浅草キッドの作品情報・感想・評価・動画配信

「浅草キッド」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ良かった。
大泉洋の色気なに!なんであんなかっこいいんだ!
大泉洋のシーン、全てが良かった。
そしてサントラも超いい!観終わってからずっと聴いてる。
劇団ひとり、ただただすごい。

千春さんがタケシに帰ってくるなよっていうシーンも好きだし、久しぶりに師匠と再会して飲みに行った時のあの嬉しさと楽しさが溢れ出てる師匠の表情もすごく良かった。帰る際にヒールを差し出すタケシ、そしてそれ観た時の師匠の表情はもう格別。あの笑顔が1番心に残った。
それにしても、いつも本気で真正面からちゃんと叱ってくれる師匠、素敵すぎるな...。

そして師匠もだけど妻も良かった...。どんなに生活が苦しくても、舞台にいるアンタが好きと、諦め始めてた夢や自分を肯定してくれて、応援してくれて、迷いを消してくれて。素晴らしいパートナーだな。自己犠牲の精神って普段は好きじゃないけど、この作品のは全然嫌じゃなかった。むしろ好き。生活苦しい時に、後輩に奢りまくったり、周りの人にお釣りはいらないとか言ったりしてたら、私ならブチ切れそうだけど、夫への信頼と尊敬と気遣いが素晴らしかった。夫もそれを当然と思わず、配慮があり、理想的な夫婦関係。幸せなな結婚は、やはり"尊敬し合える"かどうかがポイントなのかな、と思ったり。

てか、ちょいちょい映る今のタケシ、普通に本人かと思ったわ。柳楽優弥、ファブルの時のいかれてる役はまりすぎてて、そのイメージ強かったけど、なんでもこなせるんですね、すご。
観た後に霜降り明星のANNの2022/01/14回を聴くと2倍楽しめる。
ビートたけしの癖が気になったけど、師匠との関係性、師匠と奥さんの関係性に心温まりました
ちょっと師匠かっこよすぎ
こういう笑えてクールな映画好きすぎる
面白かったし、昔の浅草の芸人のカッコ良さみたいなのは満喫できたし、良い話ではあるんだけどなぁ。

上手い映画では無かったよね。
まい

まいの感想・評価

4.0
良かった。。。
柳楽優弥は星になった少年から好きで、精神を病んだと言うニュースが10年くらい前に出た時にめっちゃ心配になってずっと軌跡を追っていたので、俳優としての成長に涙。

ビートたけしにも下積み時代があったんだと思うと、とても頑張る気持ちになれる映画!

観た人、「JUNK 爆笑問題カーボーイ」の2021.12.21放送の劇団ひとり監督がゲストの回聴いてほしい。たけしさん信者の太田さんと監督のバトルが激しくて面白いです。
ラジオクラウドというアプリで聴けます。
maigo

maigoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すんごい人情ものだった……。
真似がうまい。でもまあ真似しやすいもんな。

タップダンス好きだから音だけでも楽しかった。役者さんがちゃんとやってたらもっと素敵だったけど、それはまあ。

お金たくさん遣われててせつない。麻里さんが不憫すぎて困る。かなしい。
でもちゃんと払えてるのか、せつない……。
遺影が「大泉洋の遺影」って感じすぎてちょこっと笑っちゃった。
最後の最後に本人出演、なるほどな……になった。最初のカットに戻る映画の演出好きすぎる。……と思ったらリプレイがすんごい長くてまたかなしくなっちゃった。好きだなと思ったシーンで終わったの、好き。エンドロールも好きなシーンで好き。
エンドロールで「……くりーぴーなっつ??」ってなった。全然気が付かなかったww

すごい物語だ。どのあたりまでが正真正銘のノンフィクションなんだろうか。
ひとの勧めがなかったら絶対観てなかったジャンル(芸人さんも芸能人もなにもわからないしそもそも邦画をあまり観ないし)。見られてよかった。
たけしさん本人や時代背景にリスペクトがあり、手を抜いている感じのない作品で、隣からたけしさんの若き日を眺めているようなそんな気持ちになった。たけしさんに人生についてもっと知りたい。
ビートたけしが師匠である大泉洋の影響を受けてブレイクしたということはわかったけど、その後の活躍をしっちゃってるせいか特に気持ちの動かない作品だった。自叙伝の映画化って難しい。
>|

あなたにおすすめの記事