ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオスの作品情報・感想・評価

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス2016年製作の映画)

Buena Vista Social Club: Adios

上映日:2018年07月20日

製作国:

上映時間:110分

3.9

あらすじ

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」に投稿された感想・評価

sachiki

sachikiの感想・評価

4.0
(114)
高校生の時にこの映画が大ヒットして、サントラも買ったなーとちょっと感慨深いものがある。
前作観てない人でも観れるような作りになってる。逆に前作観てる人からしたらそこは退屈かも。自分は前作見直さず行ったのでそんなに気にはならなかった。
前作の時点で皆さん結構な高齢だったし、予想つく展開だったんだけど、切ない。
けど、最後まで陽気にステージに立ち続けるメンバーに笑顔になった。
キューバの音楽の歴史
アフリカからの奴隷
ラテン音楽の歴史
革命と音楽が果たした役割
地域性を超越した深い味わい
苦悩から誕生した歌を
享楽の宴と愛するブルジョア
皮肉な興奮 老いたアポロン
平和な死が約束されたとは思わない。
mtakahiro

mtakahiroの感想・評価

3.9
キューバの不思議でエキゾチックなリズムと文化。音楽が血となり肉となってる。
みんな本当に死ぬ直前まで楽器を弾いていたり、ステージに立っていたいんだろうな。

なんてことないギター弾きのおっさんが金の指輪をジャラジャラはめてたり、原色のスーツに毒々しい柄のシャツ、ピカピカの50sアメ車。
どこまでも洒落ててカッコ良かった。
KY

KYの感想・評価

3.9
友達の激推しで鑑賞。BSの優良ドキュメンタリー番組をスクリーンで観てる感覚で贅沢な気分に。コンパイ先輩は相変わらずのかっこよさでした。
さち

さちの感想・評価

-
遅咲きだっていいびゃないか!な彼らが格好良い。
やっぱ女性のほうが長寿なのかな…🤔

アップリンクで、初めて鑑賞しましたが浅い眠りに何キロも歩いていた所為もあってか、椅子が気持ち良すぎて始めらへん記憶ない…ごめんなさい😅ゆえにスコアはなしです。
今日ね、早朝から用事があって。終わって何か映画観たいなーって思って調べたらなんとこの作品!
楽しみにはしてたんだけど、まさか初日の初回に観ることになるとはねー。
これ、縁とかじゃかく「運命」と呼びたい。
「ブエナ ビスタ ソシアル クラブ」から18年。当時は社会現象にもなったけど、俺個人的にも思い入れが強い映画で。
あの頃、楽しかったし一生懸命だったし、いい時期だった。。。

キューバの歴史を紹介するシーンや、インタビューなどのシーンでもバックで流れる18年前に繰り返し聴いた曲たち。
まさに至福の時間。

前から2列目の席とって、でかっ!って少し後悔したけど、結果的に正解でした。かぶりついて観てました。

え?続編やんの?とか最初は思ったけど。観てて理解しました。
BVSCのアルバム制作、映画制作に携わった人達には、「その後」を伝える義務がある。と。

イブラエム のが歌うシーンが多かった気がしたけど。カーネーギーホール以降のイブラエム、なんだかロックスター気どりで、それがなんだか鼻についたりカワイイと思ったり(笑)

だって蝉みたいなもんだもんね。
ずーと、注目されず、80すぎくらいから輝きだしたんだから。

もう終わるなーって頃からエンドロールが流れ終わるまで、きもちいー涙が流れました。久しぶりだよ。こんなに涙が流れるの。映画に限らず実生活でも。

「ブエナ ビスタ ソシアル クラブ」とは少し違って、舞台裏を見せてくれたのも、新鮮だったなー。

コンパイ セグンドの強情っぷりは、なんか予測通りって感じだったし(笑)

とにかく、この言葉しかないね。


みんな、本当にありがとう。
書いてたらまた涙が出てきやがった(笑)
BVSCに触れたのはほとんど初めて。
生と死のあいだに時間があって、キューバで密かに熱狂していたものが 成熟してようやく世界に発見される。並々ならぬ情熱にあてられて わたしも熱狂した。ドキュメンタリーでこんなに面白いの。

アップリンクのソファーチェアーが心地よすぎて何キロも歩いた直後のわたしをウトウトさせた。。前半少し記憶が曖昧。。
あお

あおの感想・評価

4.3
会話が映画以上にお洒落なところが多くてかっこよかったなぁ。遅咲きでも花開くって言葉なんか凄く残ってる。よくわからないけど自然と涙がでてきて見終わったあとただただ幸福感。映画館でみれてよかった
ずん

ずんの感想・評価

3.8
カッコ良かった!
前作の復習?もありで改めてこのメンバーが集まって続けてきたことの凄さを知りました

ただ段々メンバーが少なくなってしまうのは淋しいし辛いですね
先輩方は最後までパワフルでした
また会う日まで アディオス!
そら

そらの感想・評価

3.7
逝った友の墓に花と葉巻と音楽を手向ける老人達の光景があまりに美しくて泣きそうになった
やっぱりラテン音楽っていいなぁ
劇中で心に残ったキューバのことわざ
「思い出すことは再び生きることと同じ」

彼らは歌うことで死者の魂と共に在れるのかも
リメンバーミーを思い出しました
>|