ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。の作品情報・感想・評価

ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。2015年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

3.8

あらすじ

出演者

「ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。」に投稿された感想・評価

Tacos

Tacosの感想・評価

4.0
フットボールアワー、Wヤング、楽しんご、東野幸治 編
間寛平、あべこうじ&井上マー、笑福亭松之助、明石家さんま 編
森三中、天竺鼠、椿鬼奴、サバンナ、坂田利夫 編
中川家、ハリセンボン、エド・はるみ、シルク、笑福亭仁鶴 編
森三中、天竺鼠、椿鬼奴、サバンナ、坂田利夫の回。
様々な葛藤がありながらもそれでもお笑いがやりたいって気持ちが伝わってきて胸を打たれた。椿鬼奴さんの時だけビール出てきたの笑った。
インタビューが終わってから帰るシーンはそれぞれの人柄が出てて何か良いなって思った。
ただけっこう前のインタビューだったから今は環境も変わって、思うこともまた違ってくるのかなという所が気になった。
review

reviewの感想・評価

3.0
中川家、ハリセンボン〜の回。
最後の共通の質問がいいですね、それぞれ反応も違うし、はっきり意見分かれるコンビも入れば、同じ考えのコンビもいて。どちらにせよ、テレビで見ているだけじゃわからない芸人の皆さんの雰囲気とか独特の仲間うちのやりとりとか面白いです。あんまりドキュメンタリーとか見ないけどよかったです。
スクリーン6
19:00~
F-15
舞台挨拶付き
渡辺直美/ジャングルポケット/インパルス/キングコング/ガレッジセール 編

渡辺直美は何年も前にやってみたいと言っていた夢を今叶えていてすごいと思った。
たらこ

たらこの感想・評価

3.0
ナイナイ、ジャルジャル、FUJIWARA、バッファロー吾郎の回。
インタビューが5年前で古すぎて(笑)更新バージョンが観たいです。
ダウンタウン編鑑賞。

完売してた、危ない危ない。


他にも、月亭方正、木村祐一などもこの回だったが、ダウンタウンのトークが巧みすぎて、時間の進み具合が全然違う。


あっという間に終わった。時代をひっくり返した人のエピソード話は凄い。

個人的には浜田派。

このレビューはネタバレを含みます

申し訳ないが何故、映画にするのか疑問が残る。私の予想では映画にした方が儲かるのだろう。だけど映画館に足を運ばなくても観れるテレビの方が見てもらえる価値があるのではないか。テレビだとスポンサー等の問題があるのだろう。視聴率を稼げる番組にはならないだろうから。敢えて言おう‼️吉本興業よ、チャンネルを作りなはれ。一日中お笑いが流れているチャンネルを。
最後に芸人さんの舞台挨拶は儲けもんでした。
やまが

やまがの感想・評価

5.0
千原兄弟、ケンドーコバヤシ、桂三度、西川のりお上方よしお回。千原兄弟は普段TVや舞台などで話してた内容だったので新鮮味は無かった。ケンドーコバヤシは見た目や芸風とは違う中身があって可愛らしい感じ。桂三度はコンビで売れたかったというのと先輩や周りの人にすごく感謝していて、人柄に惹かれた。師匠2人は声が聞き取りにくく、途中諦めてしまった。
芸人さんが真面目にお笑いや自分自身について語るインタビューのドキュメンタリー映画。面白くない訳がない。全部まとまったDVDが出たら絶対欲しいけど高いんだろうなぁ…。さすが吉本商売上手。ただ映画としての評価だとやっぱり2時間~3時間で厳選したものを収めてほしいですよね。
おざ

おざの感想・評価

-
「笑い」というものがいかに不思議な力を持ったものなのか、再確認させていただきました。
もがき、悩み、苦しみながら
何故そうまでして皆笑いを取りたいのか、
ーウケたらうれしいー
ただ、それだけなんです
それだけのことがその人生に
どれだけの喜びを、快楽を与えるか。
とても常人には理解し得ない力を
「笑い」は秘めてると思います
何十年と舞台に立ち、ただひたすらに
笑いを求めたものだけかわかる世界があるんですきっと
その生き様は多種多様、一芸人に一個のスタイルがありますが、共通するのは笑われたい笑かしたいという気持ち。
笑いを通り越してかっこよさすら伺える作品であった。
>|