南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価


期待に応えてほしい とか、迷惑かけちゃいけなかったんだとか。
相手が何を思ってるかは本来相手の権利なんだ。
理解し合えるまで話し合うべきで…。
でも目の前の生活、目の前に現れた優しい人の存在でいっぱいいっぱいな人たち。

よくある日常的なお話だけど、最後までずっと観れた。カメラワークが凝っていて、冒頭からスッと世界に入り込めて、観ることにただただ集中しました。
原作を読んでたのはもう20年前。
当時に買ったSP808がチラッと映って、
ものすごいノスタルジーでした。

当時バンドマンだったり、宅録してて、
今やおじさんになった人たちにオススメします。
23

23の感想・評価

-
原作未読

"私は何を、自分が何を、何をしているのかわからない"

やっと聴けたせいちゃんの歌、あれは泣くよツチダだったら涙とまらん……

"いまハギオと会うのは過去の自分のためじゃない?"みたいな台詞があって、うん。

ポスターの「女は過去の恋を引きずらない、なんてウソ。」には、そうじゃない感。川島小鳥の写真は最高。映像と音から滲みでる空気感もひんやりしていて好み。
ラララ

ラララの感想・評価

3.0
完成披露上映会にて

うーん、悪くはないけど、DVDで良いかな。。。
太賀の歌声イイ。
「南瓜とマヨネーズ 」完成披露試写会行ってきた。

臼田あさ美のアラサーながらの瑞々しさ。

太賀の堂々たるトーク。

オダギリジョーの滲み出てるエロさ。

そして冨永監督とオダギリジョーが同級生だったのは衝撃的

映画はとても『日常』に溢れていた。

私的テーマは
『やっぱり戻れなかった、戻りたかった』


私はこの映画に弱い。涙が零れた。




評価 A
やくしまるえつこ、川島小鳥、3人のキャストなどなど「いわゆる」な人たちを集めに集めた作品だったけども、そういう色眼鏡抜きにしても私は人の気持ちの移り変わりが丁寧に描かれているのこういう映画ががすきだ〜〜。

オンナがダメ男に惹かれるのって絶対に押しちゃだめなボタン押しちゃいたい気持ちと同じ感じですよね〜。たぶん。
原作未読。
誰もが自分勝手に恋をする典型で、わたしは各登場人物の気持ちと様相が、すごく腑に落ちた。
タイガくん、かっこよかった、泣きそうになる幸せな演技と、中盤で出てくるある台詞。いい声。
臼田さん、どうしよもない求める女、寂しさの空気が伝わる。
オダギリジョーさんにはお金せびられてみたいし、光石さんからはお金もらってみたい。
もう少し長く観ていたい世界でした。
すごくいい温度感。ちょうどいい暗さ。
最初から最後までずっと切ないんだけど、その切なさが心地いい。
何度でも観たい。何度もこの切ない感じを味わいたい。
ほどほどに空いてる劇場でひとりでゆったり観たい感じ。
冨永昌敬監督好きになった。

太賀くんの歌に鳥肌。
Tammy

Tammyの感想・評価

1.0
うーん、、、
原作を読んだことがないからなのかもしれないけど
終始ツチダに共感できず、、、

「つまりなに?」って思っちゃうけど
なにか強いメッセージを伝えたい映画じゃなくて
こういう人も、こういう生き方もあるよね、みたいな
共感をよぶ映画なのかな、、?
EriIto

EriItoの感想・評価

-
原作ファンにとってはやっぱなんか違う感が、、、なんだろう、、、あの退廃的な中にある日常感がないというか、、、なんというか、、、

別ものとしてみればよいのだろうけど。
>|