わさびの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

わさび2016年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:30分

3.9

あらすじ

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だ…

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だと信じていた。この逆境の日々の中で、せめて魔法のような力を信じたい・・・老いた庄吉との真剣勝負は、葵に人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望を与えるのであった。

「わさび」に投稿された感想・評価

映画祭で拝見。短編映画でこんなに感動したのは初めてでした。
というか今年見た映画で一番感動しました。
芳根京子さん演じる葵が本当に健気で儚くて素晴らしかった。ラストシーンがとにかく、こちらの期待を裏切るものだった。
短編。主人公は寿司屋の娘。大将が鬱になり、一家は生活保護を受けることになり、娘は大学進学をあきらめる。ツレうつのように真正面から鬱を描くのではなく、映画を構成するいくつかの素材の一つとして出している。それだけ鬱が社会的に認知されたということか。
みずき

みずきの感想・評価

4.0
強がりながらも、ひとりで健気にいろいろなものを背負う、ソフトボール部の女子高生の姿。きらきらしていて、みずみずしい。芳根京子ちゃんの演技が、等身大でとても良かった。

冬の飛騨高山の街並み、夜の景色が透明感に溢れており、ストーリーの彩りになっている。

表題作のわさびだけでなく、他2作品もぜひおすすめしたい、短編映画集。
2017.10.14
『映画監督外山文治短編作品集』にて。

まさに”わさびちゃん”の人生を切り取った作品で、この30分の映画の中に描かれる”わさびちゃん”のこれまでと、これからを想像したくなる映画だった。
高校生という時期、現実を知り、受け入れていかなければいけない少女の様子を、丁寧に描写していると思う。「魔法」だと思っていたものが、現実に感じる瞬間。いくつもの葛藤がそこにあって、みんな気付いたら大人になっている。
ラストのセリフも、彼女の思いが込められた余韻の残る一言だった。
だからまた観たい。
素敵な作品!!
marimo

marimoの感想・評価

4.0
芳根京子の演技で魅せた作品。

30分と短い作品だが登場人物は多い。
それを話し方の違いや表情で関係性や距離感まで伝える演技力。芳根京子すごい!

各役者の演技、監督の演出はもちろん素晴らしい。ただ、映像には描かれていない、そこまでの時間をも想像させる表現力。芳根京子すごい!
nuruko

nurukoの感想・評価

3.6
芳根京子が素晴らしい。彼女の演技と存在感で映画の質がぐっと上がっているように思ったし、長編でも観たくなった。
傑作!!即DVD化希望!!
ユーロスペース最終日に鑑賞。滑り込みセーフ、観客は満員でした。
「わさび」と同時上映の他2本あったけど、どれも素晴らしかった。
レイトショーだったのでお客さんのほとんどが大人だったけど、学生にも見て欲しいので、DVD化を希望します。
ユーロスペースのレイトショー観客動員数歴代1位になったそうだが、納得。早く見て欲しい。
KOKO

KOKOの感想・評価

-
天真爛漫過ぎない芳根京子ちゃんが新鮮。

こういう演技も出来るっていう感動と納得。
芳根京子ちゃんが好きでなくても、好きのマジックにかかるような邦画。
小一郎

小一郎の感想・評価

3.9
渋谷のユーロスペースで「映画監督外山文治短編作品集」(『此の岸のこと』『わさび』『春なれや』)というタイトルのレイトショーが3週間あり最終日に鑑賞。

オジサン? おじいさん?みたいな名前の監督だけど実は現在37歳。老いや病に苦しむ人に寄り添い、応援したいという、監督の優しい人柄を思わせる短編集。

主演はNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の芳根京子さんで、富田靖子さん、下條アトムさんも出演している。キャストのブッキング、配給、宣伝なども監督一人で手掛けたらしい。

妻と離婚し、心の病を抱えている父を守るため、卒業後、実家の寿司屋を継ぐことを
決めた女子高生の山野葵。離婚した母、担任の先生などは反対はするものの、だからといってどうすることもできないからか、深く立ち入らない。

本当は学校に通ってソフトボールを続けたい葵は、寿司屋を背負うことに加え、父の面倒をみることが心の負担となり、強気の表向きとは裏腹に、葛藤している。そんなとき葵が少年野球チームに所属していたときの監督が現れる。ある事情で小指のない監督が投げるボールを魔法だと思っていた葵は、魔法の力を借りてまた一歩踏み出そうと、勝負を願い出る。

劇的な展開はないけれど、3作の中では一番しんみりする作品。ちょっと意地っ張りで、辛い気持ちを隠し、自分のやりたいことを我慢している葵。でも本当は泣き出したい気持ちでいっぱい。

そんな追い込まれたときだからこそ、些細なことが生きる力を与えてくれるのかもしれない。監督に力をもらった葵が父を思いやり、父もまた葵を思いやる。きっと泣ける人が多いと思う。

●物語(50%×4.0):2.00
・良い方のベタ。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・芳根京子さんのツンデレ感がなかなか。

●画、音、音楽(20%×3.5):0.70
・小雪の舞うグランドのシーンは狙ったのかな。それとも持ってる?