耳かきランデブーの作品情報・感想・評価

『耳かきランデブー』に投稿された感想・評価

aya8

aya8の感想・評価

-
ロバートの山本さん、演技がお上手ですね。
私も耳かき大好きですが、他人のはイヤかな。
33分間の短編映画です。
内容的にはスコア評価2.8くらいですが、
主演の「春風亭ぴっかり☆」が良かったので +0.5して
総評価スコア3.3です。

~~~~~~~~~~

< ストーリー >
耳かきが趣味のサヤカは、同棲中の彼氏 ケイタの耳かきをするのが楽しみでした。
けれど、最近ではマンネリ気味になってしまい、会社の同僚にも
『色々試したんだけどね。硬さとか太さとか素材の違うのとか』等と
愚痴り始めます。(当然、誤解されます)
そんなある日、サヤカは、自分で耳かきが出来ない男 コバヤシと
仕事でペアを組む事になります。

サヤカ:春風亭ぴっかり☆
ケイタ:ロバートの山本博
コバヤシ:しずるの村上純

~~~~~~~~~~

そう言えば、私の元カノにも 耳かきが趣味の女性がいましたし、
職場の同僚にも 耳かきが趣味のコがいて
『耳かきをさせてもらえませんか?』と言われた事が有りました。
耳かきが趣味の女性は、意外に多いのかもしれませんね。
耳かきに翻弄された女性の物語。
馬鹿げているかなと思ってたけど、案外じーんと心に染みるお話でした。
耳かきされたくなりますね…👂
『カメラを止めるな!』の上田監督の奥さんが監督してるんやね、、。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.8
シュールすぎてニマニマしながら観てしまった( ≖͈́ ·̫̮ ≖͈̀ )ニヤァ 短いながらも綺麗にまとまっていて楽しい!
耳垢ほじりがいのありそうな男性の耳👂を見ると耳かきしたくなってしまう主人公のピンポイントなフェチ?が微笑ましい🥰同僚との会話も、完全に違う意味の下ネタにしか聞こえなくてウケた🤣
しずるの村上ってこんなイケメンだったっけか?🥺と思ったのも束の間、最後は完全にロバート山本の魅力にやられましたとサ\(//∇//)\
2021-155本目

耳かきが、浮気か否か?

飲み会の1ネタのような30分。

結局飲み会レベルではあったけれど、まぁまぁ楽しめます。

けど、、、、。映画で表現するのが良かったかなあ?映画にするにはちとパワー不足というか、個性が感じられなかった。
コントとか、思い切って落語とか、別な表現で今作を見てみたいなぁと思いました。
『たまえのスーパーはらわた』と同時上映していた群馬県協賛映画。こちらは上田監督の奥様の作品ということなんですが、地域盛り上げ映画としてはっちゃけてたのはむしろこっちの方だったという。
なんで前橋市のPR映画のテーマが「耳かきはSEXか否か」なんだよ!!俺は何を見せられてたんだよ!!

テーマがマジで他人の耳かきをするのは浮気か否かのラブロマンスでして、耳かきをバイブディルドとアンジャッシュする会話とか本当に「群馬県これでいいのか!?」ってなって爆笑していた。いやよく「あん❤︎あん❤︎」な喘ぎ声が聞こえると思ったら耳かきだったとか、耳かきリフレとかあるけどよくこのネタ一本で映画創ろうと思ったな…!
あっ、劇中の有識者によると耳かきは性行為として「B」らしいです。マジかよ、耳かきしてもらって童貞捨ててくる 

耳かき≠SEX問題で人間模様を描いてはいるが、不器用な人間による人間賛歌にもなっている。上田監督も不器用な人を沢山出しながらそれに寄り添う優しい作風だったけど、夫婦でここまで作風って似かよるのかって衝撃があった。作品テーマ的に仕方ないけど割と無難に収まった『たまえ』よりも、尖った作風でありながら綺麗にまとめたこちらの方が拾い物だったな。
この同時上映で上田夫妻のファンになってしまった。
犬

犬の感想・評価

3.0
最初にど下ネタだが、最後までニヤニヤと温かい気持ちで観ることができ、エンドロールのROGUEでなぜか泣いた。前橋市民でさえあまり知らないであろうkokechiとかカラオケスタジオQBとかバーカラフルなどが舞台になっている。前橋出身のふくだみゆき監督は前橋への思い入れはあまりないそう。何もないけど、どこにでもある、誰でも迎えてくれる街という前橋の印象を語ってくれた。舞台挨拶では、夫で編集等も務めた上田慎一郎監督のエピソードも語られ楽しめた。この作品が前橋の劇場で上映されたことを嬉しく思うし、多くの人に観てもらいたいと思った。
こりん

こりんの感想・評価

3.5
あー女性監督ってこうゆうことだな、
って思うくらい心地よく観れちゃう

ぴっかりさんの落語みたい!
若い女性の落語聞きたかったんだよね〜><
ant

antの感想・評価

3.0
ふくだみゆき監督 うぁー これもフェチを突き詰めた作品で、どんだけぇ~って楽しめた。よしもと芸人を上手くキャスティングして、会話劇の間を生かしてる点でも上手いなぁ。上田慎一郎監督の編集も割が絶妙。+舞台挨拶 ラストシーンが初めましてのすぐ後、2シーン目撮影だったって秘話にも凄いってなった。
Katsumi

Katsumiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2月3日時点、今年の暫定ベスト。
ラストシーンのドキドキ感がたまらなかった。
ぴつかり☆は、他の映画でも観てみたい。
>|

あなたにおすすめの記事