ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」に投稿された感想・評価

そーだ

そーだの感想・評価

4.3
※この映画を見る前にこのレビューを見てる方々に
 お伝えしますが、先に前作を観ないと、
 この映画の魅力は十分に伝わりません。

さて、それでは。。。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの続編?

前作のレビューでも書いたけど、
前作の公開が1999年、その後、この映画に登場してた
老ミュージシャンたちは00年代に次々と他界していく。

まさに、ライ・クーダーがそこに光を当てて
世に投げかけようと思ったまさにその時は
もう、ほんとに最後のチャンスだったんだ。
よく間に合ったもんだ。
きっと神が囁いたんだろう。

この映画、事前情報無く観て、
なんでアディオスなのかと思ったら、
バンドとしてのアディオスと、
その他界していった彼らに対するアディオス。

恐らく前作で使われなかった映像や、
その後、映画・アルバムがヒットした後、
00年代の初頭に再度キューバを訪れて撮った映像、
そして、この映画を作るにあたって撮った映像が
ミックスされてるんだと思う。

魅力的な老ミュージシャンたちに一人づつ
スポットライトを当てながら、
彼らがいつ他界したのかを映像とともに
紹介していく場面には心打たれたよ。

あぁ、みんな死んでしまった。

も一度言うけど、ほんと、ライ・クーダーが
思い立って取り上げた時期が
最後のチャンスだったんだ。

そして、若い頃に地元で活躍して以来、
長い間忘れられていたおぢいちゃんたちに
世界で(!)彼らの魅力を伝え、
おぢいちゃんたち自身も、その事を
とても嬉しく思っている。

とてもいい企画だったんだと思う。
自分も、前作で出会った魅力的なおぢいちゃんたちに
改めてお別れできたことは、
悲しいけれども嬉しかった。

この後、若いキューバのミュージシャンたちが
この素敵な音楽を受け継いで、
末永く世界に発信してくれることを願うよ。
カイル

カイルの感想・評価

4.0
前作から続けて観たのでスッと入り込めました!
愛がなければ花は枯れる
キスがなければ愛は消える
コンパイ・セグンド(2003年永眠)あなたらしい言葉。
最後の音は墓の中で弾くよ
引退は?と聞かれたルベーン・ゴンサレス(2003年永眠)の言葉。
遅咲きのミュージシャンたち✨しかし次々と亡くなっていくのがなんとも寂しい。
この映画のお陰でキューバという国のことほんの少しわかりました。
そうだアルバム買おう🎵
それではアディオス✨
Erigeron

Erigeronの感想・評価

4.2
タイトルから想像はしてたけどみんなが次々とアディオスしていく
前回はメンバー紹介と録音風景やライブの映像がメインの楽しい内容だったけどアディオスはキューバとキューバの音楽史についてふれててよりBVSCについて理解が深まる
前作では語られなかったバンド結成までの苦労とか高齢で名声を得たメンバー複雑な心境も描かれてる
差別も残る売れなくて貧しかった遠い昔のような過去と、アルバム・映画とヒットを飛ばした夢のような現在の対比がきいてる
引き続き演奏シーンは何度見ても、即興性と長年の音楽家生活で楽器や歌が、体になじんだ音楽がすごいしかっこいい
キューバ音楽を通してキューバの文化についても知れてドキュメンタリーとしてよかった

前作からライクーダーを知らなくて白人が外からやってきて古い音楽で金儲け?と少しモヤってたけど全然そんなんじゃなかった調べたらすごい人だった
パケ借りしてしまって、この人達の事まったく知らずに見てしまった。よく分からんかった
※思い出しレビュー
smitani

smitaniの感想・評価

4.7
冒頭から一生泣いてました。かくも音楽は素晴らしいのか?って再認識させてもらった人生のバイブル的映画🎬
前作程の衝撃はないけど、死ぬ直前まで舞台に立ち続ける姿、かっこよすぎる!
この人たちの演奏、生で聴きたかったな。
説明するまでもない
1998年 キューバの大物ミュージシャン達を集め 結成されたビッグバンド
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

同名のアルバムと
アムステルダムとNYカーネギー・ホールでのライヴ

それらをカメラに収めた ドキュメンタリー映画で
彼らは広く知られた

その後の彼ら。


「まるで映画か夢のようだ」と
何度も「なぜ今?」と問う ミュージシャン達

肌身離さず身につける 形見の杖に
キスをする イブライム・フェレール
「母は死んだ時から ずっとそばにいる」
12歳で 一人きりになった子のお守り


「最後の演奏は 墓の中でするよ」と笑うピアニスト
ルベーン・ゴンザレス
どうしてそんなに(曲を)覚えていられるんだ?と聞かれ応える

霊が教えてくれる
霊が弾いてるんだ


祖母が亡くなった時のことを話す
コンパイ・セグンド
なぜ箱に入れるの?と聞く幼い彼が
受け取るこたえ
「パーティへ 連れて行くんだよ
日差しから守るために 蓋をするんだ」


・・・ホント、ゆりかごから墓場までだな!^_^
杖つきながら
車椅子乗りながら
酸素吸入しながら
どこまで歌い踊るんだこのじーちゃん達!
格好良いにもほどがあるぞ^_^

そんなじーちゃん達に挟まれて
目をキラキラさせてる ライ・クーダーが
おじさんの筈だが マジでお子ちゃまに見えるわ。


…とかなんとか
軽く文句(いや褒め言葉♪)たれながらも
観ていると自然に 足が 膝が 手が 肩が
ウゴクうごく動く!w(´∀`*)


話すように
語るように
歩くように
ソンのリズムは 待ったなしで
“おまえのうたはどこだ?”と 問い続けるようだ


オマーラ・ポルトゥウンドの
「最後まで歌っていたい 最期までよ」の言葉は
どこか 甘い吐息のよう

何もない国 キューバで生み出した
誰にも真似できない 音楽への
叶わない恋心みたいに

…いや、叶ったけれど
いつまでも尽きない恋心かな


老いは
我が人生との蜜月なのだ
そのことを 愛すべき古老たちは 教えてくれる

「人の命は奪えても 歌声は奪えない」
そうして うたは
命と一緒に歌われ続けて
生きてきたんだね


adiós!!
リモ

リモの感想・評価

3.8
なんであんなにカッコよく歳をとる事ができるのか?

キューバの気候と食事?

やはり音楽の力としか思えない

それぞれの人生の真ん中に楽器とメロディがあったんだろう
パール

パールの感想・評価

3.5
前作を再鑑賞してから観れば良かった。

前作を観た時程の感動はなかったかな💦疲れていたせいもあり所々眠くなってしまった。

ラテン音楽は相変わらず良かった。音楽が人生そのものの人達。刻まれたシワ。笑顔。立ち姿から雰囲気もありカッコ良すぎだった。
KRK

KRKの感想・評価

4.1
ラテン音楽が好きな人は絶対楽しめる。どうしてラテン系の人はあんなにオシャレなんやろうか、、そして全ての言葉や音楽に軽さが全くなくて、素直に胸に落ちてくる。ブエナビスタソシアルクラブのことを全然知らずに観たけど、ドキュメンタリーもしっかり楽しめた。1作目観てからみればよかった〜
>|

似ている作品