超力戦隊オーレンジャーの作品情報・感想・評価

「超力戦隊オーレンジャー」に投稿された感想・評価

小林義明監督はTVの戦隊、ライダー、宇宙刑事シリーズなどのパイロット(1・2話)を始め傑作が多く、独特の作風は特撮ファンたちの絶大的支持を得ている。
その才能は月曜ドラマランド枠の『ゲゲゲの鬼太郎』(1985年)でも、72分と言う長編でありながら、宇宙刑事シリーズのアクションを大胆に取り入れて傑作にしている(褒めすぎ?)。
当時、俺は「小林監督のもっと金をかけた大作映画を観てみたい!」と心躍らせた。 

その声に応えるかのように、小林監督による、制作予算総額5億円をかけた(とされる)長編特撮映画『大予言 復活の巨神』(1992年)が製作された。脚本は『仮面ライダーBLACK RX』で組んだこともある江連卓。かなり期待した。
のだが・・・・・ハッキリ言って、ダラダラして退屈だった。
「きっとオリジナル長編だから好き放題やり過ぎて失敗したんだ。これが特撮ヒーロー物の劇場版なら傑作映画になるに違いない!」と思うことにした。

その約3年後、小林は今作『超力戦隊オーレンジャー』(1995年)の映画版を監督した。脚本は特撮ヒーロー物のベテラン、上原正三。小林とは何度もTVの特撮ヒーロー物で組み、傑作、佳作を輩出している。俺は「少なくともTVシリーズのパイロット(1・2話)レベルにはなるだろう」と安心していた。
ところが今作はオーレンジャーよりもゲストの子供たちの出番が多くて、特撮ヒーローのカッコ良さとダイナミックさが足りず、テンポが悪くシュールなだけだった。小林の悪いところばかりがクローズアップされた結果となってしまったのだ。

結論
小林義明は、ある程度、局の規制や要望などで縛られたTVでこそ、その才能を発揮できる監督なのかもしれない。
HK

HKの感想・評価

3.5
超力戦隊オーレンジャーの劇場版

敵の作戦は、コミカルでありながらも戦争ごっことして一般人を普通に殺していたり、手足をぶった切る描写があるためいろいろと子供向けでありながらシリアスに描かれていてとても驚いた。

しかし、子供向けでありながら、こういう戦争だって普通に起こっていることをしれば、なんというか人間のもろさを知ることができて良くできた内容であると思った。

どうりでオーレッドさんも激怒するわけである。許さん!と一喝してからの変身からの戦闘シーンは流石であった。

結構面白かった。
あおい

あおいの感想・評価

3.0
名乗りがシンプルなオーレンジャー。

さとう珠緒が出てますね( ^ω^ )

前2作はちょっと意匠を凝らしてたから、原点回帰したっぽい作り。レッドがリーダー、ロボも動物モチーフ、マンネリ化しないために昔から色々工夫してたんやなと実感。

何を意識してか分からんけど、時折「オーレっ!」って言うてキメるのオモロイ( ^ω^ )

茶番的ストーリーと完全にイッてる怪人はいつも通りでした。

マンネリ化脱却のため、今年2月から何と2大戦隊が激突するという異色作がスタートします!

その名も「怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー」!「キュウレンジャー」でもだいぶ異色作やったけど、どういう展開になるのか今からワクワクです( ^ω^ )

Amazon Video#276
カクレンジャーの劇場版観たさで借りたDVDに入っていた別の戦隊映画その2。『超力戦隊オーレンジャー』の劇場版作品です。

主題歌の中で
『バラノイアなんて怖くない~!♪』
と歌われていますが(ちなみに歌っているのはけんたろうお兄さん)、今回立て続けに観た戦隊映画3作品の中ではもっとも多く死傷者が出ています(笑)。

「機械帝国と人類が戦争を始め、人類が負ける映画」を作るために敵組織に誘拐された子供達を救うためにオーレンジャーが駆けつける!…のですが、

・端役の兵士も実は改造された元人間
・撮影で使われる火器類は全部実弾
・人間は疲れたり怪我したりでぶっちゃけ使えないので手足を切り離してブリキ製のそれに替えようとする

…など、直接的な描写はありませんが前二作と比べて明らかに入れるギアを間違えている悪役の描写が強烈に印象に残ります(笑)。
しかもこれだけエグいことをしておきながら敵の描写にはけっこうコミカルな部分も多いというのがこの作品の凄いところ。攻撃手段がド下ネタなヤツまでいるし(笑)。
前二作が陽気なノリだった分余計に浮いて見えた作品ですが、逆にオーレンジャーのテレビ本編もいつかちゃんと観てみたいと思いました(笑)。
たまーに子供向け特撮で狂気を出してくる話がある

だからやめられない。
スーパー戦隊シリーズ20周年記念作の同名作品の劇場版。数あるスーパー戦隊映画の中でも異色な作品。

主人公であるはずのオーレンジャーはほぼそこにいて戦うだけ。流れはあるものの物語性はあまりない。
反戦やいじめなどの強いメッセージをオーレンジャーでもなく、ゲスト主役と呼べるほどでもない子供たちがセリフで言うまさかの事態。

戦争映画のようなビジュアルや、映画を作ろうとする敵とそのスタジオに乗り込むオーレンジャー...というプロット、人間が機械に改造される哀しさ、上に挙げたようなメッセージなどなど、面白くなりそうな要素はあったもののすべてが散漫に終わった。
うさ

うさの感想・評価

-
小さい頃に何回も観た記憶はあるけど、中身はさっぱり覚えてないな。
普段は隠れがちである悪役の恐ろしさを前面に打ち出したホラー要素と、大人の遊び心が見事にブレンドされた、ヒーロー映画史に残る異色作かつ大傑作です。本編を観ていなくても十分楽しめます。

そもそもこの小林義明監督は無機的な恐怖演出を得意としています。要するに、マネキン、人形や陶器のマスクといった人体を模したものの使い方が非常に上手なのです。それが本作「オーレンジャー」の敵である「マシン帝国バラノイア」との間に素晴らしい化学反応を起こしています。バラバラにされたロボットからは人体損壊を想起させられますし、橋を爆破するシーンでは、もちろん生身の人間は使えないので人形を用いますが、わざと人形だと認識させた上で燃やし、こちらの生理的嫌悪感を煽ってきます。一方でBGMは軽快なものを流したり、または無音にしたりとこちらも扱いが上手です。無機的な恐ろしさという点で氏の右に出る方はなかなかいないでしょう。

また、劇中にて「オーレンジャー イズ サノバビッチ!」などと「フルメタルジャケット」のパロディをしたり、さとう珠緒を縛って吊り上げた上で敵キャラに「エロス!」と発言させたり、隠そうともしない男性器のメタファーなど、書ききれないほどの遊び心が満載です。ここまで(良い意味で)下品なヒーロー映画は観たことがありません!

主役であるオーレンジャーの出番が少ないので非常にとっつきやすいです。所詮子ども番組の劇場版だと甘く見ずに、是非観て欲しい逸品です。