南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

risako

risakoの感想・評価

3.5
オダギリジョー好きになりそうだけど、好きになっちゃいけない人なんだろうなあ。うん、だめ、絶対
寂しさを埋めるためには男が必要なのか。男がいれば寂しさは埋まるのか。そんな映画ではないが、運命の残酷さとかよりも女のわがままさとその愛おしさが前面に描かれてたように感じた。
r

rの感想・評価

4.3
いつから彼の夢に
想いを乗せ始めたのだろう
SNEAKERから慣れない
HEELに履き替え別の名前で働く
歪んでると分かっていても
"彼の為"と言い聞かせ愛を育む
_
本当は私が1番知っている
_
彼の背を見ながら飲むビール
作りかけの曲を聴きながら吸う煙草
彼のくしゃくしゃの笑顔を想い
少し大きめな彼のパーカーを羽織る
_
優しく儚くも尊い彼の歌
交差する気持ちと帰り道
_
南瓜とマヨネーズの距離
冷たい夜明けと裏腹にどこか
懐かしくも新しい風が吹き抜ける
_
大切な日常を等身大で切り取った___
痛くも愛おしい気持ちになる作品
凄い良かった☺︎是非❥❥にゃーーーー‼︎←
ひまり

ひまりの感想・評価

3.9
オダギリジョーの色気がすごい。
いるよね、こういう人。ダメなのはわかってて、未来がないのもわかってて、でも好きな人。
配役が絶妙で、終わり方もスッキリしていて好きな映画。
Joly

Jolyの感想・評価

4.1
臼田あさみちゃんが可愛すぎる。ガスコンロのところに座ってタバコ吸ってるシーンがすごく好きだった。またオダギリジョーもいい味出してて、何と言ってもせいちゃんの歌声に涙出ちゃう。何回でもみたい映画
FMK

FMKの感想・評価

4.2
オダギリジョーは格好いいクズ男をやらせたら日本一。大河も臼田あさ美も幸の薄い日常を巧く表現しているのにオダギリジョーはクズっぷりだけを遺憾なく発揮していて清々しかった。
夢を追いかけてる男に、支える女。典型的なヒモな映画。だけど、観ていて両者の思いを感じ取れる。オダギリジョーやっぱ、いいよね。
若い頃に魚喃キリコの漫画にどはまりしていて、中でも南瓜とマヨネーズは大好きだった。
から楽しみにしていた映画。世界観どんぴしゃ。
漫画の、淡々とした、でもなんだかどろっとした雰囲気。

そして臼田あさ美さんのツチダが愛しくて愛しくて。
ひとりで立ってらんなくて、色々なものにすがって、手放すのも手に入れるのも怖くて。誰かに愛されたいとか、誰かに何かをしてあげている・支えている私、とか。そういうものに自分の価値をおいてしまうとやっぱりこんなふうに迷ってしまう気がする。ラストに向けて、気持ちに折り合いをつけていく感じがなんかリアルで良かった。
ymras

ymrasの感想・評価

4.1
淡白な映画だが、人間らしさが詰まってる。
太賀好きという点を差し引いても高評価できるかと。

失ってから気づくもの。言われてるうちは出来ないこと。
人はなんて、天邪鬼で不細工な生き物なのだろう。
おもち

おもちの感想・評価

3.8
それぞれの一瞬一瞬の表情が良かった。やくえつの音楽も好き。原作以上に印象に残ったかもしれない。
オダギリジョーは寝起きのときのやりとり等、やむなく完全に格好良い。
>|