ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 前編の作品情報・感想・評価

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 前編2017年製作の映画)

上映日:2017年11月23日

製作国:

3.8

あらすじ

“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。本作は、忙しさに追われ純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、彼が原点回帰をするために、世界をめぐった旅の記録だ。アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年間にわたる濃密な旅に密着!ナオトならではの筋書きなしの…

“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。本作は、忙しさに追われ純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、彼が原点回帰をするために、世界をめぐった旅の記録だ。アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年間にわたる濃密な旅に密着!ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す、“新たな出会いと音楽”。

「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 前編」に投稿された感想・評価

Hiroshi

Hiroshiの感想・評価

4.0
ナオト・インティライミの行動力にはいつも感心させられる。

異国の地で、音楽を通して仲良くなり、友情を育み、そこから自分の音楽の成長の糧を得ている気がする。

旅番組は基本的に好きだけど、ギターを持って旅するのはさらに最高!

自分もいつかしてみたいと思いつつ鑑賞している。
CDで出してる曲はそこまで好きじゃないけど、ナオトインティライミの即興音楽は本当にすごい。
音楽っていう全世界共通の言語を自由に使いこなしてて、同じ旅好きとして羨ましい限り。
なの

なのの感想・評価

3.6
友人に誘われての鑑賞。
正直期待してなかったですが、面白かったです。
こういうジャンルの映画は初めてで、海外が舞台なので映画にしないといけない金銭的な大人の事情があったのかなーと。笑
でも、確かに大画面で伝わってくるものがありました。

人って運が良い人、悪い人、それぞれいると思うけど、それって自分の生き方次第だなって。
行動しないって始まらないし、環境に恵まれる人って、まず自分自身が素敵な人物であることからスタートするんだなって。

真似したくでも、誰でも真似できる訳じゃない。
でも、本当に素敵で生き方が映画になる。
ナオトさん、素晴らしい人です。
Okayu

Okayuの感想・評価

4.0
" できるか分からなくてもそのときに備えて準備しておくことが大切 "

この言葉の体現が素晴らしい!!チャンスを逃さないのは準備をしてたから。感動した。

怖いこともあるけど、やっぱり旅したいなぁ。
kazbon

kazbonの感想・評価

3.5
ナオト・インティライミらしく明るい旅行記♪
とりあえず後編も観てみたくなりました(^^)
is

isの感想・評価

3.0
こちらまで陽気になったかと錯覚するほど、明るい気持ちになれる映画。

あのフェスとカーニバルは行ってみたい。
アフリカが好きで観に行った映画。訪問した国も出ていて嬉しかった。
旅で味わうことの出来るアフリカがそのまま映像になっていて観ていてアフリカに居た時のワクワクが湧き上がって来た。
アフリカってこんな国なんだ。と、アフリカに対するイメージも変わりそうなドキュメンタリーだと思います。
あくまでナオトインティライミさんのドキュメンタリー映像。アフリカ好き、旅好き、音楽好き、彼のファン、でない人は魅力はあまりないかと。
まじで寝てしまうかと思うほどつまらなかったぜ。
彼がアレルギーで死にそうなとこはハラハラしたけどそれ以外がわざわざ映画にする必要ある?ってなった
Harumi

Harumiの感想・評価

3.5
彼の現地に溶け込もうとする前向きな姿勢はさすが。そして各国の音楽の根付き方がやはり日本とは違うなと思いました。
これまでナオトインティライミさんのことはあまり知らなかったけど、彼に好感を持てたし映画館で観て良かった作品だった

ライブで「インティライミに戻るんだけど、どうやってインティライミになるんだっけ」って言いだしたのじわじわくる

観たあとに後半回のムビチケ買ったった!

--------------------

前にみた映画『ギマランイス歴史地区』でカーボヴェルデの戦争を題材にした話があって、カーボヴェルデとはどんなところだろうと思っていたらインティライミを通して見ることができた
>|