男はつらいよ フーテンの寅の作品情報・感想・評価・動画配信

「男はつらいよ フーテンの寅」に投稿された感想・評価

妹のさくらの出番は控えめ。

それでも、寅さんの勘違いドタバタや、叔父たちとの絡みは相変わらず。

叔父さんたちとのやりとりは、「大変な家族を持ったねぇ」と同情しつつも、くすりと笑える。
バナナ

バナナの感想・評価

3.3
さくらが全然出てこないし、あっさりしてた感じ。

2020年157本目
どうすんの……延々寅さん見てるじゃん私……。というわけで第3作。前2作と比べると、監督が変わったせいか少々物語に脈絡がない気がするが、コメディシーンも泣かせるシーンも健在。特に、寅さんの叔父役の森川信。寅さんと殴り合いをして、泣きながらの「みんなで心配してよ……今度帰ってきたら、今度はなんとかして、お嫁さん見つけたいと、本気でそう思ってたのに……」の台詞、そして寅さんのなんともいえない神妙な表情にもらい泣き。しかもそんな泣かせる場面の後に秒で爆笑コメディシーンを持ってくるの、すごすぎ(笑)
お座敷の余興で大衆演劇を演じる寅さんの場面、マジで渥美清ってなんでもできる俳優だなオイと突っ込まざるを得ない。

このレビューはネタバレを含みます

寅さん旅館勤め。
寅さんの恋の仕方って完全に実らないパターンなんだよね。
気持ち分かるなー切ない。

他人の結婚が決まったお祝いに派手に芸者呼んだりハイヤー呼んだりどんちゃん騒ぎして勘定は叔父さん叔母さんに払わせる。

そりゃ、怒られるわ!
でも、謝るどころか冷たい人間だと逆ギレするとか考えられないくらいウザイ奴なんだけどそうじゃなくちゃ寅さんじゃないんだよな。

てか、毎回毎回出てくる女優さん綺麗な人ばっかり。
寅さんめっちゃ亭主関白やん!一人で喋りまくる笑
この時代やと割と当たり前なのか?何言ってんだって思うけど、よく気がつく女ってのはまぁ魅力的やけど、お前が言うな(笑)って思ってたら、この時代でも突っ込まれてたから笑った!
でも結局自分の恋愛はそっちのけで他のカップルの仲を取り持ってたりね💦
ii

iiの感想・評価

-
おいちゃんとおばちゃんが行った旅行先の番頭が寅さんになっているところが笑える。旅館の未亡人を狙う寅さんだが、従業員の掛け合いの妙がにんまりさせる
まどか

まどかの感想・評価

3.0
寅さんらしいクスッと笑えるシーンがたくさんある今作。

わたしはコタツで手を繋ぐシーンが好き

あと若かりし頃の樹木希林さんが出ててびっくりでした。

さくらが登場するシーンが少ないのはちょっと物足りない感あるかな。
さくらと寅さんの兄妹の会話はいつもジーンとするから見たかったなぁ。
初期の寅さんはやくざ感が強いねー。
後期になるにつれ、寅さんも時代に合わせマイルドになっていったんだな。

それに、監督が違うとかなり作品のタッチも違う。さくらの出演も少ないし、お約束があまり出来上がっていない頃の作品でした。
nana

nanaの感想・評価

-
シリーズ中で唯一、森崎東が監督した作品。
森崎監督、今年亡くなりました。

いつだってエネルギッシュな庶民、その反骨精神を描いてきた森崎監督。
そのせいか、今作の寅は山田洋次の描く「どうしようもなくて、でも人情があり愛される人間」という温かいキャラクターよりも、どちらかというとギラギラしていて、かなり打たれ強い性格。
所謂「ヤクザな兄貴」感があって、他の作品と比べてテキ屋としての寅が多く描かれているような気がします。

お馴染みの妹・さくらの出番がほとんどないのも他とは違う雰囲気です。
改めて観ると、結構な異色作でした。

もし、キャストは同じで、いろんな人がリレー式に男はつらいよシリーズを撮っていたら果たしてどうなっていたんだろう、と考えたりもしました。
収集つかなくなっていたと思いますが。
bassman

bassmanの感想・評価

3.5
とにかく会話のテンポがものすごく良い。英会話を聞いているようなリズムのあるやりとり、呼吸、間。仁義を切るシーンはクスッとしたりグッときたり。やっぱりいつ観ても安心する。
>|