男はつらいよ フーテンの寅の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ フーテンの寅」に投稿された感想・評価

シナチQ

シナチQの感想・評価

3.0
3作目。
希林さんワケ〜!
そりゃおいちゃんも博も殴りたくなるわな。
旅館の女中さんの 21はないわ〜。
ミッチ

ミッチの感想・評価

4.0
寅さんの転び方や頭のぶつけ方、勢い余ってうがいの水を飲んじゃう感じなど、本当に好きだなぁ。ラストの啖呵売をみんなで言うところがなんとも良い。
romio

romioの感想・評価

3.5
シリーズ3作目。
今回の寅さんは、寅さん自身の、もうどうしようもないおたんこなす具合とあの愛おしい目を愛でる回となっている。

ああ、もう、なんてバカでなんて優しいんだ、ほんとになんてバカなんだとずっとそんな気持ち。
今回は山田洋次監督ではないということもあって、舞台もとらやから移り、旅行回。
しっかし、出てくる女、出てくる女美人ばかり。
いつか、寅さんが幸せになって欲しいと祈る今日この頃です。
知らん!
おもしろい
喧嘩のとことかいい
旅行に行くたびに近所の人に万歳されるとかいい時代だな。
xxx

xxxの感想・評価

3.3
第3作
やっぱり山田洋次監督作品のがすきだなぁ…
さくらさんの登場シーンが異常に少ない寂しい。
Filmsounds

Filmsoundsの感想・評価

2.0
前二作で素晴らしい仕事を成し遂げた山田洋次は、本作では脚本担当に留まり、代わって森崎東が指揮を執っている。それもあってか本作は、前二作と異なる雰囲気を纏う仕上がりになった。まず、倍賞千恵子の出番が極端に少ない。ほぼ話の進行には支障をきたさない程度の露出しかなく、観客にとっては少し寂しいだろう。次はとらやについてだが、これがまた出番の少ないこと。竜造つね夫妻との絡みは多少あるものの、作品自体が寅さんの上がり込むもみじ荘を舞台に据えているだけに、無理矢理感が否めない。マドンナとの恋愛描写も、個人的に物足りなさを感じた。どうしても名匠と比較してしまうだけに、森崎東監督にとっては気の毒な一本かもしれない。ぶっちゃけ微妙でした。
kaori

kaoriの感想・評価

3.3
寅さんは粋だなぁ~

元旦の街頭インタビューにはかなり笑えた。

最後まで恋はうまくいかずスレ違い残念、、

樹木希林が若くてびっくり!

今回も癒されました。

なぜこの作品は山田洋次監督じゃないんだろう?
浮浪者

浮浪者の感想・評価

3.3
喧嘩っ早いことをリトマス紙にして人情と弁舌の豊かさをあきらかにしようという、小学校低学年向けの実験室。
じょ

じょの感想・評価

3.8

今回の舞台は熱海、マドンナは子持ち未亡人
監督山田洋次じゃないらしい
>|