スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

タカミ

タカミの感想・評価

5.0
主人公のミルドレッドが本当に許せないのは自分だ。それを認められず、怒りの矛先は関係者達へ。そして、また悲しい出来事が起こる。登場人物がそれぞれに心を重ねた瞬間のあの安らぎはなんだろう。あれを平和と言うのではないか。ならば、私達が今すべきことは…。
shatoshan

shatoshanの感想・評価

3.5
「不可逆性」だけが終始やたらと強調されたガンダム種死みたいな話だった
曲のチョイスは結構ツボ
まぁ主演女優が同じなのでか『ファーゴ』に似た雰囲気と、『ツインピークス』みたいな街と人との距離感。
そんなのを感じながら、「あぁ~アメリカ行ってみたい」と終始思っちゃうような映画でしたね。

サスペンスという宣伝タイトルがあるので、途中に犯人探しをしちゃうけど、これは肩透かしですね。
それでも、全ての会話が素敵なので、退屈せずに最後まで見れます。
エンディングで最後まで描かなかったのは成功しているように思えましたしね。

久しぶりに洋画のこんなムードの作品を見てやっぱ、こういうのもイイと改めて思いました。
先の読めないストーリー展開(いい意味での裏切り)、登場人物のリアル感、映画のメッセージ性。
どれをとっても一級品。
うえの

うえのの感想・評価

3.9
ミズーリ州エビングという小さな町で10代のアンジェラヘイズがレイプされ、殺害されてから7ヶ月。
一向に進展のない警察の捜査状況に不信感と怒りを募らせていた母ミルドレッドは3枚の広告板を借り、地元警察を中傷するメッセージを張り出す。
その3枚の看板をきっかけに動き出す警察と町を敵に回したミルドレッドの孤独で壮絶な戦いを描いた作品。

おそらく2018年の映画賞レースで「シェイプオブウォーター」との2強で注目されていた作品。

母ミルドレッドの犯人を捕まえるためであれば町中を敵に回しても構わないという固い決意の下、襲ってきた歯医者の指にドリルをねじ込む、火炎瓶を警察署に投げ込むなどの過激な行動に出る様をフランシスマクドーマンドが迫真な演技でみせる。
中傷の標的となったウィロビー署長と彼を慕う部下のディクソンにそれぞれウッディハレルソンとサムロックウェルがキャスティングされ、メインキャスト3人の演技力のみで十分な見応えを感じさせる。

特にこの年の助演男優賞を受賞したサムロックウェル演じるディクソンは見ものだ。
ウィロビー署長の死に強い憤りを感じ、感情の赴くがままに問題の看板を管理する広告代理店のオーナーであるレッドを暴行の末、2階の窓から叩き落とす長回しのシーンや犯人の疑いがある人物に対し、あえて暴行を受けることでDNAを採取することに成功する終盤の血まみれのシーンなど、まさに体を張った名演で観客の心を静かに熱くさせる。

後味の良いラストではないものの、メインキャラクターの覚悟を持った生き様が素晴らしいと感じた。
自身のやり方が正当であると決して疑わずにいる素振りを見せるミルドレッドが実は娘に対しての深い後悔の念を抱いていたり、レイシストでキレやすく厄介者な存在のディクソンを実はウィロビー署長が大きく評価していたりと各キャラクターの意外な一面があって、そこが大きくストーリーに関わっていく点が特徴的で面白いと感じた。

とりあえずディクソンによる窓からレッドぶん投げの長回しシーンは2018年の洋画を代表するシーンだと思う。
やばい人間同士の戦い!!みたいなの想像して観に行ったら、普通の切実な人間たちの人間模様って感じで、過激な話ではなかったな〜という感じだった。
一人の人間がいつも同じことを言うわけじゃないし、気分によってすることは変わるし、人間は曖昧なもの、って感じだった。
あと、南部だな〜〜って感覚はあったかな。解説を読んだらミズーリの白人について色々書いてあってなるほどと思った。

本筋には関係ないけど、ケイレブランドリーが珍しく爽やかだったのに驚いた。
YUM1

YUM1の感想・評価

3.8
おもしろかった。
怒りは怒りをきたす。
この映画を言い表す一番の言葉だ。
感情的に言い放った言葉や起こした行動は自分で責任を持つしかない。ただその行動をどう捉えられるかは他人の責任。怒りを怒りで返す人もいる。
イヤフォンの遮音性高過ぎなのか、気がつかな過ぎだろと思うシーンもあった。
birdy

birdyの感想・評価

3.6
サムロックウェル最高です
笑わせる演技ではなく笑える演技というものがよりおもしろいということをこの人はわかってやっています
確信犯ですね(笑)
BoiledEgg

BoiledEggの感想・評価

4.0
濃厚な人間ドラマ。
良い側面だけでなく、悪い側面も両方持っているのが人間なんだと、改めて感じた。
ss

ssの感想・評価

4.8
いやぁ、震えた。
すごかった。

主演のフランシス・マクドーマンドもさすがで、ウディ・ハレルソンもすごかった。
けど!我らがサム・ロックウェル!
彼に最初から最後まで翻弄されっぱなしだった!

アカデミー賞発表の時、ただの願望で大好きな俳優にオスカーとって欲しいなぁ、主演はゲイリーで助演はサムだったらいいなぁなんてずっとぼやいていたら、願望通りに!
やったーなんて喜んでいたけれど、いやはや…。

感服、天晴れ、圧巻、秀逸…どの言葉で彼を賞賛したらいいのだろう。
それ位、ディクソン巡査が活きていた。
最強のレイシスト、暴力警官。そしてマザコン。
マザコンが悪いとは言わないけれど(笑)条件的にはクズ野郎の条件が揃った。
何考えてんだかちっともわかんなくて、本当ヒヤヒヤずっと肝冷やしてた。

ミルドレッドは娘を亡くしてから、元々荒くれ系の母だったとはいえ、全てに対し怒りを抱いてる。手当たり次第にぶちまけるヒステリータイプではなく、きちんと考えて数々の鬼畜行為に出る。
怒りと冷静さのアンバランスさが、目から鱗というか、何というか…泣く子も黙っちゃう。
バンダナ巻いてつなぎ着たらダークヒーローの衣装として成り立っちゃうくらい、ミルドレッドがバンダナ巻いてつなぎ着てる姿は「ごくり…どきどき」ってなっちゃった。
真っ向から宣戦布告をされたウィロビー署長が、彼女に寄り添おうとする真摯な姿にも胸打たれた。

アカデミー主演女優賞受賞のフランシスのスピーチ、
とってもかっこよかった。
とってもスマートなスピーチだった。

3枚の看板がもたらしたもの、それは何だったのか。
映画と向き合ってじっくり考えたくなった。

2018/5/18
>|