今朝の秋の作品情報・感想・評価

今朝の秋1987年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

4.3

「今朝の秋」に投稿された感想・評価

momoko

momokoの感想・評価

4.2
杉村春子の演技が印象的。
「私が1番あの子のこと愛してるのよ」

死んじゃう男の人の役の人も良かったな。
Otun

Otunの感想・評価

4.8
これがまた、もぅどえらい傑作。
後輩おすすめ映画じゃないけどねシリーズ、山田太一作『今朝の秋』。

物語。蓼科の山荘で一人暮らす老人(笠智衆)。彼の元に息子の嫁(倍賞美津子)が訪ねてくる。そして、息子(杉浦直樹)は余命3ヶ月だと知らされる。
息子の病をきっかけに離ればなれになっていた家族の繋がりが改めて浮き上がるー

笠智衆、杉村春子、杉浦直樹、樹木希林、倍賞美津子と、もう、名優達の超絶繊細な佇まいが本当にたまらない。
登場人物達にしっかりと各々の事情があり、バラバラになっていた現在の家族の説得力に。
そのバラバラさ加減が、息子の病をきっかけにパズルのピースを埋めるように少しずつ『家族』に戻って行く様が胸を打つ。

笠智衆さんと元嫁の杉村春子さんの久しぶりの再会のシーン。このどうしようもない感w。老人なのに二人ともむちゃ子供っぽい。「ちっとも変わらん」、笑った。

後半。己の死期を悟った杉浦直樹さんに笠智衆さんの言葉。
『蓼科、行くか?』。
あわわわわわわ。
泣くわ。泣くに決まってるわ。ドラマ史に残る名シーン。
とまぁ、挙げればきりがないほど名シーンばかりの作品でした。
皆で歌う恋の季節とか。あと、運転にハラハラ集中している樹木希林さんとか、ヅラ直しとか笑。

映画でないのに申し訳ありませんが、
ほんとに、とんでもない傑作ドラマなのでこちら超絶にオススメさせて頂きます。
今作教えてくれた、後輩に心から感謝です。
ありがとう。あー、心地よし。
笠さんと杉浦さんの親子。
笠さんと杉村さんの夫婦。
素晴らしい。
Ringo

Ringoの感想・評価

-
80歳のおじいちゃんが
「今を生きろ」って

死ぬ前に
家族っていい
そう思えることに涙する

嬉しいような悲しいような

のほほんとしてても
しっかり伝わってくるのは
そこに想いがあるから

笠智衆
かわいい爺ちゃん
あの黒い瞳
notitle

notitleの感想・評価

3.8
一人暮らす山荘から、先長くない息子と過ごすため、会いに行くとこから始まる老人の話。形異なる、様々な優しさが溢れてる。何が良いのかは分からない。だからぶつかる事もある。ただ、結果として息子がみたかった景色がそこにあったように思う。
Ta

Taの感想・評価

3.8
東京物語inバブル

脚本読んだけど本当98%くらい台詞も変わらないで演技してるのに驚き

笠智衆、倍賞美津子、樹木希林、杉浦直樹、どの役者も非の打ち所がない。

「愛しなさいよ、お父さんを愛しなさいよ!」
カットがあまりにテレビ的で、見ていてテレビドラマを見ているようだった。テレビドラマなんだけども。
と言うんで、採点する気にはなれんのですが、笠智衆よ、永遠なれ。
hirosu0925

hirosu0925の感想・評価

5.0
「かまうもんか、抜け出せばいい」て言った後の笠智衆の柔和な笑顔がたまらない。

よくみたら脚本は『少年時代』の山田太一。いいに決まってる!
何故か「ながらえば」、「今朝の秋」はあって「冬構え」は無いんだな。