移動都市/モータル・エンジンの作品情報・感想・評価

「移動都市/モータル・エンジン」に投稿された感想・評価

フィリップ・リーヴのSF小説『移動都市』をピーター・ジャクソン製作・脚本で映画化したSFアドベンチャー大作。

最終戦争から数百年後、
人々が移動型の都市で暮らす地球を舞台に、
移動都市同士が互いに喰らい合う弱肉強食の戦いを繰り広げる奇想天外な世界観を、
最新の映像技術を駆使した圧倒的スケールのヴィジュアルで描き出す。

原作は未読。
都市が丸ごと移動する本作ですが、
アニメ「ハウルの動く城」を思い出す。
冒頭が一番見せ場みたいになっており、
移動都市の追跡劇が展開します。
巨大な都市があんなに全速力で動き回れるのが凄い。
これこそ燃料の無駄使いであること間違いない。
キャストはヒューゴ・ウィーヴィング以外は、
あまり馴染みのない役者さんが出演してます。
ヘスター演じるヘラ・ヒルマーのビジュアルは良かったが、
もう一人の主人公トムが冴えなさすぎてどうも好きになれない。
移動都市だけの話だと思っていたら、
“シュライク”というターミネーターみたいなのが出てくるのは意外性があった。
クライマックスで、
何故か先制攻撃せずに見ているだけの非移動都市の戦闘機。
サディアスの最後も中途半端で本当に倒したのかどうか分からない。
都市が移動するという面白い設定を組み込んだSFファンタジー。

劇場で観るか迷っていたけど、評価がイマイチそうなので断念した作品。
結論から言うと観に行けば良かったな…
シンプルに映像が綺麗で迫力がある。普通にスクリーン映えする作品。

イキナリの冒頭からのクオリティが凄すぎる。テレビ画面でも十分過ぎる迫力。
巨大移動都市がミニ移動都市を追いかける。この見せ方がめちゃくちゃ上手い。

この冒頭が凄すぎて、あとが薄く感じるから評価が低いんだろうなと思った。
薄いというか、移動都市の設定はおまけみたいな展開のさせ方なので、そこに期待のズレが生じてガッカリした人も多かったのかな…

個人的にはシンプルなSFアクションが好みなので全然アリな作品だった。

(未読だけど)原作を読んだ方が断然面白いんだろうな的な雰囲気は半端なかったけど、こんなものなのかとも思ったり。
ターミネーターが出たり、みやぞん軍団が顔で頑張ったり、移動都市の良さが届いてこない!
要点の拡散し過ぎde見栄っ張りファンタジーっ! それでもムカデの様な移動都市がイチオシ♪
ぶっ飛んだ設定すぎて、B級なのかなと思いきや規格外の壮大なSFでしたー\(//∇//)\
お金かかってるーww
デザイナーやクリエイターがスンバラしいのよねーきっと!
私たち古代人なのねーwww
ミニオン神www
トムが郷ひろみに見えてシャーないwww
以上
Ho

Hoの感想・評価

3.4
久しぶりにこーゆー系見た。なーんも頭使わないやつ。

主人公達がイケメンでも美人でもないのがとても嫌でした。
これは本で読んだほうが面白いやつだな。
ただ映画化したくなる気持ちも十分に理解できる。

詰め込みすぎた感の強い脚本に問題ありそうやけど、世界観が壮大すぎて2時間で描き切るのはとてもじゃないけど無理そう。
どのキャラクターもその人のことを深く理解する時間がないままに終わっちゃった。

終始漂うどっかで観たことあるよな雰囲気もかなり厳しくて、最後の戦いに至ってはもう遥か彼方の銀河系のヤツ…。
kentyan

kentyanの感想・評価

3.4
設定や映像はすごいのに、なんかもったいない。


それに移動都市同士がみたいなくだりは序盤だけ。


途中からターミネーターかってところも。

詰め込みすぎたんかな。
テクノロジーが滅んだあとの世界、メカとか武器のスチームパンク風?デザインがいい。クライマックス手前の空中戦がアツい。都市そのものが移動するってエネルギー効率悪そうな気がする。特に言及されてないけどエネルギー源が石炭とか化石燃料みたいだった。世界観についてもうちょっと詳しい説明が欲しかったかも
銀幕短評(番外)

「移動都
年、。 時間 分。

総合評価 点。

これはマズイと思った映画でも、仕舞いまで観てからレビューする(あるいは気が乗らないと それもパスする)というポリシーを いちおうもっているのですが(たとえば「ニーチェの馬」#136、11点)、本作は始まって 22分でふたりが追いかけっこをし始めたので いったん置きます。

こんど体調のよいときに続きを楽しみたいと思います。
>|