ラストラブレターの作品情報・感想・評価

ラストラブレター2016年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:58分

ジャンル:

3.3

あらすじ

そこには悲しみを忘れさせてくれるヒューマノイドがいる。 今ではないいつかの未来。ここではないどこかの街。突然の事故で妻の晶子を失った隆。 2年が過ぎても、未だに大きい喪失感を抱える隆は、晶子をヒューマノイドとして蘇らせることを決意する。そしてある夏の日、“彼女”がやって来た。その姿は生前の妻そのものであった。しかし彼女が起動しているのは2週間のみ。蘇った晶子との最後の生活が始まる。

「ラストラブレター」に投稿された感想・評価

りた

りたの感想・評価

-
明子のため息のタイミングが絶妙でこれは台本なのかアドリブなのか気になった。

明子の料理を食べたかった
あの食事シーンはしんどすぎたああああ

観に行けてよかった
久し振りにドバドバ泣けました

舞台挨拶も合わせてあったけど、お客さん4人しか居なかった。これぐらいがちょうど良かったりする。

このレビューはネタバレを含みます

二回観ましたが、初見で気付けなかったシーンを発見することが出来ました。

特にラブシーンが無いので観やすいのですが、大切な人を失った喪失感が凄く伝わり、良かったと思える作品です。
はな

はなの感想・評価

-
「ありがとう」の言葉の温かみや深さをものすごく感じれる作品でした。
あと、食事のシーンは泣きました。
Masa

Masaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

何が良かったって、あれは男側の話として観ても成立するというか、切なさが助長された。

最初に男側からスタートしているのだから、自分が実は逆の立場で死んでいて妻が自分に未練を感じて自分のアンドロイドを購入し、時間を共にする。
そうして、彼女の膝の上で死ぬのだ。
こんな幸せな死に方があるのだろうか。

妻の死を自分がとって変わりたいという気持ち。あるような気がする。

お互いに愛していたこと。
そして、本当に確認したかったこと、言い残した、やり残したことをやりとげること。
それを二度楽しめるお話なのではないだろうか。
とにかく、とにかく、あの食事のシーンには涙が抑えきれなかった。

仕込まれたトリックが秀逸でわぁっとなったし、それによって最初感じた違和感がより一層、あのシーンの素晴らしさが増したと思う。

そして、音楽の使い方がほんとうによかった。
fumiel

fumielの感想・評価

3.7
友人の高校の同級生が作った映画。レイトショー上映最終日はとてもにぎわっていました。話を聞いていて、森田監督ひとりだけではなく、みんなで作った映画なのだなぁと感じました。映像や音楽もとても美しかった。個人的には、食卓のシーンはとても切ないけれど、心が温まりました。
‪ちょっと懐かしいテイスト、光(照明)、音楽がすーっと目立ってきたり、間のような時間がSF感を考えながら物語を想う時間になってて良き時間だった。
食べるシーンが1番好きだなー
HAL2000

HAL2000の感想・評価

3.8
昨年のSKIPで短編バージョンみていたので完全版楽しみにしていました。最初、あれヒューマノイドって?と思いきや。ありです、ありです。上手い展開です。騙されました(笑)。
切なさが倍増されてます。ふと、自分自身におきかえると、さよならを言えずの別れがいかに多いことか。亡くなった方には多分、さよならなんて、ありがとうでさえ言えていないかも。もっともっと日常を、大切な家族や友人を大事にしなければと思いました。髭なしミネオさんは私には違和感ありありでヒューマノイドでしたね。#ラストラブレター
lp

lpの感想・評価

3.1
『赤色彗星倶楽部』『戻る場所はもうない』『三尺魂』に続いて、テアトル新宿で開催中の田辺・弁慶セレクションにて鑑賞。

今作はSFラブストーリー。事故死したパートナーを、ヒューマノイドの姿で蘇らせた夫婦の物語だ。
話の中身には目新しさをあまり感じなかったけれど、美しい映像から形成される世界観により、非常に上品な仕上がり。同時上映された短編の『世界で一番最後の魔法』も映像の美しさが際立つ作品であり、森田博之監督の美的センスの良さを感じた。

映像美、夫婦が織り成す日常の雰囲気、ラストの切なさと、好きな人は凄く好きになる映画だと思います。
Marrison

Marrisonの感想・評価

4.0
テアトル新宿にて。同じ監督の併映の短篇『世界で一番最後の魔法』の方がさらによかった。その短篇自体が立派に一つの魔法だった。柔らかなミネオショウさん、をリードしまくる化粧美人(中田ミエさん?)の顔演技が小津の『晩春』ばりに移り変わったりして上々だった。魔法かけるところもクギヅケ。

さて、こっちはこっちで充足映画! 今度は上手に剛(つよ)さを出したミネオショウさん&つっけんどんな影山祐子さん。子ナシの若夫婦ってこんなに姉弟みたく地味にビターにぶっきらぼうに会話するものなの~、と独身の私をちょっと引かせたほどの二人の自然っぽ演技(じつは自然じゃなく、微SF要素をシッカリ意識したにちがいない絶妙なライトミディアムタッチなのだろうが)&劇伴しみじみピアノが素敵!
ふりかえってみるとストーリー前半(攻守交代前)って本当に必要だったの?なんだけど、、それはともかく、後半の「食べるふり」のところの幸せあたりからの終盤のエモさには特段の好感。涙を誘うほどのヤマじゃぁなかったが、私たちの代わりに銚子の波が堅実に風景の一部をぐっしょりさせてくれつづけた。サーファーらを追い出して撮ったの?
キャメラ・編集的には、一言ずつの切り返しが時々「硬いな」と思わせたりはした。(目がちょっと疲れたから。)
いい映画でした。。。
>|