10分間くらい、
胸が苦しくて
でもほっこりして
せいちゃんがギター構えるときの臼田あさ美のこぼれる涙。
印象的なシーン。
あるなーこういう瞬間って。
大好きな人の、成長というか
近くで見たかったなあっていう
小さな後悔や寂しさ、
でもほんとに好きだったから
嬉しいっていう複雑な気持ち。
なんとも言えない。
元カノのうれし涙をみて、
せいちゃんの赤くなった目。
またゆっくり見たいと思える映画。
>|