闇金ドッグス4の作品情報・感想・評価

闇金ドッグス42016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

3.0

あらすじ

ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入た。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、癖のある債務者を追い込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田(升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。もう、あの塀の中には戻りたくないと、足を洗う事を宣言した豊田。男として、ヤクザとして、常に目標としてきた豊田…

ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入た。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、癖のある債務者を追い込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田(升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。もう、あの塀の中には戻りたくないと、足を洗う事を宣言した豊田。男として、ヤクザとして、常に目標としてきた豊田に、忠臣は放免祝いとして30万を包む。常に債務者には冷徹な忠臣の意外な態度に、司は突っかかるが、「優遇は一度まで。次に融資する時は、きっちり回収する」とその信念は変わらない。しかし、出所した元ヤクザには、世間の風当たりも厳しく、就職先もままならない。それでも堅気になると誓い、喫茶店で慣れない履歴書に向かう日々を過ごす。そんな豊田の姿を微笑ましく見ていた喫茶店の店員・元子(高橋ユウ)の前に、突然チンピラが現れる。元子を拉致ろうとするチンピラを、圧倒的な腕力でぶっ飛ばし、元子と共に逃げる豊田。金銭トラブルを抱える元子と元ヤクザの豊田。頼る相手がいない二人は、束の間の安息を得て、共に惹かれあうのであった。幸せな時間を守る為、元子の借金を肩代わりする事を決めた豊田が向かったのは、ラストファイナンスであった・・・。

「闇金ドッグス4」に投稿された感想・評価

Ei

Eiの感想・評価

2.0
重いのはいいんだけど終着地がないのは困る。
どんより感とモヤモヤ感を履き違えた結果って印象。
yu51

yu51の感想・評価

3.4
今回は次回作に繋げてるのもあって中途半端に終わったからなんか微妙だった。
でもAV会社の社長がキャラ濃すぎて面白かった。
666

666の感想・評価

3.0
2018.6.17
元ヤクザの豊田が出所する場面から物語は始まる。
彼の人生再生物語であったが元子というウェイトレスとの出会いでその人生はまたも思わぬ展開を繰り広げる。

今作はハートウォーミングかなと思ったがやはり元ヤクザという肩書きが弊害になったり悪徳闇金業者との揉め事になったりと上手いようには展開していかなかった。

ラストもよく分からない終わり方で次作に何か少し期待を持たせる感じだった。
闇金ドッグスシリーズの4作目
ウシジマくんとか好きな人にはオススメ。
village123

village123の感想・評価

3.0
ラストファイナンスの安藤の元に刑期を終えて出所した豊田が現れる。安藤はヤクザ時代の恩義から、出所祝いを渡してカタギなることを応援する。その後、豊田は偶然助けた若い女・元子の部屋に身を寄せ、居酒屋でバイトを始める。しかし、元子は石松という闇金業者から逃げ隠れていた。

1作目から段々と画のクオリティが上がっているのは良いことだが、内容は悲惨さが薄れて普通になってきている。
とはいえ、弱小AV業者の企画会議のコミカルさは、これまでのシリーズになかったのでおもしろかった。
余韻を残すような終わり方も短時間で上手くまとまっていると思った。
nori007

nori007の感想・評価

3.5
今回は、足を洗った先輩ヤクザと、AV会社社長の2つのストーリーライン。
人生を一からやり直そうという人たちの話しだが、想像以上に大変という事がわかる内容であった。こうした人達の受け皿も無いと再び再犯を繰り返すばかりなのでかなり問題である。特に日本では復活が難しいように思う。
しかも搾り取られる側は2つの闇金をグルグル金がめぐっているだけという地獄の展開。本当に恐ろしい世界だわ。。。

仮面ライダーキバの高橋優を久しぶりに見たけど、すごくいい女の役であった。そりゃ先輩ヤクザも本気になるよな。これはとんでもない作品なのでは!と思ったが終わり方が少々不完全燃焼。これは次回作への布石なのか??
emi

emiの感想・評価

3.3
続編が出るから…と思い見てるけど

出演してる役者さん一人の行いで4月公開の作品は、お蔵入りするのかな…
yh

yhの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

途中まで面白かったのに終わりが非常に残念。
とてもスッキリしない。その先が観たいのに…中途半端な感じ。多少ファンタジーでもいいから、前作みたいにスカッとしたかった。豊田と元子には幸せになってほしい。
会議シーンがシン・ゴジラで笑った。
高橋ユウがマジ天使。
山田くんと青木くんが交互に主演を変えるスタンスなんですかね?ターン的には山田ターン。とは言え、今回はほぼ升毅主演な内容。AV会社の下りはバカバカしく笑いを取りに、升パートはとことんシリアスに、というバランスでどちらも山田くんが締めに入る形。ラスト及びエンディングを見る限り、どうやら4と5は続けて1作品的な扱いなのかな?
2018.4.1.
スカパー チャンネルNECO
終わり方よくわからん。山田くんは勿論だけど青木さんもすごくいい。