We Love Television?の作品情報・感想・評価

We Love Television?2017年製作の映画)

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

ある日突然、土屋敏男がカメラを抱えて萩本欽一の自宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」その一言から、萩本欽一と土屋敏男の番組作りが始まる。番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる人達との打ち合わせなどを精力的にこなす萩本欽一は、76歳。新しいものへの探求心、笑いへの追求心…周囲の人達の熱量を最大限に引き出していく萩本欽一独自の手法とは?これまで誰も見たことのない萩本欽一の…

ある日突然、土屋敏男がカメラを抱えて萩本欽一の自宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」その一言から、萩本欽一と土屋敏男の番組作りが始まる。番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる人達との打ち合わせなどを精力的にこなす萩本欽一は、76歳。新しいものへの探求心、笑いへの追求心…周囲の人達の熱量を最大限に引き出していく萩本欽一独自の手法とは?これまで誰も見たことのない萩本欽一の真の姿を追った、最初で最後のドキュメンタリー映画。

「We Love Television?」に投稿された感想・評価

堊

堊の感想・評価

3.7
「日本人がなぜ素晴らしいのか。背が丸いからなんだよ
挨拶ができたから俺は生き残った」
いやもうほんと日本の60overってこんな感じですよね。ラストの大学入学も狂人のガイジムーブにしか思えない。
なにより土屋敏男が萩本欽一のことを「いまだに自分は視聴率百パー男だと思ってる狂人」としか扱ってないフシがあるのもいい(だからこそV&R系のファンから評価されている作品なのだが…)
hawkwood

hawkwoodの感想・評価

4.0
欽ちゃんのドキュメンタリー、全部見れていないが、番組制作への熱意が凄かった。この年で、この熱い心、すごい。
love1109

love1109の感想・評価

3.8
狂っている。共演者であれ、スタッフであれ、番組にかかわる人間のあらゆる逃げ道を塞ぎ、どんどん追い込んでいく姿は、まさに狂人のような恐ろしさがある。しかし、そんな「欽ちゃん」の、ほんとうの恐ろしさを思い知らされるのは、それ以上に鋭い刃を、76歳にしてなお、自分自身に突きつけているからだ(エンドロールが流れたあとにそれは明らかとなる)。果たして「お前は狂えているのか?」という突きつけ。「狂熱を継承せよ」という、自らを鼓舞するかのような、Tプロデューサーのメッセージが熱い。

このレビューはネタバレを含みます

これはテレビの制作サイドに関わらず、ものづくりをする人全員が観る価値のあるドキュメンタリーなんじゃないかな。
欽ちゃんが視聴率100%男と呼ばれていた伝説は聞いたことがあったけど、このエネルギーを見てしまうと、ひたすら納得してしまう。熱を見たい、夢中を見たい、最後の1秒まで安心しないで奇跡を生み出そうとする姿、バラエティを演出していく姿を見て、年齢とか通用しないぞ、って思ってしまった。「視聴率30%番組を作る」というドキュメンタリーだけど、普段テレビを見ない自分ですら、「これ毎週やってたら見てるだろうな」って思うパワーがあった。夢中になっているからこそ、観たいと思った。

劇中、意図せず、たくさんの金言が出てくるんだけど、最後に「人間は50%失敗だから、それを反省していけばいいの。種を蒔いて必ず実になる。じゃないと死にきれねえよ」って車から出ていく姿は、伝説を証明するような眩しさがあった
ISHII

ISHIIの感想・評価

3.9
パンチライン満載の映画でした。劇中で作った番組の何倍も面白かった…
ドキュメンタリーとしてかなり低い出来。面白いのはコントという舞台上であって、その裏側を見てもまったく面白みはない作品。老人通しの話を切っていいてもまったく共感できない作品。
欽ちゃんスゲェかっこいいってなりました。
映画の途中の稽古のシーンの緊張感すごい。笑ってない時の欽ちゃんって何か怖い。もし新アウトレイジが出来たら 大将役で出て欲しい。
欽ちゃんすげえな

そりゃ大将って呼ばれますよ

この作品の中ではコメディアンとしての欽ちゃんと言うよりも演出家としての欽ちゃん

その欽ちゃんの真芯にあるもの
説明をせずにまずやらせる
そして後から説明す。
その中にある欽ちゃん独自の思考、考え方、凄い

これって下町コメディ映画祭で上映されたぐらいでしたっけ?
そんなに上映館多くなかったですよね?

映画館で観たかった

田中美佐子は相変わらずお美しい
「視聴率30パーセントを越える番組」って、あれのことだったのか。観ましたよ、当時。客前コントでの、お笑いコンビ「次長課長」の河本さんのポジションの重要さと、その期待に答える活躍ぶりにこちらも涙したのを覚えてる。

この作品、その番組が出来上がっていく様子を映している。欽ちゃんの番組づくりは著書では知っていたけど、こうやって映像で観るのは初めてだ。

ボクのサイトでは、もうちょっと詳しく書いてます。http://oride.net/kinchan-movie/ で。
テレビへの情熱家"萩本欽一"。
いやぁ〜こんな欽ちゃん初めて見た!テレビへのあいじょうというか執拗さというか・・・まさにこれからのテレビの可能性を生み出す不死身の男だ!!!
>|