スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

行き場のない怒りや悲しみや憎しみの捌け口は一体どこにあるのか。それは人に優しくする事でもあり、人に怒りをぶつける事でもあり、人に泣きつく事でもあるのかもしれないし、人を許す事なのかもしれない。

娘を無残に殺された母、そしてその小さな街全体を巻き込んで進んでいく物語はあらすじ以上に何倍も重い。劇中のカントリーミュージックも、NIRVANAの例の曲のポスターが印象的だが随所随所にある皮肉が効いた演出、どのシーンもミルドレッドや周辺の人物、住む田舎町を映すだけで初っ端から引き込まれ無我夢中の濃密な115分だった。

娘を亡くした母ミルドレッドの怒り、事件の捜査を怠っているとミルドレッドに"責められる"ウィルビー警察署長、感情表現が暴力的でしかなかったディクソン巡査の三人のヒューマンクライムドラマだ。

面白かったとは言えない、ただズッシリととんでもない映画だった。
Hiro

Hiroの感想・評価

4.5
怒りは怒りを来す、まさにこの言葉に尽きると思う。
フランシス・マクドーマンドが画面に出るたび緊張感が走る。
この上ない暴力を目の当たりにし、また常に囲まれていたら、自分も怒りを表面化するだろう。その怒りの応酬が行き着く先とは? ラストの2人は一体どうするだろう。
おそらく、怒りの向こう側にたどり着いた2人なら、選択肢は決まっているだろう。そう信じたい。深く考え入るいい映画だった。
登場人物を取り巻く環境は絶望的で、人も死ぬが、「希望」を描いた作品なので、終始笑いながら見ていられた。

警察署放火のシーンが笑いのピーク。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

3.5
ミルドレッドのやる事なす事無茶苦茶だが、関わった人達の心を変えたこともまた事実。人は人をあんなに許せるんだろうか?僕には自信が無い。
diamond

diamondの感想・評価

3.5
思ってたより色々と怖くなかった
主役のお母さんが、1番やばい。

アカデミー賞っていつもこの暗けて淡々系だなと思う。
雪

雪の感想・評価

4.0
すごく良かったです。
子供亡くしたらこんなに強くいれるだろうか…。
終わってみると、みーんないい人☆
ディクソン、最初ぶん殴りたかったけど笑笑ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)
面白いかった。子供を無くした親の本当の葛藤というか姿って感じ。けど登場人物にキチガイ多すぎ笑笑。
周りがみんなむちゃくちゃ良いって言ってるけど、そんなに好みでは無かった。クライムサスペンスだと思って観ていたのが敗因だと思う。最後の行っちゃう?みたいな感じと、もう別に怒ってない感じは好き。
ずーっとちょっと泣きそうな感じ。
だけど湿っぽいお涙系ではない。
Filmoja

Filmojaの感想・評価

4.0
3枚の立て看板に込められた痛烈な怒り。
娘をレイプされ焼き殺された母親が、無能な警察に訴えるために掲げたメッセージ。
困惑と動揺、戸惑いと苛立ちが交錯する小さな町で、次第に孤立していく母親。ある事件を境に、主人公の置かれる状況はまったく別の展開を見せることになる。

とにかくエキセントリックな母親の行動に目を奪われがちだけど、その裏に潜む暗く深い悔恨に思いが至ると、他人事として片付けられなくなる。
末期癌を煩う署長と、その部下の保安官、別れた夫、教会の神父や地域住民。母親を中心に広がる怒りの連鎖が、偽善と悪意をえぐり出す。

無情に失われる不条理な命に対して、どう向き合うべきなのか、本作は答えを出さない。ただ人間の激情をありのままに映すことで、端的に赦しをも描いている点は見事だと思った。そして赦すということは、決して諦めることではない、ということも。

苛烈な人間心理を描き、正義の危うさを問う衝撃の問題作。
>|