さよならの朝に約束の花をかざろうの作品情報・感想・評価

さよならの朝に約束の花をかざろう2018年製作の映画)

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。 人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。 10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。 両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。 そんな彼らの日々は、一…

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。 人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。 10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。 両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。 そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。絶望と混乱の中、 イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。 虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。 少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。 ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」に投稿された感想・評価

並木

並木の感想・評価

4.0
友達に誘われて鑑賞したのであまり期待してなかったが、何回も泣きそうになった
主人公が何回か引っ越すので、その度に街の雰囲気が変わって面白い
ファンタジー世界を思う存分楽しめる
葵奈実

葵奈実の感想・評価

3.0
主人公が可愛くて一生懸命で真っ直ぐですごく良い子でとても泣けたけど他のキャラがちょっと、あんまり性格が良くない、ような。ストーリーはすごく好きでキャラクターになんで??ってなるシーンが多かった
moyo

moyoの感想・評価

3.6
とても優しい物語。別れの一族はどんな気持ちで生き続けるんだろう。記憶は永遠なんだろうか。
MOTO

MOTOの感想・評価

1.5
既視感と手癖だけで描かれた根っこのないファンタジー、根っこのないキャラクター。語るべきところのない凡作。残念。
キモリ

キモリの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

機内で鑑賞。普通に観れた。色味がキレイ。ちょっと冒頭キャラの区別がつかなかった。設定からして将来的にこうなるんだろうなって思いつつ、やっぱりそうだよねと。主人公だけではなくもう少し周りの人たち(長老、ラング、)のその後とかあればよりよかったのになと若干消化不良。
みき

みきの感想・評価

3.4

ちょっとだけお母さんになりたくなって、なりたくなくなった。
Karen

Karenの感想・評価

3.7
岡田麿里さんの脚本、手放しで大好きと言えないけどじわじわやられるんだよないつも……とりあえずcv.細谷佳正が恋できないキャラという鉄板の法則……
さやか

さやかの感想・評価

3.2
最初皆んな顔が同じに見えてしまったけど、意外と面白かった。

髪結って金髪隠してたけど、前髪はずっと染め直してたのかなって気になってしまった
Snow

Snowの感想・評価

3.6
岡田麿里さんの作品流石。

アニメを見ない人でも全然楽しく見ることができると思います。

曲も素晴らしく、なにより観たら泣くし感動する。

長生きってキツイなと感じました。

次回作楽しみにしてます^ ^
ボロボロ泣いてしまった。
泣かせにきてるの解っているのに、機内でズルズル鼻をすする始末。笑

初めは同じ外見のキャラしか出てこなくてこれ大丈夫なやつ?って焦ったが、設定面白いし素敵なキャラクターも出てくるし概ね満足。

時間の経過がすごくあるストーリーだけど、もうちょっとわかりやすく?きれいに?出来てたらなあ

母は強し。
>|