冬構えの作品情報・感想・評価

「冬構え」に投稿された感想・評価

DAG

DAGの感想・評価

3.9
うむ。渋いね。
妻に先立たれ、友は寝たきり、
家族とも疎遠…
男で家族があれば、いつかは通る道…なのかもしれん。
哀愁を帯びた笠智衆が素晴らしいな。
岸本加世子が元気いっぱいでいいね。

しかし、見所はなんつっても終盤だよ。
笠智衆と藤原釜足の共演。
日本映画界、TV界を牽引したお二人の
老境のお姿。
涙なくしては観れないつーの。
――老いと孤独を考えさせる、名作ドラマ――

山田太一の名脚本で、笠智衆の名演という噂を聞き視聴。
妻を亡くした老爺が、全財産を持って東北を旅するというもの。勿論、目的は自死。しかし、その過程で色んな人と出会う事で物語は動いていく。刹那的な出会いと、刹那的な人生。老いとは孤独になるというものだろうか。
umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0
岸本加世子がめちゃくちゃに良い
鳴子ホテルの館内を走るケーブルカー
なかなかに貴重な映像なのでは
藤原鎌足の遺作かー

俺も長生きするのは怖い
でも死ぬのも怖い
いまのところ子供はいないし
あまり作る様な気もしてないので、
子供家族に迷惑をかける
という恐怖は感じずにはいるが

妻に先立たれて
もしひとりになったら
確かに無理して家族とやらと生活する必要はないだろう。
旅先で知り合った若者とでもいい
ばったり出会った婦人とでもいい
旧知の友とでもいい
立場を共感し合える友とでもいい
そう言った場所を転々とするでもいい

そんな事が可能なになる様
晴れやかな幸せよりも
誰にでもある哀愁や孤独が、もうちょい大切にされ共有されるような世の中になって欲しいなーと思う
みんなそれぞれなんか抱えてんだからさ
素直に話せて泣けたり助け合ったりできる様な
一生の中の冬である老いることが題材であり、なかなか問いが出せないものです。

迷惑がかかることの後ろめたさや求められていないことを自覚した時の喪失感なんかは想像することはできます。しかしその立場に置かれた時にどういう結論を出すのかはなかなか難しいと感じます。

東北が舞台であり、私としては馴染みの深い場所が多く蕪島、八戸が出てくるのは嬉しかったです。そして恐山に登るのはリアルがすぎるなと少し笑ってしまった。

ヴィムベンダースの東京画に笠智衆さんが出てきますが、ご婦人方が見たというNHKのドラマがこれことなんだとつながりました。

落ち着いていて終わりも含めて良い映画でした。
★旅館の仲居さんが出会ったのは、めちゃくちゃ羽振りの良い客・笠智衆。宿の泊まり賃が1万5千円なのに、2万円もチップをよこす。笠智衆、一体何者なんだ……。

#笠智衆どちゃくそ可愛い最高シリーズ

#板前のお兄ちゃん、最初は何やねん不貞腐れよってからに……と思ってたけど、めちゃくちゃ良いやつで元気出た。優しい世界

#笠智衆の入浴シーン可愛すぎてニコニコしちゃった。温泉で喜ぶ笠智衆

#笠智衆が美味しいものを食べて、カラオケして、お酒飲んで酔っ払ってスヤスヤ寝て、綺麗な景色見てはわ〜〜😮✨なってる様子を見られる最高の映画

#笠智衆、絶対泣かない俳優さんって聞いてたけど、今回のホテルの一室で夜にひとりぼっちで泣くシーン、すごく良かった。綺麗なシーン

#板前のお兄ちゃんの祖父も可愛いし、祖父の飼い犬も可愛いし、笠智衆と祖父の会話シーンもめちゃんこ可愛くて、おじいちゃんの可愛さよ、、、

#笠智衆の話ばっかりしてごめんだけど、笠智衆の老人の演技半端なくない?細かい動作、仕草、目線、素ならまだしも演技としてやってるんだとしたら……恐ろしい……

#いや、この山田太一という人すごくない……?俄然興味出てきた。『ながらえば』と『今朝の秋』とこれで長編テレビ映画を3本観たけど、どれも素晴らしかった。こんなお話を作れるなんて……。
kurage

kurageの感想・評価

4.0
映画ではなく、NHKのドラマ。
笠智衆演じる主人公が終活のため、東北を旅する。宿で働く岸本加世子、金田賢一のカップルに出会い……。
山田太一の描くキャラクターにはいつも人生の刹那が詰まっていて物悲しく、味わい深い。季節の薄ら寒さと人間のほの暖かさを感じた。
笠智衆の、感情をむき出しにする演技を初めて見た。
hmsuga

hmsugaの感想・評価

4.0
とても良い脚本。この脚本を良い監督と映画スタッフ、よい俳優がリメイクで作ったらとても良い映画が出来そう。
やはり笠さんは素晴らしい。
藤原鎌足さんも流石、遺作が観れてよかった。この二人のラストシーンは感動もの!
なか

なかの感想・評価

4.3
老人の東北へのひとり旅
若いカップル、旅先で会った老婦人、かつての友人、無口な老人…とロードムービーのようにつながっていく物語。
.
人生の終焉を描いた姿が胸に残る。
miyagi

miyagiの感想・評価

4.0
終活ムービー。人生晩年の一人旅を笠智衆が演じるってだけでエモい。相変わらず演出があまりにもアレだけど、脚本が素晴らしい。
温泉で泳ぐ笠智衆、道すがら婆さんナンパして抱く気満々の笠智衆、体張る笠智衆、どれもエモい。そしてついに落涙する様を見せられる。
生と死について語らう老人たちの話がどれも真に迫っている。
桔梗

桔梗の感想・評価

4.9
肉体の死、精神の死、に備える老いた男の話。

笠智衆と藤原釜足によるシーンは人間臭く強情な凄まじい演技だった。

人生晩年の旅情を想う
>|

あなたにおすすめの記事