さよならの朝に約束の花をかざろうの作品情報・感想・評価

さよならの朝に約束の花をかざろう2018年製作の映画)

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。 人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。 10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。 両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。 そんな彼らの日々は、一…

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。 人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。 10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。 両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。 そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。絶望と混乱の中、 イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。 虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。 少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。 ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」に投稿された感想・評価

けー

けーの感想・評価

3.8
家族のことを、今この瞬間の一分一秒を、大切に感じる一本。


映像が美しくて一枚の風景画のような場面も多く、見応えがありました。
ストーリーも綺麗にまとまっているので観やすかったです。

登場人物の考えが、モブにいたるまでみんな納得できます。すごい。
行動には何かしらの感情や経験が伴うと思うのですが、この作品はその部分がしっかり描かれていると感じました。

とにかくエリアルの成長がひたすら愛おしいのでそれだけでも見る価値があると思います…
のいる

のいるの感想・評価

3.8
数百年の寿命をもつ主人公が子供拾って育てるっつー土台でもう泣いてしまうわけで、終始目頭がじんわりしてました。
最近の岡田麿里にはちょっと不安があったんですが、初監督で荒削りながらも愛情がビンビン伝わる作品でした。
マキアほんとすき…
nicole

nicoleの感想・評価

3.7
「とらドラ!」や「あの花」など多くのヒット作を世に送り出した名脚本家、岡田麿里さんの初監督作品。正直脚本上の欠陥がいくつかあるのは否めない、けどそれを補って余りある背景美術の美しさや、ちゃんとキメのシーンでは盛り上げてくる演出など、十分良作と言える。初監督でここまでやったのは素直にすごいと思った。次回作もあったら見てみたい。
基本的に綺麗なアニメに感情移入するのがあまり得意ではないのですが、友人に激推しされて鑑賞。
何よりも映像と街の風景が凄く良かった。どの街も味わいがあって素敵やし、レナトは美しい。小さい頃にポケモンの映画を観た時に似たようなワクワク感があった。
ただやっぱり入り込むには綺麗過ぎた感は否めなかった。美しい風景の中で美しい物語が紡がれていくのを外から見ていた。ここに入っていける人にとっては最高級の作品かもしれない。
良くも悪くも期待通りの満足感。
おどみ

おどみの感想・評価

5.0
2度見に行きましたが、2回とも号泣しました。映画館で涙を流したのはこの作品が初めてです。
み

みの感想・評価

4.1
泣いた。めちゃくちゃ泣いた。

まず犬。ここは仕方ない。
そして最後はもうずーっと泣いてた。

西洋的でファンタジーな世界観もドストライク。映像美も100点お話も100点。
こういうアニメ作品で親子愛をテーマにしているのは(個人的には)珍しいのかなと。
永い命を持つ者と人間の関わりっていうのは別ジャンルでもお世話になってるけど、ダメなんだよ…せつなすぎるんだよ…ドストライクです…。

主人公親子にはイライラもしたけど泣かされた。
ラングがタイプすぎて無理でした。釣り眉!!!タレ目!!!には必ずと言っていいほど細谷佳正!!!!!この3コンボで好きにならないわけがない。私と結婚しませんか?
aro

aroの感想・評価

3.9
冒頭の空を飛ぶシーンで映像の美しさに持ってかれました。

建造物、自然、水、光、雪、終いには街に降り注ぐ灰すらも美しく思えてしまう映像で、終始背景の世界観に目を奪われました。

数百年の寿命を生き、老いることも知らない(少なくとも作中に老人の描写はない)別れの一族。

イオルフというワードはきっとエルフからきてるんだろうし、軸になる設定はわかりやすいんだけど、そこに付随する要素がなかなかスッと入って来ない部分もあるので、それぞれのキャラが葛藤の末に抱く気持ちの方向や決断など、なかなか共感し難い部分や、気になってしまう部分も多いのだけれど、結果的には普遍的な家族愛の部分でとても心に響いた作品。

さよならの朝にあたるであろう終盤のシーンは、何故か『おおかみこどもの雨と雪』の別離のシーンを思い出した。

去っていくのは親なんだけど。笑
我ながらああいう演出には滅法弱いなと。笑


それ以外の要素でも、共に育った3人のそれぞれに過ごした時間の対比とそこに起因するすれ違いが本当に歯痒くて、あるべき生活を奪われたことで手にした新たな暮らしを必死に守ろうとしたマキア、奪われたあるべき生活を取り戻すことを正義と疑わず、奪われた時間の延長線上を生き続けたクリム、どちらの暮らしでも奪われる側となってしまったレイリア。

その中でも最後まで救いのなかったクリムは見ていて本当に苦しかった。

きっと軸になるのは母としての視点ってこともあるからか、男性キャラクターの描かれ方が若干ぞんざいだった様に感じてしまった。


作中に多数出てくる花の描写の中でも一番印象的だった蒲公英、調べたら蒲公英の花言葉には愛の信託、蒲公英の綿毛には別離という意味があるそうで、約束の花というのは蒲公英のことなのかなと思った。

タイトルに組み込むならもう少し約束の花にわかりやすい存在感があって良い気もしたけど。笑

母は強し、そして作中に出てくる男達を見て、母にとっての"子"の優先度ってのは男の理解できる範疇にないのだろうと思った。


最後故郷に戻る2人、レナトと共に飛び立ったシーンの時点では長老が序盤で告げた一族の禁忌に触れた2人は、その経験を経て、また別れの一族としての在り方へと戻るんだと思った。

描かれてはいないけど、きっと長老にも一族以外の人間を愛し、"本当の1人になる"経験があっての助言だったのだろうと個人的には解釈してたし、それをマキア達も身をもって感じて、一族の在り方を受け継いでいく……みたいな終わり方でも個人的には全然良かったわけなんだけど……。

マキアの「大丈夫、絶対に忘れないから。」のセリフで 、 あっ、これ違うんだと思い、マキアとエリアルの二度目の再会であり、本当の別れのシーンからのその後のバロウの「新たな別れと出逢いに行こう」みたいなセリフで、マキアとレイリアの過ごした時間が別れの一族の在り方に変化をもたらす結果になったんだと。

エンドロールの終わりに、イオルフの民に混じって1人赤髪の子がいるのを見て、辛いだけじゃない別れが出逢えたことで生じた変化が端的に描かれている気がして、なるほどそれもありだと1人納得。笑


エンディングの『ウィアートル』という曲も、手嶌葵を思わせるような素敵な曲でした♪
Rem

Remの感想・評価

4.8
号泣した…
アニメだと思ってなめてた
登場人物みんな応援したくなる

ただみんな顔にすぎて最初混乱した
Iri17

Iri17の感想・評価

2.0
個人的に世界観に入り込めず楽しめなかったが、脚本はしっかり作り込まれているし、絵もすごく美しく、独創性に溢れていた。

最初のナウシカみたいな展開から、段々とオリジナリティーあるすごい話になっていった。個人的に好みではなかったが、この手のアニメが好きな人には楽しめると思う。
作画は綺麗だったのだが、高尚フワフワ系のアニメで、退屈した。「糸を紡ぐ」という設定の時点で理解に苦しみ、展開される人間模様もストーリーに魅力がない。個人的なことを言えば、登場人物もビジュアルが似ていて識別が困難なのもマイナス点。
>|