闇金ドッグス4の作品情報・感想・評価

闇金ドッグス42016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

3.0

あらすじ

ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入た。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、癖のある債務者を追い込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田(升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。もう、あの塀の中には戻りたくないと、足を洗う事を宣言した豊田。男として、ヤクザとして、常に目標としてきた豊田…

ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入た。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、癖のある債務者を追い込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田(升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。もう、あの塀の中には戻りたくないと、足を洗う事を宣言した豊田。男として、ヤクザとして、常に目標としてきた豊田に、忠臣は放免祝いとして30万を包む。常に債務者には冷徹な忠臣の意外な態度に、司は突っかかるが、「優遇は一度まで。次に融資する時は、きっちり回収する」とその信念は変わらない。しかし、出所した元ヤクザには、世間の風当たりも厳しく、就職先もままならない。それでも堅気になると誓い、喫茶店で慣れない履歴書に向かう日々を過ごす。そんな豊田の姿を微笑ましく見ていた喫茶店の店員・元子(高橋ユウ)の前に、突然チンピラが現れる。元子を拉致ろうとするチンピラを、圧倒的な腕力でぶっ飛ばし、元子と共に逃げる豊田。金銭トラブルを抱える元子と元ヤクザの豊田。頼る相手がいない二人は、束の間の安息を得て、共に惹かれあうのであった。幸せな時間を守る為、元子の借金を肩代わりする事を決めた豊田が向かったのは、ラストファイナンスであった・・・。

「闇金ドッグス4」に投稿された感想・評価

記録用

記録用の感想・評価

3.0
終わり方が これで終わり? という感じでもやもやします。
シリーズの中で一番気楽に観れた気がしますが途中のシャブの部分がちょっと…。
豊田さんと女性がどうなったのか、お金はきっちり回収したのか(忠臣さんのことだからしてるとは思いますが)色々気になることが投げられて終わった感じでした。
iraco

iracoの感想・評価

3.0
あの……そもそも闇金というのはカタギなのでしょうか? という疑問が終止つきまとうのですが、一気に4まで見てしまいました。すでにだいぶラストファイナンスのファンですよ。ドピュッシー社の今後が気になります。
のnきち

のnきちの感想・評価

3.5
今回は、安藤がヤクザ時代から尊敬しているトヨダ(升毅)が軸になっている。

情を持った女の為に信用を担保に安藤に金を借りるトヨダ。
仕事を全うする為に安藤は取り立てる。
安藤の闇金業とトヨダへの感情が葛藤している姿がたまらない。
山田裕貴、やっぱりハマリ役だと思う。

その後のトヨダがどうなったのか気になる。。。

AV制作会社のミーティングシーンが面白かった。
ayk

aykの感想・評価

2.2
ある意味衝撃のラスト。
なんか知らないけど、エンドロールに腹が立ったwwww
tmadd

tmaddの感想・評価

3.2
4まで我慢して観てきてちょっと面白くなってきたのに、中途半端な終わり方で5に続くのかと思いきやまさかの続かないんすか
おっさんが不幸になる話は見ててつらい…

AV問題すごい中途半端に終わったし、おっさんのほうも中途半端…
ulysses

ulyssesの感想・評価

2.2
脚本家は変わらないけど監督が変わったから?なんか急につまらなくなった。

AVの方も元ヤクザの方も散らかして簡単清掃しかしてない感じ。頭に詰め込みすぎて尺足らんくなっちゃったんですか??詰め込んでるようにも見えなかったけどなぁ。AVの方はそんなあっさりですかって感じで、元ヤクザの方は10年も墓所入ってたからコロッと女にやられてそんなことしてまったんですか?って感じ。

んーもうよくわからないや。とりあえず、安藤が勃◯するようなAV作るんじゃなかったの\\\٩(๑`^´๑)۶///
kyo

kyoの感想・評価

4.0
このシリーズで初めてじゃないかなースコア4!
主人公、あんまり出てきてないけどストーリーがなかなか面白い。ヤクザあがりのおっちゃんの栄枯盛衰ぷりが楽しめる。
hyk0722

hyk0722の感想・評価

2.5
問題投げっぱなしで解決しないせいで全然スッキリしない!
5が後編というわけでもなさそう

んー、残念!!
よっし

よっしの感想・評価

2.8
確かになんだか後半イマイチ!今の所、2が好き。スナックのママのやつ。リアル。
>|