74歳のペリカンはパンを売るの作品情報・感想・評価・動画配信

「74歳のペリカンはパンを売る」に投稿された感想・評価

まつこ

まつこの感想・評価

2.3
関西に住んでいる私でもペリカンの存在は知っていた。映画になると情報を見た時、グルメな友人に尋ねてみたら彼女はやっぱり食べていて「ザ・普通!古き良き日本のパンかな。今はリッチなパンが多いからね。」と返ってきた。その時の私は「普通なのか…」と少しションボリしてしまったのだけど。でも今作を見て、74年も誰かの日常であり続けることの偉大さに気付かされた。

変わらないことの信念。機械じゃなく、職人じゃなく、人間だから美味しいんだ。自分で職人って言う人ほど職人じゃない。10の力で100のものじゃなく1のものを作る。そんな言葉に心が踊る。

ダイナミックなパンのアップは映画館だから映えたんだろうなぁ。いかに情熱大陸やプロジェクトXなどの番組がテレビ向きであるか考えさせられた。ナレーションが生むドラマチックさってあるのね。

ペリカンの映画というよりお仕事ムービーで期待していたものとはちょっと違ったかな。東京に行くときは買って帰りたいと思います!
ゆた

ゆたの感想・評価

2.5
ひたすらにパンが食べたくなるドキュメンタリー。未だ食べる機会のないペリカン。たべてみたい。
jeanoak

jeanoakの感想・評価

3.5
今でこそ食パンブームで、そうは言っても高級食パンというカテゴリーを作ってではあるが、単品で商いするパン屋あるが、それを何十年も営み続ける経営姿勢に驚かせられる。

店先の常連客かにインタビューで、「全然美味しくない…〜〜普通がいい。主張しないことがいい。いつまでも食べていられる。。」のコメントが消費者の感想を総括しているのだろう。だからリピーターが多いのか。

作品最後の「もし、自分に10の力があるのなら、それで100のものをつくるよりも、1つのものをつくる。」の言葉がスゴく印象的である。1つのものを作ると言える自信に感服。
ドキュメンタリーとしてひどすぎる。

浅草のパン屋ペリカンが「2種類のパンしか売っていない」ことと「創業74年」なことくらいしかこの作品からわからないのはどうかと思うぞ。別に自分の読解力がないからじゃないよな。

だってずっとパンの製造の行程を映画っぽい構図でカット割って映してるだけじゃん。何がしたい?
320

320の感想・評価

3.0
210114

浅草のパン屋さん。

売れるパンを作る。
美味しいのは当たり前。
美味しいから売れる訳ではない。

どこかで気づき、
小さく、少しづつ、
積み上げてきた歴史。

「残像度」
「おふくろの味」
「習慣」
「普段」
そこにそれだけの付加価値を見せ、
それが『日常』に寄り添う存在であれば、それは顧客を掴んで離さない。
kanekone

kanekoneの感想・評価

2.0
本日パンを予約。明日が初ペリカンなので気分を盛り上げようとこちらを鑑賞。
言いたいことはわからなくはないが、思ってたのとかなり違う。正直かなり散漫な作りかと。常連のおじさん以外は外部の人の話は無駄なような。パンに対する期待値は上がったかな。
期待値が高すぎたのが良くなかった。全体的に間延びしており、1時間番組くらいに収まっていたら良かったかもしれない。
特に伊藤まさこさんのシーン。彼女の本は昔から好きなのだが、その仕事やバックグラウンドをよく知らない人が見たら、あまり良い印象を持って貰えないつくりになっているように思う。編集次第なのだろうか。。
映画を見た翌朝に蔵前でペリカンのパンを買って食べた。パンは大変美味しいだけに、非常に勿体無い。
ぽむ

ぽむの感想・評価

3.0
「ペリカン」が扱うパンは、食パンとロールパンのみ。ドキュメンタリー。
パン美味そう🍞

2代目店主の理念。
「もし、自分に10の力があるのなら、それで100のものをつくるよりも、1つのものをつくる。」

もう少し内容、時間がギュッとなっても良いかな。

タイトル、パッケージを見ての鑑賞。
あれ、思ってたのと違ったゎ。
Shun

Shunの感想・評価

-
このパンを一度食べてみないと、この映画の良さがわからないと思います。浅草行こ
たまぽ

たまぽの感想・評価

2.8
元のパン屋さんのこと一切知らなかったので74歳の老人がパン屋さんで働くお話なのかと思ったら全然違った🥺


インタビューは4代目とベテランパン職人は気まずそうだし音質が悪いし話が途中なのに音楽が重なって更に聞こえにくいしペリカンのパンとは関係ないシーンがちょくちょく入るしドキュメンタリー映画としてこんな見辛い作品があるのを初めて知りました。
三味線とか屋形船とかパンに関係あるの…???せめてナレーション入れてバックグラウンドの説明とか入れて欲しかったです🥺
>|