春なれやの作品情報・感想・評価

春なれや2016年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:20分

3.5

あらすじ

櫻の花が咲く季節、ひとりの老いた女性が警察に保護された。  身元不明のその女性には、どうしても行きたい場所があるという。 「ソメイヨシノは60年咲くことができない——?」 そんな噂の真偽を確かめるべく、既に廃校となったかつての学び舎へと向かう女性と、彼女を案内することになってしまった青年。 春の日に永遠とは何かを問う、ささやかなお話。

「春なれや」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

4.0
「永遠」なんてものはない…
人の命も
花の命も

だけど
「希望」はある…
「希望」は持っていい…♡

生きている間は
咲いている間は
「華」を咲かせたい…♡
「華」を咲かせよう…♡

一瞬かもしれないけれど…
「輝こう」…♡

美しい「桜並木」
優しい「音楽」…♪

エンドロールが始まって
ほろほろ…と涙が溢れた短編作品…(o^^o)
fujiK

fujiKの感想・評価

3.0
老人施設の生活。
確かに単調。消えていく老人を見るのみ。永遠はない、と語る主人公。
ここから先が個々の生き方。
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

介護老人ホームで暮らす老いた女性が主人公。彼女はとある目的から施設を抜け出して、かつて通っていた中学校を目指す。一旦は警察に保護されたものの、偶然出会った地元の青年に道案内を頼み、今は廃校となった母校に辿り着くのだが…という話。

外山文治監督の短編を集めたDVDの一編。
他の2作に比べるとストーリーはシンプルで面白味はないが、桜の美しさとメインキャスト2人の道中のやりとりが心地よい作品だった。
人生の晩年に、青春時代の想い出と約束を確かめに行く内容で、主演の吉行和子は年配の女性ではあるが、痴ほうの症状が進んでいることもあり、母校に近づくにつれて仕草が少女っぽくなっていき、可愛いとさえ思える繊細な演技が素晴らしかった。。相手役の村上虹郎はどこか冷めた青年を演じていたが、ぶっきらぼうな態度の中に細やかな優しさや気づかいが感じられて好感が持てた。桜は次の年も咲き続けのだろうが、主人公が来年もそれを見られるかどうかは分からず、また、青年との出会いが一期一会であることが暗示されている点が物悲しくもあった。
『宿命も春には及ばず』

枯れてるっ知るより咲いてるって思ったほうが幸せかもしれない。永遠なんてない。それでも桜は今年も咲いて、思い出は鮮明に残ってる。大事なのは叶うとか叶わないとかじゃないなぁ。Coccoの歌沁みる。
rimi

rimiの感想・評価

3.2
吉行和子さんの「まじっス」が可愛かった。
来年も咲くかどうかじゃなく、心の中で咲くと決めた。
永遠があるかどうかじゃなく、心の中で永遠があると決めた?
突きつけられる現実の中で、心の中で永遠を願うってことなのかな。
そんな風に穏やかに、願い続けられれば素敵だな。
silence

silenceの感想・評価

3.0
キャスティングと美しい桜が印象的。
何とも言えない余韻を残す作品。
まこ

まこの感想・評価

3.5
あと30〜40年経ったら、中学生の頃の話とかどういうふうに思うようになるんだろー
ソメイヨシノは60年しか咲かない…それを確かめる為に向かう痴呆症の女性(吉行和子)と青年(村上虹郎)。
舞い散る桜の風景がとても綺麗。
蘇る昔の記憶。
それが思い出だけでなくずっと残るように願う。
COME

COMEの感想・評価

3.9
永遠なんて永遠に来ない。それはもう永遠だよ。
始まりがあるから終わりがある。その中で美しく踊ろうと生きる。それでもその外側を探してしまいたくなる時がある。
わさび目当てでしたがこれもよかった。

トークショーで裏話まで聞けて。

(途中)