男はつらいよ 寅次郎の青春の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ 寅次郎の青春」に投稿された感想・評価

hontochi

hontochiの感想・評価

3.4
満男くんが少し大人になりましたの巻って感じの佳作。終盤の東京駅のシーンは良かったけどね。
一度や二度は失恋した方がいいんだよ。失恋すると人間は成長するんだよ。
破けた恋を懐に。懐手に、それを確かめながら生きていくわけだな。
terusuk

terusukの感想・評価

4.0
「日本のおじいちゃん」笠智衆の遺作。
徐々に減りつつあった渥美清の場面は本当に減り、実質的な主役は既に吉岡になっている。
相変わらず、後藤久美子の芝居はプロの役者としてはアウトのレベルだが、美少女としての説得力は十分。

今回は風吹ジュン演じる宮崎の床屋の女性と、ほのかな恋があるが、あくまでメインは満男だ。

唐突感のある徳永英明と、あまり効果的とは言えないサブキャラの永瀬正敏の使われ方が、勿体無い。

ただ、悲痛な別れを経験することになる満男の物語としては良作と言える。
futebol

futebolの感想・評価

3.9
この作品はいつもより重みのある別れがある作品やと感じた。やっぱ男はつらいよは名作。役者の力で映画はどんなんにでもなる。
末期は満男が中心となるため、マドンナの印象が薄くなりがちであるが、本作のマドンナはとても魅力的。
風吹ジュンの歌う、港の見える丘がリリーのそれより私は良いと思う。
寅さんが大怪我する⁈
甥っ子の満男は寅さんに会うために九州に向かうが・・・・。

もう寅さんが恋の主人公というより満男がメインになってきて青春要素が増えてきた(笑)
寅さんのシーンと満男のシーンが半々といった感じでだんだん満男が成長してきたんだなと感じた(笑)(*^ω^*)
これからどうなっていくことか?(笑)
19

19の感想・評価

3.1
後藤久美子との別れは辛く切ない。寅さんの出番がかなり減ってきた作品。

このレビューはネタバレを含みます

泉、東京のCDショップに就職。
高校同級生の披露宴で宮崎へ。
いつも通り(笑)虎と偶然の再会。

虎は床屋の風吹ジュン、弟の永瀬正敏と出会う。
虎が怪我して入院、満男が宮崎に。
うじうじして情けない満男。

泉の母が入院、名古屋に帰る泉。東京駅で抱きしめられキスされる満男。
アルネ

アルネの感想・評価

3.0
寅さんがメインでなくなる寅さんは見ていて寂しくなるし、私もつらいよ。風吹ジュンと港が見える丘を歌うところと、御前様の生前最期の演技が見所。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.4
みんな、年取って勢いなくて、空回り感が虚しく笑えなくなってきた。シリーズ物の哀しさを学んでしまった気分。