さよならの朝に約束の花をかざろうの作品情報・感想・評価

さよならの朝に約束の花をかざろう2018年製作の映画)

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。 人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。 10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。 両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。 そんな彼らの日々は、一…

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。 人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。 10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。 両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。 そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。絶望と混乱の中、 イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。 虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。 少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。 ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」に投稿された感想・評価

かたや

かたやの感想・評価

3.7
カリスマ井上俊之さんが400カットほども担当したそうで終始作画がとにかくすごい
あと馬とレナト
るるる

るるるの感想・評価

4.5
繊細な作品でした。
流石、岡田麿里さんだなと感じました。
音楽もとても綺麗で、キャストさんも
かなり豪華でした。
EDでさらに泣けました。
とと

ととの感想・評価

3.0
自分には合わなかった
映像はめちゃくちゃ綺麗だし作画もキャラデザも好みだけど、世界観ここまで作っておいて話の方向や問題点が現代的というか…
親子愛に反抗期にスレ違いって印象でこのファンタジー雰囲気の中でやる必要あるのか?みたいな……他にも要素を感じられたら良かったのかもしれない
しかもエリアルの心の変化が読めなくて突然反抗期起こるやん…と唐突さに冷めてしまった(話の都合上反抗期にさせた感が強い)
途中の孕んだり闇オチとかも、こんな子が鬱や闇オチしたら萌えない?みたいなテンプレ感も感じたり…
ラストのオチの付け方は綺麗で好きだった
というかこのオチのための設定感が強いのも冷めた理由かもしれない
岡田麿里初監督作品にしてとても高い完成度
最後の怒涛の展開に涙
数百年の寿命をもち布を織り世界より隠れて暮らす別れの一族…彼らは里を出たら他者を愛してはいけない、愛せば本当の孤独になるからと教えられてきた…まるでミュシャの絵画のように美しいアニメーションで綴られる珠玉の物語。愛すること、母性、お母さん、流れゆく時…そして!もうただただ涙です。
私としては良い作品だったけれども、今に思い返してみると観客に対して多くを要求しすぎた作品だったという思いが浮かぶ。
尺が足りない中で表現しようとした主題として、最も大きいところに主人公の子供への愛があったのだけれども、作品の中での言い回しや細かい表現が作品全体を俯瞰しなければ理解し難く、また母親から子供への愛が主題であった為に共感を働かせて感動する事が出来ない場合も多かったように多くの批評を見ていくと感じられる。

この作品は大まかとして、
⚪︎長寿の民や竜、といった神秘的な存在が進んで行く時代の中でどの様に捉えられるか、またその捉え方の変化。
⚪︎主人公とその子を取り囲む、環境の移り変わりや、それぞれの場面で描かれる人々との対比。
⚪︎長寿の民とその風習
この3点が物語の中で大きな意味を持っていたと思われる。だが尺が足りない為か映像の中でさらりと写され、それぞれの描写の意味を観客が踏まえなければ、伏線が回収されていないと批判されてもやむ得ないだろう。

現代という舞台の中で安易に感動できる作品とは違い、ファンタジーの中の世界を描いたが故に多くの場面で観客に理解力を強い過ぎた作品であった為に感動モノを観たいと映画館に足を運んだ人々にとっては"面倒臭い作品"だったと思う。然しながらファンタジーの中で葛藤し、迷いながら進む母子の愛を描いた作品として観た時にはとても良い作品だと言えると思う。
かめお

かめおの感想・評価

4.9
23時の新宿を目と鼻真っ赤にして、風吹きすさぶ中泣き止めないまま「あ、あのOLフラれたのかな」みたいな同情の眼差しを浴びて帰ったのは一生忘れないと思う。

とにかく涙腺殴ることに全力を注いだような、細かい納得させるための尺すっとばして描きたいとこに全力な二時間。

テレビシリーズなんて贅沢言わないから、せめて前後編すらいのボリュームで見たかった。
めちゃくちゃ苦手だった。気持ち悪い。
後、ファンタジーの世界観に全く魅力を感じなかったも、観ていて辛かった。
襾

襾の感想・評価

4.1
とても泣ける が、感動ハラスメントというか、こういう展開泣けるだろ?って言うのが見え見えすぎて 展開が読めやすすぎて途中は少し眠い映画だった
でも分かってても泣けてしまうのがこの映画の良いところ
この世界観 とても好きです
恋を知り、愛を知り、母を知る映画。岡田麿里脚本でちょっと心配でしたが、面白かったです。
>|