蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」の作品情報・感想・評価

蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」2015年製作の映画)

製作国:

上映時間:175分

4.0

あらすじ

ポンペイを破ったジュリアス・シーザー(横田栄司)が、大歓声の中、ローマに凱旋を果たす。その権力が益々強大になることを恐れたキャシアス(吉田鋼太郎)は、市民から厚い信望を得ていたブルータス(阿部寛)を仲間に引き入れ、暗殺を決行する。 英雄の死に一度は混乱した市民たちも、直後に行われたブルータスの演説に納得するが、シーザーの腹心だったアントニー(藤原竜也)が弔辞を述べると、今度は逆に反ブルータスへ…

ポンペイを破ったジュリアス・シーザー(横田栄司)が、大歓声の中、ローマに凱旋を果たす。その権力が益々強大になることを恐れたキャシアス(吉田鋼太郎)は、市民から厚い信望を得ていたブルータス(阿部寛)を仲間に引き入れ、暗殺を決行する。 英雄の死に一度は混乱した市民たちも、直後に行われたブルータスの演説に納得するが、シーザーの腹心だったアントニー(藤原竜也)が弔辞を述べると、今度は逆に反ブルータスへと翻ってしまう。形勢不利とみたブルータスとキャシアスは、兵を集めて戦いに打ってでるが…。

「蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」」に投稿された感想・評価

hana

hanaの感想・評価

4.8
蜷川作品を初めて観たけれど物凄く良かった!役者さんが体全体で感情を表現していたり、魂を込めて演じているのが伝わって鳥肌立った。もう本当に感動!
ブルータスのローマ市民を思ってのシーザー暗殺や、キャシアスの男らしい熱さと絶望しての最期、アントニーの本心ゆえの狡猾な演説、見所はたっぷりだけど開演直後の現実から舞台の世界に引きずり込まれるような演出が素晴らしいの一言に尽きる。
アントニーの「ブルータスは高潔だった」という言葉が切ない…
はじめの3分が本当にかっこよくて、そこばかり何回も観る!!